ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6540件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/04/09のBlog
今日のナイター練習!!

みんな新学期、新学年になった事もあり、今日は各自の学校のクラス、担任の先生の名前を聞かせてもらう事からスタート!!一年学年が上がった事もありすごく楽しそうなみんなの空気!体験練習にも一人参加をしてくれたし、これからもっともっと良い雰囲気で活動をしていきたいと思います!

今日は新学期一発目に、社会人のFCシニアさんとの練習試合の時間。これは月に一回やっていただいているのですがとてもありがたい時間です!選手達が本気になれる環境をサポートしていただき心よりありがたく思っています。貴重な時間を我々の為に割いてくださる事を全力プレーでお礼の気持ちとして伝えていけるようになりましょう!!
まずはアップですが、夜は気温が下がってきたので体をしっかりと動かすようにしてもらいました!

ボールを扱う事は大事ですが、体を思う通りに動かせるようになる事のほうが大切なので、優先順位として大事にしていきたいと思います。全体的に活気もある中で高い意識で取り組んでくれていたと思います。

ゲームはFCシニアさんが集まってから先に練習を上がる1年生から20分一本やっていただき、その後2,3年生が20分ハーフでやっていただく形でした。平日にこの贅沢な環境を与えてもらえる事は本当にありがたいと毎回思えますね!
まずは1年生のゲーム。

今は積極的なチャレンジ、自分の判断でのプレー、というものを評価しています!結果が成功とか失敗とか、そういうのではなく自分自身でやろうとしているか?出来ているか?を求めています。どんどんやっている子はとても良い関わりがあるし、プレーの選択肢も多い。逆に言われて動いている子はどうしても選択肢が一つとかしかないし、判断も遅くなる(合わせようとしてしまうから)。。。

ここをみんなで変えていく事から始めて、みんなが『俺がサッカーをやっているんだ!』という意識で取り組んでくれる事からやっていきたいですね!

試合のほうは、中盤の子はとてもボールへの関わり、ボールを触る技術が長けていたし、うまくボールを動かせていたと思う。体が小さい分、判断をいかに早くするか?が大事になってくる中で非常によく頭も体も動かせていたと思います。どうしても緊張や遠慮みたいなものが出ていた子もいたけど、慣れていく中で必ず良い選手になっていく可能性しか見えないので、前向きにやっていきましょう!!
2,3年生はそのがんばった1年生の後のゲームだった事もあり、実績と経験がちょっとずつ本物になってきたね!

年明けから相手をしてくださっている事もあって、段々社会人チームの強さやスピードにも慣れてきた感じがあります。対応出来るか?というレベルで見ればまだまだ予測だったり、最初の一歩、反応、判断は遅いからたくさん引っかかる。フィジカルでも敵わないからやられるシーンも多いけど、そういう部分に目を向けていると選手のモチベーションは高まらないし、せっかくこうした年上のカテゴリーとやれる事の意味もなくなってしまうので、『何が出来ていないか?』じゃなく『何が通用したか?』に目を向ける。

良い判断、粘り、強さ、柔らかさ、要所要所で各自の良さが出てきていたのは事実。
うまくなってきたな~って思う部分もたくさんある!

この時にみんなの気持ち、思いが繋がってくると爆発する可能性がある。この2,3年生はそういう一つに繋がっていく事が上手な学年だと思っているので、うまくなくても良いから、そういう相手の気持ちになってみるとか分かる人間に、選手にしていきたいと思う。うまさを諦めるのではなく、うまさを目指しつつ、最優先していくべき形はそういう所でありたい。

平日に、こうして本気の試合が出来るなんてありがたいとしか言い様がない!感謝の気持ちを忘れずに、また次回も胸を借りて思い切りチャレンジしていきましょう!!

FCシニアさん、対戦をしてくださりありがとうございました(礼)

また平日に応援をしてくださった保護者の方々もありがとうございました(礼)
2019/04/07のBlog
今日は朝からクラブユース大会が行われる赤穂海浜公園の素晴らしい環境へ今中代表と一緒に帯同してきました!

クラブの大会も出来るだけ良い環境でプレー出来るように、と全部の試合を芝生グランドで出来るという贅沢な環境を整えてもらっています!ただ、そういう所でやれる事だけの思い出で終わらないように中身のある、何かのきっかけを掴める大会にしていきたいと思います。
前の試合の審判あったので、アップは見れませんでしたが、そのアップ前に話した事も、『ここまでのリーグ戦なども良い試合が出来なかった時の理由の一つにアップの雰囲気の悪さがあったよね?それを踏まえて今日は考えてやってください!』という事だけ伝えておきました。

大会という事もあって、気持ちももちろん入った状態でやれたと思います。試合を迎える時の表情も良かったし、良い試合が出来たらいいなと思いました。

非常に暑いぐらいの日差しを受けての試合となりましたが、精一杯のがんばりは見せてくれたと思います。
立ち上がりの1プレー目ってものすごく大事です。自分自身の調子もそうだけど、チームの流れを決めるプレーにもなります。そこへの意識が低いからまだまだ簡単なミスをして失ってしまうという事もリーグ戦で経験してきています。

最初のプレーで相手が嫌がるような事が出来るように、という事で送り出しましたがなかなか実践するとなると難しいようですね・・・。もちろん相手がいるスポーツだからうまく出来ないのは仕方がありませんが、それよりもやろうとする意識のほうにまだまだ問題があると感じます。流れが出来てきてからはチャンスも出てきましたが、それ以上に失点のショックを引きずったりしている子も多く、関係性はまだまだ課題だらけでした。
それでも責任を感じながらプレーしてくれていたし、体を張ってがんばる姿に胸を打たれるシーンもありました。

結果がついてきていないように見えがちですが、うちの中での成長はやっぱり大きいし、試合が終わってからの選手との対話でも手応えみたいなものも十分に感じてくれていたよです。後半になってくるとより動きが活性化してきたし、相手のほうが先に疲労を感じていたり、選手を交替して質を下げてきた事もあってチャンスは十分に増えました。得点までもう一歩という場面も何度か演出出来ていたし、一人一人がチームの為にがんばれる時間も相当増えました!
点数的には完敗でしたが、自分の中ではそういう結果への目は向いていません。

そこで取り組む子供達、選手達の前向きなスイッチとか、自分を変えてみる勇気などがどれだけ出せるか?のほうが重要です。初日にこのグループ内でもトップレベルのFCみなとさんとやれたのは大きいし、見学、出場出来た新1年生達にも大きな財産になっていきます!

まだ初日が始まったばかりだし、焦らずに自分達のやってきた事を信じてがんばり抜きましょうね!!

対戦してくださったFCみなとさん、応援に駆けつけてくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2019/04/05のBlog
[ 16:37 ] [ FC FALCOとは‥ ]
昨日と今日の二日間で春季合宿を開催しました!!

短い期間ではあったのですが、チームが一つになる為の大切な時間と大切な経験をそのままリセットしてほしくなかったので敢えて一緒に宿泊する形にしました。

今年はファルコとして何度もお世話になっているHAP研修(兵庫県アドベンチャープログラム)ですが、合宿の中に取り入れたのは初めてだったのでそれが良い効果を生んだ事を後でしっかりと実感出来ました。

新1,2年生にとっては初めてで新3年生の中でも途中入会をしてくれているメンバーは初となったので成果を確かめたり、チャレンジしたりバラバラで良かったと思います。
午前は新1,2,3年生をランダムに混ぜてグループで取り組んでもらったのですが、午後は新1年生と新2,3年生と分かれてハイエレメント(高度な課題)をやってもらいました!この課題は恐怖、勇気、チャレンジの全ての要素が加わったもので、そこの自分への弱い気持ちと『向き合う』『戦う』事が目的です。

経験のある新3年生はとても意欲的で良い成果を残している感じがしたけれど、新1,2年生はまだ遊んでしまっている事でクリア出来なかった事を『残念・惜しい』という言葉で片付けて良いものだと思う・・・もっともっと自分の心を震えさせてほしいと願います。
心も体もしっかりと使えた初日は怪我もなく、大きなチャレンジに成功した子も多かったのでチームとしても個別としても収穫はたくさんあったと思います。

二日目は起床時刻は伝えていたのですが、その時間よりも早く全員が起きてとても元気でした!朝の散歩に出かけたのですが、散歩から数分後には全力鬼ごっこになっていました(笑) 疲れなど微塵も感じさせない元気さで朝から全力疾走、全力こけをしている子もいました(笑)

そこから各自で部屋の清掃をして、事務所でお礼のあいさつをして、グランドへ移動しました!
明日はいきなり新1年生も一緒に入ってのクラブユース大会の初日を迎える事もありグランドの中ではきちんと線引きする事や、メリハリを持つ事を伝え、午前の活動に制限した分、集中して行いたいと思っていました。

ボールを触り、そのボールの感覚、自分の感覚を大事にしていく事。分からないならば分かったフリをするのではなく、きちんと聞ける人間に。まだまだモジモジしたり、気持ちの面から遅れてしまっている子もいたし、そこは指摘で改善はされたけれど、指摘されてしまった現実がある以上はまだ気付きが甘いな~って気づけたら良いと思いました。
春らしい良い天気ではあったのですが、その中でどうしても集中が切れる、持たない子も出てきます。だけど、新1年生達はしっかりと自分の意見を持ちながらやれていたし、やろうとしていた!新2,3年生の一部の選手のほうが曖昧になっている事も全体に伝えながら各自で考えてもらうようにしました!

・言われたら気付く、言われたら分かる事をどうやれば言われる前に気付くのか?

ここが大きなテーマ!周りとの関わりは大事だけど、まずは自分自身を整える必要があると思う。表面的な目標ではなく、内面的な、実質的な目標を立てないと行動自体が曖昧になってしまう・・・。今回の合宿がそのきっかけになればうれしいし、そうならなくても無駄な時間など一つもありません。みんながどのタイミングで気付く、分かる、学ぶ、をするか?だけ。それだけだと思うからずっと前向きな気持ちでがんばれるように学年を越えた繋がりも大切にしていきましょう!!

合宿に色々な形でサポートしてくださった保護者の方々、参加選手のみんなありがとうございました(礼) 明日、明後日の大会で少しでも楽しめるように精一杯の努力をしていきましょう!!
2019/04/03のBlog
[ 20:07 ] [ FC FALCOとは‥ ]
綺麗に色付いてきましたね♪

個人的に一番大好きな季節です!!と言うよりも桜が大好きな自分(笑)

学校という場所は必ず桜があるし、この時期に来ると本当に癒されます!!

本日はファルコ立ち上げから初となる北条高校さんに胸を借りる事が出来ました。

高校生との交流も近年増えてきたし、こういう中でまた感じ取れるものがたくさんあると思うので良い一日にしたいと思いました。
グランドには予定時刻よりも早く到着したのですが、すでに北条高校さんと岸本監督が一緒になってグランドを設営してくださっていました。

グランド状態を見ても日頃からの整備が行き届いているのがよく分かるし、年下のカテゴリーとの交流にも関わらずものすごく丁寧にライン引きもしてくださっていた姿にまずは感動しました。そういう気持ちに対して全力で対戦する事はもちろんですが、今日しか出会えない人(今後はまた交流すると思いますが)、今日しか出来ない経験があると思うので、そこを全力で、自分の力で経験を増やそう!という話を最初にやりました。
まずは週末のクラブユース大会にも向けて1試合をやっていただきました!

これは新2,3年生のみでさせてもらったのですが、新1年生もみんな元気に参加をしてくれていたし、いきなり高校生とさせてしまうと高校生も遠慮してしまうような部分が出てしまうので、形を変えて、1ゲーム終えてからは高校生とファルコが全部ランダムに分かれて3チームでゲームをさせてもらいました。

横に、前に、知らない選手がいる。そういう選手とどのようなコミュニケーションを取れるのか?努力をするのか??そういう部分を岸本監督と一緒にピッチの横から眺めさせてもらいました。
混ざってからは緊張感も持ちながらではあったのですが、対話をしたり、お互いを名前で呼び合ったりする姿勢も見えてきたし、1チーム2ゲームしましたが、2ゲーム目にはお互いの特徴も理解したパスなども増えてきたのは良かったと思います。

高校生と言っても色々なタイプがいると思うけど、北条高校さんはとても人が温かいので、交流していても選手がとても楽しそうでした!色々教えてもらったり、特に新1年生が自分の頭、心、体を使って教わっている積極的な子が多かったので、帰って来てからも『めっちゃ教えてもらえた~!!』と満足そうでした。自分からやる、という当たり前のようでなかなか時間の掛かる事を新1年生達がどんどん前向きに向き合おうとしている姿勢が新2,3年生にも良い影響が出ている事を実感しました。
高校生との普通のゲームをやる何倍も価値のある交流をしてもらいました。

ゲーム後には個別の質問タイムを設けて、それぞれのアクションで関わってもらったのですがそこでも丁寧な高校生が言葉、ボード、実際のプレーを使って本当に細かく教えてくれていました!!個人的にはそういう『教える』という行為はしたくないのですが、こうやって身近な、年齢も近いお兄さん的存在の人から教わる機会はとても前向きに入っていくと思う。自分が言うと『コーチが言うから』となるけど、こういう形だとスッと入る子が多い。

嫌な顔一つせずにしっかりと関わってくださった北条高校の皆さん、本当にありがとうございました(礼) 今後もこの交流を一つのきっかけにしてより多くの形で交流させていただきたいと思います。平日にも関わらず応援にも駆けつけてくださった保護者の方々もありがとございました(礼)

良い交流は選手にとって普段の練習の何倍もの価値があります。今日をきっかけに変わる子もいるだろうし、今後のこういう交流のヒントになる子もいます。今日がまたみんなにとって何かの刺激になった事は間違いありません。また明日からもこの選手達を信じて一緒にがんばっていきたいと思います!
2019/04/02のBlog
[ 22:16 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

年度が変わり、元号も変わり、ファルコの歴史もまた1ページ増える事となります。

新1年生を正式に迎えてのスタート!!

ありがたい事です。当たり前じゃないって事を痛感しながらずっとやってきているし、これからも一人一人と真剣に、正直に向き合いながらがんばっていきたいと思います!

今日から新しい気持ちでまたみんなでがんばりましょう!!
今日は非常に寒かったし、話(ミーティング等)を入れながらやりたかったので室内で行いました(外では寒くてミーティングも集中を欠いてしまうので)。

ファルコで何をしていくのか?どういう努力をしていくのか?について話しました。

まずは『個』について考える事!技術の事だけではなく、自己を肯定する力を養う事。他者からの評価で自分を作りあげている子が多いと感じるここ数年・・・。だからこそ、まずは自分自身できちんと見つめる事からやってもらおうと思う。

技術を高める事自体、一人でやり込む段階の子と、自分を理解していない段階の子といるし、自分を理解していない子がいくらやり込んでも無意味に近い事を話しました。
勉強でも同じですが、分かっていないのにいくら同じ問題と向き合っても急に解ける訳ではありません。

何が分からないのか?どう分からないのか?そういう正しい自己の見つめ方からやっていかないと外見だけ整えて終わり、になります。見た目の努力ではなく、正しい努力をするというのは『しっかりとやった分だけ身についていく事』であり、そこにかけた時間の長さではないという事。

こういう考え方の部分から変えていくのが自分の役目になっていくと思います。
サッカーの事をあれこれ言う前に、自分自身の気持ちともっと向き合う必要があるといつも感じています。

まずは自分自身の心がサッカーが好きだという思いで溢れてくるかどうか?やりたい時、やりたくない時があるような、波やテンションでやっているレベルではないだろうか?もっとひどいと『がんばって』やっているのではないだろうか?そこから本気で見つめる作業をしないといけない。努力が出来るのはそこの部分が整ってからだろう!

本気で見つめた自分が『サッカーをやりたくてたまらない状態』でこそ努力が成り立つ。まずはここの部分を底上げしていきたい!!1年生だから、2年生だから、3年生だから・・・・って全く関係ない部分!
新1年生はまだ頭も体も、心も柔らかいから変化がきっと早いと思う。

これから色々な壁にぶつかるだろうから、そこでどう向き合うか?に差がきっと出てくる。新2,3年生も同じ。同学年でも差は当然生まれる。それは『本気で自分と向き合った数』に決まっている。その場だけの事、現象にしか向き合わない人間は同じ事を何度も繰り返す。でも、それも経験という部分では必要だろうから『どのタイミングで気付くか?』になってくるという事。

早ければ早い程、本当の楽しさに出会える。正直、今のみんなが思っている『楽しい』は上辺だけだし、薄っぺらい。心ごと燃やした後の楽しさにいつか出会ってほしいと願う。その為の『根っこ』に関わる覚悟でこのファルコの期間、全力で子供と向き合っていきます!!

新学年の選手、保護者の方々今年度もよろしくお願いいたします(礼)
2019/03/30のBlog
今日は朝からまた三木防災公園の素晴らしいグランドでのファルコ・モルタカップの最終日!!昨日は休みで、モルタさんに運営を一日任せて、今日はうちが一日預かる形でした!

天気も心配していましたが、朝の段階では大きな崩れもなく良かったのですが日程の部分で少し変更が続いてバタバタしてしまいましたが・・・保護者の方々の理解もあって無事に、スケジュール通りに行う事が出来ました。相手がいるスポーツですし、なかなか自分達だけの思うようにはいかない事だらけですが、それも含めて楽しめるような心の大きな自分になりたいと思います(今はまだそういう状況を楽しめる余裕まではありません・・・(笑))

今日も新1年生(それ以外も)も参加をしてくれたので元気いっぱいでしたね♪
今のファルコは良い意味でクラブチームと言えど肩に力を入れなくなりました。

もちろんやるべき事、向き合ってほしい部分への妥協はしません!自分自身の事に関しては厳しく向き合ってもらうし、その為の対話もたくさんします。ですが、全体の空気としては『人が寄って来れる場所』にしたいと思っています。サッカーをしている、していないまで関係なく、人が集まって来れる場所にしたいと思っています。

一生懸命やっているけれど、その一生懸命が雰囲気を固くしているだけのものではなく、本当にまっすぐな気持ちでやっているという形にしたいと思っています。サッカーがしたい!試合がしたい!うまくなりたい!うまくやりたい!そういう純粋な気持ちを小学生達が存分に出してくれる事が相当刺激になっています。
今日も試合は形はA戦、B戦とありますが、全然そういう強いこだわりを持っている訳ではなく、それ以上に『試合に出たい子が多い』事が大事。やりたい気持ちが強い子が多いってすごく良い事だし、逆にいくらこういう素晴らしいピッチを準備してもサッカーしたくない、何かが嫌とか思っている子がいれば楽しくなりませんからね!

そういう意味でもやらされている感じがほとんどない今のファルコメンバーはとても良い雰囲気でサッカーと向き合ってくれています!当然勝利の為に、という所から逆算をすれば色々な部分が足りていません。でも、見守る大人が『減点方式』で採点してしまうとやっぱり子供は前向きにやれない。加点方式で良い所を伸ばしていけるようにしたいと強く思う。
全員がピッチに立てる事。全く同じ時間とは言えないけれど、チャンスは平等に与えていける環境。その中で自身を伸ばせる努力をどれだけ本気でやれるかどうか?が子供にとって一番大事だと思う。

大人(コーチ)に言われた事ばかりではなく、自分の感性でどこまでやれるのか?を全力で考えてほしい。幸い、新1年生はそういう意味でも自分の判断がしっかりと出せる子が多い。やりたい事も割とハッキリしています。だからその長所を消す事なく、伸ばしていけるように・・・・・

ただ、この伸ばしていく事を真剣に考えていきたいと思います。
良い部分を伸ばしたい時、どうしても『その部分』へ目が行ってしまうのです。。。

でも、良さを伸ばしたいからこそ『苦手をさせる』事も絶対に必要なのです。経験というものは人から与える事が出来ません。本人が自分で得たものしかないからです。ですが、子供達の多くは自分の長所を誰かに与えられた(認められた)ものを認識しているから、自分自身で誇りを持っている訳ではない場合が多いのです。

このファルコで、自分の事を自分で認め(自己肯定)、他者を感じる(共感)、他者と協力する(協調)事まで引き上げていきたいと思っています。自分の中だけの楽しい、悔しい、面白い、面白くない、で判断している子が大半・・・。その枠をもうちょっと外に向けるだけでも変わってくると思うので、その為の努力を自分はやっていきたいと思います!

良い選手、楽しい選手ばかりです♪ワクワクしかありません!!

悪天候の中、交流してくださったヒーロ備前さん、フォルテ新宮さん、ロヴェスト神戸さん、応援してくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2019/03/28のBlog
今日はまた早朝からファルコ・モルタカップの二日目!!

再び三木防災の素晴らしいグランドへ!!しかもまた天気も予報を裏切り、しっかりと晴れてくれました♪日頃の行いが良いですからね~~~(笑)

今日も希望制にしている中、参加をしてくれた新1年生を加えて一日サッカーをがんばる事、楽しむ事を目的にみんなと関わっていく事にしました。
こんな感じの試合前(笑)

ファルコらしく、が完成されつつありますね!自分はこのチームが似合っています!他のチームではこうはなりません。遊んでいる?そう見えても構いません。このチームがどういう形を目指しているのか?遊んでいるように見えようが、それは他の人が勝手に決める事だからどうでもいいのです。それよりも、自分達がどうしたいのか?どういう方向性を向いているのか?のほうが大事だから、選手ともそんな対話をしながら自分らしさを爆発させるようになってほしいと願う。

みんなが仲間を、人を大事に出来る人になってほしいと思います!
試合は今日も昨日と同じく野々池中さんと今回初のアグア姫路さんでした!!

2試合をみんなに機会を与えながら最初のゲームでは『チーム内の基準が満たされている子』が交代し、満たない子と新1年生チームでゲームを行うようにして、その上で基準の話をしてから2試合目は逆に基準に満たない子を交代させるようにしました。

チーム内の競争も活性化してきた事もあるし、新1年生のパフォーマンスは昨日以上に良かったと思います。各自の持ち味がしっかりと出ていたのは良い収穫でした!
今日は新2,3年生の基準が全く揃っていなかった事を『現実的な部分』で、意見を出し合いながら統一とまではいかないけれど、やるべき事はやらないといけない事も話しました。

1試合目と2試合目の合間だったり、B戦の時のAチームメンバーの興味、関心のなさ、だったりやらないといけない改善点に全く目を向ける子もいなかった。結局今日も、弱い自分には向き合えずに逃げてしまった終わり方をしてしまった子もいる。だけど、自分が諦める訳にはいかないし、やっぱり子供達にとって大切な経験が出来ている時間にしたいので、どんどん前向きにやっていこうと思います。
良いチームとの交流によって、うまくいかない部分がたくさん出てきたにも関わらず、それをまだチャンスとか、良くなる為の材料、という考え方が出来ない。自分にとって起きる事は全てに意味が出てくる。

言い訳だったり、逃げた事も含めて『うまくいかない現実』で出てくるし、反対に言い訳をしない、諦めない先には『うまくいく現実』が出てくる。これは当たり前な事であり、特別ではない。

みんなの色々な基準がよく見えています!何がどうであろうと、みんなが一人の人間である事に変わりありません。そんな自分がどうなりたいか?を考えてほしい!なるようになる、というのもあるけれど、少なくともなろうとする努力の過程に無駄はありません。なりたい自分へ!!今日は一歩でも、半歩でも近付けたかな???

また明後日の交流戦で良い成果が残せるようにがんばりましょう!!

交流してくださった野々池中さん、アグア姫路さん、ありがとうございました(礼)
2019/03/27のBlog
今日は早朝から三木防災公園でファルコ・モルタカップの初日を行いました!

毎年行う事が出来ているこの交流大会ですが、今年でもう9回目となります!!素晴らしい環境の中で多くの良いチームとの交流をしていく時間の中で、普段の自分達だけではなかなか出せない課題と向き合える最高の機会です。

ただし、いくら良い環境で、良い機会であっても、それを活かせるかどうか?は結局自分次第です。うまく活かせている子、無駄に過ごしてしまっている子、かなり分かれています。コーチは『ダメ』じゃなく、『もったいない』と思うだけなので、やれ!!とは言いません。本人が気付く、と言うか本心なのか?がハッキリ見える機会。大事な一日でした!!
今日からは新1年生達も一緒に参加してくれたので、とても良い刺激をもらえました!

新2,3年生もうかうかしていられないぐらいの良いプレーをたくさん見せてくれていたし、各自の武器と言うか良さもハッキリ見える一日となりました。

今日対戦してくださったのは野々池中さんとバンディエラ暁さん(京都)でした。どちらも層の厚いチームで選手達も試合慣れしている印象を受けました。それぞれのチームにそれぞれの狙いとかやるべき事、やらせたい事があると思うし、この交流大会はそういう部分を出していく場です!

そういう中でファルコの狙いは?と聞かれたら『自分と向き合う時間』と答えます。
今日も新3年生の子と話をたくさんしましたが、やはり変化をしない一番の要因は『自分の中の弱さと真剣に向き合わない』事だと思います。変わらない人間は、『守りたい自分』があるからです。口でいくら変わりたい、と言っても、本心が変えたくないのです。

新1年生と一日一緒にいてもすごく楽しそうだし、前向きな部分はありながらも同じように向き合う事は苦手な子が多いと感じています。そういう時間を持ってこなかった事が全てだと思うし、このファルコはそういう子が多いので自分の役割とは、まず自分と本気になって徹底的に向き合わせる。その上で『それがなりたい自分なのか?』という事を考えてもらう。そうじゃないと、正直に、本心で、『仲間を助ける』なんて出来ないからです。みんなはその作業を飛ばして仲間との協力を要求してしまうから・・・小手先だけの協力っぽい事をして『いい人ポイント獲得』する訳です・・・。本心でも何でもない、結局は自分の為なんですね。
自分がしたいチームというのはどんなに不格好でも良いから、泥臭く、心からサッカーを好きだったり、がんばりたいと思える選手にする事です!

うまい、とか強いとか、それを目的にするだけなら他でやってください!って話です。うちはまず自分自身を整えてから仲間と協力し、喜びも、課題も、『共有出来る仲間』にしていきたいと思っているのです。サッカーという素晴らしいスポーツも使い方次第でどうにでもなる。良くも悪くもなる。

だからこそ自分は良い方向へ使いたいと思います!
新1年生にとってはいきなりフルコートで25分ハーフという長い時間・・・・そしてこの暑さ、ですから色々きつかったとは思います!

それでも逃げずに精一杯がんばる姿に初日でいきなり胸を打たれる選手もいました。こんな良い部分を伸ばしていかないといけない強い決意を持てたし、それを受ける新2,3年生も『このままじゃダメだ』と思う覚悟がほしい。口約束じゃなくて、心を動かしてほしい。その意味を知るのにまだ時間が掛かる子も多いだろうけど、時間をいくら掛けてでも分かる事に大きな価値があると思う。

もっとみんなが自分に正直であるように・・・その正直を引き出す為の正直なコーチでありたいと思います。交流してくださった野々池中さん、バンディエラ暁さん、ありがとうございました(礼)
2019/03/26のBlog
[ 18:22 ] [ 練習の様子 ]
今日は春休みという事もあり、平日の昼間練習!!

夜に神戸で日本代表の試合があるという事もあって数名そちらに見学に行っております(コーチもみたかったです)。練習は午後からだったのですが、朝の間に怪我をしている選手をかかりつけの医者の所へ連れて行き、そのまま練習に参加するという事だったのですが、なかなか全てがうまく噛み合わず、予期せぬ事がたくさん起こりました。

いつもならそこで焦ってしまうのですが、今はこういう事態になっても穏やかにいられるので逆に楽しみながら過ごせている自分を不思議に思う部分もあります。
昼間は非常に穏やかで春の陽気という感じでした!!

新1年生も数名参加をしてくれたので(3月中は希望制なので)、新2,3年生も学年が上がる実感を持ってくれたと思います。

新1年生は足元の上手、器用な子が多いので、お互いに良い刺激を与えながらやれるといいですね!先輩だから・・・じゃなく、人と人が向き合っていける時間になるといいですね!まだ小さな殻に閉じこもっている子もいるので、開放出来るように前向きな自分へ変えていきましょう!!
うまさ、というものを考えてほしいと思っています!

先日の立花さん。足元は本当にみんなうまかった!!現役生だけじゃなく、卒業したOBもみんなうまかったのは、この年代の時に染みこませていたからだと思う。自分の意識で自分の体に染みこませたものはそう簡単には失われないという事です。

だから、うまくいったプレーがあったとして、それが常に出来るまで染み込ませないとみんなはまだ一発屋の子が多いし、そんな自分でどこか満足しようとしている。甘いというのはそういう考え方の事です。がんばって、成果を出して、まではいけるけれど、継続させようとしない、出来ないのが現状。この力を磨いていきたいと思います。
リフティング~ドリブル~スモールゲームをやりました!

プレッシャーがない状態→イメージで自分にプレッシャーをかける→物理的にプレッシャーを与えるという順番。どこからズレているのか?どこで自分は頭が真っ白になるか?を見つめてほしい。まだまだ出来ていないにも関わらずその現実を受け止めようとしない子が多い。出来ない部分にも目を向けて正しく成長していけるようにしたいね!

スモールゲームの時はスペースがない分、『自ら生み出す力』が求められる!考えて行動する時間がないから予測をするとかイメージをするのが大事。そこがちょっとずつ出来るようになっているので、これが大きなコートになっても繋がるようにしていきましょう!
最後はシュート練習をやっていきました!!

ここでも、精度が低いという言葉だけになってしまうと終わりですが、絶対に決めてやろうという気持ちが欠けていた。こういう気持ちで練習をこなしているのに、試合で外してどうしてそんなに悔しがれるんでしょうか???

結局、目先にしか考えが向いていないのはそういう部分。普段がこういう状態なんだからうまくいかないのは当然と考えるほうがごく自然な話。だからこそ悔しい思いをしたくないならば、普段の、トレーニングの時の集中の仕方、体の角度、使い方など、頭の中を働かせないといけない。がんばるとか、走るとか、目に見えるものではないけれど、行動には必ず出てくる(考えていない事も)。

明日から交流大会があるし、またみんなの良さが新たに発見出来るように楽しみたいと思います♪
2019/03/24のBlog
[ 20:53 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は早朝から尼崎のベイコム陸上競技場のサブグランドにて、VIVORIO立花さんにお誘いいただいた『3年生の引退交流試合』をさせていただきました!!

3年生もこのメンバーでもう一度試合をしたいという気持ちもあったし、立花さんからのお誘いもあった事がとてもうれしかったようです!夏には一緒に川遊びもした仲で、とても学びの多いチームだったし、交流出来る最後の時間をこうして一緒に過ごせた事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!良いチームとの時間は本当に学びが多く、今回も西野さんからは人としての温かさと言うか、空気感、関わりのすごさ、人間力、そういったものをものすごく思い知らされたような感覚を受けました。

自分なんてまだまだ浅い・・・でも、ファルコの子を愛する気持ちだけは絶対に嘘は一つもないので、この受けた感覚を必ず地元に、ファルコに還元していくように決意を強くする事となりました。
着いてから準備をして、少しアップを終えてからすぐにゲームをグルグル回していきました!

立花さんのOBの数がものすごく・・・どの子もとても人としてしっかりとしているのが伝わってきました。また、その一人一人のエピソードがしっかりと話せる西野さんのすごさと、その西野さんへの敬意を持った子ばかりでとてもすごいと思いました。人との繋がりって求めて出来るものではないし、自身が持っている人間力の成果なんだと思います。トレーニングをするというか、サッカーでも技術を上げるとかうまくなる為には人が休んでいる時間もがんばるとか努力をしなければならないように、形は違えど人間力も鍛える為の努力は必要だと思っています。そして、この西野さんも間違いなくその努力をされている方で、すごさを全く見せない事がこちらにすると一番すごい人の証だと感じています。すごい人は自分をすごいと思っていないし、すごくない人が自分をすごいと言ってしまう・・・。西野さんは常に謙虚だからこそ、これだけの人が集まるんだな~と感心するばかりでした。
そんな事も感じながらうちに目を向けると、やはり3年生のいる空気感はいつもとは違うし、その3年生から多くを学べる事もあった。1,2年生の良い手本になってくれているし、その手本を元に自分達らしいカラーを磨きつつある1,2年生はとても良い表情でサッカーが出来るようになっている。1,2年生チームに、平気で小学生が混ざりたいと思ってくれる空気感。。。これも作ろうと思って作れないのです!1,2年生の温かい空気感がここにもあったんだと思います。小学生達も、とても生き生きとプレーしてくれていたし、1,2年生も前向きにがんばる姿がいっぱいありました!!

3年生は久しぶりのこのメンバーでのゲームを楽しみながらも、やられた時は心から悔しがりながら感情豊かにサッカーをしてくれていましたね!
3年生達!!本当に良い雰囲気が出せるチームに、人間になってきましたね!

みんながこうやって楽しく、自分をしっかりと出せるサッカーがこれからもずっと出来るといいなと思います。今日という一日を一緒に過ごして、改めてみんなと関われた時間の大切さを痛感しました。当たり前なんて何一つない事をみんなから学びました。

一芸を持った子が多く、そこをずっと磨いてやり抜いてきた成果はこれから先もチームを助ける武器となっていくはずです。グランド外でも楽しめる子、グランド内のスイッチをしっかりと入れる子、後輩をイジリ、イジられという存在感のある子、一日という時間が足りないと感じれる本当に楽しい時間でした。この時間を共有出来た1,2年生もきっと良いものを得られただろうし、言葉では表現出来ないかも知れないけど『ファルコらしい空気感』のお手本になってくれているし、きっと今後もこういうカラーが伝統として伝わっていくだろうと思う。
人を大切にしていれば必ず大きな価値が戻ってくる・・・。

今日学んだ最大の収穫。心をすり減らし、心を削られながら奮闘されてきた西野さん。その西野さんの抱える大変さは自分なんかには到底理解出来るものではないかも知れない・・・。だけど、同じコーチをする中で分かる部分もきっとあるだろうし、これからもずっと仲間の一人であり続けたい。

西野さんが立花さんを愛したように、自分もファルコを愛します。子供達を大切にしていく覚悟をしっかりと貫いて良い笑顔がたくさん引き出せるようにしていきます!こういう交流試合で締めくくれた事は今までなかったし、このような機会を作ってくださったVIVORIO立花さんに心より感謝します!また遠くにも関わらず多くの保護者の方々が子供達を応援に来てくださいました。こういうファミリーのような空気感をこれからもずっと大事にしていきますので引退しても、変わらずファルコをよろしくお願いいたします(礼)

本日、自分と関わってくださった方々、本当にありがとうございました(深礼)