ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6275件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/12/04のBlog
[ 19:48 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

日曜日に自分の底力に少し出会ったみんな。。。賞状をいただける結果を出しただけに浮ついている雰囲気が今日は間違いなくありました。。。

最初から、練習前の時間からそれはハッキリと見えたし、やっぱり大会とか公式戦という場のように数字で結果が出る場所は良い経験にはなるけど危険だと感じました。
反省はする。落ち込みもする。

でも・・・・・

ですよね?そこから先はないの?それだけで終わりなの???です。

自分は足が遅いから・・・・
体力がないから・・・・
競り合いに弱いから・・・
ドリブルがうまくないから・・・・

ってただの言い訳でしょ?サッカーってそれだけで決まるスポーツじゃないのに、その考え方を自分の都合に合わせて『だから負けたんだ』って言いたいだけなんだよ。
毎日変化をする、させるチャンスしかないのに、考え方の悪い人は『今日は無理』とか『明日がんばろう』とか『いつか出来るだろう』と考える・・・。

でも、本当に成長している人は『今日しかない』『今しかない』『これを絶対にやるんだ!』という明確な思い、気持ちがある。それがみんなの中には足りない(ゼロとは思っていません)。

どちらかと言うと悪いほうの考え方に近いはず。都合の良い時だけ先延ばしにして考える・・・・『来年のあの大会ではがんばろう』って。でも、その為の努力を今しよう!じゃなく『来年なんだからまだ急がなくても大丈夫』になる。そこにもう全てが詰まっている。
何でも先延ばし。

出来る事をしない、大事な事に気付かない。

今日の練習後のトイレの写真です!どう思われますか?使わせてもらっている場所?使ってあげている場所?

これが『現状』です。たまたまでもなく、このレベルです。

保護者の皆様はどうか勝手に過剰な期待をしないでください!!まだ彼等は大切な事に何も気付いておりません。

俺じゃないし・・・・言うのは簡単。でもね、それをみんなが言いだしたらチームとしては終わりですよ。その俺じゃなくても良い事をやるからチームなんでしょ?強くなるんでしょ?そこが分からない価値観でいくらボールを蹴っても出来なくて落ち込むか諦めるか、のどちらかの選択肢しか持てないのは当たり前でしょう・・・。

毎日という価値観にそろそろ気付いてください!体がどんどん言う事を聞かなくなっているおっさんの言葉もたまには信じてやってみてください。未練や後悔があるからこそみんなには同じ過ちをしてほしくないのです。どうか分かってください!!
今日は雨の降ったりやんだりする天気だったのですが、昼間の紅葉はまだまだ見事なものでした!気温が下がる日が少ない事もあって紅葉の見頃がいつも以上に長いという印象です。桜や紅葉という綺麗な景色が広がる時期がどんどん短くなっていくので、こういう長いと四季のある日本っていいな~って感じます。

そんな中、夕方は雨になりましたが加美スクールは元気に行いました!今日も慶悠くんが参加してくれたのでみんなの元気もさらに活性化された感じを受けました。お互いに刺激のある時間になればうれしいし、誰が来ても、自分自身のプラスにしていけるといいですね!
スクール前はまたゲームをたくさんやり込みました!!

一緒にやりながら成長していると感じる子、停滞していると感じる子、それは当然あります。停滞している子はどうしてなのか???という事ですが、どう考えても『本心がうまくなりたいと思いたがっていないから』でしょう・・・。もちろんこちらが質問をします。『どうしてここに来ているの?』と。そうすれば『うまくなりたいから』と答えますが、結局はその質問をされる時点でその事が伝わってこないからやっている訳だし、その質問をされた時に考えるからその答えになると思う。元々その考えの子は行動しているし、そんな質問はされないって事ですね!
コーチはうまくさせる為にここにいるのではなく、『うまくなろうとする子のお手伝いをする』為にいます。

その考えはずっと変わりません。コーチを始めた頃は自分が変えてやるんだ!うまくしてやるんだ!って思っていましたが・・・・。そういう自分の基準を押し付ける形が子供の成長の一番の妨げになる事に気付きました。それ以来、子供にとって必要な時に必要な大人になりたいと思っているし、出来る限り『子供自身の力で』という事を考えています。

今、どのスクールでもその為の力をちょっとずつ確かめたり引き出したりしている最中・・・。色々見えてきて楽しいです♪
自分の目と耳と心と頭を使ってやるんだよ!!と何度も言います。

場の設定はみんなフラットです!みんな同じように出来るけど、同じには出来ない。そのちょっと違うものを意図的に出せるかどうか?ですね!何も考えずに、コーンを並べたらそのコーンを避けるだけ、リフティングと言われたら回数を増やすだけ、みたいになってしまうとサッカーから切り離されてしまう。そうではなくサッカーをやる、という事に繋げていくのが今の目標。練習でやっているから試合でも出来る、という事を増やしたいと思います。練習と試合が別物にならないように・・・・そこが自分の最大の課題として受け止めながらやっていきます!
自由にやる。

今は特にその『持っている自由な発想』を探っています!サッカーというものをどう捉えているのか?小学生になって習い事として始めて、言われた事だけをやってきた形になっていないか?自分自身の考えや発想はあるのか?したい事、やってみたい事はあるのか?それをどんどん出してもらうようにしています!今日はその探りをしていきましたが、やっぱり発想というものがとにかく硬いな~・・・・と痛感。。。。

前に行くしか考えていない。失わないように必死にキープ。フリーじゃないとシュートを打たない・・・

間違ってはいません。ですが、『これしか出来ない』ではあまりに窮屈過ぎると思います。だからほぐしてほぐして・・・・こんな事もやってみよう♪が一つでも余計に生まれるようにしていきたいと思います!
2018/12/02のBlog
今日は早朝から大阪の服部緑地公園にて『2018大阪リレーマラソン』が行われたので、チームみんなで参加をしてきました!!

これはみんなでリレーして繋いでいきながらフルマラソン(42.195キロ)を走るものです。チーム力アップの為に、一人ではなかなかがんばれないだけに、こういう環境の中で各自が自分の底力を見せてほしいな、と思いました。

選手と一緒に戦う為に、自分と堀金コーチも参戦!!子供と一緒に同じ苦しさを味わいながら(年齢差が大きいので苦しみで言えば倍ぐらいありそうですが・・・・(笑))、がんばろうと思って一緒にエントリーしました!
出発前の元気なみんなの様子です!!

天気も最高だったし、がんばる為の環境は整っていました♪言い訳も出来ない中で、どれだけ各自ががんばれるか?一人1キロを3回ずつ!普段長い距離を走ってもこういう短い距離を全力で、しかもそれを3回もやる事って逆にない機会です。目標は『3時間を切ろう!!』という事で選手とも話をしていました。単純計算で、1キロを4分で走ればちょうど切れるぐらいの計算になっていたのでそこを目標に、その上でお互いの得意、不得意もカバーしあえたらいいな、と思いました!!
一人4分を基準にスタート!!スタート走者は昨日の山道走で2位のタイムだった柊人くん!1位の太河くんはアンカーに任命し、間は背番号順に繋いでいきました!

スタートから順調に良いタイムでがんばってくれていました。最初のほうはバトンの渡す場所などがよく分からなかった事もあって正式なタイムが計測出来ていなかったのですが3分20秒前後でがんばってくれていました!!柊人くん、龍之介くん、洸大くんがかなり良いペースでした!!そこから一旦ギリギリになったり4分をオーバーしてしまった晃くんでしたが、自分なりの戦いをしっかりとしてくれて3本目にベストタイムを出してくれるなど踏ん張る力を見せてくれました!ほとんどの子が3本目にベストタイムを出すなど、がんばる、踏ん張り、底力を見せてくれました!お互いの声援もきっと大きな力になったと思うし、それを励みにがんばれたと思います。
参加チームは108チームとかなり盛大な大会だったのですが、走っている最中に報告される途中経過で最初はベスト10入りの8位と報告があり、中間報告ぐらいでは6位。
終盤になってきた時に4位争いになっていると聞いてみんなもやる気がさらに増しました!ここまで来たら力を出し切って一つでも順位を上げようぜ~!と盛り上がった中、自分も3本目にベストタイムを出せたし、足もちょっとつりかけでしたがみんなに迷惑を掛けないように必死で走らせてもらいました!!

そんなみんなのがんばりが実って結果は何と3位でフィニッシュ!!!!

一人一人のがんばりと、チーム全員での繋がりがしっかりと結果に反映されたのは良かったし、前向きな努力が一つの形になったのはうれしいですね!しかもファルコとしては走るトレーニングというものは昨日の山道測定以外は取り入れずにこういう結果が出たのはうれしい事です。
みんなの最高の笑顔が弾けましたし、この場で一緒に味わえた事がとてもうれしかったです!!

もう40歳を迎えた節目の年にこうして息子のような子供達と一緒になって何かに向けてがんばれるってとても幸せな事だと思いました。このがんばりはきっとまた何かの自信となって各自のがんばるきっかけになるのでは?!と思います。最高の仲間と一緒に過ごせるこの時間をどうか大切にしてください!!

応援に来てくださった方にもきっとみんなのひたむきながんばる姿勢は伝わったと思います。これからも何事もがんばれるファルコでありたいと思いますので温かく見守ってください!

大きな大会を運営してくださった大阪リレーマラソンの大会関係者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2018/12/01のBlog
[ 14:57 ] [ 練習の様子 ]
今日は朝から走力会として、毎年恒例にしている山道走をやりました!

毎年やっている事もあり、自分自身の成長、成果を試せる機会にもなります。山道は陸と違って精神面の強さが重要視される場でもあるので、各自の中にある『粘り』がどこまで出せるか?を今日は楽しみたいと思っていました。
綺麗な紅葉の中を走る、という事は良かったのですが、昨日自分が試しに走ってみたのですが落ち葉が多くてすごく滑ってしまう印象があったので、今朝は今中代表と1時間前から山道のコースをホウキで掃いてコースを綺麗にしました。みんなが一番良い力を出せる環境をスタッフとしても整える為に朝からがんばりましたし、みんなもしっかりとがんばってくれました!!

陽向くんだけは小学6年生の時一緒にがんばってくれたのもあって、唯一の『3年連続出場』となりました(笑) ですが、しっかりと毎年記録を更新してくれた事、がんばる力がしっかりとついている事を自覚出来たと思います。同じ時期に同じコースをやるので、1秒でも縮めていける事が大事です。2年生は昨年の記録があったので対象がありましたが、1年生は初となるコースだったので相当きつかったとは思うけれど、1年生もそれぞれにナイスランしてくれたと思います。
自分自身との戦いに勝てたかどうか?が大事になってくるし、そこは正直1年生達はまだまだ出し切れていません。ただ、それは『無意識の部分』なので難しい所ではありますが、ゴールした瞬間にぶっ倒れるぐらいの気力を出せる選手になってほしい。結構回復も早かったし、もっとやりきれていたはずです。良い走りを『強い走り』に変えられるように、球際の強さも含め、もっと貪欲になってほしいと思います。

2年生は昨年のタイムから全員が更新されていた事もあって、がんばれる部分は出てきているけれど、こちらももっと強引な部分、がむしゃらな部分があっても良いと感じましたね!
測定を終えてグランドに戻ってからはゲームをしました。

ここでも気になったのは『無意識に相手を否定してしまう自分』の感覚です。意識していないのに、出ている言葉の裏側は『相手のせい・否定』になっているという事。この『見えない無意識の部分』を変える為に日々トレーニングをしていくのです!成長していく事も含めて、『当たり前にやっている自分の質の高さ』が何よりも大事になってくる。どんな結果であっても自分の事だと受け止められる覚悟を持てるように!そして、ありがとうとごめんなさいは素直に、早く言える人間に!

みんなで自分磨きをやっていきましょう!!明日はみんなでリレーマラソン!楽しみながらもがんばりましょうね!!
2018/11/30のBlog
[ 20:27 ] [ エリート塾 ]
今年は紅葉がとても長く楽しめるな~って思います!

暖かい日が続いている事もあって、それでも朝晩は冷え込むから紅葉にとっては一番良い環境になっているようです。来週ぐらいから寒くなるようなので、皆さんも体調管理はしっかりとしながらも今週末は紅葉狩りをするのにいちばん良いみたいですのでお出かけしてみてはいかがでしょうか??・・・・って報道番組みたいですね(笑)
ナイターはエリート塾とテスト明けでようやく全体が揃ったファルコとの合同練習でした!!

テスト明けの中学生はどうしても体が重たくなってしまうので、今日はゆっくりほぐす事を考えながらもサッカーというスポーツからは離れないように考えました。ボールと自分、自分と相手、自分とスペース。この辺りはやっぱり大事な要素になってくると思うので急がないように、でもその分頭を使いながらやってもらうようにしました!
ボールを当たり前に扱えるまでまだまだ道は遠いですが、日々コツコツとやっていく事に意味があり、それによって当たり前に出来るようになる事に意義がある。

それしかないし、それ以上も以下もありません。足で扱うサッカーというスポーツをやる以上はそこは外せませんからね!

サッカーがうまいとか下手とか言う以前の事だと思ってやるべき事と認識、自覚をして取り組んでいきましょう!
リフティングからドリブルをやっていきましたが、頭の中にまだ『うまく思われたい』事が優先されていない???

自分がうまくなりたい、うまくなるんだ、という気持ちよりも『周りの目』のほうが優先されていると目的がズレてしまうし、やっている事も効果が薄れてしまいます。足先だけでただボールを運ぶ事が君達にとってのサッカーだとすれば感覚が低過ぎます。

ボールを思う通りに相手ゴールに入れる為には、邪魔をしてくる相手を避けないといけない訳で、相手から避けてくれる訳ではないのです。だとすれば相手を避けさせる方法が必要なのですが、そこへの意識がまだ乏しいですね。だからアクションが少ないし、イメージ、絵が少ないし、スピードだけをむやみに上げてしまうという結果になります。ドリブル=速くしないと意味がないと思っているならばそこの考えから改めないと能力サッカーはすぐに限界が来ますからね。
上達の第一歩は『己を知る』事から始まると思っています。

自分を高めたいのに、自分の現状を知らないって子が本当に多い・・・。つまり『うまくなりたい・高めたい』ってそもそもの言葉、考えが『誰かの評価に対して』という言葉が前についてしまうのです。

だからもっと各自が自分を知って、自分の努力に自信を持って取り組んでほしいと願う。何の為にやっているの?誰の為にやっているの?を考えればみんなの喜び、君達に期待している方の喜びも全て『自分で自分を越える』事にあるんだと思う!その為にもマラソン大会などもあるだろうけど『自分で決めた目標に勝つ!』事を第一に考えて、うまくいかなかった時も人のせいにしない自分になりましょう!!この場は自分で自分をうまくする場所。どこでもそう思えるように考え方から大切にしていこう!!
2018/11/29のBlog
[ 19:56 ] [ 練習の様子 ]
今日は精鋭5名とのトレーニング!!

テスト休みがまだいる中で、テストが終わったメンバーと久しぶりのサッカー♪

今日も出来る事を積み重ねていこう!と思っていたのですが、アップでまずは3対3で一緒に入ってサッカーバレーをしました!八千代メンバー対西脇メンバーでの試合となったのですが心も体も温めました。うまくいかない事も含めてどれだけ協力出来るか?の所でまだまだ思いを合わせるとか前向きな空気をつくるという意味でも西脇メンバーは足りない所がいっぱい出ました・・・・。

ところが、その『仲良くない』雰囲気を持って後半はサッカーのゲームをひたすらやりましたが、お互いなかなかの本音をぶつけ合いだしました。本気になって喧嘩にちょっと近いテンションでしたね!それが良いとか悪いとか評価したいのではなく、単純にそこまで本気になれるんだね、って事。今までならば遠慮して終わり、2年生に合わせておこう・・・だったけど、ここにきて1年生も一歩も引かずに言い合える所は成長の証として見ました。八千代メンバーよりも、結局の所は負けず嫌いの気持ちがとても強かったし、ここはものすごく大事な部分です!勝ちたい、負けたくない。勝負事ですから、結果にこだわるのではない、と言っても負けてもいいよ、ではないって事。勝ちたい、負けたくないもみんなの中の本音としてどこまであるか?が大事になってくる。

今日はそんな子供の中の本気の気持ちみたいなものを味わう事が出来ました。一緒にやりながら『もっともっとうまくなるんだろうな~~~~』って楽しみしかありません。そんなみんなと過ごせる時間を大切にしていきます!!どんどんうまく、強くなっていこう!!
2018/11/28のBlog
[ 20:35 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターでの西脇スクールでした♪

ちょっと最近は冷え込みがマシになっているので動くと汗をいっぱいかいてしまいますね!今日もスクール前にはゲームをたくさんやりましたが、まぁスクール生のレベルが上がってきていまして・・・やられっぱなしでしたね(笑)

こういう雰囲気になってくると、本当にみんなが夢中になってきます。切磋琢磨しながら違う地域のメンバーとお互いに試し合える環境はとても良いと思います。この空気はずっと大事にしていきたいと思います!自然と下の学年の子もここで揉まれていくのでどんどん上達してくれていますしね!
スクールは今日もレベル6キャッチからのスタートではありますが、まだまだ『力』を使っています。

途中に話をしたのですが、スクールで目指すのは『クリア』ではありません。どれだけ『自然な力』で出来るか?です!歩く、いつもの生活している力そのままでボールを扱えるように!それが目指す所です。蹴る、投げる、受ける、の動作を『特別』にしない事!そこをゆっくりでも理解してほしいと思っています。

数名はすでに理解しつつあります。中学生も毎回来てくれる事もあるし、自覚があるかどうか?は分かりませんが本当に上手になっていると思うのは、力を抜ける幅が広がったからです。ここは本当に大きいと感じます!
今日は小学校の体育館でマットがたくさんあったので、それを使って久しぶりに体操教室が出来ました(笑)

体がまだまだ思うように使えていない事をたくさん自覚出来たと思う。クルンと回る。その言葉をどうにも表現が出来ない・・・。カクカク、みたいに体がまだたくさん引っかかる子が多いという現実。もちろん前転や後転自体が『非日常的な動き』という事もあるけどこういった動きを自然に行えるようにしていこう!みんなの頭と体は本当に柔らかい時期なので、今やっておくと良いだろうし、実際に今日だけでも改善されていくのがよく分かる。考えて使う・・・それが考えなくても使える状態にまで繋がるといいですね!
ここからコーンも使って動きをやっていきますが、あまり固定してはやりません。

『こうしなさい』という事も大事なのですが、スクールにはサッカー初心者も来てくれているので強制の形はあまり取りたくないのです。必要な時も来るだろうけど、それは各自の成長の段階に応じて与えていければと思います。

なので、各自で考えた形でジグザグしていきます。リフティングで、ドリブルで、手で、歩いて、走って、後ろ向きで・・・・と。動きを変えてもボールが自分についてくるか?の所だけは各自でしっかりと検証してもらいながらやってもらっていきました。各自で決められるので、ストレスも少なくやれていると思います。
最後は『相手』を感じながらやってもらいました!

自分のやりたい事をコーンを置いてばかりやっていると、どうしても自分のタイミングばかりになってしまうけど、やっぱり試合は相手がいるものだから予期せぬタイミングでプレーをしないといけない時が多いのです。なので、自分で考えて設定を作ってみるようにしてもらって、ボールを持っても良いし、奪っても良い。シュート決めてもいいし、ドリブルしても良い。そういう選択肢がある中でのイメージを広げてもらうと非常に良いものがたくさん見えました。

そして、みんながイキイキしていました!自分が近づけたい『子供の世界』に近づいたような雰囲気だったと思います。コーチが、大人が主役ではない環境。子供が自分でやれる環境にこれからもこだわっていきたいと思います!
2018/11/27のBlog
今日は夕方、見事なひつじ雲でしたね♪この雲は次の日の天気が下り坂になるという事だと聞いた事があるのですが、日中はポカポカ陽気で今日も暖かったですね!

5年生は見学旅行に行っているという事で休みだったのと3年生の凛玖くんが先日に行われた大会でくるぶしを負傷したようで休みとなったので今日は4、6年生で行う事となりました!また慶悠くんも参加してくれたので一緒にがんばりました♪こうして気軽に来てくれる事は本当にありがたいし、いつ来ても良い手本になれる慶悠くんはやはり良い人間性を持っているとつくづく感じました!
スクール前のゲームは4年生とコーチチーム対6年生でやったのですが、6年生本当にうまくなったね~~って感じで、各自が自分の武器を知る事だけを意識していた5年生の時と違って、『どうすればその武器を出せるか?』まで理解しつつありました。仲間もそれを活かせるように設定を作れていたし、相手をする側としては非常に手強かったですね!個人的には何度も何度も股抜きをされるという『遊ばれた感』が残り、大変悔しい思いをしました(笑) でもね、40歳になっても『負けたくない、負けると悔しい』って気持ちは今でもみんなに負けていないですよ~~~~!!!

気持ちは、ね(笑) プレーはもそろそろやられますね(笑)
スクールはレベル6キャッチから開始していきましたが、最近リーグ戦だったり、公式戦を経験した話を聞きました。

その事もあって、改めてやるべき事として『力を抜く』事は意識させました。どうしても素直な子供達は『がんばる事がベース(基本)』であり、抜く事を許されません。何を笑っているんだ!白い歯を見せるな!みたいな・・・。

がんばる事が大前提であり、しかも『その子のベストプレーを毎回基準にされる』から、調子が良くないとか違う事に挑戦しようとしても『何を手抜きしてるんだ!』とか『お前はこれをやればいいんだ!』みたいな言い方をよくされてしまうようです。それはサッカーのみならず、学校でもそういう所があるのかも知れません。だから関われる大人の一人として『そういうのがダメ』とかじゃなく、『普段がそうならばここでは抜く事を知ってほしい』という伝え方をしたいだけです。
リーグ戦、公式戦で、やっぱり『がんばる』から動きもプレーも、考え方までも硬くなってしまうみんな・・・。

ボールを思うように扱う為にはその真逆であるがんばらない事が大前提になる。誤解してほしくないのは『手を抜け』と言ってるのではないという事だし、そこは大人みんなが理解しないと難しい。手を抜かずに力を抜く。言葉で言うならば『力を抜く事をがんばれ!』です。そうしないとこの地域の子は『勢い・能力・イチかバチか』にずっと頼るサッカーになります。子供の体が故障する理由は何となく分かりますよね・・・。それが『がんばった代償』と聞こえの良い言葉で片付けて良いとは思いません。大人がもっと色々知らないと犠牲になってしまうのはやっぱり子供。。。そういう責任の中で預かる時間を大切にしたいと思います。
思う事が出来る。
思った通りに出来る。

それをスクールで何度も経験してほしいし、その逆で起きる事が『思う通りにいかない』『思った通りに出来ない』です。この二つの感情を持つ事で、『家でもやってこよう!』という言葉に繋がっていくし、行動に繋がっていくのです。

思う事、思ってみる事。

『無理やわ・・・』と言ってしまえばもちろん無理。そこから得る事は何もありません。こうしたい、こうしてみたい、こうなりたい、と思う事、思い続ける事できっと出来るようになりますよ!!

スクールでは、そういう『よっしゃ!これが出来るようになったわ!』みたいな経験をたくさん積んでほしいと思います。その設定を作れるようにこれからもがんばります♪
2018/11/22のBlog
[ 20:14 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習だったのですが、全く写真を撮っておりません(笑)

それは練習前から寒いので、みんなと一緒にボールを蹴ってました。シュート練習をひたすらやるような形だったのですが、みんなシュートへの意識が高くなってきているのか?やっぱりシュート自体が楽しいのか?やり始めると止まりませんでした。

そんなみんなの空気感を大事にしたかったし、どんな練習をやるとかよりもどういう気持ちで取り組むか?は常に考えている事だったので前向きな姿勢でやっている事はそのままやってもマイナスには絶対にならないだろうし、しばらくそのまま一緒に蹴りながら、イメージ、アイデア、モノマネ(笑)、をしながら時間を過ごしました。

木曜日はいつも人数が減ってしまう事もあり、個人のやりたい事をやりこむ時間にしたいという事もあります。うまくなっていくという事を目的にしていれば何をやろうとも自由です。ドリブル、パス、リフティング、シュート、トラップ、など各自でやりたいと思った事、その理由も考えながらやってもらう事はとても有意義な時間になる事が多いです。


そんなみんなと色々話しながらボールを蹴っていると、後半は一人OBの子が顔を出してくれました!その子は10月から県庁で働いているという事で、今日は本当に久しぶりに地元に帰ってきた途中で顔を出してくれたのです。立派な社会人になっていました。色々話をしましたが、考え方も自分大人になっていました!難しい時代だと思います。どんな仕事をしてもいっぱい問題が起きるだろうし、その対処も難しい時代なんです・・・。でも、本人の捉え方や考え方一つでやっぱり状況は変えられると思います。追い風を期待せずに、向かい風を楽しみたい・・・そういう言葉を発する事に自分は頼もしさすら感じました。

『ファルコ時代にそういう部分を鍛えてもらったので・・・・』と(笑)

ひどい指導をしている時でした(申し訳ない!!) でも、向き合って本気でぶつかるという事をやっていた時だった事だけは自信があります。だからこそひどかった事でも心の部分だけは通っていたのかも知れません。ただ、本当に振り返れば常に反省するばかりの自分なので、今こうして立派な大人になっている事を誇りに思います。こういう卒業生がいる事で、また自分もがんばろうと思えるし、やってきた事に少し自信が持てるようになります。ありがたい存在だとつくづく思いました。

みんなそれぞれのステージできっとがんばってくれているんだと思います!!
今もこうして細々とがんばっているからまたみんなグランドに遊びに来てくださいな!そして、グランドに行けばコーチがいる、と思ってもらえるような場をずっとこれからも大事にしたいと思います!!
2018/11/21のBlog
[ 18:31 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターで西脇スクール♪

先週と同じく、西脇総合市民センターでの活動となりました。とても綺麗な体育館で照明もとても明るいのでこちらに慣れてしまうとそれ以外の場所が暗く感じてしまうぐらいここは明るさが強烈です(笑) 

人間って自分の都合の良い事には圧倒的に慣れてしまう・・・。夏の暑さに対してのクーラーだったり、冬の寒さに対してのヒーターだったり、車だったり、自転車だったり、ボタン一つでポン!!の習慣。。。自分にとって楽な事は簡単に身についてしまうのが弱さでもあり、順応力とも言える事かも知れません。ただ、慣れるという事は決して良い事ばかりではないという事をずっと痛感させられます。
こうしてブログを書いて、文章にしても自分の意図だったり、思いというものはやっぱり伝わらないものだとつくづく思います。

言葉げ下手だし、表現が下手だという事もあるのですが『思い』というものは伝わりにくいものなんだと思います。そして、それを人は第一印象だったり、見た目で多くを決めてしまう・・・決めようとしてしまうから失敗をする事が多い。

こういうコーチという仕事をさせてもらえるようになってからは子供はもちろんですが、やっぱり子供にはそれぞれの保護者の存在が当然あって、『預かる』という事はその保護者の方から、という事です。その自覚を忘れないようにしなければいけません。
やりたい事だけをやってしまい、保護者の方の気持ちや思いを蔑ろにするのはやっぱり違うと思うので、共有していけるような環境をもっともっと整えないといけないって思う。

自分が心だったり、体にストレスを抱えるとすればそれらはやっぱり自分の責任なんだと思います。最近はそういうものを抱えなくなった自分は逃がすのがうまくなったと思います。逃がすと言うと語弊がまたありますが、そもそもストレスという事に対する考え方が変わったんだと思います。かつては『思う通りにいかない』事が大きな要因でした。

子供に対しても、誰に対しても、です。

でも、それが当たり前である事を理解しつつある今は『思いは持つけど押し付けない』事を意識していると思います。
良いかどうか?なんて最終的には自分では決められない事だと思うし、信じる事は大事でも、相手に押し付ける事はやっぱり違うんだと思います。

そう思うようになって子供に接するようになってからは正解を求めるのではなく、自分の考えを求めるようにしています。意思なく、意図なく、考えを持たずにやる、という事をなくしたい。スクールは試合という場を持たないけれど、サッカーという種目を通してそれらを伝えていきたい。

自分がやる。自分はやらない。自分で決められる人間に!!
こっちのほうが良いかも?!と思ってもそれを押し付けない事。自分の基準を与えない事を大事にしないとね!

子供同士でも、色々起きます。毎回、毎日、ずっと、年間。

人間ですから、生きてますから当然です!あるほうが良い。『これが良い人間』って一つはないと思うのです!優しいとか、明るいとか、厳しいとか、強いとか、『だけ』じゃない事の価値。。。サッカーから学ばせてもらいました!『だけ』じゃなく『も』になるように。

あれもこれも。『幅』『深さ』というサッカーの攻撃の際に出てくるキーワードは社会でも大切だと気付く。サッカーと社会は繋がっているといつも思える。だから素敵なスポーツをやれていると実感出来るし、続けていける。

子供達も自分の世界観を持ちながら他者の世界観も理解出来る、分かる、ようになってほしい。自分が正しい、あの人が正しい、じゃなく『自分は自分を信じる事』だと思う。

まだまだ未熟な自分でも、成長のきっかけは毎日ある。本当にありがたい!いつもいつも本当に関わってくださりありがとうございます(深礼)