ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6257件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/10/27のBlog
[ 11:16 ] [ 練習の様子 ]
今日は朝から練習試合の予定だったのですが、昨夜の大荒れの天気によって予定は中止、延期となりました。

そこで午前中のトレーニングに切り替えてやっていきました!今日は小学生も一人参加をしてくれたので一緒にやりながらお互いに良い刺激を与えてくれたと思います。

練習前には今中代表と今後の目指す形の話をしてから、その続きのように選手にも伝えていきました。ボールを扱うという事をやっていくのはもちろんですが、対話が出来るとか、今後の高校だったりそれより先の場でサッカーをやっていく時にどんな場所でも出来るような準備をしよう!という話の流れから、『自分の心のフィルターを通す事』を伝えました。
ボールを扱う事はもちろんやっていきますが、それ以上に大事な事は『どのように表現するか?を自分の中で先にイメージする事』だと言っています。

こうしてみたい、こうやってみたい、その思いをどれだけ表現出来るか?それが『扱う(自分主導)』って事だと思っています。言われた事が出来た、というのは扱うとはまた違うので、この辺りの言葉の意味も含めてしっかりと考えてほしいと思います。

ただ、今日の雰囲気はとても良くてみんながそれぞれにやりたい事、やりたい形をしっかりと持ってやろうとしてくれていました!
うまく出来ないなんて事はいっぱいあるだろうし、そんな事は気にしなくてもいい。

それよりも『こうしてみたい!』の思いがあるほうが大事。その自分の思いがあってこそこちらも教える事が出来るし、教え甲斐がある。

みんなしっかりと考えようとしてくれる雰囲気の中でやるのは本当に楽しいし、各自が自分主体になってくると全然違ってくる。失敗して、みんなに笑われて、それが恥ずかしくなって挑戦をしなくなる・・・。こんな少年団の空気をよく見ますが、それが起きると本当に子供は当たり前の事しかしなくなる・・・。そうではなく、自分の狙いに対して自分で努力をする、って事をやれば失敗しても、自分だけが分かる失敗だし気にしなくなる。周りの目を気にするから落ち込んだりするって事なんですよね!
自分との向き合いをずっとこだわってやってもらってからは、後半は対人(必然的にプレッシャーが掛かる状況)を用意する事によって考え方が整理されているかどうか?がよく見える。

ボールとの向き合い方から考えない子は対人になっても頭が真っ白になって考えずに結局の所は能力だったり偶然を狙ったりしてしまう事になる。そうではなく、スピードを落としてもまずは考える事から、観る事からやるようにしてほしい。

自分の考えを持ち、自分の心のフィルターを通して、最後は自分を信じてプレーしてほしい!成功よりもその考え方を大事にしてほしい!胸を張って、堂々とプレー、行動していきましょう!!みんなのそんな姿を精一杯応援し、背中を押せる大人になりたいと思います♪
2018/10/26のBlog
[ 20:15 ] [ エリート塾 ]
今日はおかしな天気で、夕方のスクール時にも小雨が降ってきていたので、ファルコとエリート塾の練習は体育館で行うようにしました!!

ちょうど練習をやってから雨も本降りになったので室内へ切り替えていて正解でした!急な連絡にはなりましたが、保護者の方々にはご理解いただき本当にありがとうございました!!

エリート塾のメンバーはみんな各チーム、小学校でもがんばっている子が多いので明日は大会、日曜日にも陸上の大会が続く子もいるようですので体調をしっかりと整えてがんばってほしいと思います!
序盤はリフティングの形を使って色々やりました!!

テニスボール、フラフープジャンプ、前転リフティングなど。

形は違えど考える要素は似ている事が多い。要は、自分の身体とボールの関係をイメージ出来る事。動きにボールが付いてくる事。これはリフティングもドリブルも同じですから!自分の思った通りに扱える事がサッカーの始まりとも言える。そう教わってほしいと願う!
技術論、戦術論、色々あるし、色々正しい事もあるのだけれど、どう考えてもそれ以前にサッカーというスポーツが足でやるという特殊な形がある以上は、足で当たり前に扱えるようになるのが先決だと思う。

その際に足で扱う事が目的ではなく、考える事を目的にすれば今後彼等がどんな戦術を与えられたとしても、考える事が出来るはず。一つの戦術を当てはめればそれしか出来ない人間になる。考える幅の狭い人間は価値観も狭くなる。それだけは避けたいと思う。
小学生も目を見張る成果が出てきています!

今日は対人の際に、『10の力でボールが来たら0で受ける』という話をしたけど、意味を理解し、すぐに実践出来る子が増えました。こちらが言えばそれが頭で理解出来る子が増えているし、その上で自分のカラーを出し始めてきている!中学生相手でも気後れしない子はやっぱり上達が早い。何かを教えてほしい、みたいに受け身だとやっぱり遅くなるのは当然。

自分の意思で学びに来ている事を自分で、グランドで、プレーしながら実感出来るようにならないと成長しないと心から思う。
何が正しい?も含めて自分で考えよう!

判断する力、決断する勇気、それを受け止める責任。ここじゃないかな!うまくなる為の条件って。

今の自分がそうなっているかどうか?みんなで考えていこう!最高の自分になるように毎日の時間を大切にしながらゆっくりでも前に進んでいけるようにがんばりましょう!!

[ 19:53 ] [ スクール活動 ]
今日は昼間にトレーニングをする際に、珍しい『テン』という動物を発見しました♪

車で通るのに目の前出てきて、横切るのかと思いきや横たわってしまったので(笑)、引いてしまうぞ~なんて言いながら車を降りるとまさかの寄ってくる、という行動♪同じ動物の匂いでもしたのでしょうか?(笑) 足元に近づいて来てはクンクンしてくるので、撫でてあげようと手を出したら『グルル・・・・』と威嚇攻撃!!(笑) 寄ってくるくせに触らせてくれないという何とも歯がゆい相手でした。

珍しい物を見ると何だか得した気分になる自分はこんな気持ちを持って今日のスクールへ行きました!
体育館が使えなかったので外での活動となりました!!

久しぶりなので、外でしか感じられないものもあります。スクール前のゲームでは普段は体育館内の広さが限定されているけれど、外は無限なので運動量は自分で気付いていないうちに相当の量になったと思います。こうして動き回れる事って本当に大事です!決まった枠の中だけでは見れない各自の気持ちがそこにはありました!!

一緒にやりながら相手の股下を通すプレーがみんなの中で流行っているのですが・・・それも技の一つである事を理解しないと『股抜きが目的』になっている子が多いのはちょっと気にはなります。
今日の自分の学びは、『うまく出来ない子は視野と考えが限定されている』という事でした。

これはきっと周りの大人がそうしてしまったのでしょう・・・。柔らかい感性と身体を持っているのに『見栄えを整える為に』あ~しなさい、こうしなさい、ってどんどん言われる。出来ない本人よりも大人のほうがショックと言うかイライラしてしまって、すぐにどうにかやらそうとするから1で良い所を3教えたり、5教えたり、ひどいと9とか10教えてしまっていたり・・・。

そういう環境下で育ってしまうと『自分で考える事をしなくなる』から出来ない事が増えて、気がつくと言われた事しかやっていない自分がそこにはあるのです。
今日は、ちょっとした会話の中で『自分の服、スパイクも親が選ぶ』なんて言う子もいました。それが当たり前みたいな・・・。

親は親の好みにしたい気持ちは分かるけど、それが必ずしも本人の思いではないという事をこんな小さな事でさえやってしまう所を見ると・・・そら考える事をしなくなりますよね・・・。そして、今日のスクールで一緒にやりながら見ていると『見ない・聞かない・考えない』の三拍子が揃ってしまうようになる。

このうちの1つならば他の方法で何とか改善出来るのでしょうが、3つ揃うとなかなか手強い。。。この3つが揃っているという事は『同じ事をしていても周りを見ないからヒントもすごいとも感じない』し、『自分がやっている状態を理解しないから分からないという事も分かっていない』事になり、『どうしたらいいかも考えない』という流れになるのです。
なるほど。。。近年学校で子供がうまくいかない、クラスがバラバラなんて話もよく耳にするけど、やっぱり原因は同じようになってくる。

この三拍子の事を投げかけられる場数がとにかく少ないのだろう・・・。自分の目で判断する、聞いて考える、考えてから動く、というような事がないからみんな横一線となり、その光景を『違和感』ではなく『安心感』になる大人が多いという事だろう。

ここのスクール、このメンバーにやるべき事も自分の中で整理されてきた。出来ない子というのは『感じる幅の狭い子』とも言える。感性を育てる必要性を感じながらも、問いかけ、対話がたくさん出来ないといけないって痛感させられた。自分自身への宿題が毎回見つかるこの環境に感謝!!がんばりましょう!!
2018/10/25のBlog
[ 19:54 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

最近、また子供の事で山ほど考える事があります。またその材料を与えてもらっています。自分にとってうまくいかない事は何かを考える為のきっかけと捉えているのでほぼ毎日その気持ちにさせてもらっています。未熟なので、うまく出来た!なんて思える日がありません。子供にとって大切な将来の為の時間を預かっている立場として毎日精一杯考えて何かを与えていきたいと思っています。

そんな自分が最近思う事は、<目標の達成のさせ方>です!

子供に関わる大人として、何をさせていきたいのか?を考えた時、自分の知っている、持っている知識を与えたいのではなく、やっぱり子供がなりたい形があってその形へと導くお手伝いをするのが役目だと思っています。だから、目標をいかに持ってもらえるか?そして、その方向へ向かわせられるか?が自分にとっての大きな課題。

今日は練習前にみんなの一番生活の基盤である学校の、勉強の、テストの数値を聞いてみました。それぞれに聞いた上で、『その点数をみんなの前で堂々と言える?』と聞くと、『いや・・・ちょっと恥ずかしいです・・・』と言うぐらいですから大体想像してもらえるかと思います(笑)
でも、サッカーは好きなんだって事は堂々と言えるよね?違いは何だろう?

勉強は苦手って事で止まっているからじゃない?努力をしてその結果なら堂々と出来るんじゃないかな?つまり、何事にも心からの努力が出来ていない状態なんだという確認をしました。自分のサッカーに対しても『自分の中の一番がある?』という事を聞いて、自分が本気でどうなりたいか?そこに関しては譲れない!!ってぐらいの気持ちのものを持とうよ!という話をしてからスタートしました。

木曜日は塾のメンバーが多く人数が減るのですが、塾に行ってる子は勉強をがんばっているんだから、その時間そのメンバーが出来ないサッカーで君達は努力をしようぜ!という事を話して、自分の目指す形をそれぞれイメージしてもらいながら序盤はトレーニングしました。
その際も、各自に話を聞いて目指しているものを聞いたりしながらどのように練習していくか?も一緒に考えていきました。

サッカーはチームスポーツなんだけど、自分の意思や目標、武器を持たずに集団の中で埋もれて言われた事しかやっていない・・・それすらも自覚がないぐらい麻痺している子をたくさん見ます。その光景をやっぱり変えたいのです!自分が主役、自分がやるんだ!自分がやりたいんだ!という気持ちを持ってやってほしいと思います。

後半はゲーム形式をしながら守備に関しては『カバー』というものを一緒に考えていきました。答えを言うのではなく、カバーという言葉を教えるのではなく、このメンバーの中での共通認識を持ってもらう事を優先しました。サッカー用語として教えるのではなく、どうしてそうすべきなのか?そのほうが良いのか?の意味を込めた確認。

頭で理解し、行動をする。なかなか簡単ではないけれど、今日の守備の4人とキーパーはとてもよく理解しようとしてくれたし、話す程にどんどん責任感も出てきて良くなりました。それ以上に攻撃は吉田くん、洸大くんを中心に個人で打開する力も出てきているので、このお互いの良さが融合するように個人、グループの両方が高まっていくように、これからもゆっくりゆっくり話しながらやっていきたいと思います♪
2018/10/24のBlog
[ 19:37 ] [ スクール活動 ]
今日の夜は西脇スクールでした!!

みんな昼間も精一杯学校で勉強して、遊んで、今日みたいないい天気なら尚更だったと思います。それでも夜も元気に集まってくれるみんなに感謝ですね♪サッカーは別腹みたいなものになるといいですね!

ほぼ全員参加をしてくれた上に中学生も3名参加をしてくれたのでとても元気な体育館になりました!スクール前のゲームには各自の意思でチームを決めて参加をしながら、参加もしない子もいます。でも、自分で決める。やりたいからやる!サッカーもそうですが、自分で決める事が何より大事なので、『見た目だけ綺麗な横一線』状態は絶対にやりません。
このスクールは本当に面白いのが個性が本当にバラバラだからです!

しかも、集まってくれている地域、年齢、性別、サッカー歴まで全部バラバラだから毎回色々な事が起きます。それでいい・・・じゃなくて『それがいい』のです!!こんな楽しい場はありません。これは本当にそう思っている事です。昔のコーチを始めた頃の若造だった自分は『自分の枠にはめたい』気持ちばかりでした。でも、今は違いを楽しめる!違うからこそ楽しいと思えるのです。そう思ったからこそ出会いがきっと増えたのでしょう!!
自分が成長したいと願えば必ずそのチャンスが自分に訪れるのです。

今、うまくいかない?面白くない?合わない人がいる?

それです!!自分が変われるチャンスが。

自分にとって必然的な事がずっと起きているのです。その出来事をどう受け止めるか?だけの差なんです。上手いとか下手とか。強いとか弱いとか。出来るとか出来ないとか。差は全てそこの受け止め方だと思います。
今日も途中に言いましたよね?

『ほら?もうやっている事に飽きている子がいるよ。それが本音だからね!』

という言葉。どう捉えるか?は自由だけど、本当にそこの差です!熱心に覚えようと、熱心に自分を変えようとしている子もたくさん増えてきた反面、早ければいい、出来なくてもいい、どうせ出来ない、って思考の子が未だに半分近く。。。

その子達を『変えよう』とは思いません。だって『変わりたい』ならば自分が変えるから、です。言われて変わる子っているように見えるけど、やっぱりそれは違います。言われてやる子は言われないとやらない子、で止まる。成長とは自分の頭で考える事ですから、そこを促す為に自分はやるし、だから今現在、今日現在のやらない子は気にしません。
そういう子達が、どこかで気付くタイミングがあり、そのタイミングをひたすら待ちます!

その我慢を大人が出来ないと子供の成長は止まるという事です。止めているのは大抵大人なんです!大人が我慢出来ないと子供は考える事をしなくなるし、考える方向性がズレる・・。大人に気に入られるようにする為の思考しか持たなくなります。

大人の我慢こそが子供の成長への最高の手助けであると実感しています!今スクールでは目の前の子供達のそんな変化をたくさん見させてもらえている事がうれしくてたまりません。観る人によっては『何も教えてもらっていない』と思うかも知れませんが、自分はこの場、この時間を『子供のあるべき姿』にしたいと思っていますので。

大人の思うような形が出ない事こそが『自然』であるし、大人側がそう思ってほしい。

そう思える大人の前でこそ子供はきっと大きな変化を見せてくれるんだと思っています!常にきっかけ、今日もきっかけは与えられたと思います。それをどう受け止め、どう繋げていくか?の子供の今後を楽しみにしています♪
2018/10/23のBlog
[ 19:25 ] [ 練習の様子 ]
今日は雨天の為、練習は体育館で行いました!

室内には室内の良さがたくさんあります。

狭い?関係ありません!!何でも贅沢から逆算をすれば『不満』になるのは当たり前。じゃあ逆なら?最低限からみれば今の状態がどれだけ恵まれているか?が分かるはずです。

当たり前だと思うか?ありがたいと思うか?

人間の価値はそこで決まりますね!
さて、そんな事を考えながら今日もこのメンバー達と一緒にやれる喜びを感じながらトレーニング!!

練習前にはマット運動で汗を流しましたが・・・三半規管が弱りまくっている自分は前転をするだけで酔います(笑) でも、強化出来るらしいので最近はクルクル回るようにしています⇒おかしな人のように聞こえますが・・・(笑) 意味を持って回っていますので(笑)

スクール生ともマット運動を少しやったりしますが、かなり体操能力?!は低下しているように思えます。色々な箇所を使う事、これからもやっていくべきだと痛感する時間となりました!
先週末は土曜日にたくさんの刺激をもらえました!!

VVIVORIOさんにはなかなか奪えないボール扱いを肌で感じさせてもらえて良い刺激になったよね?どうしてそれが出来るのか?日頃のこだわり、考え方の差だと思う。足先を整えたり、何となく上手に見える『風』の事をしても『本物』は違うという事。

本物は『本番で成功させる技』であり、見た目を派手にする事ではない。どうしてもこの年代は華やかなものに簡単に憧れるけど、努力の部分に目を向けない。センスとか天才だから出来るのではなく、努力の積み重ねである事をなかなか頭で分かってくれても心が理解してくれない。どこかで『どうせ俺は・・・』なんて思考を持ってしまう。
俺、俺達だからこそやれるんだよ!!

そう思ってみないか???

自分を信じる事が『自信』の根源なんだよ。誰かに付けてもらうのではなく、自分で獲得するしかない!その為の失敗をたくさんしながら、経験しながら、本物へと変えていくしかない。みんなそうやっているんだよ!

今がうまくいかなくても、上手に出来なくても、周りがうまく見えても構わないから、それよりも『自分はどうなりたい!』を忘れてはいけない。
本気になって自分の心を動かしたいね!

練習前のみんなのテスト結果の話も、何気ない会話の一部だったけど本当にその考えで良いの?平均以上なら『良い』のだろうか?君の基準は平均なの???

全ての思考が普段の行動へと繋がる。がんばれる所で『まぁいいか・・・』が出る。それが出る事を否定はしないが、『やってしまった・・・』と気付く、後悔出来る人間になってもらいたい。自分の弱みを見えたら努力は本物になる、とコーチは思う。

自分だけの形、自分だけの努力をやっていこう!!毎日毎日一歩ずつ進めるように。




最後の最後は自分の心が全てを決める!!!
[ 19:06 ] [ スクール活動 ]
今日は夕方からの加美スクール♪

陸上の練習もなかったようなので元気に参加をしてくれました!今日はいつものように6年生対それ以外というゲームではなく、ランダムに分かれてゲームをやりました。その理由はコーチが6年生の聖斗くんにターゲットを絞って『負けるもんか!!』と挑戦状を叩きつけたからです(笑) 絶対に聖斗くんに決められないようにがんばりましたが・・・・3点ぐらいは余裕で決められましたね(笑) 完敗でした!!もうスクール生もみんなスクスク成長していくので勝てないようになってきていますね~。。。うれしい気持ちと寂しい気持ちが入り混じっております♪
スクールは今日もレベル6キャッチからのスタートでした!!

各自ボールの扱いを目的にしている子もいますが、一歩進んできた子は自分の身体を扱えるようになってきています!この変化が大きいのです。ボールを上手に扱おうとする子はやっぱり多いと思うけど、結局出来ない要因の多くは自分自身なのです。だってどう考えてもボールは丸いし、大きさも、重さもみんな同じなのですから。違うのは一人一人の身体なのですから、変えるべきは自分の身体なんだって発想に届くようになると変化は大きくなっていきますね!
今日もマット運動を入れました♪

最近スクールでみんなの運動能力というものを見させてもらっていますが、やはりうまく出来ない子というのは『脳と身体のズレ』ですね!やろうとする事、やりたい事は分かっても実際にそれを表現するだけの力が不足しているという事。だから出来ない=下手クソという考えではなく、出来ない=身体が上手に動かせない、とか脳からうまく指令が飛んでいない、という事のほうが正しいのです。下手クソなんていませんよ!だから出来ない=ダメという考え方も消さないといけませんね!

みんな必ず出来るし、出来ると思える脳をまず意識して使っていくようにしたいですね♪
そこからリフティングのような形でまた身体を整えていきます!

なかなか『歩く』という一番みんなが使う自然体の動きに近付ける事に苦労をします。どうしてもサッカーをする時の動きを『特別』にしてしまうから無理が生じたり怪我が増えるのです。自然体を扱えるようになれば普通に歩いていて怪我をするなんて事はほとんど起こらないですよね?その感覚を持ちたい。全部がそれではなく、それも出来る、という風にしたいのです。

普段のみんなは各少年団などで『がんばる事』をほとんど要求されているので・・・。その環境の中でのスクールですから『抜く事』を覚えてほしいと思います。人間は『幅』がある事が強みになると思います。
ドリブルの際もだいぶ頭の中が動いてきたね!!

ボールだけしか見ない。コーンを避ける事しか考えられない。

そんな状況からちょっとずつ各自の頭が動き始めてきました♪
・タッチ数
・両足
・脱力
・視野の確保
・姿勢
・柔らかさ

など、意識が見えてきています♪何かを変えていくにはやっぱり考える習慣がまず必要です。スクール生にもそういう大切さがようやく浸透きている実感があります。意識を変えろ、考え方を変えろ、と言うのは簡単ですが、それが出来るようになる為の準備がほとんどの人が出来ていないんだと思う。即効薬なんてありません。

コツコツ時間を掛けてやっていきましょうね♪
2018/10/21のBlog
[ 14:16 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から気持ちの良い天気に恵まれましたね!

三木防災公園のフットサルコートにてFC志染さんに呼んでいただいて交流試合をさせてもらいました。時間は2時間の限りがあったのでアップを兼ねてうちが2チーム、志染さんが2チームの4チームの総当りでまずはフットサルコートでゲームをやりました。

普段とはまた違ったサイズ、関わりがある中で何を感じたでしょうか???
2チームはランダムに、均等分けという感じにしました!

誰が誰とチームになっても自分というものを確実に出せるといいですね!!

サッカーとは違った形の良さが見える子、見える場面も多々ありました。スペースが狭いからこそ出来る事や考え方、方法が活きる場面も多々見られました。

みんなの中の発想、柔らかさ、自主性など、普段苦しんだり頭を悩ましている子も当然いますが、その苦労がこうしてうまく発揮出来る場面に繋がる事もあるんですね。
だから努力を続ける価値があるんだと思います。

報われるから、じゃなく努力した分だけしか報われない、のですが。

期待値だけが越えないように、現実を見て、理想の形は大事にしながらやってほしいと思う。2年生の多くはやりたい事がやれた回数が多かったのではないでしょうか??自分の気持ち、自分の考え方、自分の努力で変わってきた実感はあるかな?
良い天気の中、最後は10人対10人のゲームを3本やりました!

ここでも、各自の良さだったり、昨日の濃い相手とやれた経験が正しく活きていたと思います。特に守備での粘りとか強さに関しては、足元が強烈にすごかった昨日の相手に振り回されながらも何度も何度もチャレンジ出来た経験が良かったね!無駄なんか一つもないって事。昨日があったからこそ今日がある。

それが当たり前なんだという事!だからこそ、明日の為に今日やらないといけないし、将来の為に毎日結局がんばるしかないって事だね!
晴天の中、伸び伸びとサッカー出来た事は良かったと思います!

残りの時間は各自なりに考えてトレーニングや遊びをやってもらいました♪防災の広い敷地の中で、何に向き合い、何を考え、何を得られたでしょうか?それが言葉ではなく明日からの行動によって出てくるものを楽しみにしています!!

今日は良い天気の中、交流してくださったFC志染さん、見守りに来てくださった保護者の方々本当にありがとうございました(礼)
2018/10/20のBlog
[ 18:17 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から八千代グランドでの練習試合でした!!

ありがたい事に、こんな田舎までJFC..S鳥取さん、アズー滋賀さん、VIVORIOさん、クリヴォーネさんと多くのチームに集まっていただき交流試合を行う事が出来ました!!

自分達だけではなかなか分からない事、気付かない事も、こうして外のチームと交流させてもらえる事で多くを気付く事が出来ます。どれが正しい?じゃなく、色々な方法があるんだよ、という事に気付けたらいいですね!
力を貸してくださったJFC..Sさんには本当に感謝です!!

こうして県外の繋がりがある事、サッカーをやっているからこそ出来た事だけでもサッカーをやっている大きな価値を感じます。自分自身、自分の課題や問題を何度も坂口さんに解決の糸口をもらっています。いつまでやっても、どこまで悩んでも、答えや正解が見つかりません。だからこそ、学び続けないといけないし今後も色々な方にきっとお世話になっていくだろうと思う。そんな中、自分としても出来る限りの事はやっていこうと思うし、鼻から手助けをもらうのではなく、やってみてそれでも分からない部分でアドバイスなりを受けていきたいと思います。
今日対戦させていただいた3チームはそれぞれの特徴があって、やはり交流って良いな~って思います。

勝敗だけじゃなく、刺激を受けられる事が第一優先。その上で、何かをやりたいと思う自分の気持ちよりもそれをうまくやっている相手から何かを学べたらいいですね!日々の練習でやってきたものしか出ていない訳で、それが通用した部分、しなかった部分を冷静に見つめる時間を持てるといいですね!

個人の良さが出てきている部分と、しなければいけない事すら出来ていない部分。両方がハッキリしている2年生達!だからこそやるべき事は分かりやすいから、自分への甘い部分を少しでも変えていけるようにお互いがまた刺激を与え合えるといいですね!

やりたい事はどれぐらい出来ただろうか?
もっと良くなる事はないだろうか?

楽しむ、楽しむは基本であり、一番大事な事ですが『それだけ』になっていないか?という所。楽しむは土台であって積み上げるものが大切なのです。それが本当の個性となり、チームの武器となるのです。
今日集まったチームもそれぞれがそういうものを持っているって事!

強い、すごい、という抽象的な事だけで終わらないように具体的な事に目を向け、自分への厳しい気持ちを少し取り入れて何かを本気でがんばる姿勢を持ちましょう!

変われる時期です。何となく各自が自分のやるべき事も分かってきているからです。そこを整理し、各自の良さと武器をどんどん出していけるようにがんばりましょう!!

交流してくださったJFC..Sさん、アズー滋賀さん、VIVORIOさん、クリヴォーネさん、ありがとうございました(礼)

また見守ってくださった保護者の方々もありがとうございました(礼)
2018/10/19のBlog
[ 20:45 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでエリート塾とファルコの合同練習でした!!

せっかく金曜日にはこうして人数が多く集まってくれるので、大きなコートでゲームをたくさんやりたいと思いました。寒くなってきているのもあるけれど、みんなが一番やりたいのは試合だろうし、そういう『サッカーがしたい!』気持ちを観る意味でも今日はフルコートを用意しました!

子供達はもちろん楽しみにしてくれていたし、一番テンションが高くなっていたのは2年生かな?!そういう気持ちを大事にしてほしいのですが、2年生はテンションが上がる、気持ちに勢いが乗っかると言葉が汚い事がかなり気になるし、目に付く。自分をコントロール出来ない人間が一番弱い人間。自分で気付き、自分で正しましょう!!
一人の技術も周りと一緒になって活かす、という事を考えてほしい。

サッカーは社会の縮図と言ってもいいぐらいに良いものが詰まっているスポーツ。良い選手はやっぱり良い人間であると自分は思っている。何かが欠けては一流にはなれない。苦労も、努力も、当たり前に出来るようになりたいですね!

そういう意味でも、今のみんなは未熟だらけ!!それで良いのです。仕方がない事です。でも、『そのまま』で終わるのではなくだからこそ努力をしなければならないし、やろうと思える気量が必要。
どうしても『その場・局面』に目がいってしまう人が多い。自分も未だにその事に頭を悩ませる。

でも、見方、見る量、見る方向、見る方法などを変えれば随分変わってくる。

同じ建物でも、見る角度によって違いますよね?それと同じで、一人の人間を一つの評価で括るのは良くないって事。だったら、どう見れば良いの???という疑問になるけれど、そこがコーチで言う『オーガナイズ』というもので、設定を変えるのです。
例えば我が子を評価したい時に、『兄弟の中での比較』をするのと、『家族内での比較』では違うし、『クラス内の比較』にすればまた違うし、『全国平均との比較』にすればまた違う、みたいな!

要するに規模だったり、広さ、場所を変えれば全然見えるものが変わるという考え方。
サッカーで言うと『狭い局面の1対1』ではなく『フルコートの中での1対1』に変えれば勝敗も、見える現象も、課題も、良さも、全部変わってくるという話。

そういう観点から観るべき所を変えたり設定を変える工夫がコーチには必要なんですね!
今日はフルコートの中だったからこそ、そういうものが見えました!

課題、良さ、両方が!!

こんな事が出来るんだ!すごいな!!という所と、こうなるとやらないんだ。。という所。

どちらも含めて『その子』だから、そこを受け止めて確認する範囲を広くしたり、狭くしたり、色々変えながらこれからも変化、成長を楽しみたいと思います!!

小学生もフルコートのほうが積極的だった事が発見出来ました♪またやりましょう!!