ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6259件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/09/13のBlog
[ 20:50 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

一緒にサッカーをうまく、楽しくやりましたが・・・誰ですか???帰ってお風呂に入ったコーチの腕にあちこち引っ掻き傷があるではないですか(笑) でも、腕を使うようになった証拠だとプラスに受け取ります。あまり腕に傷を受ける経験はなかったので!!

今日は人数も少なかったので、動画で各自の撮影をしながら『自分のイメージと映像が一致している?』という事を自分で確認してもらいながら修正をしたり、もっと良くしようとがんばってくれました!各自の思い、アイデア、ちょっとずつ増えてきているのがよく分かります。

出来る事ももちろんですが、やろうとする事も増えてきましたね!出来る事しかやらなかった頃から思えばかなり成長したと感じます。でも、いくら出来る事が増えても終わりがないのがサッカーのまた良い所であり、奥の深い所。
今日もボールコントロールというものを意識しながら、途中でドリブルのうまいお手本の映像をみんなで観ました!!

ネイマール、アザール、イスコ。

世界のトップレベルはどのようなドリブルをしているのか?自分との違いをきちんと説明出来るか?何がすごくて、何が良いのか?それを自分でまずは分析してみる事。出来る、出来ないをどんどん追い求めていく事で少しずつ真似が自分の形となる。

体の使い方、絶品ですよね!!姿勢、最高ですよね!!うまい選手は怪我をしない。

相手のムキになった力をも、受け流せる余裕と視野。吹っ飛んでいるけど、予測しているから力をまともに受けていない。本当に素晴らしい!!
そんなイメージを持って、最後のゲームをみんなと夢中になってやってみたが・・・

やはりプレッシャーを受けちゃうよね!!そういう中でも柊真くんが一番輝いていたかな?!狙って股抜きが出来る、相手が分かっていても隙を作れる。良いイメージが頭の中にいっぱいある事が分かった。それに感化されるかのように暖心くんがライバル心を燃やし、太河くんが強い心で対抗する。まだまだ荒っぽいタッチの慶和くんは力を抜く事を覚えればもっと良くなるし、どうしても持続力がない晃くんは元気な時のプレーの質を高めていく事。継続力ももちろん必要だけど、今はその質を高めていく事できっと良くなる。

各自、良いものを持っている。どう活かすか?を自分で見つけられたら最高だよね!怪我で出来なかった洸大くんは審判をしてくれたり、片付けでも率先してやってくれている。こういう選手がいるからチームは強くなれるんだよね!ありがたい気持ちをお互いに持ちながらこれからもがんばろう!!
2018/09/12のBlog
[ 19:34 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターの西脇スクールでした!!

秋になってスポーツを始めるのもちょうど良い季節♪そんな中、2年生の美月ちゃんが体験参加に来てくれました!最初に理由を聞いてみた所、『お兄ちゃんがサッカーは楽しいって言うてたから~~』という事でした♪家で、自分以外の人に、自分がやっている事を楽しいと伝えられるって素敵ですね!!それが伝わってこうした行動に移させたお兄ちゃん(中学生の陽向くん)が素敵だという事ですね♪

そんな体験される子もちょっとずつ増えたりしながらやれる今の環境はとてもありがたいし、一人一人が自分の中の出来る事が増えるようにしてほしいと思います。
ボールと仲良くなってもらいたいのが二学期の狙い!

サッカーは足で行うスポーツだから、足で自由に扱えるようになるしかない。それが楽しさに直結するのは言うまでもない事ですが、サッカーを本気でやりたい子と、そうではない子もいるので、その辺りは様子を観ながら手でやるのも構わない、という形にしていきます。大事なのは、各自が『今』の自分を越える事ですからね!
うまくいかないから『考えられる』という考え方。

ミスに直面した時、子供の様子で『日頃』が分かります。

ミス=ダメな事と教え込まれている子はどうしてもミスと同時に、落ち込んだり、コーチの顔色を見たりします。今日もミスするごとに目が合う子がいました。だから、自分は笑顔で『構わないよ』のサインを出します!安心させないといくら口で『失敗してもいいよ』って言っても子供はやってくれません。安心させる空気になると自然と声が出たりはしゃいだりしてくれます!!だから元気いっぱいな雰囲気というのは安心してくれている証拠。自分にとって一番大事なバロメーターとなります!
以前の自分は、子供達にミスをさせたくない、させてはいけない、という気持ちがずっと強くて・・・それは言葉に出さなくても雰囲気で伝わってしまうのです。

敏感な子供は挑戦する事よりも『ミスして怒られないように』という気持ちが働きます。それがかえってミスを連鎖される一番の要因になっている事に大人が早く気付かないといけません。大人が子供に優っているのは『経験の数』ですから、それを知っているからこそ『我慢』が必要なんです。言いたくても言わないほうが良い事がたくさんある。

言ってしまうから目先の事は出来ても将来は出来ない(自分で獲得をしていないから忘れる為です)。その事を大人がもっと自覚しないといけないと自分自身が強く感じます。
子供の気持ちをくすぐる方法を色々考えて、今日はドリブルの時に『だるまさんがころんだ』をやりました!!!めちゃくちゃ食い付きました(笑)

ドリブルは嫌、ドリブルは苦手、ドリブルなんてやりたくない・・・の子も、遊び要素があると夢中になる。一生懸命に早いドリブルをしようとする。その設定を作る!この『引き出し方』にコーチの質がかかってくると思う。自分にはまだまだ引き出しが足りないと思うけれど、こういう色々な子供がいてくれるから段々増えてくる。

各自なりの安心感、達成感、チャレンジの要素が入った時間に出来るようにこれからも工夫しながらがんばりたいと思います!!
2018/09/11のBlog
[ 19:15 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習。

今週は敬老の日発祥の地である八千代はイベントが行われるのでグランドが使用出来ないので室内トレーニングとなります。それでも、今やるべき事は室内であろうと外であろうと変わらないので、そのやるべき事をしっかりと意識させていきたいと思います。

先週の土曜日には自分達でチーム目標として『ONE FOR ALL』という事で一人は皆の為に!という事を彼等はやりたいようです。彼等の思うチームというものがそういう形だという事を知る事が出来たので、そこに向けてどういう行動で表現してくれるのか?を楽しみにしています!早速今日は怪我して出来なかった洸大くんが外からみんなのサポートをしてくれるなど自分の立場を理解しながらやってくれました!
序盤は体をしっかりと使ってもらって、そこからボールを触る事、脳を使う事を同時に行う事をやっていきました!

みんなはとても体が不器用だと思っています。それを改善していく為に筋力トレーニングをしても体が壊れるだけで意味がないだろうし、それよりも体を賢くする、というイメージでやっていきたいと思っています。反応する、動く、使える、というような感覚。ただ速く、強く、高く、ではなく。その事をみんなにも伝えながら意識するのは頭を使いながら動く、という習慣にしたいと思います。
意識で随分と違うのは誰にでも言える事。

何をするにしても、無意識と意識をするのとでは絶対に違う。単純な所では歩く所を無意識に走っている、なんて事は出来ません。走るのは意識をしないと出来ない行為です。ですが、歩くのは無意識でも出来るのです。ボールを触る事がそれぐらい無意識に出来るようになればもっと考えられる事が増えるだろうし、相手の事、状況、駆け引きなどに頭が回る余裕を持たせないといけないって思います。その為に、徹底的にボールを触るのですが、何かを常に考えて、何かをしながら、という風にボールだけに集中をする、という状況をなくしていきたいと思います。
体をうまく使えるようになるとボールを失う数が減ってくるし、自信が増えてくる。

その為には意識して使わないといけない。決まり事ではないけれど、どこで何をすれば失わないという事はある程度決まってきます。ボールを自分の体を使って隠せるかどうか?そこにボールを置けるかどうか?意識から無意識に変化させられるか?その辺りだと思っています。

上手に触れる子も増えてきているし、ボールを持つ事が怖いと思わないようになってほしい。いくら相手のプレッシャーが強くてもボールを持つ楽しさはずっとある選手になってほしいな~~~って願います!
フリーのイメージから、プレッシャーを掛けさせて、対人になり、ゲームになる。

プレーが偏ったり、また『癖だけ』になったらゲームをやめてまたトレーニングに戻す。そのサイクルにして選手自身が『あ!そういう事か!』と分かる状況を持たせないといけない。こちらの満足ではなく、選手の達成感。その事を第一に考えないといけないな~ってつくづく感じる。

選手の顔が、目が、心が変化していく瞬間がある。スイッチが入った瞬間と言うか『やってやるぞ!』となるのが顔の変化。『くそ!!』って思っているのが目の変化。『夢中になっている』のが心の変化。そんな変化を楽しみながら観ている時間がとても幸せ。

コーチをさせてもらえるありがたみ。ずっと忘れないようにがんばります!!
今日はおよそ二ヶ月ぶりの加美スクールでした!!

夏休み中に活動出来なかった上に、台風も火曜日という事もあって本当に間が開いてしまったのですが、その間にしっかりとリフレッシュしてくれたかのように、久しぶりのみんなはとても元気いっぱいでした♪久しぶりやわ~~!!と意欲満々に言ってくれるのはうれしいもので、元気にみんなが揃って活動出来るというのは本当にありがたい事です。とは言っても一人体調不良だったし、暑かった日々からいきなり朝晩は冷え込んでいるので季節の変わり目はどうしても体調を崩しやすいですから皆さんもどうかお気を付けください!!

二学期に入って今日が最初だったのですが、5年生の3人がファルコのエリート塾に参加してくれている事もあり、その時、その時の変化など分からないものですがこうして月日が過ぎると、本当に違いが出てきています。スクール前のゲームでは5年生の3人が揃ってしまうと6年生もなかなか太刀打ち出来なくなってきています。特に凛太郎くんは大きな変化を見せてくれています。普段、みんなよりも緊張したりプレッシャーを受ける中でエリート塾を経験している事もあると思うし、『当たり前』のレベルが高くなってきているのを感じました。

この影響を受けてまた下の学年が目指したり、目標にしたりしてがんばってくれるのが加美スクールのいつもの流れでもあるので楽しみにしています♪
スクールはいつものレベル6キャッチを時間を短くしてやってもらいました。

ただ、クリアをしていくのではなく二学期以降は『出来るだけ無駄な動作を省く』事を目標にしています。余分な力、余分ながんばりを抜いて成功させていく事を目指してやっていこうと思います。今すぐに出来る事ではありませんが、ゆっくり自分なりに意識をしていく事で変化していくと思います。脳を刺激する、事も二学期の目標にしているので、何となくでやっていたものを考えてやる、イメージをする、というような事もやっていきたいと思います。
そこからはボールとの感覚を大事にする、という事でやってもらいました。

あまりこれまで経験をしてきていないような事だと思います。どうしてそれが分かるか?と言うとコーチがやってみて?という事に対して『鼻で笑う』からです!それは『そんなん当たり前やん』という感覚なのですが、その感覚でボールも触ってほしい、という事です。

当たり前に触れる。がんばって、ではなく。

この言葉をどこまで表現出来るか?が二学期のキーワードです!ボールと仲良く、ボールと自然に、というような感じで足元にあるのが当たり前、ボールを触っている時間が当たり前、という感覚にしていきたいと思います!
ボールと真剣に向き合う子供の目はやっぱりいいですね!

今日の一番大きな成果となったのは『各自で向き合ってくれた事』です。うまくいってる、いかない、ではなく『自分の気持ちでボールに触れている』という事。

やらされているのではなく、やっている、という形!!本当に大切です♪

この延長線上にきっと彼等の『なりたい形』が待っていると思います。そこへ向かうお手伝いが出来ればうれしいですね!ゆっくりゆっくり、自分のペースでがんばりましょう♪
2018/09/08のBlog
[ 12:16 ] [ 練習の様子 ]
今日は朝から雨天の中、室内トレーニングを行う事が出来ました!!

2年生がそれぞれ自分がしなければいけない!という自覚を持ち始めている中でのトレーニングは質が高まっていきます。自分を主役に出来るという事は何かをやる上で大変大きな意味があります。知らないうちにやらされている状況ではなく、自分の意思で自分を動かせる状態(主体性)が本当に大切だと実感します。何をやるか?ではなくどのようにやるか?が全て。

今日もみんなでコツコツやっていく事にしました!!
まずは、言いますか体を整える(鍛えるではありません)事をやっていきます!

ラインステップ、準備運動を色々やっていきました。どれもやる動作はもちろんですが『頭の中で何を意識するか?』の部分を強調してもらうようにしています。そこは個人の事なので、こちらからは見えませんが意識の変化、思考の変化は必ず行動として出てくるものなので、その変化を見守りながら声を掛けていきたいと思います。

ボールを触る時も何が意識出来るか?が重要。ボールに触れながら何かを考えないといけないのがサッカーというスポーツ。思考を止めずに、考えながら触れる自分になりましょう!!
対人(相手がいる状態)では、自分のやりたい事が常に出来る訳ではないので、その状況を作る方法とか、その状況を打開する方法とか、選択肢を増やさないといけません。その為に今は知覚を大切にしています!

観る事はもちろんですが、情報を得る、知る、考える、判断する、分析する、という目には見えない作業ですが、それらを出来るようにスピードを落としてでもしなければいけない事を優先させていきましょう!選手それぞれの個性が最も生きる方法は『自分で考えて、自分で判断をして、自分で行動(プレー)する』しかないので、その状況になるまで考える習慣、観る習慣、分析する習慣、やってみる習慣を大事にしていきましょう!
まだまだゲーム形式になると、入り込んでしまって頭が真っ白になる時間の多い子が目立ちますが、逆に頭が動いてきたと思える子も増えています。

誰がどのタイミングで出来るようになるか?は分からないけど、焦らずに各自のペースで良いから『自分で分かる』ようになってほしい。周りからの指摘や周りからの指示を信頼するのは良いけれど、『任せる(依存する)』状態ではやっぱり良い選手とは言えないので、そこの自分だけの意思を大切にしてほしいです。
今日は練習後に、この新チームの活動がスタートしたという事もあり保護者会を開催しました。お忙しい時間にも関わらず子供達の為に都合をつけてくださった保護者の方々のおかげで全選手の全家庭の方が参加してくださいました。

チームがどういう方針で関わっていくのか?そもそも関わるってどういう事なのか?家ではどういうアプローチをしていけば良いのか?我が子のタイプはどうなのか?などを短い時間ではありましたが、お話させていただきました。もちろんそれは自分の考えを押し付ける、というものではなく心理学だったりデータに基づいた根拠のある話をしていきました。人がそれぞれであるという事は指導も、関わり方もそれぞれになっていくという話。個人差を差別とか、贔屓だという考え方を持つ人は状況を理解出来ていない事が多いからです。その事を今日だけで伝わる話ではないかも知れないけれど、今日が一つのきっかけになればうれしいし、子供を一緒に育てていきたいという思いはやっぱりコーチも保護者も同じである事、同じチームでやっている事を一番に考えていきたい!人の数だけ考え方があるのですが、どういう方向へ進んでいくのか?を整える事でみんなが意見もしやすくなる環境作りをこれからもやっていけたらいいな、と思います。保護者の方々も安心して子供を預けられるような場所になればいいし、自分達も保護者の方々への感謝の気持ちを失わないようにしていきたい!課題は常にあるけれど、人がいるおかげでずっと楽しい思いもさせてもらっている。その恩返しとまで言わないけれど、自分が出来る事をこれからも精一杯やっていきたいと思います!

保護者の方々、本日はありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします(礼)
2018/09/07のBlog
[ 19:16 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでエリート塾の練習とファルコの練習を行いました!!

金曜日は3年生もこうして参加をする形になったので、毎週一回は元気な顔を観る事が出来ます。自分が関われる時間はまだまだ続きます!エリートのはエリートの、1年生には1年生の、2年生には2年生の、3年生には3年生の。それぞれの立場であれ、やるべき事はあるし、共通の部分はこの時間にやっていきます!でも、本当に大事な『個人』の部分は各自の時間や、各自で質問したり工夫をする事で変化していくので、その部分の芽が出てくる事を楽しみにしたいです!!
まだこの地域には『ドリブル』があり、『リフティング』があります。

それが悪いのではなく、サッカーというスポーツの中で起きる事が起きないトレーニングを繰り返しやってもやっぱり『ボール扱いはうまくなった』としても『サッカーがうまくなった』には繋がらないのです。その決定的な根拠として、今日エリート塾の選手達に『自分が一番気づいているミスは?』の質問をした答えに全てが出ていました。

普段、何をトレーニングし、何を伸ばし、何を目指してるのか?それが自分の意思なのか?そういうのがハッキリと分かる答えでした。
だからこそ、やっぱり変えないといけない!と思うのです。

みんなの頭の中にあるものから変えないとやっぱり努力の方向性がズレると思うからです。がんばっています!!という言葉『しか』ないと冷静な判断が出来ません。今の自分がどのような状態なのか?何をやれば良いのか?どうなりたいのか?などです。それすら考える事なく、与えられた事を正しいかどうか?すら判断せずに『がんばっています』という状態の子がほとんど・・・。それではせっかくの才能もやっぱり伸びないと思うのです。。。
実際に、今日のトレーニングをやる際には『何でこれをやるのか?』の意味からきちんと伝えました!やるべき事、どうしてやるのか?の意味。

頭で理解し、行動で表現しようとする事が大切。出来た!は『分かる』が先じゃないといけないのです。誰かの評価で出来た、と決める子が多いと思うので・・・。

リフティングの形を使った体の動かし方のトレーニング。目指す形を分類したドリブルのトレーニング。そこから対人の形でやっていきました!!
ミスをするという事は構わない(何も考えないよりもマシという意味で)。それよりも、意味を持って、理解をして行っているのか?自分の頭、心のフィルターを通っているのか?が本当に大事だと思う。

それが通っていると、明らかに表情が違う。トレーニングに取り組む表情が全く違っているのが分かった。やろうとしている!!!その差が自分で分かったという事はこれからも子供達にとって有意義になっていく時間を作れるという事。

どうして練習をするのか?どうしてサッカーをやるのか?やっぱり考えてやってほしい!やりたい事を、やりたい時に、やりたいだけ、じゃ何も成し得る事は出来ない。意味を考え、理解出来た時には本当の努力が始まるし、そこには苦痛や辛さもきっと伴う。それすらと向き合えた時にこそ、男は、人間は変わるのではないだろうか??とつくづく思う。そんな男として変わる時間になっていくように自分も一緒にがんばりたいと思います!!
2018/09/06のBlog
[ 18:54 ] [ 練習の様子 ]
今日から1,2年生での新チームでの活動となります。毎週火曜日、木曜日は1,2年生だけで、金曜日は3年生も加えての活動という事になりますので、火曜日からの本格的なスタートの予定だったのですが、台風の影響で活動が出来なかったので、今日からスタートとなりました!!

ただ、木曜日は塾での休む子が多く全員での活動は出来ませんでしたがこれからやっていく事、これまでの流れ、そういったものを最初に細かく伝えた上で、今後どのようにやっていくか?の話をしていきました。
みんなが今生きている中で、心を燃やしている時間がどれぐらいあるだろうか???

という事を自分は考えました。毎日学校があり、そこにどういう気持ちで行っているのか?自分の環境は自分で作れるという事、考えてもらいました。サッカーの場で考える事と、自分という一人の人間について考える事、その『考え方』について一緒に話をしながら説明していきました。達成したい目標も大事かも知れないけど、それよりもなりたい自分になれているかどうか?のほうが大事。人数が少ないからこそ、個別の成果に目を向けてやっていきたいです!!
今日のトレーニングでは『知覚』についての話をして、それをやりました!!

これまでの『言われた事をやる』形ではなく、『自らの意思でやる』形に。でも、そればかり、という自由ではなく『計算ドリルのように』という言葉も足して『やり込む時間』も必要であると言いました。言葉の掛け方で子供達の意識も、行動も変化していく。

今日は序盤はどうしても目的がうまく定まらない子がいたのですが、途中にも説明したり、ゆっくり時間を掛けてやり込めたので、終盤は良いイメージ、各自の色というものがしっかりと発揮出来たいたと思います。
コーチミーティングでも話をしたように、『ミス』というものの捉え方を考えてもらいました。

技術とか、見たまんまの事にこだわってもミスというものはなくならないという事。考え方から変えないといけない!ミスが起きる原因であったり、要因を見つける『思考』が必要なんですよね。説明をしながら、質問をしてもやっぱり『サッカーに必要な、サッカーで起きる事』の答えがほとんど出ない現状。その現状を見つめ、自分で情報、状況を得る事から始めるという事。

言葉ばかりだとややこしく聞こえるけど、正しく進んでいくようにがんばろうと思う!選手もみんな前向きだったし、良い雰囲気で終える事が出来ました。自主練習もこれから自分でうまくなっていくだろうし、サッカーもうまくなっていく楽しみを実感しながらがんばってほしい!!一緒に、ゆっくり、がんばっていこう!!
2018/09/05のBlog
[ 19:43 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターで西脇スクールを行いました!!

久しぶりの西脇小学校での活動。懐かしく感じました(笑)

二学期が本格的にスタートした矢先に昨日の台風だったので心配されていたのですが、この周辺は幸いにも大きな被害はなかったようです。元気いっぱいの子供達がこうして集まってくれる事を本当にうれしく思うし、今日は3年生の成くんが体験に来てくれました♪子供同士、保護者同士の繋がりがちょっとずつ広がっている事に感謝です!

最初だったのでスクール前のゲームではかなり戸惑いも感じながらでしたが、自分から獲得出来るようにちょっとずつこのスクールのやり方を感じてくれれば、と思います。
ちょっと進んだように思ってはまた戻る・・・。

3歩進んで2歩下がる、ってやつですね!トイレのスリッパ・・・またバラバラで帰られました。いつも気配りをしてくれている子が気付かず、一番敏感だった6年生の龍之介くんが休みだったのもあるのかな?!いずれにしろ、各自が気を付ければ済む話がまた出来ていないという事は振り出しに戻りました。こうやって、出来るようになったつもりがまだまだ、って事がたくさんある年代!根気強くいくしかないですね!

技術ももちろんですが、二学期は考え方の部分にフォーカスしていこうと思っています!
出来る事、出来ない事は誰にでもあります。

ですが、出来るようになろうとする事と、どうでも良いと思ってしまう事には差があります。そうやって時間が経過すればいくら自分の中で誤魔化しても『差』としてしっかりと出る訳です。現在も、その差が隣の子とあるとすればこれまで誤魔化してきたり、やらなかったからなんですよね。

その現実から目を背けずに向き合う気持ちだったり、考える事だったりを二学期には促していこうと思うし、それを『ハッ』と気付く前向きな子と、『ストレス』に感じる後ろ向きな子との差が恐らく大きく広がるはずです。そして、後ろ向きな子は『面白くない』と受け取るはずです。分かっています。でも、やります!!!!
どうしてでしょうか???

年間を通してサッカーというものを知ってもらうからです。このスクールにも『サッカーを楽しむ為に』という謳い文句はあります。みんなの中にはサッカーというものを理解せずに自分の出来る事だけ、したい事だけをする事が『楽しい』と勘違いしている子がいるのです。それは間違いではなく『楽しさの一部』だと考えてほしいのです。だからサッカーとはこういうスポーツだからね、という事を伝えて、その上で『やっぱり楽しい』と思うか?『知れば知る程難しい、面白くない』と思う子だっていると思います。それは仕方がない事だし、分かって続ける、分かって辞めるのは問題ないのです!

ただ、自分の都合に合わないから、自分の基準に合わないから、じゃどこに行っても、何をやっても同じという事です。
自分がどうなりたいか?
どんな事がしたいか?
出来るようになりたいか?

そういう気持ちがどのように出せるか?出てくるか?を楽しみに見守ります。出来た事、出来た回数、出来た時間では評価しません。

もっとやろうとしているか?
もっと工夫をしているか?
諦めていないか?

そういう心を観るようにしていきます!ゆっくり自分のペースで大丈夫ですから、少しずつ、少しずつ積み重ねていきましょう!!
2018/09/04のBlog
[ 12:50 ] [ FC FALCOとは‥ ]
昨日はスタッフでコーチミーティングを行いました!!

月に一回は行っているこのミーティング。今回のテーマは新チームの活動について、です。人が変わればやり方も変わる。チームとしての根っこは変わりませんが、そこへ向けてのやり方はやっぱり違ってくるものです。どこかを基準にして比べている訳でもなく、その年度の子供達の状態を観ながら工夫してやっていくようにしています。こういう仕事なので、色々言われます。各自だけの目線で言えば時には納得いかない事だって多々あるでしょう・・・。ですが、こうして関わってくださるスタッフもいつも全力で耳と心を傾けて選手が少しでも良くなるように、と考えてくれています。本当にありがたい事です。
今回は自分が自分なりにまとめてきた『方向性』についてプレゼンし、それに意見を色々もらうようにしました。

自分なりにずっと思っていた『どうしてだろうか???』の疑問がクリアになった事はありません。毎年、毎回、本当に色々な方々にも出会って話も聞いたり、勉強したりするのですが、やっぱり個人に対して、明確な答えなど存在しない事で、自分が思うようにはいきません。ただ、これが面白いのは自分の思うようにいかないほうが子供にとっては、選手にとっては良い形だったりする時もあるものです。全てがプラスになるかどうか?はやはり本心次第になりますからね。

それは自分自身が体感している事です。マイナスになれば、人のマイナスにばかり目がいくものです。自分が常にプラスの考え方を持てれば観る目も必ずプラスの要素を見つけるからです。当然の事だけどなかなか出来ないのは、人間というものが『安心』が欲しいからです。誰かの揚げ足を取ったり、誰かを蔑んだりして、自分の存在、立ち位置に安心したいのです。その気持ちも分かるし、これまでやってきた事がある自分だからこそ、情けない気持ちと共に前に進もうと今もがんばっています。
スタッフの思いが必ずしも全ての方々に伝わるとは思っていません。

ですが、目の前の選手には伝わるように全身全霊を込めて精一杯やっていきたいと思います!新チームだから・・・という区切りの一つではありますが、それよりも『この状態になるまでの』経験なりをしっかりと土台に置いてやっていくつもりです。

早速初日となる今日はまさかの台風・・・・。

これもこの学年が『嵐を巻き起こす』予兆なのかも知れませんね!!これからまた子供達と一緒にがんばっていきたいと思います!!
2018/09/01のBlog
今日は夕方からファルコ夏祭りを行いました!!

毎年色々な形で行っていて、ゲストを呼んだりしましたが今年度に関しては目標にしていた高円宮杯を敗退してしまった事もあって、3年生達、その保護者の方への労いの気持ちを持ってファルコ内でやる形にしました。また室内の会場しかなかった事もあり、人数的にも限りが出てしまうので今年度はスタッフでも相談し、ファルコ内とその兄弟、家族の繋がりのみで行う事にしました。

3年生の保護者の方々が本当に早くから協力、準備、露店を出してくださったおかげで大変盛り上がったし、本当に夏の締めくくりには最高の形となりました♪
室内のほうは子供達を誕生日で分けてひたすらゲームを行ってもらいました!!

サッカーを遊びの一つとして楽しめるようになってきたみんな。

特にこの3年生はあちこちで交流をした経験があったので楽しみ方が上手になりました。これまでの夏祭りのゲームはスタッフが審判をしていましたが、今年は3年生に任せる形にして自分達で運営をしてもらったのですが、しっかりと楽しみながらやってくれていたと思います。誰もが自分のペースで楽しめるのが本来のスポーツの在り方。勝利を目指す時も必要だけど、楽しむ事が何よりのベースになってくる。この気持ちはいつまでも持ち続けてほしいと思います。
前半は子供だけで試合をしてもらったのですが、中休みを入れてから後半は大人対子供達でゲームをやりました!!

対峙した保護者の方々は、成長した我が子の姿を実感されたのではないかと思います。もう中学生ぐらになってくると大人が本気になってもやられてしまいます。でも、これぐらいの室内ならば良い勝負が出来るのも良い設定だったと思います。お互いに怪我もなかった事が一番で、その上でたくさんの笑顔があった事が良かったと思います。

こうして親子で交わる時間って本当に少なくなってくると思うけど、みんなはこんな素敵な親の姿を観て育ったんだという事を忘れないでほしい。いつか自分達も大きくなって、親の立場になった時、こうして一緒に汗を流せる大人になってほしいですね!
子供のたくさんの笑顔があったのは、サッカーという繋がりはもちろんだけど、やっぱり保護者の方々の協力があったからこそ、です!!

おいしい物をたくさん用意してくださった事、みんなにとっては好きなサッカーをしながらお腹が空いたらおいしい物を食べたり、飲んだり出来る状況は最高だったと思います♪家族がいて自分達が楽しい時間を過ごせる事、それが当たり前じゃないんだよ、って事も理解してください!その感謝の気持ちが分かった時こそ、親の、大人のすごさも分かってくると思う。みんなにはいつかその気持ちに気付いてほしいし、きっと分かる日が来ると思う。それはこういう素晴らしい時間を経験出来ているから!!

夏休みらしい経験が出来た事が何よりもうれしい事♪
関わってくださった全ての方々に本当に感謝をしたいと思います!

一人、また一人と関わる人間が増えると当然うまくいかない事だって増えるだろうし、問題も増えるかも知れません。でも、ファルコではそれよりも楽しませてくださる経験のほうが圧倒的に多かったし、これからもそうなるように自分達もがんばりたい!!

最初はお互いに知らない関係だったファルコのスタートからたった2年半でここまで深く繋がって楽しい事を一緒にしてくださる事が夢のような、最高の出会いだったと言える。違う地域だったからこそ緊張もしただろうけど、だからこそこれからの自分の人生の大きな財産の一つになっていくはずです。

これからもファルコファミリーとしてずっと関わってくださる事をお願いしたいです!これからもみんなで楽しめるファルコを目指してがんばります!!参加してくださった方々本当にありがとうございました(礼)