ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6257件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/09/05のBlog
[ 19:43 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターで西脇スクールを行いました!!

久しぶりの西脇小学校での活動。懐かしく感じました(笑)

二学期が本格的にスタートした矢先に昨日の台風だったので心配されていたのですが、この周辺は幸いにも大きな被害はなかったようです。元気いっぱいの子供達がこうして集まってくれる事を本当にうれしく思うし、今日は3年生の成くんが体験に来てくれました♪子供同士、保護者同士の繋がりがちょっとずつ広がっている事に感謝です!

最初だったのでスクール前のゲームではかなり戸惑いも感じながらでしたが、自分から獲得出来るようにちょっとずつこのスクールのやり方を感じてくれれば、と思います。
ちょっと進んだように思ってはまた戻る・・・。

3歩進んで2歩下がる、ってやつですね!トイレのスリッパ・・・またバラバラで帰られました。いつも気配りをしてくれている子が気付かず、一番敏感だった6年生の龍之介くんが休みだったのもあるのかな?!いずれにしろ、各自が気を付ければ済む話がまた出来ていないという事は振り出しに戻りました。こうやって、出来るようになったつもりがまだまだ、って事がたくさんある年代!根気強くいくしかないですね!

技術ももちろんですが、二学期は考え方の部分にフォーカスしていこうと思っています!
出来る事、出来ない事は誰にでもあります。

ですが、出来るようになろうとする事と、どうでも良いと思ってしまう事には差があります。そうやって時間が経過すればいくら自分の中で誤魔化しても『差』としてしっかりと出る訳です。現在も、その差が隣の子とあるとすればこれまで誤魔化してきたり、やらなかったからなんですよね。

その現実から目を背けずに向き合う気持ちだったり、考える事だったりを二学期には促していこうと思うし、それを『ハッ』と気付く前向きな子と、『ストレス』に感じる後ろ向きな子との差が恐らく大きく広がるはずです。そして、後ろ向きな子は『面白くない』と受け取るはずです。分かっています。でも、やります!!!!
どうしてでしょうか???

年間を通してサッカーというものを知ってもらうからです。このスクールにも『サッカーを楽しむ為に』という謳い文句はあります。みんなの中にはサッカーというものを理解せずに自分の出来る事だけ、したい事だけをする事が『楽しい』と勘違いしている子がいるのです。それは間違いではなく『楽しさの一部』だと考えてほしいのです。だからサッカーとはこういうスポーツだからね、という事を伝えて、その上で『やっぱり楽しい』と思うか?『知れば知る程難しい、面白くない』と思う子だっていると思います。それは仕方がない事だし、分かって続ける、分かって辞めるのは問題ないのです!

ただ、自分の都合に合わないから、自分の基準に合わないから、じゃどこに行っても、何をやっても同じという事です。
自分がどうなりたいか?
どんな事がしたいか?
出来るようになりたいか?

そういう気持ちがどのように出せるか?出てくるか?を楽しみに見守ります。出来た事、出来た回数、出来た時間では評価しません。

もっとやろうとしているか?
もっと工夫をしているか?
諦めていないか?

そういう心を観るようにしていきます!ゆっくり自分のペースで大丈夫ですから、少しずつ、少しずつ積み重ねていきましょう!!
2018/09/04のBlog
[ 12:50 ] [ FC FALCOとは‥ ]
昨日はスタッフでコーチミーティングを行いました!!

月に一回は行っているこのミーティング。今回のテーマは新チームの活動について、です。人が変わればやり方も変わる。チームとしての根っこは変わりませんが、そこへ向けてのやり方はやっぱり違ってくるものです。どこかを基準にして比べている訳でもなく、その年度の子供達の状態を観ながら工夫してやっていくようにしています。こういう仕事なので、色々言われます。各自だけの目線で言えば時には納得いかない事だって多々あるでしょう・・・。ですが、こうして関わってくださるスタッフもいつも全力で耳と心を傾けて選手が少しでも良くなるように、と考えてくれています。本当にありがたい事です。
今回は自分が自分なりにまとめてきた『方向性』についてプレゼンし、それに意見を色々もらうようにしました。

自分なりにずっと思っていた『どうしてだろうか???』の疑問がクリアになった事はありません。毎年、毎回、本当に色々な方々にも出会って話も聞いたり、勉強したりするのですが、やっぱり個人に対して、明確な答えなど存在しない事で、自分が思うようにはいきません。ただ、これが面白いのは自分の思うようにいかないほうが子供にとっては、選手にとっては良い形だったりする時もあるものです。全てがプラスになるかどうか?はやはり本心次第になりますからね。

それは自分自身が体感している事です。マイナスになれば、人のマイナスにばかり目がいくものです。自分が常にプラスの考え方を持てれば観る目も必ずプラスの要素を見つけるからです。当然の事だけどなかなか出来ないのは、人間というものが『安心』が欲しいからです。誰かの揚げ足を取ったり、誰かを蔑んだりして、自分の存在、立ち位置に安心したいのです。その気持ちも分かるし、これまでやってきた事がある自分だからこそ、情けない気持ちと共に前に進もうと今もがんばっています。
スタッフの思いが必ずしも全ての方々に伝わるとは思っていません。

ですが、目の前の選手には伝わるように全身全霊を込めて精一杯やっていきたいと思います!新チームだから・・・という区切りの一つではありますが、それよりも『この状態になるまでの』経験なりをしっかりと土台に置いてやっていくつもりです。

早速初日となる今日はまさかの台風・・・・。

これもこの学年が『嵐を巻き起こす』予兆なのかも知れませんね!!これからまた子供達と一緒にがんばっていきたいと思います!!
2018/09/01のBlog
今日は夕方からファルコ夏祭りを行いました!!

毎年色々な形で行っていて、ゲストを呼んだりしましたが今年度に関しては目標にしていた高円宮杯を敗退してしまった事もあって、3年生達、その保護者の方への労いの気持ちを持ってファルコ内でやる形にしました。また室内の会場しかなかった事もあり、人数的にも限りが出てしまうので今年度はスタッフでも相談し、ファルコ内とその兄弟、家族の繋がりのみで行う事にしました。

3年生の保護者の方々が本当に早くから協力、準備、露店を出してくださったおかげで大変盛り上がったし、本当に夏の締めくくりには最高の形となりました♪
室内のほうは子供達を誕生日で分けてひたすらゲームを行ってもらいました!!

サッカーを遊びの一つとして楽しめるようになってきたみんな。

特にこの3年生はあちこちで交流をした経験があったので楽しみ方が上手になりました。これまでの夏祭りのゲームはスタッフが審判をしていましたが、今年は3年生に任せる形にして自分達で運営をしてもらったのですが、しっかりと楽しみながらやってくれていたと思います。誰もが自分のペースで楽しめるのが本来のスポーツの在り方。勝利を目指す時も必要だけど、楽しむ事が何よりのベースになってくる。この気持ちはいつまでも持ち続けてほしいと思います。
前半は子供だけで試合をしてもらったのですが、中休みを入れてから後半は大人対子供達でゲームをやりました!!

対峙した保護者の方々は、成長した我が子の姿を実感されたのではないかと思います。もう中学生ぐらになってくると大人が本気になってもやられてしまいます。でも、これぐらいの室内ならば良い勝負が出来るのも良い設定だったと思います。お互いに怪我もなかった事が一番で、その上でたくさんの笑顔があった事が良かったと思います。

こうして親子で交わる時間って本当に少なくなってくると思うけど、みんなはこんな素敵な親の姿を観て育ったんだという事を忘れないでほしい。いつか自分達も大きくなって、親の立場になった時、こうして一緒に汗を流せる大人になってほしいですね!
子供のたくさんの笑顔があったのは、サッカーという繋がりはもちろんだけど、やっぱり保護者の方々の協力があったからこそ、です!!

おいしい物をたくさん用意してくださった事、みんなにとっては好きなサッカーをしながらお腹が空いたらおいしい物を食べたり、飲んだり出来る状況は最高だったと思います♪家族がいて自分達が楽しい時間を過ごせる事、それが当たり前じゃないんだよ、って事も理解してください!その感謝の気持ちが分かった時こそ、親の、大人のすごさも分かってくると思う。みんなにはいつかその気持ちに気付いてほしいし、きっと分かる日が来ると思う。それはこういう素晴らしい時間を経験出来ているから!!

夏休みらしい経験が出来た事が何よりもうれしい事♪
関わってくださった全ての方々に本当に感謝をしたいと思います!

一人、また一人と関わる人間が増えると当然うまくいかない事だって増えるだろうし、問題も増えるかも知れません。でも、ファルコではそれよりも楽しませてくださる経験のほうが圧倒的に多かったし、これからもそうなるように自分達もがんばりたい!!

最初はお互いに知らない関係だったファルコのスタートからたった2年半でここまで深く繋がって楽しい事を一緒にしてくださる事が夢のような、最高の出会いだったと言える。違う地域だったからこそ緊張もしただろうけど、だからこそこれからの自分の人生の大きな財産の一つになっていくはずです。

これからもファルコファミリーとしてずっと関わってくださる事をお願いしたいです!これからもみんなで楽しめるファルコを目指してがんばります!!参加してくださった方々本当にありがとうございました(礼)
2018/08/31のBlog
[ 20:03 ] [ エリート塾 ]
今日は雨天によりグランドが使えなかったのでファルコ、エリート塾の練習は室内でのミーティングとなりました!

長い夏休みも終わりを迎え、いよいよ二学期に入っていきます!その二学期に自分はどうなりたいか?どのようにしていきたいか?を明確に持って迎えるのと、ただただ日々を過ごすのとでは違うので、その明確な自分をイメージしてもらうきっかけになればと思いました。
全体に向けてコーチがひたすらしゃべるミーティングは全然頭に入らない事は分かっているので、どうしてやるミーティングなのか?を説明だけして、後は子供達自身が自分に必要だと思う事は残していくという形にしてもらいました。

小学生、中学生が同じグループで意見を出し合ってもらうようにして、一つにまとめるとかではなく、各自が必要なものを残してもらいました。
短い時間の中でも、違う学年で対話をする事に意味があると思っています。

子供達は『コミュニケーション』という言葉は知っているけど、実際にやろうとしているか?の部分ではほとんど出来ていないのが現実。頭でっかちになってしまう子が多い中で、やっぱり自分の現実と繋げていく事は必要。言葉だけ並べても結局はうまくいかない事は自分自身が一番よく分かっている事。だから押し付けないし、絶対にやりなさい、という事はしない。ただし、自分で決めた事は自分でやりましょう!は一緒にこだわりたいと思う部分。

将来の自分を変えられる、満足させられるのは自分しかいないという事。その為に、いつ苦労を経験するか?いつがんばるか?も自分のプランの中には入れていかないとずっと楽なまま、平坦なまま進む事はありえない。がんばる時間を明確に決められる覚悟。それを実行する勇気。その二つがないと人は成長しないと思う。その成長に年齢は関係ない。いつやるか?どこでやるか?だけの問題。

気付きは早いほうが良いに決まっている。良い選手になりたいという思いがあるならば、今、この瞬間から動き出せるようにがんばりましょう!!
[ 19:43 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日はえらい天気がコロコロと変わる日中でした・・・。

お昼も、夕方も、真っ暗になり雷も鳴り響き、一部では停電もあったようです。そういう中でしたが、八千代スクールは体育館だったので元気に行う事が出来ました!

夏休みはそれぞれに予定もあったりして全員が揃う事はほとんどありませんが、家族や友達と遊んだり出掛けたり、小学校の間は特にそういう経験もたくさんしてほしいと思います。今日はまだ比較的人数が多かったのですが、スクール前のゲームを眺めていると、また休み前に戻ってしまっていました。。。
基本的に楽しめていない・・・。自由に、好きな事をやっているのに、全然それが伝わらない。表情も固く、雰囲気も本当に公式戦を戦っているのか?というような感じでした。。。

真面目な子が多いので『一生懸命に』というのが植え付いているのでしょう・・・。それは大切な事なのですが、もっとも大事なのは『サッカーが好きな事』だという意識があるかどうか?です。長くやっているからそのままやっているだけになっていないか?ちょっと心配になるぐらいに表情もプレーも固く、だからこそ結局ミスが多いサッカーをず~~~っとやっていました。
そんなみんなを観ながら、まず最初に思った疑問は、

『自分自身でミスをしてしまっている自覚があるのか?』という事。それがあるのとないのとではまた違うと思うし、ミスの自覚があればミスを改善する事も出来るけど、自覚のない子はミスをしている意識がないって事だから改善も修正もしようと思わないんだろうと思う。そんな所からの意識改革をしていかないといけないって思いました。

みんなそれぞれの少年団にも所属している子が多いし、普段からやっているだけにこの場では『ボールを笑顔で触る』事をやっぱり大事にさせたいと思う。
どんな事でもやり続ける原動力だったり、向上心の原動力は楽しさになってくるはず!!

もちろん、負けず嫌いとか反骨心とかそういう『何クソ』もあるけれど、自分が本心で何かを続けていくのはそういう悔しい気持ちでは体か心がいつか折れてしまう・・・。自分の中のどうしてサッカーをやりたいのか?サッカーの何が楽しいのか?がいつだって言えるような選手じゃないとがんばる事も、うまくなる事もある程度までしか出来ないという事。中学生を観ててもよく分かる。最後に差になるのは『自分が本当にサッカーが好きかどうか』に差が出てくるという事。
だから今はとことん自分で触って、失敗して、『それでもこうなりたい!』と思えるかどうか?の所を促す。

出来ないからやらない、じゃ一生出来ないまま。

出来ないからこそ人よりもやってみる。その姿勢が自分の自信へと繋がるし、楽しさにも繋がる。今の自分が知っているサッカーの楽しさではない、奥深さはうまくなっていくにつれて見えてくる。その深さにもどうか出会ってほしい。自分の可能性を信じてコツコツやっていきましょう!!
2018/08/30のBlog
[ 19:31 ] [ ベゼルさん関係 ]
今日はナイターで月一回のベゼルさんの指導練習会でした!!

毎月ですが、肉体的にも、精神的にもかなり追い込まれる状況をみんなはどう受け止められるか?それによってその日の成果も随分違ってくると思いますよ。

コーチは今でも自分が選手としてまだ伸びたい、強くなりたい、と思っているからこのベゼルさんの時間はきつい事が分かっていてもやればやった分だけ良くなると思ってやっています。自分の為に、と思えたらどんな事も成果が残っていくだろうし、その状況は自分の心が決めるからいくら口先で嘘を言っても分かってしまう事です。自分の本音がそう思えるまでまずは自分の心を磨けるといいですね!!
先月は自分は帯同出来なかったのですが、かなりきつかったようです。

でも、それ以上に『雰囲気が悪かった』と想像がついています(色々な選手達の言葉も聞いていると・・・)。だから、きついメニューこそ前向きにやれる雰囲気、各自の受け止め方に差が出るのです。今日は一緒にやりながらそういう雰囲気を大事にするようにしました!

みんなきついのは分かっているからこそ、その時にどう向き合えるか?を促していきたいと思いました。この時間の勝負は確実に『自分自身』との戦いですので。。。
最初は腹筋。次の動作はふくらはぎ。そこからラインを使った動作で全身をやっていくような形でした!

正直、最初のほうはみんなの表情も雰囲気も『ムムム・・・』という感じでした。前向きさが全く伝わらないし、メニューをこなしているだけ。それではやっぱり誰の為にもならないし、途中からは乱入して一緒に自分の弱さもさらけ出しながらやるようにしました!

頭では思っている事がうまく体を通して表現出来ない・・・この歳になってそれを痛感します。でも、思い続けてやれば必ず出来ると信じているし、そういう気持ちを出しながらやる事で体は反応してくれると思っています。
体のメカニズムに詳しいベゼルさんのトレーニングでは、うちの弱さ、個々の弱い所が浮き彫りになります!!

ですが、それをどう受け止めて次に繋げるか?木曜日は休む子もいるし、体験、経験した者にしか分からない事がある事をどう活かしていくか?です!『俺等ばっかりしんどい』じゃなく、『俺等だけ得をしているんだ』というぐらいの気持ちを持てるかどうか?ですね!もちろんそれは休んでいる側からしても、その分塾で勉強をしている得がある訳ですから。そのお互いがお互いの状況を自分の為になるようにしないと無意味になってしまうという事。やりたくない事をやっている・・・ではなく、『これをやる事で自分が良くなる!!!』と思ってやれるといいですね!
最後の最後まできついメニューを与えてくださった事。心から感謝をしたいですね!!

普段出来ない事をさせてもらっている事。今だけを考えればしんどいしかないでしょう・・・でも、将来その経験がたくさんある人間は強いのです!あの時を乗り越えた、というのは自分だけの財産になっていくのです。

だから今日きつかった子もしっかりと今日という財産に自信を持って、もっと言えば今日の基準をどこかで繋げてほしい。練習がない日にやるとか、体が覚えているうちに継続してやっていくともっともっと良くなるからね!みんなが良くなる為にこうして熱心に、一生懸命指導してくださる方々の存在に感謝していこうね!!

ベゼルさん、本日も本当にありがとうございました(礼)
2018/08/29のBlog
今日は西脇スクールを行いました♪

まずは会場が市民センターの体育館だったのですが、全部の半面をお借りしたものの実際は変則の半面だったのでどうしようかと思っていたのですが西脇の行政の方々の配慮のおかげで半分をお借り出来る形にしてくださった事をありがたく思います。

夏休み最後という事もあって子供達にどこに行った?とか色々話もしたりしながらいつものようにゲームを開始しました。途中からどんどん参加してきたメンバーが増えていくのですが、今日の室内はとても蒸し暑く汗が滝のように流れてきましたが、みんなの生き生きした表情、そして、西田 大空くんの『折れない気持ち』に今日は素晴らしいと感じました。また試合を終えてスクール前に、『誰が上手だと思った?』という質問にも全員がお互いの誰かをきちんと言えるように『感じる力』もしっかりと持っている事を確認出来ました。
スクールは一学期を終えて『ボールとより仲良くなるように目指しましょう!』という事を最初に話してスタートしました。

みんなの中にある『うまくなる』はどうしても『たくさんボールを触る(量)』という考え方が多い。それは間違いとは言わないのですが、『どのように触るか(質)』のほうがやっぱり大事なんです。そこを二学期の中でゆっくりでも伝えていきながら三学期に繋げていきたいと思っています。

まずはレベル6キャッチを一学期は1分40秒間の時間でテストしていたのですが、その時間を1分にしました。短くなっているので失敗出来る回数も限られてくるのですが、集中して行う事を意識してほしいです。
そこからはひたすらボールと自分の関係性を高めるようにしました!!

まずは『歩く』事からやっていきました。みんなの中に共通している『当たり前の動作』だからです。その姿勢、姿を自分で認識してもらってから、出来る限りその状態に近づけた形でボールをリフティングするようにやっていきました。どうしてもボールが付いてくると、『ボールを蹴る』という意識と動作になってしまうので、言わばそれは『特別な動作』になるのです。そうではなく自然に、当たり前に、を目指してやっていきたいと思います。

一人に一個のボールで、自分なりに考え、自分なりに変化、工夫を加え、自分なりにチャレンジをしていく習慣作りです!!

気持ちが乗らない、やる気が起きない。子供だって生きていれば正直そんな時もあるでしょう。だからこそ、自分のタイミングを大切にしたいし、みんなをお互いに比べるのではなく、『最初の自分と比べる』ようにして成長を自分で感じられるようになってほしいと思います。

後、大事にしていくのは『笑顔』ですね♪好きなスポーツ、興味のあるスポーツをやっているんだ、という実感を持って練習するのと『何となくやらされている』では大違い!!自分の意思でやれる人間になってほしいと思います。
最後は『協力=気遣い』ですね!

スクール前のゲームでもあったように小さな子(小学2年生)にとっても上手なのは誰なのか?は分かる感覚があります。そういう子が育ててあげる力を出してほしいし、その為に一緒に何かをする時間を増やします。力を緩めてあげたり、教えてあげたり、合わせえあげたり、見せてあげたり、伝えてあげたり、励ましてあげたり・・・色々な方法の中の何を選ぶか?によって6年生もまだまだ成長出来るのです!!

二学期はそういう成長を目標にしながら、各自が各自なりの『ちょっとずつ目標のハードルをあげる』事をしてほしい。今日最初の印象は『この目標にすればコーチが喜ぶでしょ?』とか『これならいいでしょ?』みたいな感じ。自分達で決めた、自分達なりの、という考え方ではなかったですね!そういう部分も含めて変化のある二学期にしたいです!!
今日は朝から1年生を中心としたメンバーで毎年夏休みにお世話になっている『グリム加西店』さんでパン作りをさせてもらいました♪

講師は自分と一緒に高校サッカーを謳歌した加古くんです!こうして高校を卒業してからもずっと付き合いが出来る事。しかもそれがサッカーじゃない形で繋がっている事はとてもうれしい事だしありがたい事。今年もこのパン作りから何かを学んでほしいと思いました♪

毎年色々と工夫をしながら体験をさせてくれる中、今年は初めて生地が出来上がる所も経験させてくれました♪これまでは生地を作ってくれている状態からのスタートだったので子供はもちろん自分も興味いっぱいでした!!
今年は3種類のパンを作らせてくれました♪

①カメメロンパン
②ハムロールパン
③オリジナル

でした!①と②を順番に工程を教えてもらいながらどのようにすればパンらしくなるのか?などの要領を教えてもらってから③は自分で好きなように作ってみる、という体験でした!とても子供達の個性が出て良かったし、一番面白いのは『自由』と言われて何も出来ないのはサッカーと同じだな~~って思いました(笑)
自分がこの企画から学んでほしい事と言うのは、『反対の気持ち』を知ってほしいのです。

食べる側である我々は作る苦労を知りません。どのようにして出来上がるのか?その苦労を知ればありがたみが分かる。好き嫌いは人間だからあるかも知れないけど、その多くはやっぱり恵まれ過ぎている環境にもあると思うのです。人がやっている苦労を全部知ればそんな事言ってられない事もきっと分かってくれる子がいるだろうと。そういうきっかけの一つになってほしと毎年行っています!
3時間弱、本当に楽しい時間でしたね♪

うまく出来ない時の向き合い方なども色々学べました!とりあえずやってみる大切さも分かりました。思い切りも必要だと分かりました。指先の全てを繊細に使って、感じる大切さも分かりました。生地から作るパンはまるで生き物のように繊細であり、だからこそ適当な関わりをすると出来上がりは最悪になる(笑) その事は自分自身にも言い聞かせていきたいし、今のみんなが生地のような状態だから自分の関わりによってどのような未来になるか?を大きく左右する事にもなる。責任を感じながらがんばっていきたい!
無事にそれぞれのパンが出来上がりました♪

すぐに食べてしまった子、お土産に持って帰った子、色々でしたが自分で作った物はいつもよりおいしかったと思います!

このような経験をさせてもらえる事も当たり前じゃないって事を強く感じます。今年はアシスタントにエリート塾でもがんばってくれている龍之介くんが来てくれていたので最後は一緒に記念撮影をしました!!

皆さん、是非おいしいパンを食べたい方はグリム加西店に足を運んでください♪本当においしいパンばかりですよ!店長をしている加古くんは自分の店の従業員をとても大切に考えているし、お客さんが喜ぶ為にずっと試行錯誤している素晴らしい人なのでそんな人が作るパンがまずいはずがありません!!!!どうぞご賞味ください♪

グリム加西店の加古くん!!貴重な体験ありがとうございました(礼)
2018/08/28のBlog
[ 18:58 ] [ 試合結果 ]
今日は急遽決まった北播磨リーグの最終戦。

台風で延期になっていたのでなかなか日程が組めない中、本日消化する事が出来ました。

先日の高円宮杯で目標を達成出来なかったメンバーがまたこうして試合を出来る機会が出来たのはうれしい事だったのですが・・・それもコーチとして勝手に思ってしまった事かも知れません。彼等の言動、プレーは『目標後』の事となり、熱意も、覇気も全くと言っていいほどありませんでした。その上に、感情のコントロールも出来ないというお粗末さ・・・。

やはり中学生という年代はまだまだ心が未熟であると改めて感じた試合でした。
自分の目標が、夢が、『サッカー』で繋がっていない子に自分を伝えてもいけない事もよく分かりました。

これは子供がどうこうではなく、自然な事だと悟りました。

何となくサッカーをして、何となく高校へ行って、何となく大学、社会へ出て行く・・・。

何の為に外に出て、世界を広げて、感覚広げたのでしょうか???

誰の為なのでしょうか???
高円宮杯を一つの大きな目標に掲げたみんなは、次の目標を何にするか?です。

目標に向けてがんばる事は一生繰り返す事だと思う。そして、今回達成出来なかった要因は最後のロッカールームでも話をしたように、『どこかで向き合わなかった、甘かった自分自身のツケ』なんです。悔しい、やり残したと多くの子が挙手したならば、次どうするか?を真剣に考えて、その為の今日という日を過ごさないといつまでも同じ事を繰り返す事になる。

コーチは未来の君達をイメージして話をしているけれど、未来のイメージを持たない子には伝わらない。まだこれからも半年間付き合いが切れる訳ではない中で、やっぱりこの部分は伝えていきたいと思う。
一度きりの人生を本気で考えてほしい。

主役は自分だと思ってほしい。

その為にどう進むべきか?を考えてほしい。目先しか考えていないと物事を一喜一憂して終わる。成長というものはない。

自分の活かし方。仲間の活かし方。繋がり方。助け方。

もっともっと悩んでほしいのはそういう事。目先の事がうまくいかないだけでみんな落ち込む、イライラする。そういう視野の狭い考え方を変えないと先に言っても同じ事になる。
この仲間で良かった~~~って言ってた割には、感謝の気持ちがほとんどなかった今日の試合。心を磨くようにこれからもがんばらないとね!!

そんな3年生を横目に、これから自分達のチームになる1,2年生達!!これまたひどいゲームになったけど、この始まりがあったからこそ、と言えるようにしたいね。2年生同士でおぼろげながらもミーティングして進む方向性をそれなりに決めてくれたし、今はとりあえずそれを信じてやっていこう!おかしく感じればまた修正をしよう!

慌てずに、ゆっくり自分達らしさを見つけよう!!2年生の今後のがんばり、変化を楽しみにしています♪
2018/08/26のBlog
[ 20:04 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日はファルコの決勝と準決勝に日程を空けておいたのですが、残念ながら敗退となってしまったので子供達にはゆっくりと休んでもらい、自分は奈良県まで兵庫SCの交流大会があったので参加をしてきました!!!

真夏日が戻ってきた今日は40歳以上というカテゴリーにはかなり酷な状況ではありましたが、関西大会を2週間後(9月9日)に控えているだけにそれまでチーム内での勝負や各自が自分との勝負をしないといけない時期だと思っています。自分も夏休みはどうしても運転など、子供の活動を中心にしてきたので自身のトレーニングが満足には出来なかったのですが、それでもこのメンバーに選んでもらえた責任を考えればやるしかないので、前向きにがんばっていこうと思います!
天気は快晴!!恐ろしいほど気温がまた上がったので、非常にきつかったのですが予選2試合と順位戦の合計3試合を戦いました!!

自分は最初の試合はハーフタイムに合流出来たので出場しませんでしたが、チーム内でしっかりと意見を言い合いながらゲームの主導権を完全に握っていました。このチーム内の先輩方はすごく熱いハートと冷静な分析の両方をされるので一緒にいるだけで本当に刺激になります。もっとこうやるんだ!という事などを伝えてもらう事で考え方の幅も広がっていきます。サッカーって答えがないスポーツでもあるので、難しいけど楽しいのはそこだと思う。自分の判断でやれるからこそ楽しいし、楽しめる。言われた通りにだけやるプレーを続けるとどうしても疲労感が多くなってしまうので自分の意思でやる事を第一優先に考えていきたいと思う。
同じポジションで出ている先輩のプレーを見ながら学ぶ事もあるし、自分らしさを考える事も出来る。

自分がこの場に微力ながら選ばれた事も当然期待をされる何かがあるからだろうし、それをチームに対して還元しないといけないとは思う。周りに聞くのも一つの手段だろうけど、自分でもがいて、考えて、自分なりにやっていく事で自信だったりが持てると思う。まだまだ今日の出来を考えてもチームの求めている基準には達していないと思うけれど、この持ち前の『文章の長さ』はチームの中にも浸透してきているので(笑)、一つの武器にしたいと思います♪

優しい先輩方なので、うまくそういう部分もイジってくださるし、愛情を感じるのでプレーの事も含めて、厳しく、本気で言われる事をありがたいと思い続けたい!
予選はしっかりと2連勝して得失点差で、しっかりと予選1位となりました!!

決勝は度々練習試合をしてくださっている地元奈良県の『TONAN』さんでした。個人がしっかりとしているチームだったのですが、兵庫もしっかりと崩したチャンスも何度か作れました。それでも、巧みなカウンターを仕掛けてくる相手にやられてしまい、結局準優勝で終わる事にはなりました。

関西大会でも、もしかすると当たる相手かも知れません(当たるとすれば決勝になりますが)。それまでもう一度自分の武器をしっかりと確認しながら磨いていきたいと思います。

ちょっと最終戦で負傷交代してしまったので、まずは回復に全力を注ぎ、兵庫の為に自分に出来る事を少しでもやりたいと思っています!準優勝では誰も満足していない向上心、意識の高い集団なので、一緒にいると多くの刺激を本当にもらえる。この先輩方の良さを自分なりに盗んで、チームに少しでも貢献出来るようにがんばりたいと思います!!