ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
傾聴ボランティア よりそい
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:275件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/11/04のBlog
[ 07:44 ]
先日アステ川西へ行くと菊花展をやっていました。
そして、たくさんの丹精こめた菊の中に、きんたくんの菊人形が
ありました。
きんたくんは川西市のシンボルキャラクターです。

実は私、きんたくんの隠れファンでありまして(別に隠れなくても
いいんですが…)きんたくんのボールペンも愛用しております。

きんたくんは、いつも仕事や家事に追われ、せかせかしている私にとって、ほっとする存在です。
道路標識の看板や、ごみパッカー車のボディのイラストで、きんたくんを見つけると
『こんな所で頑張ってるんやね』と声をかけたくなるほどです。

 私も、せめて傾聴に行く時くらいは雑事を忘れ、きんたくんのように
癒し系になりたいと思っています。

急に寒くなりました。出かける時は温かくして行きましょうね。


(E・K)
2009/10/31のBlog
口数が少なく、ご自分からはお話されないAさんへの訪問です。

お話のきっかけになればと、塗り絵を持って行ったのですが、
「あなたが塗って。」と言われ、それならばと一つづつ、
「ここはどの色にしましょうか?」と聞き、決めて頂いて塗りました。

二人で「きれいですね。」「きれいね。」と言いながら合作を仕上げると、Aさんの顔も明るくなり嬉しそうでした。

定例会での報告では、「こちらが塗っても、Aさんが色を決めて塗った
のですから、Aさんが塗ったことになるのですよ。」とアドバイスを受けました。

Aさんの傾聴活動を通して、『自己決定の大切さ』を学びました。


(S)
2009/10/28のBlog
朝日新聞の生活欄の『聞き上手になる』シリーズに、興味深い記事
が載っていたので、紹介します。

話を聞く時に最も重要なのは、『話をきちんと聞いている』と
相手に伝えることです。

うなずきや、相づちは、最良の方法ですが、相づちも、
「ええ、はい、そうですね、へえー、ほおー、そうそう、まあ、なるほど、それで……etc」
相づちの引き出しをたくさん増やしておくと、会話が単調にならず、広がっていきます。

また、相手の様子を観察し、それに合わせることも大切で、ゆっくり話しているならゆっくり対応する。
悲しそうな様子なら、悲しい表情で。
鏡のように、相手の表情に自分の表情を一致させ、相手の呼吸に合わせてみると、よいコミュニケーションにつながります。


これからの傾聴の活動にとても参考になりました。

話しかけると、「うん、うん」と葉っぱがうなづくように動く玩具の売れ行きも好調のようです。
余計なことを言わないでただ「うん、うん」とうなづいてくれるだけで、人は癒されるのでしょうね。

私も葉っぱの玩具のように、心を無にして、ひたすら相手に寄り添ってみようと思いました。.


(E・K)
2009/10/23のBlog
傾聴に行ってきました。

もう半年ぐらい通っているAさんですが、私達を宗教の勧誘に来た
人だと、固く固く信じ込んでいらっしゃいます。

その都度、「違いますよ。」と言うんですが、今日も
「あんた、神様の話をちっともせえへんなぁ。」と言われます。
また、「神様に助けてもらおうと思ったのに。」とも、言われました。

半年通い続けて、宗教のことをあんなに敬遠しておられたのに、神様の話をしても良いと言われたわけで、
何とも複雑ですが、ここは喜ぶところなのでしょう。
やっと受け入れて頂いたと嬉しくて、いつものように、「だから、違いますってば…!」と言いながらも、
笑ってしまいました。

でも、『神様に助けてもらおうと思った。』というAさんの思いは真実です。
Aさんの思いをお聴きして、共感することによって、Aさんの不安な気持ちや、寂しい気持ちが、
少しでも楽になったら、嬉しいです。

よりそいの活動をしていて一番嬉しいことは、利用者さんの笑顔を見る時です。
今日のAさんの笑顔も最高でした。


(E・K)
2009/10/16のBlog
[ 20:58 ]
秋もたけなわ、休日になりますと、あちらこちらで運動会が
開かれています。
先日孫の運動会を見学に行った時のことです。

子供達の競技を見ているうちに、目頭が熱くなり、いつの間にか
涙ぐんでいました。
そして、隣で見ていた妻を見ると、同じように涙ぐんでいるのです。
こんな小さなところにも人生の縮図がそのまま見えるんですね。

孫を始め、小学生達が熱心に競技している様が、自分の小学生の頃の思い出と
重なりました。

また先生方が熱心に指導して下さっていることにも感動し、
小さい一年生から、こんなにも大きく育った六年生を見て、先生方に
お世話になっていたんだなぁ、と感じました。

今、人生を振り返って、皆さんに本当にいろんなところでお世話に
なっているんだ、ということに気が付き、感謝の念で一杯になりました。

いろいろ感じさせられた秋の一日でした。


(K・T)
運動会風景その2