ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2911件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2022/05/18のBlog
いよいよ、サツマイモの栽培が始まります。この間、土の養生と「とよっぴー」や真砂土の投入で畑づくりを行い、畝を作り、マルチを敷き、苗を植える場所に穴を空けるまで済ませています。

20日(金)朝から担当スタッフ以外に6人以上が応援に出て約1,000株の苗を植えることにしています。


新型コロナウイルス感染症が沈静化してイベント開催可能であれば、サツマイモ収穫をメインにフェスタを実施する予定です。

植え付け日は天候も期待でき、暑くなるでしょうが、秋への成長を期待して植え付け作業に没頭します。
本日18日(水)、急きょ「とよっぴー」の袋詰め作業を行いました。20日(金)に予定していますが、その日はサツマイモの苗の植え付けもあり、スタッフをそちらの支援に回っていただくためです。

晴天の下、いつもより多くのスタッフ(12人)が出てスタートが8時です。順調に作業が進み10時前に終えることができました。

詰めた袋は233袋。ストックが350袋程度あり、20日(金)は100袋程度を詰める予定です。
2022/05/16のBlog
14日(土)は5月最初の配布日です。明け方雨が止み、どんよりした曇り空ですが、雨の心配もなさそうですので安心して準備を行いました。

4月早々は、有料配布時間(スタート~11:00)まで車や2輪車が途切れません。当日は曇り空でもあり、2輪車は少ない予想でオープンしました。

10:30頃までは車は途切れませんでしたが、それを過ぎると間も空き、ゆっくり対応できる余裕が出ました。

車で気がついたのは、宮城・郡山・一宮などの車があったこと、また、電車とバスを乗り継いで来られた方もあり驚きました。

来場者は64人、販売数は322袋です。

リピータ以外の方もおられ、多様な市民が訪れる傾向が出ています。ありがたいことです。
2022/05/12のBlog
畝立て終了後、購入済みのマルチ敷を行いました。

小雨の中で作業、皆さんスタッフ大変苦労されながら、畝全面に黒マルチを敷きました。

19日(木)~20日(金)にかけ、マルチ上面を均等に穴を空け、サツマイモの苗を植え付けていきます。

植え付け完了後、水遣り作業が生じますが、逆に梅雨の大雨も心配で、気を休めない日々が当座続くようです。

秋には収穫ができるよう、約6か月長丁場の付き合いとなります。

次回、植え付け後の情報を提供し、その後も時折成長の姿を伝えていきます。
サツマイモの植え付け時期が迫ってきました。毎年この月に畝立てとマルチ敷を行い、その直後、苗を植えています。

今年も連作障害を回避するため、畑に「とよっぴー」や真砂土を一部追加散布し、畝立て準備をしてきましたが、本日12日(木)小雨が降る中で作業を決行しました。

スタッフは天候不順を心配、畑が緩むことから作業が難しい面から悩んでいましたが、苗の購入日を決まっており決行したものです。
10日(火)は5月定例会でした。出席者は16人です。現役の大学生でSNS発信を担っていただいた方が関東で社会人になれます。当日、最後ですので、皆で記念写真を撮りました。

会議の方はいつものように前月と今月の活動経過と計画以外、多くの報告と提案があり、時間を要しました。

受託事業の成果や新年度の計画と体制、6月予定の年次総会の対応など、考え方を提案したところです。

とくに、SNSの発信体制について改めて対策委員会を招集することとしたところです。
2022/05/11のBlog
本日11日(水)、朝から小雨が降り出し、予定していた「とよっぴー」の袋詰め作業をどうするか悩みましたが、小雨でもありテントを張っての作業を開始しました。

先般の会議の際、スタッフの高齢化に伴い、作業の負担もあることから、作業日を増やして1回の袋詰め数を減らす前提でのスタートです。

設定数は250袋としました。しかし、スタートから1時間程度で150袋以上となり、結果的に300袋以上を詰め、終わるころには小雨の影響もなくなりました。

作業には負担(腰など)のかかる担当もあり、人数を増やすか袋数を少なくするか、悩みどころで、若いスタッフの応援が期待されるところです。

どうしていくか重たい課題を抱えたままの作業となりました。
2022/05/09のBlog
7日(土)は環境交流センターでの「地域こだわりマルシェ&野菜市場」でした。

当日は多様な野菜が農家から出され、久しぶりに50人の購入者がありました。

写真のように大根をはじめ春野菜が並び、売れ行きも好調で満足を得る活動となりました。

需要と供給のバランスに悩むときもありますが、今回のような状況はモチベーションが上がるとスタッフの声でした。

緑と食品のリサイクルプラザでは、当法人のスタッフが花壇を設けて日々手入れをしています。

花いっぱい運動が市内各地で進められており、自らも取り組む活動です。
市内中学校1校の要請を受け、畑づくりに管理機を持参しました。実際行ってみると、まったく畑の体裁がない所に作るとの提案を受け、持ち込んだ管理機では作業に入ることも難しく出直しすることになりました。