ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2923件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/11/12のBlog
[ 06:29 ]
9日(火)、当法人の11月定例会を午後から行いました。出席は14人でした。

堆肥製造と資源循環啓発業務、就労ボラティア業務の上半期報告や今月26日(金)~27日(土)に予定される市民環境展の展示内容や場所設定とスタッフの確認、来月12日(日)に開催するオンライン講演会の実施他、前月の事業・活動報告、今月の予定を確認しました。

これ以外では会員の新規加入や堆肥化事業の市民応援団「とよっぴー倶楽部」の会員が増加している報告を行いました。
2021/11/07のBlog
芋ほりデーとほぼ同時並行で昨日6日(土)、恒例の「地域こだわりマルシェ&野菜市場」が市環境交流センターで開かれました。

いつもの「とよっぴー」野菜から秋の花々や豊中産米に加え地域の産物が並び、一段華やかで賑わいが期待される行事となりました。

最終的に50人の来客ですべて完売の成果を挙げることができました。


菊やヒマワリとコスモスが華やかさを彩る一方で野菜も旬の野菜が並び、珍しヤーコンではレシピも添えられ、ポリフェノールの効果の書き添えもあり、完売です。

最近、当法人では入部が相次いでおり、入部早々の方も参加、和気あいあいの雰囲気に終始した活動でした。
昨日6日(土)朝から緑と食品のリサイクルプラザ「とよっぴー農園」サツマイモ畑で”芋ほりデー”を行いました。

市広報通じて市民の皆さん50人を対象に募集を行い10倍を超える倍率となり、厳正な抽選の結果、当初より10人増やしての実施です。

個人や家族連れの当選者です。感染予防のため掘る場所を当選者ごとに振り分け、ほぼ一斉に掘っていただきました。

今年は各株とも結構、生育が良く、皆さん喜んでおられました。中でも幼児にとっては、初めての芋ほり、一生懸命慣れない手つきでスコップを使っていました。

大きなお芋が顔を出すと、やったーという感じです。

同時に行った施設説明では、芋ほり終了後、撹拌槽のところで熱心に見学される方もあり、初期の目的が秋空の下で完結した午前中でした。
2021/11/05のBlog
11月13日(土)は「とよっぴー」の有料配布を予定しています。
それに備え本日、朝8時30分から袋詰め作業を行いました。

途中10分程度の休憩を挟んでスタッフが頑張り、10時30分には300袋を詰めました。

予定数より少ない数ですが、2時間の作業はやはりきついです。

ローダで堆肥をホッパー内に投入する人、ホッパー内の堆肥を下に送る人、それを袋に詰める人、堆肥の入った袋を紐くくりに送る人、袋を紐でくくる人、倉庫に運んで並べる人で作業が成立します。

次回は17日(水)を予定しています。
2021/11/02のBlog
本日朝から軽トラック2台に「とよっぴー」10kgを積み込んで市内の畑に配付してきました。

市民の方にタマネギの栽培をする機会を提供することを通じて、市内で「農のある暮らし」を実感していただき、市民の暮らしをの充実に寄与することを目的とした市民農業体験用に散布するために持ち込みました。

11月下旬に苗植えを行い、来年5月下旬に収穫する予定だそうです。
2021/10/29のBlog
10月市広報に掲載しましたサツマイモ収穫行事、20日必着分で締め切り、抽選を行いました。予想を超えた応募があり、50人の枠を70人に広げて厳正な抽選を行い、当選者には通知(先週)をすでに行っています。

市広報では惜しくも抽選に外れた方へのご連絡を記していません。

今年のサツマイモ収穫の行事はこれをもって終了です。この間、たくさんの方に挑戦していただきました。

来年度も取り組む予定です。


2021/10/28のBlog
本日28日(木)は市内さわ病院敷地内での「野菜市」でした。長年、同病院のご理解を得て毎月第4木曜日に市内農家が「とよっぴー」で育てた旬の野菜を中心に販売しています。

昨年までは販売前日までに周辺地域にビラを配付して宣伝していましたが、現在は4か月に1回のみにしています。

本日も秋日和、寒くもなく、むしろポカポカ陽気です。道行く人向けにスタッフが呼びかけ、スタート前の整理券の受け取りは少なく心配でしたが、呼びかけの効果もあり29人の方が購入されました。

地産地消の言葉が普及して随分立ちます。地域の農家が育てた地域産物を地域の市民が消費する仕組みは、新鮮・安全・安心の確保、市民と農家における顔の見える関係作りと農家はもちろん地域活性化のお手本です。

本日も旬の野菜がいっぱい並び、会話が弾む下で終えることができました。

来月6日(土)は豊中市環境交流センター恒例の「地域こだわりマルシェ&野菜市場」です。
「とよっぴー」の有料配布に並行して、堆肥化事業の市民応援団である「とよっぴー倶楽部」会員向けのサツマイモ収穫行事を行い、22人の会員がお芋を掘られました。

会員の中には自分でサツマイモを育てている方もおられ、スタッフにこの農園連作被害もなく大きな芋が掘れると驚かれていました。

いつも、カナブンの幼虫が芋をかじるのですが、今年は被害が少なく、綺麗なお芋が採れて、倶楽部の方が感心されていました。
昨日27日(水)は10月最後の「とよっぴー」有料配布日です。いい日和に恵まれ活動にとっては最適です。

この頃になると堆肥も使わない時期と勝手に想像、ゆっくり対応できると予測しましたが、オープン前には車が5台ほど並び、2輪車も訪れます。

平日の有料配布、いつもは10時30分頃には、手すきになるのが通常です。しかし、当日は車が絶えず並び、活気のある状況です。

結局、終了時間の11時を過ぎても来られ、82人の購入で422袋配布しました。

しんどくても、たくさん来られると嬉しいことで、「とよっぴー」の人気を実感しました。
2021/10/25のBlog
豊中市緑と食品のリサイクルプラザに併設する「とよっぴー農園」の一角に「ミニ田んぼ」を設け毎年、米づくりに挑戦しています。

この取り組みは「米っこ芋っこ大集合」の応募した家族が植え付けから観察、そして23日(土)に稲刈り作業を行いました。

苗を植えて以来、水管理、雑草抜き、そしてスズメ対策などスタッフの普段の努力が実り、昨年より籾がたくさんついているとの感想です。

刈った稲を当日はざ掛けを行いました。これから次への作業に移る予定です。

はざ掛けは普通は丸木に稲の束を、扇子を開くような感じでバサッと半分に分けて二股にして竿に掛けます。写真のように上手にできました。