ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2312件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/06/15のBlog
12日(火)は当法人の定例会でした。出席者は21人です。年度を過ぎ、年次総会が予定されており、それに向けて決算・予算関係の報告提案の後、前月の活動実績について、各担当者から特徴も含め報告がありました。

とくに、「とよっぴー」農園での取り組み、地産地消など、豊富な経過がなされました。

計画では6月~7月前半の予定が説明され、スタッフの確認を行ったところです。
先月27日(水)の「とよっぴー」頒布は雨のため、僅かな来場者で思いのほか頒布(購入者27人)ができませんでした。そのため、9日(土)の頒布は二輪車での来場も期待してオープンしました。

使う時期は過ぎれいるとはいえ、「とよっぴー」の人気は衰えていません。当日は自動車・二輪車も多く、最終的に86人の方が購入に来られ、約1時間20分休む間もなく過ぎました。

「とよっぴー」の頒布7・8月は1回のみです。次は今月27日(水)が頒布日となります。
2018/06/08のBlog
2日(土)、朝から豊中市環境交流センターを会場に「地域こだわり商品&野菜市場」とリユースバザーが開かれました。

いつものように「とよっぴー野菜」の他、多くの食品が並び、併せて市民参加のリユースバザーも開設され、オープン前から来場者が並びました。
野菜の方は、トマト、ネギ、タマネギ、ニンニク、レタス、空豆、ブロッコリーなどが並び、開始30分ほどで残りわずかとなりました。
2018/06/02のBlog
昨日1日(金)、緑と食品のリサイクルプラザで6月9日(土)の頒布に向けて「とよっぴー」の袋詰め作業に精を出しました。

雨上がりの朝方、少しひんやりする8時30分から作業をスタート、休憩を挟んで約2時間かけて308袋を詰めました。

終る頃には暑さが増しており、早く作業に取り掛かったことが正解でした。これからは熱中症対策も考慮しながらの作業となります。

予定する頒布、どれだけ頒布できるか楽しみです。
去る5月26日(土)、とよっぴー農園で親子が参加した「いもっ子サツマイモ隊」の活動を行いました。
当日は、サツマイモ畑に芋の苗を植え付けるのを主体に農園での多様な活動を行いました。
苗の植え付けの後は、里芋の植え付けも行いました。その後はタマネギの収穫も行いました。
最後に、子どもたちが描いた看板を立てました。少人数の参加でしたが、充実した時間を子どもたちは過ごしました。

感想では、「都市の中で細やかですが農作物の栽培や収獲を経験し、非常に良かった」とのお話がありました。
2018/05/24のBlog
24日(木)、市立こども園の園児が「とよっぴー農園」を訪れました。目的はサツマイモの苗の植え付けです。

毎年、この園では園児が植え付けと収穫を経験しており、今年も行ったものです。

スタッフの説明を聞き、慣れない様子で畑に入って、苗の植え付けを行いました。例年、植えた後、少し手直しする苗もありますが、それでも秋口には大きなサツマイモの収穫です。

今年の出来はどうか不明ですが、サツマイモ栽培大作戦のスタッフが水やりや手入れを欠かさず、生育に向け取り組んでいきます。
24日(木)朝から、市内城山町さわ病院で地場産野菜の頒布を行いました。本日の農家は5軒です。ネギ、新タマネギ、キュウリ、レタス、ダイコン、ニンジン、ソラマメ、ブロッコリーなどに加え、豊中産米と饅頭などでした。

客足はいつもに比べ少なめですが、納入野菜は品種は多いものの、量的には少ないことから、25分程度で店じまいとなりました。

少し残った野菜は環境交流センターでの試験的販売として対応することとしたところです。
23日(水)は「とよっぴー」の頒布日でした。前日から雨の予報です。朝方は曇りで、なんとか午前中はもたないか淡い期待をもって準備を開始しましたが、それもかなわず、
スタート時は本降りの雨となりました。

夏野菜の植え付けはほぼ終わっており、たい肥の使う時期は過ぎています。たぶん雨もあり少ないのではとの予想でしたが、雨で2輪車が少ないことや雨脚もきついことから、最終的に27人の購入者にとどまりました。

当法人の活動、雨との遭遇が多くあり、今回もそのようになりました。無常の雨です。
23日(水)、市内小学校の校内田んぼでの作業があることから見学に行ってきました。
支援者のアドバイスに基づきながら、児童は真剣に植え付け作業を行っていました。
児童全員が上手に植えられました。

昨年まで当法人が「お米作り学校」として市内10数小学校で支援を行ってきましたが、
今年は事情で秋から農と食の環境教育を展開する予定で、現在は田んぼの土づくりに使用する「とよっぴー」を配布する支援となっており、「とよっぴー」を活用してお米作りを行うところを見学し、学校との連携を保つようにしています。
19日(土)、とよっぴー農園では、スタッフが集まりサツマイモ畑の作業やファミリーファームの準備、さらには「あおぞら野菜栽培塾」の取り組みがありました。
ファミリーファームは9組の家族が栽培に挑戦中です。
あおぞら野菜栽培では毎週2回、作業をしています。
花と緑のファームでは夏野菜の植え付けが終わり、今はスイカなどの畑の準備です。