ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ポリグルIDO基金 事務局
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:15件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/07/01のBlog
[ 10:37 ] [ FAQ ]
弊社の事業をご理解頂いた多くの方々から寄付の問い合わせを頂いております.
そのため,皆さまからお預かりしました寄付金をより有効に使うべく,この度基金を創設致しました.
本基金により,開発途上地域(なかでも農村地域)の様々な社会問題を,水問題への取り組みをきっかけとして継続して支援できるグローバルネットワークを作っていきます.

以下の記事にて詳細の説明をしております.
お手数ですがクリックしてご一読ください.

→→「ポリグルIDO基金~世界にきれいな水を~」 概要へ


詳しくは,「ポリグルIDO基金~世界にきれいな水を~」 概要
のPDFファイルをご覧ください.
 →→ http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/467/9959#9959

■(寄付金の50%)※振込の際に以下から選択
①ポリグルIDOプロジェクト全体費用;新規パートナーNGO開拓費,資金調達費,事業発展費等
②ポリグルIDO基金パートナーNGO応援費用(現地配布ルート整備,ポリグルIDO設置等)
※現在,各NGOと調整中につき「②パートナーNGO応援費用」への寄付指定はできません.
(現時点での寄付金は①プロジェクト全体費用とし,パートナーNGOが出来次第,現地費用としても使わせて頂きます)

■(寄付金の40%)ポリグルの浄化剤(PGα21Ca)の購入費・運搬費

■(寄付金の10%)ポリグルIDO基金の事務局(NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド)管理経費



寄付金の使途及び基金残高の情報開示について
下記項目につきましては,ポリグルIDO基金事務局ブログにて半年に一度を目途に公開します.
・寄付金総額
・基金残高
・浄化剤PGα21Ca等購入実績(購入額)
・浄化剤PGα21Ca等購入用資金残高
・各パートナーNGOごとの支払実績
・各パートナーNGOごとの支払用資金残高
・SDF事務局運営経費

Webポータルサイトへの広告掲載を通じて応援して下さい.

①「ポリグルIDO基金~世界にきれいな水を~」ポータルサイトに広告を出す
 ・・・広告の掲載方法につきましては個別相談とさせていただきます.

②関西ええこと.motのスポンサーとなる
 ・・・月額31,500円(税込)または月額5,250円(税込)
 ・・・詳細は,下記PDFファイル「関西ええこと.motスポンサーID」もご参照ください
 ・・・関西ええこと.motのID種別について


お問合せは,右上画像のE-mailまでお願いいたします

寄付金の所得税控除は,現段階では対応できていません.
(2009年度以降,10万円以上のご寄付に対して,対応を進めていく予定です)

下記のいずれかの方法であれば,法人経費処理及び個人確定申告時の経費処理が可能です.

①「ポリグルIDO基金~世界にきれいな水を~」ポータルサイトに広告を出す
 ・・・広告の掲載方法につきましては個別相談とさせていただきます.

②関西ええこと.motのスポンサーとなる
 ・・・月額31,500円(税込)または月額5,250円(税込)
 ・・・詳細は,下記PDFファイル「関西ええこと.motスポンサーID」を参照のこと
 ・・・関西ええこと.motのID種別について



どうしても寄付金でという方へ
③NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドのフェア・フレンズ・キャンペーンに協力してください
寄付金の所得税控除となります振込先・振込方法が異なりますので、E-mailにてご連絡ください
ただし,寄付金の使途がフェア・フレンズ・プロジェクトの,

001:青少年育成文化芸術団体ぷちぱんそー
009:ゆめのはこプロジェクト

となり,直接ポリグルIDO基金プロジェクトの資金とはなりません

今後,チャリティグッズの開発・販売(ゆめのはこプロジェクトの一環として)やチャリティコンサートを通じて,ポリグルIDO基金の資金調達も行いますので,間接的にポリグルIDO基金を応援できます.

サービス開始予定です.
クレジットカードから寄付金の決済が可能となります.

システムが整い次第,本ブログにて連絡いたします.

※携帯電話からのご利用はできません.ご了承ください.
この度「ポリグルIDO基金」新設をし,体制を整えております.
今後NGOとの連携を強化し,対象地域を増やそうと取り組んでいます.
また,確実に現地へ届け,かつ有効に利用されるよう慎重に準備を進めます.

“今すぐ”現地に届くわけではありませんが,持続的な取組みになるよう取り組んで参ります.
どうぞご理解頂き,あたたかくお見守り頂けますと幸いです.


弊社としましては,今後もバングラデシュでの活動は随時行っていきます.
今後のモデルケースとなるよう,取り組んで参ります.
皆さまの継続的なご支援をよろしくお願い申し上げます.