ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
子どもがつくる夢ねっと
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:35件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2006/07/30のBlog
[ 12:09 ] [ ばりふり&ぷちぱんそー ]
きて!,みて!,さわって!,つくれるこどものあーと場.

会場は障害をもつ子どもたちの作品でいーーーっぱい

みんなピカソだ!!

オープニング:8月30日 14:00~
 キッズフィーリングアーツ
 北村義博先生(現代アート),坂部友淳(ピアノ)
 プロアーティストと全盲で知的障害を持つ日本ライトハウス第一生活訓練生とのコラボ

[ 10:49 ] [ 子どもがつくる夢基金 ]
2006年3月31日に設立を宣言し,下記の通り基金の運営を開始しました.

趣旨
 子どもがつくる夢ねっとと連携し,「子ども」の問題に対し様々な分野・アプローチで現場を持って取り組んでいるNPOとパートナーを組み,CSRや地域貢献,寄付を通じた資源調達を目指しています.今後継続して,子どもがつくる夢ねっとの参加NPOを増やし,継続して資源調達を行っていきます.

 将来にとって大切な存在の子どもたち世代,そして,子どもたち世代の明るい未来をサポートするために,「子どもサポート系」のNPOが集い,一緒に情報発信できる”場”をつくっていきます.


寄付者のメリット
 ①SDFが寄付先NPOの活動内容を保証します
 ②いただいた寄付の何%が活動の現場に使われているかを開示します
 ・・・「Social Design率」(SD率)
 ③登録NPOはブログで活動報告を行ない,NPOの現場の雰囲気をお届けします

基金登録NPOのメリット
 ①キャパシティビルディング部分に優先的に使える資金のため,活動を効果的に支えることができます
 ②連携中間支援NPOの協力を得て,効果的な情報発信と効率的なNPO会計を実現できます.
 ③会計処理をSDFが担当し,寄付者への報告をブログ化することで,事務負担の軽減を実現でき,その負担減分をNPO本来のサービスに集中することができます.


子どもがつくる夢基金参加希望NPOエントリー開始!!

E-mailまたはFAXにて,エントリーシートを送付してください.
その後,SDFスタッフがみなさんの活動拠点まで会いに行きます 

ワード版
PDF版

送付先はこちら
E-mail sdf@hnpo.net FAX 0797-87-4351


登録NPO(20060701時点)
 001子どもがつくる夢ねっと(事務局SDF)(SD率100%)
 002青少年育成文化芸術団体ぷちぱんそー HPはこちら (SD率90%)
 003NPO法人キララ(SD率90%)
 005NPO法人宝塚NPOセンター,同生きがいしごとSC阪神北(SD率90%)
 006NPO法人スポーツクラブFALCO(SD率90%)

 ※SD率:寄付の何%が実際に個々の登録NPOの現場に使われるかをあらわしています.

寄付金の使途
(1) NPOの中心スタッフの人件費
(2) NPOの活動拠点維持費

に対して優先的に使わせていただきます.この部分に使うことが,最も寄付の効果があらわれるからです.
※詳しくは,SDFの設立趣旨・運営方針でもある「NPOのキャパシティビルディング」を参照してください.

寄付の方法
(1) 寄付の方法;寄付先は寄付者が指定
 ①振込み人名義に子どもがつくる夢基金登録NPOのID番号を付けて金融機関より振り込んでください.広く子どもがつくる夢基金の運営をサポートしていただける場合は,「001子どもがつくる夢ねっと」を選んでください.下記口座は「子どもがつくる夢基金」専用口座となり,寄付先指定が無い場合は,「001子どもがつくる夢ねっと」の活動に使わせていただきます.
 ・・・ 001子どもがつくる夢ねっと(事務局 SDF)
 ・・・ 002青少年育成文化芸術団体ぷちぱんそー HPはこちら
 ・・・ 003NPO法人キララ
 ・・・ 005NPO法人宝塚NPOセンター,同生きがいしごとSC阪神北
 ・・・ 006NPO法人スポーツクラブFALCO

 ②任意で寄付申請書(PDF版,エクセル版)を送付してください
 ・・・E-mail sdf@hnpo.net
 ・・・FAX 0797-85-7799

(2) 四半期ごとに登録NPOの近畿ろうきんの口座に振込
・・・(1) (2) の事務手数料として10%はSDFに

(3) 登録NPOはボランタリーライフ.jpにて情報発信
 ①日々の活動をブログで情報発信
 ②会計決算書などをWebで公開

子どもがつくる夢基金口座 
 取引銀行:近畿労働金庫 西宮支店 普通預金
 口座名義:特定非営利活動法人 ソーシャル・デザイン・ファンド
 口座番号:4963500



末永くよろしくお願い申し上げます.
2006/03/18のBlog
2006年3月30日(木)~4月2日(日)までの夢の4日間

「ゆめのはこ cannow2006~夢,こどもがつくる人・まち・こころ~」 五感を刺激する空間 ~ 音・色・光 ~ が開催されます!

絵画,書道,木工・工作,陶芸などといった子どもの芸術作品の展示や,来場者も楽しめるゲームコーナーなどがあり,子どもから大人まで楽しめる内容が盛りだくさん!

子どもがつくる夢ねっととNPO法人 Social Design Fundが連携して,「こどもがつくる夢基金」の設立セレモニーも同時開催!.子どもがつくる夢ねっとの活動が大きくなることを祈って!!
・・・31日(金) 10:00~ 1Fオープンスペースにて


【開催概要】
 場所:兵庫県立美術館・原田の森ギャラリー →地図
 主催:青少年育成文化芸術団体 ぷちぱんそー
 開催時間:10:00~18:00
 入場無料

注目は!!
フェアトレードショー with FTSN関西
 →31日(金)13:00~ 2F大展示場
 →引き続き,14:00~ フェアトレード・トークセッション,1Fオープンスペース
※時間が13:00~へ変更となっております

フェアトレードとは発展途上国で不当に安い賃金で働くことを余儀なくさせられている人達から,適正な金額で直接の”フェア(=公正)”な取引を通じて生産者を貧困から救うことです.すばらしい!
→→もっとフェアトレード
FTSN関西;フェアトレードを推進する関西の学生ネットワーク
Fair Trade(フェアトレード)とは?

ショー内容は、展示されている子どもたちの作品をバックに,音楽にあわせたダンス&ファッションショーです,ショーを通じて世界の貧困について考えてみるのもいいのではないでしょうか!

「ゆめのはこ cannow2006~夢,こどもがつくる人・まち・こころ~」は, アートを通じてこどもと大人,大学・企業・行政をつなぐという思いで今回のイベントは開催されますので,できるだけ多くの人に来ていただきたいと思います.

芸術に興味のない方も楽しめる内容となっておりますのでぜひお越しください.

[後援] 兵庫県・兵庫県教育委員会,神戸市・神戸市教育委員会,ひょうごボランタリープラザ
[協賛] (株)サクラクレパス,(株)ヤマギワ
2006/03/01のBlog
[ 23:04 ] [ 子どもがつくる夢基金 ]
3月1日の日本経済新聞夕刊に,続々誕生子ども基金という特集記事が.
行政・自治体主導の基金で,子どもに関連したNPO等を支援するそうです.

子どもがつくる夢ねっとでは,様々な分野・アプローチで「子ども」の問題に取り組んでいるNPOが連携し,CSRや地域貢献,寄付を通じた資源調達を目指しています.

17年度は,ヴィッセル神戸さんとのコラボや神戸三ノ宮センター街とのコラボイベントなど,次につながるイベントやキャンペーンを実施できました.

今回,NPO法人Social Design Fundと連携して,
子どもがつくる夢基金
を設立,同時に,子どもがつくる夢ねっとの参加NPOを増やし,継続して資源調達を行っていくこととなりました.

3月31日に基金設立セレモニー及び説明会を開催いたします.
→→ 詳細はこちら

31日(金) 10:00~
於:兵庫県立美術館・原田の森ギャラリー →地図
参加費無料


==■ 3月31日 SDF説明会 参加申込書 ■=========================
団体名:
E-mail:
URL:
住所:〒
TEL:
FAX:
参加者名:
参加人数:

SDFからのE-mailニュースを: □受け取る □必要ない
==========================================================
E-mail送付先 SDF事務局 sdf@hnpo.net


子どもをキーワードとした大イベント「ゆめのはこ cannow2006~夢,こどもがつくる人・まち・こころ~」の一プログラムとして開催します.

子どもの問題にしっかりとした現場を持って取り組んでいるNPOの活動が飛躍するように!!
そして,子どもがつくる夢ねっとの活動が大きくなることを祈って!!

2005/11/24のBlog
[ 01:53 ] [ ヴィッセル神戸とコラボ ]
来期からのJ2落ちが決定したヴィッセル神戸

オフィシャルサイトでは,20日のJ2降格決定直後に,メインスポンサー楽天の代表でもある三木谷さんの来期以降の経営継続のコメントが掲載され,1年での復帰を目指すこととなりました.

子どもがつくる夢ねっととのコラボも今後どのように”おもしろく&楽しく”なっていくか,正直やってみないと分からないのですが,J2に落ちたからこそできる思い切った地域貢献に期待したいですね!!