ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3847件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/06/20のBlog
[ 17:37 ] [ 遍路修行日記 ]
昨年、「お遍路万歩計」をゲットしました↓

http://www.yamasa-tokei.co.jp/seihin/kasokudo/gk_600.html



ほぼ毎日身につけてあっちこっち歩いてまして・・・

昨晩寝しなに見てみると、

いつのまにか【あと7歩】で

88番大窪寺に着いて結願することが発覚っ(^0^)!!!



寝室の中でぐるぐる7歩歩くと、

特別な画面&メロディーが流れ、

この万歩計を付けて406日目にして

ようやく1200キロ歩き終えました♪



1分くらいそのメロディーが流れたあと即、

2周目が始まりました(^^)。



累計406日間、この万歩計を付けていたおかげで、

だいたい自分が一日何歩歩くのかが把握出来ました。



一日平均6500歩、歩いていたことになります。

当初の目的である一日8000歩には

まだ1500歩(およそ750メートル、徒歩10分分)

足りません(涙)。



今後はそこあたりを意識して、

積極的に歩くことを心がけます。



ということで、キリがいいので、

この万歩計は大切に机の中にしまって

おきたいと思います~(ー人ー)☆


[ 17:31 ] [ ぶらり旅日記 ]
6月14日(金)11:20分。

大阪伊丹空港から飛行機に乗って、

ルンルン気分で今回の旅の目的地・屋久島の

空港へと向かって行きましたぁ(^0^)♪



が!!!

目的地悪天候のため、手前20キロのところで

ナント★1時間も時計回りにくるくる回り続け、

更に2回程、着陸を試みるべく、飛行機が降下したのですが・・・

結局「空港周辺の視界が悪いため&

天候回復が見込めないため、

伊丹空港に引き返すことになりました」って、

なんでやね~~~んっ(>0<)ムンクの叫び!!!



ということで、JALの小型機(JAC)に乗って

“遊覧飛行”をたっぷり楽しませて頂き、

その日の夕方、自宅に帰ってきましたぁ~(笑)♪



「フライトトレーダー24」

https://www.flightradar24.com/34.14,132.11/5)で

自分が乗っていた飛行機をチェックしますと、

未だかつて見たことない、Uの字を描いた飛行経路デシタ。



くるくる旋回していたところの記録は無く、

「----------」と記載されています。

片道1時間半&往復3時間、屋久島北東で旋回1時間、

合計4時間のフライトでした(^^;)。



伊丹空港到着後、無料で飛行機予約変更が

出来るということでしたので、JALカウンターへ。

私の後ろに並んでいた、屋久島在住のおばさんが

話しかけて来てくださり

「私は昔から頻繁に屋久島~伊丹間は乗ってるけど、

悪天候で何度も旋回したあげく、伊丹に引き返すなんで、

未だかつて経験したことがありませ~ん!」と

興奮ぎみにおっしゃってはりました。



こんな感じでほんと、【まさかなこと】が起こるんですね。。。

ある意味、よしこちゃん【当たり】です!?



私は自身の用事があった16日の午後に

屋久島にいれば良かったので、

明後日の便に振り替えようと思ったのですが、

せっかく屋久島に行くので【残席1】の、

15日朝一番の鹿児島経由の屋久島行きに変更しました。



「さて、明日はちゃんと、私を屋久島まで運んでくれるのでしょうか?」

そんな不安な気分で一晩、自宅で過ごしました・・・(つづく)


~14日まさかの伊丹発伊丹行き日記の続編です^^;~


6月15日(土)朝4時過ぎ起床。

自宅寝室のカーテンを開けると、

まさかのドシャブリの雨&強風!!!



「・・・今日も終わった・・・。

16日(日)の飛行機に変更しておけば良かった!大失敗!!!」

とムンクの叫びっ(>0<)!



だけど、よしこちゃんは諦めないワ(>0<)!!!

と気持ちを立て直して肚をくくり、

昨日に続いて2度目の伊丹→屋久島フライト☆

アタック開始~っ!!!



阿部野橋発→大阪伊丹空港行き空港バスの始発

(5:50分発)に乗る頃には、風雨は止み・・・

「今日こそは屋久島に行ける・・・かも?!」と淡い期待!

が、その朝もJALからメールで・・・


>屋久島空港 視界不良のため天候調査中です。

>ご不便・ご迷惑をおかけいたしますことを、

>心よりお詫び申し上げます。



と怪しげメールが来ており、

更に伊丹空港のJALチェックインカウンターでも

「本日“は”屋久島空港周辺は悪天候のため、

鹿児島空港に引き返す可能性があります」と言われ、

思わず「今日“も”!??」と叫んでしまいマシタ(嘆)☆



心に不安要素を抱えながら、【残り1席】だった

7:20分発鹿児島行きの飛行機に乗ったのですが、

20分遅れて8:50分鹿児島空港に到着。



で、連絡0分の8時50分鹿児島発屋久島行きの

乗り換えでしたので、

飛行機内と空港内の人をかきわけて猛ダッシュ~っ(>0<)!

私のような定刻遅れのお客さんが後2人いて、

既に乗っている方々からの注目度合いが

3分の1に減って安堵(^^;)。



屋久島行きの飛行機の窓から見る空は晴れており、

屋久島行きの飛行機のCAさんは

「もしかしたら引き返すかも」とは一言も言わず、

「定刻より5分程度遅れての到着予定です」とおっしゃり・・・

「お。状況好転してるやん!これで私は屋久島に行ける(^0^)!!!」と

そこで大きな安堵と歓喜に満たされました(^0^)♪



屋久島に到着する10分くらい前に、

眼下に拡がる海を見ますと、

前日荒天の中ぐるぐる1時間も回りながら見た

風景と同じ海が拡がっていました。。。



元々この飛行機を予約していた方々は、

屋久島空港に到着した後すぐ、

しれっとフツーに飛行機から下りて消えて行かれましたが、

私は昨日のことがありましたので、まさに【感無量】!!!

やっと、この足で屋久島の大地を踏みしめることが出来たワ。。。

気分はまるでなつかしのTV番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」の、

飛行機の中で出されたクイズに正解して日本に強制送還されずに、

ハワイの大地に足を踏み入れた瞬間って感じ!??(笑)で

ウルウル&ルンルン☆



着陸する瞬間、雨が降って来て、

その雨粒と太陽の光の関係でプロペラから美しい虹が出て来ました。

屋久島の神様に「お待たせしました~!よしこちゃん、ようおこし♪」と

言われたような気がしました(=人=)☆



・・・ほんと、昨日のことがあったからこそ、

格別なる感謝感動の屋久島到着で、

空港に着いた瞬間にもう大満足してしまって、

「今回のよしこちゃんの“屋久島ミッション”は

これでゴール!終わりやわ!!!」状態でした~(笑)♪



ま、実際は17日(月)まで続く、屋久島旅でした~(=人=)☆


当初の予定では14日(金)午後屋久島に着き、

翌15日は早朝より終日ハードな

「縄文杉トレッキング」をするつもりだったのですが、

すったもんだで15日(土)午前9時40分頃に

屋久島空港に着きましたので、

トレッキングは断念しました。



屋久島空港近くにある観光案内所のおじさんに

あれこれ伺いながら、旅プランの変更を行いました。



15日10:19空港前発→屋久杉自然館行きの

バスがあると知り、

まずは屋久島町屋久杉自然館に行くことにしました。

ちなみにここは、縄文杉トレッキングに行くための

「荒川登山口」行きのバス停がある場所でもあります。



屋久島=屋久杉というイメージが強いので、

まずは屋久杉を通して、

屋久島のことを学びたいと思いました。



司馬遼太郎先生の本の面白さを知ってからは、

見知らぬ土地に来たら(行く時は)まず、

その土地の文化歴史風土を学ぶことにしています。

そうすると今のその土地(地域)や人の「かたち」が

より鮮明に観え、更なる学びや、広い見聞、

そして深い感動を得られるからです。

まさに旅の醍醐味ですよね(^^)♪



さすが世界自然遺産の町だけあり、

屋久杉がふんだんに使われている美しい・・・

そして展示物が見やすい&見応えのある館内となっていて

結局1時間半、そこにおりました。

みなさまにもぜひおススメいたします(^0^)↓

http://www.yakusugi-museum.com/



ここまでバスで来たものの・・・

町へ戻るバスが15時台まで無い(>0<)!

ということで、泊まらせて頂いた

「民宿杉の里」さん界隈まで歩いて

(下り)3キロ程歩きました。



お宿の近くにたまたま定食屋さんがあり、

そこでランチを食べ、お宿へ荷物を預けに行き、

また更に2キロ歩いて(下って)、

安房(あんぼう)の町へ。



合計5キロ歩いてヘトヘト状態で、

よさげな休憩処を探してますと・・・ありました!

カフェ スマイリー(^0^)!



海からの風、山からの風・・・

“いろんな風”が心地いいカフェで、

思わずぼーっとしつつ長居し、

お店にあった本を無心になって読んでました。

嗚呼・・・これぞ、ゆるりと過ごす島時間やなぁ~と実感(^0^)!

しあわせにっこり~♪



カフェ スマイリー

https://www.cafe-smiley.com/



[ 17:14 ] [ ぶらり旅日記 ]
レンタカーなどを使って

さらっと観に行って来た

屋久島スポットをご紹介させて頂きます。



屋久島は本当に美しいです。。。



まず初めに、日本で2つしかないという、

直接海に流れ落ちる滝です(^^)♪



http://www.yakushima-marche.com/cust-spot/5543/


[ 17:09 ] [ ぶらり旅日記 ]
「トローキの滝」の上流部にある、千尋の滝です。

大きな山のような岩が、すごかったです。。。
[ 16:58 ] [ ぶらり旅日記 ]
“日本の滝百選”にも選ばれているだけあり、

ダイナミックですごかったです(^^)♪
「志戸子ガジュマル園」にも行きました。



南国のジャングルのような感じで、

とてもよかったです^^♪






[ 16:49 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
車で側まで行けて、

しかも直接手で触れることの

出来るとっても大きな屋久杉です。




(有名な縄文杉などは、多くの人が触りに来るため、

手前数十メートルのところに柵がされています)



ちなみに【屋久杉】とは、

屋久島の標高500mを超える山地に

自生していて且つ樹齢1000年以上の

巨木のことを言います。

なお、それ以下の若い屋久杉を「小杉」と呼ばれます。



数千年も同じ場所で生きている杉。。。

やっぱり【何か】が凄かったです。。。


https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10721/

[ 16:45 ] [ ぶらり旅日記 ]
うわさ通りステキな島でした(*^^*)!



屋久島は周囲130km(東西約28km、南北24km)

淡路島より少し小さい島で、

島の殆どは硬い花崗岩の隆起により出来ているので、

九州で一番高い宮之浦岳(1936m)を始め、

島の中心部には岩山のような

雄々しき山々が聳え立っています。



したがって島には人が住める平地が少なく、

本州に見られる田園風景が殆どありませんので、

昔からお米が殆どとれず、

漁業や林業(今は観光業)が主な産業となっています。

また、鹿児島から南へ60kmのところにありますので

気候的には、南国(亜熱帯)的要素と

本州(温帯気候)的要素の両方があります。



標高の高い山と黒潮(気温の高い海流)がある関係で、

年間を通して雨が多く、

古来より豊富な水資源が島にありますので、

遣唐使をはじめ国内外の多くの船乗りたちが、

水を求め頻繁にやって来たとのことです。



近代になる頃には、

近くの島(本州、沖縄方面、口永良部島、ルソン島など)

からの移住者が多くなり、

誰も住んでいない平地に集落を作り始めます。

ですので今でも集落ごとに言葉や文化、

生活習慣が違うそうです。



また屋久杉を伐採しお金を得るため・

島や国の経済活性化のための国家主導のプロジェクトにより、

全国各地から労働者とその家族が屋久島にやって来て、

集落を作ったりもしました

(その集落は今はなく跡地になっています)。



以上のような歴史的経緯があって、

屋久島はちょっとした“多民族国家”的な感じになっており、

外の人々を受け入れるのに慣れておられ、

旅行者に対してもフレンドリーです。



島の自然的魅力と、島の方々の寛容さにより、

今は個人の移住者が多く、子どもの数は減り、

また高齢の方が亡くなられても

島の人口は減っていないそうです。



島をぐるっと一周する周回道路が出来たのは、

屋久島の杉を国家主導で伐採した時代です。

そして伐採ではなく保護に方向転換し、

世界自然遺産になった前後に、

観光客受け入れのために道路の幅が広がり

更なる整備が成され、現在進行中です。



なお、昔から屋久島の人たちは

山や大木に対して畏敬の念を頂き、

信仰の対象だったので、

自然のままにするところと

整備するところを明確に分けておられます。



ただ、平地が皆無で自然環境の厳しい

島西部は未だ人が住んでいなく、

その界隈は細い道しかないです。

が、人の手が入っていないからこそ、

西部林道界隈は世界遺産の区域になっています。



なお、有名な縄文杉や紀元杉などは、

その形が異型だった為、建材として使えないということで、

江戸時代また明治以降の伐採から免れたのです。

昔から残る多くの杉は伐採されて

殆どなくなってしまったそうです。



徹底的に伐採された後、

はげ山になったところに桜などの花木を植えて、

見晴らしのいい絶景ポイントにもなっていたりもします。



【屋久杉が他地域の杉と違って凄い・長生きする理由】↓

http://www.yakusugi-museum.com/data-yakushima-yakusugi/203-about-yakusugi.html



そんなかんだで、とっても狭い島なんですが、

屋久島特有の自然的な要因と

人的な歴史的要因が混ざりあって、

この屋久島は多種多様な風景が広がり、

多種多様な歴史的文化、

そして人が存在していますので、

小さな島にも拘わらず、

いろんな楽しみ方が出来る島になっています。



樹齢数千年の屋久杉探訪はじめ、海にもぐってもいいし、

川や滝と戯れてもいいし、

ゆっくり読書したり、ドライブしながら

島の風にふかれてみてもいいし、

いろんな食べ物を食べ、

いろんな人とお話ししてもいいかも知れません。



人それぞれの楽しみ方【いやし・エネルギーチャージの時間】が、

この島にぎゅっと詰まっていると思いました。

雨の日が多いですが、都会の雨と違い、清々しいです。



最後に、屋久島への飛行機の件ですが、

私も想定外のことに巻き込まれましたが、

屋久島は荒天の日が比較的多いので、

この手のトラブルは多いそうです(特に梅雨、台風時と冬場)。



しかも地方の小さい空港ですので、

伊丹や羽田のように「計器着陸装置」がなく、

パイロットが目視で滑走路を確認しなければ

着陸出来ませんので、欠航になる可能性が更に高くなります。



従いまして、欠航になっても落ち着いて

他の便に予約変更出来るように、

余裕を持って旅の日程を計画し、

また変更が無料で出来るJAL(JAC)を使って

出発地から屋久島まで行くことをオススメします。



鹿児島港からは飛行機に比べ安価な

高速船やフェリーも出ていますが、

こちらも飛行機同様、欠航

(もしくは島の側まで行って戻ってくるパターン^^;)

になる時がまぁまぁあるそうです。



なお屋久島行きの飛行機は、鹿児島からは1日5便、

伊丹と福岡からは1日1便出ています。

私たち大阪人は直行便があるので

片道1時間半で気軽に行けますので、

またご縁あったら気軽に行きたいと思います。


「ウルトラ先得」で航空券をゲットすると

定価の半額以下(大阪からだと片道16,000円ちょっと)で行けました。

ただし屋久島行きはJALしかありません。



お世話になったみなさま、ありがとうございました(=人=)☆



屋久島観光協会公式ホームページ

http://yakukan.jp/


倫理法人会の仲間

(徳島県麻植倫理法人会の藤村さん)より

お願いが参りました。



お遍路さんであれば “ヘンロ小屋プロジェクト”

http://www.henrogoya.com/ は

ご存知だと思われます。



そのヘンロ小屋プロジェクトで、

7番十楽寺と8番熊谷寺の間に

お遍路さん休憩所を建設されるそうです。

その建築のための浄財を今、集めておられるとのことです。



私も歩き遍路をしていた時、

ヘンロ小屋プロジェクト・作の休憩所に

随分お世話になりました。

少しですが寄付させていただきます。



で、是非ともみなさまにご寄付(一口5,000円、一口以上)を

お願いさせて頂きたいと思います。

ご寄付して頂ける方は、私の方で取りまとめますので、

私までメッセージの方、お願いいたします。



以上どうぞよろしくお願いいたします(=人=)☆



【更に詳しい資料↓(PDFファイル)】
2019/06/09のBlog
[ 22:17 ] [ 遍路修行日記 ]
6月8日(土)。

お四国参りの講「大阪楽心会」のお世話役として、

愛媛県伊予西条市・61番香園寺の

第二駐車場にあります、

四国八十八ヶ所霊場会の「第62番 礼拝所」に行き、

灯明台を修繕奉納させて頂きました。

天候はおかげさまで曇りのち晴れ。

万事滞りなく進みました(=人=)☆



大阪楽心会の歴史は半世紀以上とのこと。

現・4代目会長の田渕さんのお父様、

故・田渕義雄特任大先達が作られた講で、

今から40年程前に、

88全てのお寺の本堂と大師堂に灯明台を寄進されました。

(当時のお寺はかなりの資金難で、

灯明台すらあまり設置されていなかったそうです)



今も20基程その灯明台が使われており、

それを当会の“特別事業”として、

毎年数基ずつ修繕奉納(綺麗に修理して再奉納)

させて頂いておりましたが、

今回の「第62番 礼拝所」で最後となりました。




四国88の「62番問題」は

マスコミでも取り上げられ、

一般の方もご存知かと思われますが、

一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会

http://www.88shikokuhenro.jp/

並びに私たち公認先達は、

「第62番 礼拝所」を正式なお参り場所

として定めております。



急ごしらえのプレハブ的な礼拝所は、今日伺いますと、

ちょっと立派になっており、加えて

その横に本堂が建設されていました。

7月5日に【本堂落慶法要】をされるとのことです。

その前に是非ということで私たちは昨日、

灯明台を寄進しに行くことにいたしました。



四国八十八ヶ所霊場会の

大林教善会長(74番甲山寺ご住職)と

61番香園寺ご住職、

霊場会の事務局の方もこの修繕奉納にお越し頂き、

大林会長に法要をして頂きました(=人=)☆



みなさまとっても気さくなお方で、

いち公認先達・お遍路さんとしての

素朴な疑問などをざっくばらんにお答え頂き、

とっても感激いたしました!



こんな感じで、令和に入っても相変わらず

“お大師さん”とのご縁が続く、

よしこちゃんでした(^0^)萌っ☆


2019/06/07のBlog
[ 21:38 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
雨天前日の6月6日(木)。

マイ畑に夏野菜を植えた後、

畝間の土を畝の上に盛ってると、

土の中からコインのようなものが出て来ました。

水で洗うと、龍の模様と

「明治十八年」の文字が見えました~(>0<)☆



ネットで調べますと、

明治政府発行のお金【半銭銅貨】やと判明!



この半銭も含めての「明治日本龍図貨幣」の原型は、

幕末~明治期に活躍した金工師である

加納夏雄・作なんだそうで、

その匠の技~気魄~が

この令和の時代においても

鮮烈に観じました(=人=)☆



どうやら、この龍は天皇家並びに

日本国家の象徴とのこと。



あと、貨幣って流通する・流れて行くものなので、

龍(りゅう)という【流(りゅう)の象徴・権現】を

あしらうのがいいということもあったと、

勝手に想像しています。



昨年秋に同じく畑の土の中から見つかった、

嵐山・法輪寺さんの

虚空蔵菩薩のお守りと同じ勢いで、

また凄いものを掘り当ててしまいマシタ~♪



<その時の日記↓>

http://voluntary.jp/weblog/myblog/43837/4003261#4003261



虚空蔵とは無限大(大宇宙の智慧)のエネルギー。

龍神は万物に流を興し、

結実成就(もしくは分離分裂)させる

風のエネルギー・・・

有難く頂戴いたしました(=人=)☆



で、何故「半銭(はんせん)」なのか?

「反戦」・・・戦わない、ということでしょうか。

戦わずして勝つ、戦わずして調和する。。。

そのように託された命、ということでしょうか。。。?



この半銭銅貨を見つけた直後に、

同じ畑の敷地を耕しているおじさんが現れ、

この銅貨をお見せしますと、氏曰く

「よしこちゃん前、

Kさん(また別の畑を一緒にしているおじさん)が殺め、

何日も野ざらしで放置されてたマムシをちゃんと

荼毘に伏せさせた、そのヘビの恩返しとちゃうか~」

って笑ってはりました(^^)。



いくら恐ろしいマムシちゃんであっても、

私たちと同じ生命を持っている存在ですから、

そこらへんにほったらかしにされてて

可愛そうでしたので、

土に埋めて合掌礼拝、荼毘に伏せさせて頂いたんです。




にしましても、130年以上も前に作られたものが、

名前も知らない誰かによって、

その地に落とされ、

そしてこの令和の時代にまた土から出て来た・・・って、

なんとも感慨深いものがあります。



そんなかんだでおかげさまで日々、

いろんなところでいろんなご縁がをいただき、

エキサイトで感動的、そして楽しく

“龍に背に乗って”動かされております(=人=)☆



ってことで、明日はまたまた日帰りで、

四国へ参ります~(>0<)ぴゅ~~~っ☆



2019/06/05のBlog
[ 22:19 ] [ 人生、修行です。 ]
6月4日(火)午後。

日々愛飲している大峯の霊水「ごろごろ水」。

手元になくなったので、

マイカー飛ばして洞川温泉に行きました。

http://www.dorogawaonsen.jp/sightseeing/174/



標高800メートルの行者の町・洞川温泉の

昼間の気温は20℃くらいでとっても過ごしやすく、

そして神々しい霊験あらたかな

“光”で満ちていました。



娑婆世界(大阪)におりますと、

人間の出すいろんな想念が充満・・・

またいたる所に過去のそれが蓄積されており、

それを吸う(自身の霊的肉体に入れる)のがいやで、

無意識に呼吸が浅くなったり、

周りの人(の心の中)を観なかったりしてしまうのですが

(観るとその人間のあらゆる気が自身に入ってくるので)、

ここにいるとそんなわずわらしさもなく、

自然と深呼吸し、ますます冴えて来ます☆



自分を護るための各種バリアを外し、

大峯の神々に自身の全てをさらけ出して、

幽顕に出入する・一体化するその境地が

とても心地よいです。



私にとって大峯はニュートラルになれる場所であり

【原点 ~還るべき場所~】であります。



おかげさまで、また更にいろいろなもの

(自分の進むべき未来)が観得て参りました。



滞在時間は1時間程でしたが、

ほんと、この地球に大峯があって良かった。。。

とかみしめています(=人=)♪



【写真】洞川温泉郷の龍泉寺♪


2019/06/03のBlog
6月1日(土)。

松原市倫理法人会も経営者モーニングセミナーにて、

2年前に行ったスペイン巡礼

(サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路)の

体験報告をさせて頂きました。



講話後の朝食会で小林相談役から、

「どうして?何のためにお遍路・巡礼をされるのですか?」

と質問と頂き、

同じオヘンダー(お遍路をし続けている人)である

大阪府の吉瀬会長が、

「自分(のあるべき姿・すべきこと・未来)を

見つける為に行ってます」と

私と同じ想いをおっしゃりました。



今回の講話を機に、

改めて自身の12年間に渡る四国遍路行(巡礼遍路実践)を

振り返ってみますと・・・



自分の歩んで来た巡礼遍路の道も含め、

人生そのものの中に、

自分のあるべき姿やこれからすべきこと、未来がある。

つまり「過去歩んで来た道そのものが【真実】である」

・・・ということに気づかせていただきました。



真実はどこか遠い先の未来に、存在するものではなく、

振り返ればそこに、答えがあるということです。

もう既に、その答えは自分で持っているということです。

ただそのことに、多くの人が気づいていないだけです。



これは私にとって非常に大きな発見であり、

感動的な出来事でもありました。



今回の講話のご縁を頂きました、堀江専任幹事を始め、

松原倫理のみなさまに改めて御礼申し上げます。

(美しいお花まで頂き、感謝感激でございます)



これからも、自身の使命役割と、

それを果たす為に必要な一つ一つのご縁を大切にしながら、

自身の中(自らが持つ小宇宙の中)に存在する

【真実の答え】を見つけ出し、

それを素直に具現化しながら、

人生ますますステキに謳歌して参りたいと思います。

ありがとうございました(=人=)☆


2019/05/29のBlog
[ 13:21 ] [ 遍路修行日記 ]
6月3日まで、阪神高速3号神戸線の

京橋~湊川など、全日通行止めなんだそうです↓

https://www.hanshin-exp.co.jp/renewal/kobe2019/



この情報を知らず、昨日早朝、四国・徳島に行くべく、

マイカーを走らせてマシタ~(^^;)★

朝6時半に神戸の京橋出口を下りてから

「さぁ、ドナイシタモンカ!」とムンクの叫び状態!!!



最初は迂回ルートとして、

その看板や前の人(車)について行ってたんですが、

雨で視界も悪くだんだん意味不明

且つおかしなことになって来て・・・

焦るし憂えるし、

「なんでこんな重要&交通量の多い区間が

全日通行止めやねん~!」と怒り嘆く始末っ(=0=;)☆



日帰り徳島はあくまでお仕事なのですが、

お仕事は午後~夕方でしたので、

それには一切影響はなかったです。

せっかく徳島に行くので、

午前中はマイカー遍路をしようと思い、

朝5時半に自宅を出た次第です。



私って、車関連の想定外トラブルって

いつもこの【お遍路の時】なんですよね~(笑)。



想定外の渋滞とか、エンジンがかからないとか、

大きな溝に車ごとハマってJAFさん呼ぶ・・・とかとか。

まさに“お大師さん”から

与えられた【修行】です(ー人ー)☆



今回学んだことは、

「臨機応変に対応する能力の必要性」と

「平常心を保つ」ということです。



車を進めるのは止め、安全な場所に停車させて、

カーナビ&グーグルマップと

にらめっこしつつ冷静になって、

明石海峡大橋を渡るための

垂水ICまでの下道での行き方を探り、

ベストと思われる行き方を見つけ、

後は焦らずゆっくり車を進めて行きました。



それでも雨での視界不良や

行ったこと無い場所での運転に

何回か道を間違えましたが、

結局通常の時間よりも35分くらい遅く

明石海峡大橋を渡り、徳島に着きました。



あと。。。

来月のG20開催による阪神高速の

大幅な通行止めの情報は既に持っていますが、

今回の通行止めの情報は持っていませんでした(涙)。



もしもこの通行止めの情報を予め持っていたら、

八尾ICから近畿道&山陽道で迂回して

ズムーズに行けたのですが・・・。

(帰りはそうしました)



「当たり前にスムーズに行ける」と

先入観でやり過ごすのではなく

常に【当たり前】ということを疑って、

直前にちゃんとネット等で調べてから

遂行することの大切さを学びました。



今回はお遍路をする前に、

大変貴重な気づきを得る修行をさせて頂き・・・

で、実際の1番霊山寺~5番地蔵寺までのマイカー遍路は、

いたってスムーズに流れ、

無事お仕事(お役)もこなして、大阪に戻って来ました。



まさに、人生即遍路。

全てに意味や必要な気づきがありますよね。

南無大師遍照金剛(=人=)☆


2019/05/27のBlog
[ 21:41 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
休戦状態の怒涛の韓国旅から戻り、

またいつもと同じ日々。


ということで、雨天&梅雨入りを前に、

タマネギちゃんを抜いて夏野菜を植えました。




あまりかまってあげられないので、

メンテナンスがカンタン且つ

みなさんに喜ばれる野菜を植えています(^^)♪



八尾の里山風景の中で大阪平野を眺めてると、

「いつもと同じ日々」がいかに有難いことか。。。

韓国から帰ってきて、とてもよく理解できます。



おかげさまで今日も

無事終えれて、よかったです。



この大阪も日本も、そして世界も

平和でありますように(=人=)☆



明日は終日(日帰りで)四国・徳島出張

(四国3Sネットワーク例会開催)

ついでに?チョット?

「お遍路さん」してきます~(^0^)♪


2019/05/26のBlog
[ 00:14 ] [ ぶらり旅日記 ]
今回の韓国旅日記は、⑮まであります。

もうしばらく、お付き合いくださいマセ(=人=)☆





ソウルには、日本による統治時代にからめた

反日促進施設はいくつかありますが、

ビジネスで韓国に来る私の父が最もオススメする

「西大門刑務所歴史館」のみ行きました。

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=488



さすが我が父オススメだけあり、

ここさえ行けば、いかに韓国政府が率先して、

韓国人に反日教育をしているか?

はたまたいかに朝鮮民族が英雄の宝庫で優れているか!?

をアピールしまくっているかがよーく分かります。

憤りを通り越して【笑い】がこみあげて来ました。



ここは日韓併合時代、日本政府が作った刑務所なんだそうで、

ここで多くの民主化運動をした韓国人が

監獄に入れられ処刑とかされた場所とのことです。

それを恐ろしいリアルな蝋人形とかを使って

再現したりしています。

確かにある意味の見応えバツグンで、ここさえ行けば、

この他のコレ(反日促進)系の施設には行く

必要は無いと感じました。



何度も言いますが、真実に虚実をたくさんつけて、

全てが真実のように見せかけて、

国内外の人たちを騙すのは即刻止めるべきです。

真実のみをありのままに伝え、

真実のみを未来に継承し続けて頂きたい。

そして史実を、政治(統治)の道具として

利用するのは即お止め頂きたい。

戦争で傷ついた・亡くなった全て御霊は

それを望んではいない。

二度と同じようなことを起こさないための、

恒久平和のための施設にして頂きたい。



真、~まこと~は一つ。

人間は騙せても、“天”は騙せない。

【天の制裁~罪の精算~】は、

もうすぐそこまで来ている(ー人ー)南無☆



私たち日本人は、自らの先祖が作った罪を

心の底から反省懺悔し、日本国内だけではなく、

世界の恒久平和を望み実践をする平和民族を

目指さなければなりません。



私たち日本人も、戦争加害者であり、

そして被害者です

(※先日記載しました「コミンテルン」が真の加害者です)。

戦争で傷ついた・亡くなった方々の御霊のために、

そしてこれからこの日本・地球にやってくる

御霊の幸せのために、何が何でも

平和国家・地球を構築しなければなりません。



韓国では学校教育の一貫として、

学校やクラス単位でワンサカここにやって来て、

館内ではスタッフが子どもたちに展示品の案内をしています。

重要な部分は日本語の記載もあり

(日本語パンフレットもあり)ました。



【参考】

https://4travel.jp/travelogue/10202203

↑展示内容は変わり、今は新しくなっていますが、

だいたいこんな感じです。


[ 00:07 ] [ ぶらり旅日記 ]
続きまして、写真をお送りさせて頂きます。

確かに、日本統治時代、所謂“民主化運動”

(植民地的な統治からの解放運動)は

あったかと容易に推測されます。



が、この歴史館で「民主化運動をしていた英雄」

としてピックアップされている方々や

その英雄の下で活動をした民衆のおかげで

そうなったのではなく、

「日本がアメリカに負けたから」~厳密に言いますと、

コミンテルンに操られたアメリカに武力で負け、

コミンテルンの親玉である旧ソ連が南下して

日本軍が朝鮮半島からも逃げたのです。

従いまして「朝鮮半島で民主化運動をしていた英雄」

のおかげで旧日本軍が朝鮮半島から

去ったのではありません。



これが史実であり真実です。

それ以下でも以上でもありません。

真実は一つであり、それに誰も

反論の余地は無いでしょう。



しかしながら、あたかもこのデカデカと

顔写真が掲げられている方々のおかげでそうなった~!

という歴史的流れに見せかけております。

そこがめちゃくちゃ白々しく、

憤りを通り越して「フフッ」と笑ってしまいました。



虚実を真実に見せたがるその真理は、

自分に・自分たちに【自信がない】

【信念がない】ということの裏返しだということが、

この歴史館に来て明確に理解出来ました。



「こうありたい」「こうしたい」という到達点に、

自分たちの現実が、全然行っていないから、

自信がないのです。



しかも、自分たちの願望や各種欲、

そして感情が勝って、真実を探求する気がないのです。

そして虚実を真実として練り固め、

そこに酔いしれているのです。

自らの非や各種能力のなさを認めたくないのです。

韓国人にノーベル賞受賞者が

たった一人しかいないのも、これで納得です(笑)。



本来であれば、あるべき到達点に行っていない場合は、

一日でも早く到達出来るように

切磋琢磨努力すべきでしょう。

だけど、自分たちの言動にも非があったということを認めず、

他者のせいばかりし、他者を陥れることにしか

意識や言動が行ってないから、

いまだ韓国は日本のGDPの3分の1程度しかないのです。



その点、日本人は大東亜戦争の時に、

多くの軍人男子が死に、加えて2つの原爆、

沖縄地上戦、大都市の大規模空襲等で市民が多く死に、

多くの国土が焼かれてしまいました。


が、韓国人と違うところは、戦争に負けて、

たくさんの犠牲を払った上で、

心の底から反省懺悔し、自分の非を人のせいにせずに、

一からがんばって来たからなんです。

だから先進国にもなれたし、

未だGDPは世界3位を維持出来ている訳です。

そう思うと、我々の先祖がとても美しく、

すばらしい存在に観え、ただただ感謝しかありません。



「反省懺悔ない者&真実を観ない者に

進化成長~未来~は無い」です。



この人間世界に、

100%正しい・100%悪いは存在しません。

戦争加害者も被害者も、泥棒も盗まれた人も、

必ず何割かは悪いし、それなりの正義・事情もある訳です。



最後に・・・

なんやかんや言っても、韓国の子どもたちも

みんな純粋無垢で可愛らしいです。

同じアジア人・地球人として、

幸せな人生を送って欲しいと切に願いながら、

たくさんの韓国の子どもたちがいる

歴史館を後にしました(=人=)☆


[ 00:02 ] [ 奉仕/ボランティア活動 ]
これは偶然なのですが、

私がソウルにいた5月18日は

「光州事件」が1980年5月18日に

起こったその39年目の節目の日で、

ソウルの光化門広場を中心に

大小各種の市民デモがたくさん催されていました。

その中でまぁまぁ大きなデモを動画撮影しました。



「光州事件」とは↓

https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/19/kwangju-35th-aniv_n_7311100.html?fbclid=IwAR1B3PD4LwF5Wwvla_9ziDZ-D98zoGBqSwtoJJub-dsVYGN9AW_n5_fSo6k



どうやら、この写真のデモでは

「アメリカと仲良くしよう」

「前政権である、朴政権の方が良かった」

的な内容のようです(?)

これ、市民デモというか、

どこかの政党が主催してやってるっぽかったのですが。。。?



この他にも大きなデモとして

盧武鉉大統領が亡くなって今年で10年だそうで、

その追悼デモ?的&盧武鉉時代が

良かった的なものもデカデカとされていました。

これは夜9時のKBSニュースでも流れていました。

なんだか、このデモもどこかの政党がやってそうですね(笑)。



私がお伝えしたいことは、

1987年に韓国が民主化された後、

このようなデモが毎週土日を中心に頻繁にされており・・・

その中で、慰安婦や徴用工像などの

反日関連のデモや集会は、殆ど無いということです。



これは、実際土日にソウル市内を

歩いてみて回れば一目瞭然です。

日本にいると、どうしても反日デモの情報しか

流れて来ないので、反日デモばかり

韓国では行われていると勘違いしがちです。



みなさんも切り取られた真実だけで、

物事の全体・すべてを判断するのは

止めましょう~(=人=)☆