ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3837件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/05/29のBlog
[ 13:21 ] [ 遍路修行日記 ]
6月3日まで、阪神高速3号神戸線の

京橋~湊川など、全日通行止めなんだそうです↓

https://www.hanshin-exp.co.jp/renewal/kobe2019/



この情報を知らず、昨日早朝、四国・徳島に行くべく、

マイカーを走らせてマシタ~(^^;)★

朝6時半に神戸の京橋出口を下りてから

「さぁ、ドナイシタモンカ!」とムンクの叫び状態!!!



最初は迂回ルートとして、

その看板や前の人(車)について行ってたんですが、

雨で視界も悪くだんだん意味不明

且つおかしなことになって来て・・・

焦るし憂えるし、

「なんでこんな重要&交通量の多い区間が

全日通行止めやねん~!」と怒り嘆く始末っ(=0=;)☆



日帰り徳島はあくまでお仕事なのですが、

お仕事は午後~夕方でしたので、

それには一切影響はなかったです。

せっかく徳島に行くので、

午前中はマイカー遍路をしようと思い、

朝5時半に自宅を出た次第です。



私って、車関連の想定外トラブルって

いつもこの【お遍路の時】なんですよね~(笑)。



想定外の渋滞とか、エンジンがかからないとか、

大きな溝に車ごとハマってJAFさん呼ぶ・・・とかとか。

まさに“お大師さん”から

与えられた【修行】です(ー人ー)☆



今回学んだことは、

「臨機応変に対応する能力の必要性」と

「平常心を保つ」ということです。



車を進めるのは止め、安全な場所に停車させて、

カーナビ&グーグルマップと

にらめっこしつつ冷静になって、

明石海峡大橋を渡るための

垂水ICまでの下道での行き方を探り、

ベストと思われる行き方を見つけ、

後は焦らずゆっくり車を進めて行きました。



それでも雨での視界不良や

行ったこと無い場所での運転に

何回か道を間違えましたが、

結局通常の時間よりも35分くらい遅く

明石海峡大橋を渡り、徳島に着きました。



あと。。。

来月のG20開催による阪神高速の

大幅な通行止めの情報は既に持っていますが、

今回の通行止めの情報は持っていませんでした(涙)。



もしもこの通行止めの情報を予め持っていたら、

八尾ICから近畿道&山陽道で迂回して

ズムーズに行けたのですが・・・。

(帰りはそうしました)



「当たり前にスムーズに行ける」と

先入観でやり過ごすのではなく

常に【当たり前】ということを疑って、

直前にちゃんとネット等で調べてから

遂行することの大切さを学びました。



今回はお遍路をする前に、

大変貴重な気づきを得る修行をさせて頂き・・・

で、実際の1番霊山寺~5番地蔵寺までのマイカー遍路は、

いたってスムーズに流れ、

無事お仕事(お役)もこなして、大阪に戻って来ました。



まさに、人生即遍路。

全てに意味や必要な気づきがありますよね。

南無大師遍照金剛(=人=)☆


2019/05/27のBlog
[ 21:41 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
休戦状態の怒涛の韓国旅から戻り、

またいつもと同じ日々。


ということで、雨天&梅雨入りを前に、

タマネギちゃんを抜いて夏野菜を植えました。




あまりかまってあげられないので、

メンテナンスがカンタン且つ

みなさんに喜ばれる野菜を植えています(^^)♪



八尾の里山風景の中で大阪平野を眺めてると、

「いつもと同じ日々」がいかに有難いことか。。。

韓国から帰ってきて、とてもよく理解できます。



おかげさまで今日も

無事終えれて、よかったです。



この大阪も日本も、そして世界も

平和でありますように(=人=)☆



明日は終日(日帰りで)四国・徳島出張

(四国3Sネットワーク例会開催)

ついでに?チョット?

「お遍路さん」してきます~(^0^)♪


2019/05/26のBlog
[ 00:14 ] [ ぶらり旅日記 ]
今回の韓国旅日記は、⑮まであります。

もうしばらく、お付き合いくださいマセ(=人=)☆





ソウルには、日本による統治時代にからめた

反日促進施設はいくつかありますが、

ビジネスで韓国に来る私の父が最もオススメする

「西大門刑務所歴史館」のみ行きました。

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=488



さすが我が父オススメだけあり、

ここさえ行けば、いかに韓国政府が率先して、

韓国人に反日教育をしているか?

はたまたいかに朝鮮民族が英雄の宝庫で優れているか!?

をアピールしまくっているかがよーく分かります。

憤りを通り越して【笑い】がこみあげて来ました。



ここは日韓併合時代、日本政府が作った刑務所なんだそうで、

ここで多くの民主化運動をした韓国人が

監獄に入れられ処刑とかされた場所とのことです。

それを恐ろしいリアルな蝋人形とかを使って

再現したりしています。

確かにある意味の見応えバツグンで、ここさえ行けば、

この他のコレ(反日促進)系の施設には行く

必要は無いと感じました。



何度も言いますが、真実に虚実をたくさんつけて、

全てが真実のように見せかけて、

国内外の人たちを騙すのは即刻止めるべきです。

真実のみをありのままに伝え、

真実のみを未来に継承し続けて頂きたい。

そして史実を、政治(統治)の道具として

利用するのは即お止め頂きたい。

戦争で傷ついた・亡くなった全て御霊は

それを望んではいない。

二度と同じようなことを起こさないための、

恒久平和のための施設にして頂きたい。



真、~まこと~は一つ。

人間は騙せても、“天”は騙せない。

【天の制裁~罪の精算~】は、

もうすぐそこまで来ている(ー人ー)南無☆



私たち日本人は、自らの先祖が作った罪を

心の底から反省懺悔し、日本国内だけではなく、

世界の恒久平和を望み実践をする平和民族を

目指さなければなりません。



私たち日本人も、戦争加害者であり、

そして被害者です

(※先日記載しました「コミンテルン」が真の加害者です)。

戦争で傷ついた・亡くなった方々の御霊のために、

そしてこれからこの日本・地球にやってくる

御霊の幸せのために、何が何でも

平和国家・地球を構築しなければなりません。



韓国では学校教育の一貫として、

学校やクラス単位でワンサカここにやって来て、

館内ではスタッフが子どもたちに展示品の案内をしています。

重要な部分は日本語の記載もあり

(日本語パンフレットもあり)ました。



【参考】

https://4travel.jp/travelogue/10202203

↑展示内容は変わり、今は新しくなっていますが、

だいたいこんな感じです。


[ 00:07 ] [ ぶらり旅日記 ]
続きまして、写真をお送りさせて頂きます。

確かに、日本統治時代、所謂“民主化運動”

(植民地的な統治からの解放運動)は

あったかと容易に推測されます。



が、この歴史館で「民主化運動をしていた英雄」

としてピックアップされている方々や

その英雄の下で活動をした民衆のおかげで

そうなったのではなく、

「日本がアメリカに負けたから」~厳密に言いますと、

コミンテルンに操られたアメリカに武力で負け、

コミンテルンの親玉である旧ソ連が南下して

日本軍が朝鮮半島からも逃げたのです。

従いまして「朝鮮半島で民主化運動をしていた英雄」

のおかげで旧日本軍が朝鮮半島から

去ったのではありません。



これが史実であり真実です。

それ以下でも以上でもありません。

真実は一つであり、それに誰も

反論の余地は無いでしょう。



しかしながら、あたかもこのデカデカと

顔写真が掲げられている方々のおかげでそうなった~!

という歴史的流れに見せかけております。

そこがめちゃくちゃ白々しく、

憤りを通り越して「フフッ」と笑ってしまいました。



虚実を真実に見せたがるその真理は、

自分に・自分たちに【自信がない】

【信念がない】ということの裏返しだということが、

この歴史館に来て明確に理解出来ました。



「こうありたい」「こうしたい」という到達点に、

自分たちの現実が、全然行っていないから、

自信がないのです。



しかも、自分たちの願望や各種欲、

そして感情が勝って、真実を探求する気がないのです。

そして虚実を真実として練り固め、

そこに酔いしれているのです。

自らの非や各種能力のなさを認めたくないのです。

韓国人にノーベル賞受賞者が

たった一人しかいないのも、これで納得です(笑)。



本来であれば、あるべき到達点に行っていない場合は、

一日でも早く到達出来るように

切磋琢磨努力すべきでしょう。

だけど、自分たちの言動にも非があったということを認めず、

他者のせいばかりし、他者を陥れることにしか

意識や言動が行ってないから、

いまだ韓国は日本のGDPの3分の1程度しかないのです。



その点、日本人は大東亜戦争の時に、

多くの軍人男子が死に、加えて2つの原爆、

沖縄地上戦、大都市の大規模空襲等で市民が多く死に、

多くの国土が焼かれてしまいました。


が、韓国人と違うところは、戦争に負けて、

たくさんの犠牲を払った上で、

心の底から反省懺悔し、自分の非を人のせいにせずに、

一からがんばって来たからなんです。

だから先進国にもなれたし、

未だGDPは世界3位を維持出来ている訳です。

そう思うと、我々の先祖がとても美しく、

すばらしい存在に観え、ただただ感謝しかありません。



「反省懺悔ない者&真実を観ない者に

進化成長~未来~は無い」です。



この人間世界に、

100%正しい・100%悪いは存在しません。

戦争加害者も被害者も、泥棒も盗まれた人も、

必ず何割かは悪いし、それなりの正義・事情もある訳です。



最後に・・・

なんやかんや言っても、韓国の子どもたちも

みんな純粋無垢で可愛らしいです。

同じアジア人・地球人として、

幸せな人生を送って欲しいと切に願いながら、

たくさんの韓国の子どもたちがいる

歴史館を後にしました(=人=)☆


[ 00:02 ] [ 奉仕/ボランティア活動 ]
これは偶然なのですが、

私がソウルにいた5月18日は

「光州事件」が1980年5月18日に

起こったその39年目の節目の日で、

ソウルの光化門広場を中心に

大小各種の市民デモがたくさん催されていました。

その中でまぁまぁ大きなデモを動画撮影しました。



「光州事件」とは↓

https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/19/kwangju-35th-aniv_n_7311100.html?fbclid=IwAR1B3PD4LwF5Wwvla_9ziDZ-D98zoGBqSwtoJJub-dsVYGN9AW_n5_fSo6k



どうやら、この写真のデモでは

「アメリカと仲良くしよう」

「前政権である、朴政権の方が良かった」

的な内容のようです(?)

これ、市民デモというか、

どこかの政党が主催してやってるっぽかったのですが。。。?



この他にも大きなデモとして

盧武鉉大統領が亡くなって今年で10年だそうで、

その追悼デモ?的&盧武鉉時代が

良かった的なものもデカデカとされていました。

これは夜9時のKBSニュースでも流れていました。

なんだか、このデモもどこかの政党がやってそうですね(笑)。



私がお伝えしたいことは、

1987年に韓国が民主化された後、

このようなデモが毎週土日を中心に頻繁にされており・・・

その中で、慰安婦や徴用工像などの

反日関連のデモや集会は、殆ど無いということです。



これは、実際土日にソウル市内を

歩いてみて回れば一目瞭然です。

日本にいると、どうしても反日デモの情報しか

流れて来ないので、反日デモばかり

韓国では行われていると勘違いしがちです。



みなさんも切り取られた真実だけで、

物事の全体・すべてを判断するのは

止めましょう~(=人=)☆


2019/05/25のBlog
[ 23:57 ] [ ぶらり旅日記 ]
5月18日(日)夜9時の韓国KBS

(日本で言うNHK)ニュースのトップニュースは、

光州事件から39年の追悼式典が催され、

文在寅大統領が参加して追悼メッセージを

読み上げたという内容でした↓

https://www.asahi.com/articles/ASM5L41NFM5LUHBI00N.html



「公権力が行った暴力・虐殺について

もう一度深くお詫び申し上げます。

光州が守ろうとしていた価値は自由と民主主義です。」

というテレビの字幕は分かりました。



帰宅してから光州事件を題材とした

ソン・ガンホ主演の映画『タクシーの運転手』

(2017)を観ました。

http://klockworx-asia.com/taxi-driver/



韓国軍による、民衆デモの武力弾圧のビデオ撮影に

成功して世界中にその惨事を知らしめ、

韓国の民主化実現への追い風をもたらした

ドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーター氏と、

その人をソウルから光州まで連れて行って

無事帰還させたタクシー運転手

キム・サボク氏という実在した二人の人物を中心に、

あれこれフェクションも交えながら、

現代に光州事件をリアルに蘇らせた名作です。



【参考】

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56953

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/30571.html



この映画を観て感じたことは、当然のことながら、

この史実の非倫理的な残虐性。

本来、国民の生命と財産を守るべき国家権力が、

自分たちの意思と反した主張をする国民に

銃を向け殺傷しまくったという史実。

同じ人間として、悲しすぎます。。。



この史実だけでも、39年前の韓国は

民主主義とは程遠い国柄であり、

それに伴って民意も低かったという事実を示しております。



その一方でキム・サボク氏のような、

命がけで韓国の民主化を成し遂げようという

素晴らしい韓国人もたくさんおられたという事実。

感動です。。。



韓国でもようやく、

自分たちの「暗い歴史の部分」を

客観的に検証し、それを未来に活かそうとする

民意が生まれて来たのでしょうか。

それって、とてもステキなことですよね。



対馬の人たちと釜山の人たちが協力し合って、

「朝鮮通信使に関する記録」を世界記録遺産に

登録されたという出来事が昨年5月にありましたが↓

https://enchiren.com/kiokuisan

国籍や民族とか関係なしに、

志や価値観を共有出来る方々と一緒に

これからも国際平和(地球の安寧)に貢献出来る

私でありたいと、改めて思いました(=人=)☆


このDMZ訪問が私の今回の韓国旅のメインで、

一度この目で北朝鮮を観てみたいと思いました(^^)♪

1950年の朝鮮戦争により、

韓国と北朝鮮を分断する国境線

(およそ北緯38度線付近にある軍事境界線)が出来ました。

その境界線を挟んだ南北それぞれ2km、

合計4kmに渡る地域を

【非武装地帯/DMZ(Demilitarized Zone)】とし、

両国共にあらゆる武装行為を(設置)しない

という取り決めが成されています。



そのDMZに訪問する現地ツアーに参加して来ました↓

https://www.konest.com/tour/tour_detail.html?t_id=dmz_youngil&fbclid=IwAR38NLb06vLTke088EMBUJvBct4Bi-a4ZTJhPu9XwQriVJAgMQ72r37C-w0



ちょっと前までは板門店に行くツアーもあったのですが

現在は、より多くの観光客受入れの為、

あれこれ整備中なんだそうで停止中。

で、私が今回参加したツアーは



ソウル出発(8:00)

臨津閣(イムジンガッ)公園&自由の橋(9:30頃到着)

統一大橋検問(軍の方による、参加者全員のパスポートチェック)

北朝鮮南侵「第3トンネル」見学 

(※DMZ映像館と展示館見学は、予想外の人出により割愛)

都羅(トラ)展望台 (おかげさまで天気が良く、
板門店や開城(ケソン)工業団地等が良く観えました!)

都羅山(トラサン)駅

ソウル戻り(14:00頃)



というコースで、昼食なしで、およそ4,500円でした。

これは、めちゃくちゃ充実しまくり

価値のある半日ツアーでした(^0^)!!!



軍事的な場所に行く為、韓国の法律で個人では行けず、

韓国人ですら30人以上の旅行会社が主催する

ツアーに参加しなければ、ここには行けないようになっています。



なお私が行った時は大型バスにロシア人2人、

日本人10人、英語圏の人20名程度

(それぞれの語学が話せる地元ガイドさんつき)の

団体として行きました。

事前に私の個人情報を旅行会社経由で

韓国の軍部にそれを提出しなければならない

というルールもありました。



世界で唯一、元々同じ国同じ民族だった

場所・人が分断されているというだけあり、

世界中から観光客が押し寄せて、

ものすごい人でした(>0<)!



この世界中から観光客が押し寄せる場所に、

しれっと慰安婦像が2体も置かれていました(怒)!!!

慰安婦像の奥や下に韓国語と英語で

記載されている慰安婦像の説明書きは誰も見ず・・・

次から次へと韓国人&外国人が像の

横の椅子に座って記念撮影していました。



南北分断に関する像だとみなさん

勘違いされているのではないでしょうか。

何のメッセージが込められた像かも分からずに。。。

姑息で卑劣過ぎるわ、、、 (=人=)南無★


個人的には板門店に行きたかったのですが、

日本語ガイドのおねえさん

(私と同世代のホンさん。

日本に5年留学経験あり。日本語堪能)曰く、

「現在より多くの観光客受入れのために、

いろんな整備をしていて、今は行けなくなっています」

とのことでした。

やはり外貨獲得の為に、必死で観光産業、

がんばってはるようです。



だけど、都羅(トラ)展望台から、

板門店(写真に赤丸をつけました)や、

南北関係悪化により現在ストップしている

開城(ケソン)工業団地、

はたまた韓国で一番北にある村と、

北朝鮮で一番南にある村に、

それぞれの国旗を鉄塔の上に掲げられている姿など、

今の南北関係の象徴であるDMZを

この目で観ることが出来て、とてもよかったです。



そして「第三トンネル」という、

朝鮮戦争時代に、北朝鮮軍が、

一度に秘密裏に大量の軍人や兵器輸送を

行うために作った地下トンネルが

現在4つ確認されており、

その内の第三トンネルが一般公開されていて、

その中に実際行けたのも感動的でした。



これだけ体験して45,000ウォン(4,500円)です。

これは安くて価値があります!是非オススメいたします。



世界中から観光客が押し寄せ、

また天気がいい上、土曜日ということもあって、

めっちゃ人が多く、DMZ内も渋滞してたりして

ガイドさんも大変な中でしたが、

ガイドのホンさんにあれこれ質問させて頂きました。



やはり一般の韓国人は、

元々一つであった国を統一したいと

願っておられるとのことです。

当然のことながら、同じ民族は

たまた身内が北朝鮮にいる等、そんな事情もあります。



が、それに加えて、

いつソウルにミサイルが飛んで来るか分からない、

いつまた戦争になるか分からないという

不安・恐怖心があり、自分たちの生活が

常にそんな不安要素があるもで、

平和的な南北統一を願っておられます。


<つづく>


しかしながら今の状況で、

すぐに南北が統一出来るとは誰も思っていません。

まずは同じ民族として、

南北が自由に行き来出来るようになって欲しい、、、

それから経済などの協力、はたまた

共同で何かを行うなどを経て、戦争という形ではなく、

自然なかたち・平和的解決により、

南北統一をしたいというのが願いなんだそうです。



物事なんでもそうですが、

当事者(ここで言うところの韓国と北朝鮮)同士で、

問題が解決出来ない場合、

第三者にその仲介や協力を仰ぐのが、

より早い問題解決の方法論かと思われます。



となりますと、やはりアメリカの協力が

必要不可欠になります。

幸か不幸か世界のパワーバランスはそうなっております。

しかしながら、韓国の現政権(文大統領)は、

アメリカよりも北朝鮮・中国にスリスリしております。



アメリカが100%善で

ジェントルマンでは決してありません。

私たち日本人も大東亜戦争時代、

アメリカにこてんぱんにやられました。



だけど、過去の確執に執着し続けていると、

結局自分たちがまた子々孫々が損をし

不幸になってしまうのです。

自らの感情は横においておいて、

全世界のありのままを観、

ベストな方法はなくても【ベターな方法】を

選択し続けるしかないのです。



現在、司馬遼太郎先生の小説

『翔ぶが如く』を牛歩ペースですが愛読しています。

明治維新後の日本を西郷隆盛と

大久保利通を軸に描かれています。



今を生きる私たちは、その時代から

150年後に生きているので、

その時代のベストな方法・答えを知っています。

だけど、その時代に生きていた人たちは

誰も答えが分からなかったのです。

「西郷隆盛は好き(正解)で

大久保利通は嫌い(間違っている)」等の、

単なる二元論では多次元に渡る

歴史的な正解・真実は理解出来ません。



明治維新を迎えた日本人は、

おとなり・近所の国である中国や

朝鮮の国土等で展開されていた、

欧米列強の植民地政策を知り、

「このままでは自分たちも同じようなめに遭う!」と

そんな暗中模索の中、

武力による弱肉強食時代を息抜き、

いろいろありながらも、

独立国家としての国柄を守り続けて来たからこそ、

我が国日本は平和国家として

今生きていられるのです。



有名無名。。。

多くの日本人・我々の先祖に対して、

ただただ感謝しかありません。



朝鮮民族のように、

時代変化や外敵に目を背け、

朝鮮王朝時代の時代遅れなことをしたり、

はたまた中華民族のように自分たちの

利益や権力争いに明け暮れてるからこそ、今、

国土が分断されたり、

訳ワカラン独裁政権が誕生し、

平気で人権迫害や搾取を

繰り返している政権が誕生してしまうのです。



全ては先祖の罪であり、

その国・民族の罪の結果が【今】なのです。



それを踏まえた上で、

我々日本民族がすべきことは、やはり、

先祖の恩と罪の両方を“ありのまま”に観、

お詫びすることはお詫びし、

反論すべきことは反論し、

そして真実に基づいた正しいことを

実行すべきということです。



韓国に行き、いかに「政府」という

存在の政策的誤りにより、

国民が不幸になっているか?

「政府」「政治」というものの重要さを

痛感して帰って来ました。



衣食住が十分に満たされ、

自立自律出来る国民は政府に頼ることは

あまり無いですが、

そうで無い人たち(所謂社会的弱者)は、

頼らなければ生きていけません。



まずは国民の権利である「選挙」に行き、

更に関心のある方は政治家を応援したり、

政治の仕組みを勉強したり・・・

とにかく無関心と無知が一番罪で、

悪政を蔓延らせる要因となっています。



おとなり・朝鮮民族の南北分断という現状をリアルに観、

以上のようなことを感じました(=人=)☆


[ 23:30 ] [ ぶらり旅日記 ]
韓国旅レポート、ようやくこれで終わりです。

つたない文章にも拘わらず、

最後までお付き合い頂き、

ありがとうございました(=人=)☆



今回の二泊三日の韓国旅行を中心に、

今まで私が見聞きし、調べた内容も交え、

いろいろな角度から、過去~今の韓国並びに

朝鮮半島の状況をお伝えさせて頂きました。

みなさんのご参考にして頂ければ幸いです。



真実を知るということは、時に非常に残酷で、

精神的苦痛を伴います。

今回の旅はそんな意味で楽しくはなかったです。



しかしながら真の過去を知り、

そしてその過去を乗り越え、

今に活かさなければ、

真の未来はやって来ないのもまた事実であり、

いち日本人として、安倍総理の言うところの

「戦後レジームからの脱却」を

しなければならないという使命感を持って今回、

韓国訪問を決意した次第です。



実際、韓国という現場に足を運んだことにより、

多角的且つ多次元的な物事の観方が出来、

自分なりの意見や、これから先の日韓関係のありかたから、

日本人がこれからしなければならない

【地球的役割】までが観えて参りました。



完全完璧なる神の如き人間は

この地球には存在しませんが、

完全完璧なる悪も存在せず、

その全ての人間に“大いなる神”は、

真の幸福への道を示し、

救済の手を差し伸べておられます。



その愛の発顕の方法が、人間が言うところの

「苦難」であったりする訳です。

これから、本格的にその“大いなる神”による【

罪の清算】が始まります。

その兆候的事件や数々の天災は国内外、

至るところで既に起きております。



これから先どんなことがあっても、

希望を失うことなくこの地球を護り、

この美しい星を残して下さった、

先人たちと多くの神々の恩に報いるべく、

愛すべき国家、民族、そしてこの地球を護り、

美しい愛に満ちたものにして、

子々孫々までに伝え残して参りましょう(=人=)☆



今回の旅でお世話になりました、

日韓全てのみなさま、ありがとうございました。



【写真】

①DMZ・第三トンネルで購入した

南北統一を願った雑貨(耳かき?)と、

ソウル・明洞聖堂で購入した聖母マリア

②都羅山駅に飾られていた、南北大統領ご夫妻の写真。


2019/05/23のBlog
[ 16:59 ] [ ぶらり旅日記 ]
“格安ピーチ”に乗って、

妹と韓国・ソウルへ旅行に行って来ました(^^)♪

私の妹・アッコは韓国グルメ・コスメ・ドラマが大好きで、

かなりの回数来ており、彼女に誘われて来ました。

韓国のホテルは人数割りではなく、一部屋で換算されるので、

複数で泊まる方がオトクなのと、

飲食店の一部は「2名以上」でないと

入店出来ないというルールがあり、

それで私を誘って来ました(笑)♪



私もかつては“冬ソナブーム”にハマって韓国語をかじり、

今でもハングルが読めるので、

比較的抵抗なく、韓国へは行けます。



ほんと、あのドラマはいろんな意味で美しくステキで、

愛とは何かを深く考えるきっかけとなったドラマで、

日本語字幕つきのDVD持ってます(^^)♪



だけど、個人的にはあのドラマ並み

(それ以上)のドラマがなく、

自身の韓国ブームは去り・・・

今は日韓の慰安婦像&徴用工像の問題

そして北朝鮮のミサイル&核開発問題に代表される

“おとなりの国・民族”に対する遺憾の念があり・・・

さりとて、“おとなりさん”であるがゆえに、

ちゃんとその人となりを知り、真の歴史(真実)を知った上で、

いち日本人としてお詫びすることはお詫びし、

反論することは反論し(言うべきことは言い)、

真の日韓交流をして、同じ地球人として

共尊共生出来る道を探したいと考え、

今回韓国に行くことにしました。



日本にいると、どうしても誰かのフィルター

(価値観)を通した情報しか入って来ません。

その誰かによって、真に正しい情報が歪んだり偏ったり、

感情が入ったり・・・

酷い場合は虚実が真実に思えてしまいます。



私は出来る限り自身の目で現場を観、人間を観、

国を観て、物事を判断し、自分なりの考えや行動を

したいと常に思っています(現場主義)。



今回の旅行では、妹の行きたい場所も含めて、

私が見た(感じた)あらゆる角度から

【韓国の今】をお伝え出来ればいいなと思っています。



みなさまのご参考にどうぞ~(^人^)☆


[ 16:53 ] [ ぶらり旅日記 ]
今回も日本で「グローバルSIMカード」を契約し、

海外でも普段自分が使っている

スマホが使えるように設定しています。
以前行ったフランス&スペイン、

タイでも「グーグルマップ」は大変重宝し、

更に今回は「グーグル翻訳」が

めっちゃ役立っています。



ハングル文字は、英語と違って、

私が持つスマホでは入力出来ないので、

【手書き入力】という機能を使って、

指でハングルを書くと、勝手に翻訳してくれます。



また【カメラ入力】をすると、

テレビのテロップやバス停の名前なども翻訳してくれます。



ほんと、世界企業・グーグルの無料の

翻訳アプリのおかげで、

ますます快適に世界旅行が満喫出来、

感謝感激しています(^人^)☆


韓国・仁川空港に着いた後、

電車に乗って高速バスターミナル駅へ。

妹・アッコおすすめの韓定食屋さん「サンドゥレ」に行きました。

https://re-korea.com/2018/08/14/gurmet-sandure/



さすが韓国通・アッコのおススメだけあって

めっちゃ美味しかったのですが、

そのお店の食事の運ばれ方と、引き方がめちゃくちゃ面白く、

凄かったので、撮影させて頂きました(^0^)!




要は、テーブルの上部全部がお盆のように、

スライド式で一気に引いたり運んだり出来るということです!



確かにこれやと、

めっちゃ早く確実にいけますよね~(>0<)アッパレ☆
地元韓国の人を始め、世界各国から

大勢の人たちが詰めかけている、

観光地中の観光地!益善洞(イクソンドン)↓

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=10505&fbclid=IwAR3D5pWx7VDG9r98mWq9FZ_rc-t0Cus1kX3Mp_hSlKlZW5YRKzzXtSSIAWI



確かに昔ながらの韓屋&裏通り、

そしておしゃれでいいのですが、人の多さに酔いました(^^;)☆



そこから少し離れた仁寺洞(インサドン)の

耕仁美術館内にある「伝統茶院(チョントンタウォン)」で

韓国伝統茶「五味子茶」を満喫↓

https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=740&fbclid=IwAR2N1xgzrSymVW1fdeMJB2tLA0XO0zCeSUJN_bbVh2LLdK_sHniL9aRkDPY



ちょっとした“森カフェ”という感じで、

加えてギャラリーが何個か併設されて、

とてもゆったりした時間が流れるイイカンジのカフェでした。

五味子茶(五つの味がするお茶)もおいしかったです。

ザクロの味に近いかな?

さすが妹・アッコ!いい場所、たくさん知っています(^0^)!


[ 16:28 ] [ ぶらり旅日記 ]
グルメな妹・アッコのおかげで、

とにかくあらゆるものをたくさん食べています(^^;)。

妹の事前調査or過去の経験のおかげで、

すべてがめちゃくちゃ美味しいです。



(私は辛いものがニガテなので、

比較的辛くない韓国料理を選んでくれています)



韓国は“おとなりさん”ですので、

やっぱり味覚も比較的似ているようで、

韓国旅行の場合は、

日本から日本食を持って行く必要がありません。

コンビニでも、日本食に近いおにぎりとか売っています。



しかも、物価の関係で日本よりも安くて

美味しい韓国料理が満喫できます。

写真だけでも、その美味しさが

伝わってくるかと思われます(笑)♪



【写真】

1枚目「元祖サンパッチッ 昌信店(東大門) 」
https://www.seoulnavi.com/food/2751/

2枚目「武橋洞プゴグッチッ」↓
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=1854&fbclid=IwAR0Y5f7311JbtpK4fcrqcYocPnw-AyGLN9gZdmgxHx5q0UhJF7_F4yfTjPw

3・4枚目「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」
https://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1367&fbclid=IwAR2_9uwWBN7t1Vu--p_Mmqyz2USrqfuyexk0HSYMK9QZMozSU_JLL3pCSrU

5枚目「モッシドンナ 三清洞本店」
https://www.konest.com/m/gourmet_detail.html?id=2168


[ 16:22 ] [ ぶらり旅日記 ]
韓国訪問・・・もろもろの小ネタ集です(笑)♪



現在、私たちのように日本から観光目的で

やって来る日本人は9割以上が女性です。

残りの1割以下の男性たちは、

ゴルフと●●目的でしょうか(笑)?!



<日本人女性の訪問目的>

①韓国ドラマ&K-POP好きの若い女性

~中年のおばさまがロケ地訪問したり、イベントに参加したりする。

②服やカバン等を多数お買い物

(日本では買えない変わったデザインのものも多数あり。

しかも安い!しかもブランド品も比較的安いそうです)

③韓国コスメをお買い物

(韓国の女性はみんな肌がキレイ!安くていいコスメ多数あり)

④韓国料理を食べまくる!

(日本の韓国料理屋さんよりも安くたくさん食べれる。

おかずはおかわり自由!)



<韓国の電車&交通機関について>

韓国・仁川国際空港から電車でソウルまでスムーズに行けます。

空港線は日本語のアナウンスも流れます。

写真の「Tマネー」を私の父から借りて行きました。

大阪で言う「イコカ」のようなものですが

(妹のTマネーは手首にかける形式のものです)、

「Tマネー」は電車だけではなくバスやタクシーも乗れ

(一部のコンビニでも利用可)、

駅だけではなくコンビニでもチャージ出来ます。



駅の券売機は、日本語のボタンがあり、

一回一回きっぷを購入しても問題ありません。

お年寄り等だけではなく、妊婦さんの専用座席もあり、

そこにぬいぐるみが置かれていました。



あと、日本と韓国は時差は無く、

しかも大阪からは1時間半で行けるので、

日帰りでも十分行けそうです(^^)♪



最後にトイレ事情ですが、トイレの配管が細い為に、

トイレットペーパーは便器横のゴミ箱に捨てるようになっています。

一度間違って日本と同じく便器に捨ててしまい、

焦りましたが、無事流れてくれました(笑)。



にしても最近の「るるぶ」はコンパクトサイズも

販売されていて(1,000円)、旅行に携帯するにはピッタリです!

(ただし、文字が小さいので、老眼の方は難しいかと思いますが)


[ 16:15 ] [ ぶらり旅日記 ]
朝鮮王朝時代(1392~1910)の正宮

(王の政務の場、王の生活の場)である、

景福宮(キョンボックン)に行って来ました。

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=265



入場料3,000ウォン(約300円)。

韓国の民族衣装を着ての入場は無料になるとのことで、

そのような人がちらほらおられました。

(京都のようにレンタル衣装屋さんがあっちこっちにありました)



加えて一日三回10時・12時半・14時半、

無料で日本語ガイドツアー(1時間ちょっと)があり、

それに合わせて行きました。

ガイドは若いおねえさんでしたが、

どうやらボランティアなんだそうです。

とっても上手な日本語で、

個人的に質問しても流暢&的確にお答えくださいました。



まず初めに「勤政殿」という景福宮で最も大きい正殿へ。

「政に勤しみ、天下を収める」という意味だそうです。



その他、大きな池に浮かぶ「慶会楼」という

宴会を催すための建物や、

王並びに王妃の寝室などなど、案内していただきました。



屋根の上にいる動物のオブジェは魔除け。

重要度が高い場所程、その魔除けが多かったり、

生活する場所は、真ん中が夏涼しい板の間で、

両サイドがオンドルがある冬あったかく過ごせる場所になっていたり、

そしてその建物の扉は外側の上部に吊るすことも出来るようで・・・

一人で見物しているだけでは分からないことを

たくさん知ることが出来ました(^^)♪



私がとても心が傷んだのは、この景福宮の建物・・・

豊臣秀吉の晩年の愚策である「文禄・慶長の役」の時に一回、

日本の統治時代に一回の合計二回、

日本人がその殆どを潰しているということです。

もしも今でも潰されずに朝鮮王朝時代の建物が遺っていれば、

世界遺産にもなっていたかも知れません。



歴史に【もしも】はありませんが、

国家&民族的シンボルである王の宮を潰す

(しかも二回も)という事実は、

韓国朝鮮人が日本人を嫌う理由の象徴的出来事

(歴史的屈辱の象徴)であり、

いち日本人として、申し訳ない気持ちでいっぱいです。



あと、実際ここに行ってみて感じたことは、

韓国ドラマ「チャングム」のに出てくるような、

朝鮮王朝時代というものが本当に存在し、

併せて朝鮮民族というものも昔から存在して、

大国である中国の歴代王朝に朝貢しながら

(事大主義を貫きながら)も確実に生き残って来たという、

【半島国家】ならではのたくましさ・したたかさです。



隣国・大国に滅ぼされずに永続するための【大戦略】として、

朝鮮民族(王朝)は朝貢(ちょうこう)という方法・

事大主義(じだいしゅぎ)という思想を貫き通して来られたのです。



「強い者には絶対服従(スリスリ)し、

弱い者にはどんな手を使っても徹底的に叩く!」という

思考形態はこの事大主義から発心し、

その民族の無意識にも入り込み、

そして現代における慰安婦像&徴用工像問題などの

「日本たたき」を引き起こしている

原因に繋がっていると観じました。



長年朝貢し続けて来た隣国中国や、

朝鮮戦争&民族分断という超大罪を引き起こした

米ソ(現ロシア)に対しては

何も言わない・言えない韓国が、

ワーワー言って来るのは“小国”日本だけ。。。

絶対ヘン&おかしい&意味不明ですが、

「事大主義」を知るとその韓国人並びに

韓国政府の思考形態がよく観得ます(=人=)☆



一方、私たち日本(大和)民族は

四方海に囲まれている【海洋国家】であり、

【半島国家】の外敵に対する危機感はあまり理解出来ません。



半島国家は常に地政学的リスクを抱え、

陸続きである大国に脅かされるという絶対的宿命にあります。



加えて国家的規模(国土面積や人口、GDP)も小さく、

その度合いは日本よりも深刻であり、

現在行われているアメリカと中国・二大国間の

貿易戦争という名目の【世界覇権戦争】の影響は

日本よりも深刻です。



ソウルで観た不特定多数の韓国人の顔相(雰囲気)からは、

一般の日本人よりも不幸オーラがきつかったです。。。



日本は海洋国家だけあり、地政学的に守られていますが、

現代は各種脅威が簡単に海(空間)を超えてやって来るので、

うかうかしてられません~(>0<)!


[ 16:08 ] [ ぶらり旅日記 ]
ウィキペディアによりますと、

韓国における宗教の割合は

以下のようになっています。
無宗教:43.3%

キリスト教:31.6%

(18.3%がプロテスタント、11.0%がカトリック)

仏教:24.2%

その他若しくは不明:0.9%



曹渓宗(そうけいしゅう/チョゲジョン)は、

韓国仏教の最大宗派である「大韓仏教曹渓宗」。

総本山である曹渓寺に行って来ました。

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=485



大雄殿の中には、大きな金の仏様が三体おられました

(韓国一の大きさなんだそうです)。

とってもたくさんの色とりどりの名前入りの提灯が、

韓国の方々の信仰心の深さを感じました。



なんだかお盆の提灯にも似ていて・・・

改めて仏教は大陸から齎されたんやと実感いたしました。



韓国初のカトリック教会である

明洞聖堂(ミョンドンソンダン)にも行って来ました。

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=494



ここも重厚感のあるとても清らかな祈りの聖地でした。

ここも観光客だけではなく、地元の信者の方が多かったです。

一昨年、カトリックの三大聖地の一つ

「サンティアゴ・デ・コンポステーラ教会(スペイン巡礼)」に行って来ましたが、

そこで出会った唯一のアジア人が韓国人で、

カトリックの信仰心の篤さに恐れ入りました。



なお、韓国人にクリスチャンが多い理由ですが、

個人的には過去の儒教(階級)社会の反動だと観ております。



キリスト教は「信じれば救われる!」的な、

信仰心の篤さを通しての平等主義に惹かれたのと、

日本にも一時ありましたが、欧米至上主義的なミーハー要素・・・

ナウいものにはすぐ飛びつく!という風潮があるように感じています。

韓国ドラマでも(冬ソナもそうでしたが)教会のシーン、結構ありますし。



韓国も日本同様、無宗教的な人が多いそうですが、

「目に観えない大いなる存在に帰依する」という概念は

日本同様確実に存在し、その想いに神仏はお応えし、

その祈りは過去から未来へと紡がれて行っているようです(=人=)☆


[ 15:52 ] [ ぶらり旅日記 ]
17日(土)午後。

ソウル・日本大使館前に設置されている、

慰安婦像を観に行って来ました。

実際現場を観て来た感想を率直に綴らせていただきます。



こんな記事もありますが↓

「韓国の小学生が「日本の野郎ども」と連呼する慰安婦デモ密着」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00000003-pseven-kr&pos=1&fbclid=IwAR0pQcuTm8nc_1n2cnwv4uG1HeE2DG_sDhricOai4Ax-HmurGzjpsI1KiEw

「日本政府「主権免除」を主張、韓国の元慰安婦訴訟で却下求める」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000078-mai-pol



こんなことをしている韓国人はごくごくごくごく少数です。

通行人はちょこちょこおられましたが、

私みたいに像の前で立ち止まることもちら見することもなく、

過ぎ去って行きました。

韓国にも“サイレントマジョリティー”は多数存在し、

慰安婦像前でワーワー騒いでいる同胞に対して

冷めた目で観ている人が多いと感じております。



毎週水曜日の午前中に、

この記事の人達は集まっているのです。

その他の何もない時は、閑散としております。



ただ、もしもの時の為に、警察のバスが3台、

バリケード的な感じで日本大使館があった場所の前に

置いてあったり、

警察官が2名立っていましたが、

ヒマなのか二人でニコニコと世間話をしていました。

事件性ゼロの現場です(笑)。



にしても、おかしいと思いませんか?

水曜日って、平日で学校がある時にどうして

小学生など学生がワンサカ集まるのでしょうか?

受験戦争が大変でしかも就職率が悪化の一途を辿っている

https://japanese.joins.com/article/399/249399.html

韓国の学生たちが集うその“からくり”がありそうですね。



後で記載いたしますが、ソウルでは土日にデモが多く、

しかも5月18日は光州事件

(1980年韓国政府軍による民衆デモを武力で

弾圧し多数の死者が出た事件)が起こった

39周年という節目ということもあり、

17・18日は特にデモが多かったそうです。



一般的に市民デモは、土日にした方が人も集まるし、

政府機関&社会に対してインパクトが

与えられるのではないでしょうか?



平日にする理由。。。もしかしたら、

このデモは「ビジネス」でやっている。。。ということでしょうか。



ビジネスって、一般的に平日にするものですから。

平日会社に行く感覚で、「デモという仕事」をやっているという感じ。

そもそもデモって仕事でするものなのか!?



ジャーナリストの大高未貴さんの著書

『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点

「吉田清治」長男の独白』(産経新聞出版)

に記載されておりましたが、

韓国では【戦後補償ビジネス】という

種類のビジネスが存在するとのこと。



【1965年の日韓請求権協定で個人請求権は

一括で韓国政府に払っている】という根幹的事実を無視して、

かつての戦争時代に日本国並びに企業が行った

あらゆる生命と財産を奪った事実に対して

損害賠償請求権が残っている!と豪語し、

政府や企業から賠償金という名目でお金を貰うというビジネスです。


--------------------


この慰安婦像の横には、

分厚いビニールに囲まれた簡易の小屋が作られており、

そこにさえない感じの男性が一人、

小さなちゃぶ台の上にパソコンを乗せて

カチカチやっていました。

ここでこうしているということは、

この慰安婦像を支持する人なんでしょう。



が、私と妹が日本語で話ながら

バチバチ写真&動画撮影をしていても、

その男性は何も変化がなく、パソコンカチカチを続けていました。



真の活動家であれば、私たちに韓国語か日本語か英語で、

自分たちの主義主張を正々堂々訴えて来ればいいでしょう。

なんで私らを無視すんねん。。。って、

やっぱりその男性、“誰か”に雇われて・・・

バイトで来ているのカモ?と感じました。

市民活動家らしい気魄ゼロでした(呆)。



どちらかと言いますと、

その男性&小屋は韓国政府に慰安婦像等を撤去されないように、

見張っている感じがいたしました。



突っ張っていても、欲のある哀れな人間は

お金がある方に流れていきます。

韓国人と長年ビジネスをしている私の父も

「自分が関わりだして今が一番韓国の景気は悪い」

と言っていましたが、文在寅大統領&韓国政府・・・

仏教用語で言うところの因果応報、そして自業自得で、

自らの首を自らで締めております。

カネ儲けにならないしかも社会的善でない活動は

衰退の一途を辿ります。


にしましても韓国経済ピンチで、

またまた日本にスリスリして来るのでしょうか。。。↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00562168-shincho-kr&fbclid=IwAR1pceCi9ZQKNKCdZgUC1-3dQe8uaa-vfZQaImSqscexK9JIlx-BIZHkNYk


自らの罪を反省懺悔せず、他者になすりつけるとは・・・

虚実を真実にするとは言語道断。

自らのその罪は自らで償うことになっております。

それが【宇宙の法則】です。

人間は騙せても“天”は騙せません。

天の制裁は容赦なく厳しいです~(=人=)南無☆



[ 15:46 ] [ ぶらり旅日記 ]
慰安婦像の【二匹目のドジョウ状態】で出没した徴用工像。

確かに、強制徴用労働者は倫理的に絶対に良くありません。

日韓併合時代、そのようなこともあったでしょう。

しかしながら国家間の賠償責任は

既に1965年日韓請求権協定で終わっております。

法治国家・真の民主主義国家である日本の政府は

その一切の妥協をすることなく、

その事実を貫徹すべきであります。



【参考ページ】

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56390

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000012-jij-pol



にしましても、私が行った竜山駅前は

日曜日の人でごった返しているにも拘わらず、

私と妹以外この像の前に立ち止まることなく、

通り過ぎて行かれました。



この日・18日は、光州事件が起きて

39周年の記念すべき日でしたが、

ここでデモ活動をしている人もいませんでした。



私がここでお伝えしたい事実は、

私たち日本人が思っている程に一般の多くの韓国人は、

慰安婦&徴用工像問題に関心がなく、

そんなことよりも日本人からも含めての他者からいかにして

自らが金銭的利益や幸福感を出来る限り多く得るか?

に興味関心があるということです。



そんな観点においては、

観光客相手にビジネスをしている韓国人は、

一人でも多くの日本人が観光しに

韓国に来て欲しいと切に願っておられます。



が、これらの像の問題は明らかに日本人における

韓国の観光イメージを悪化させており、

日本人の観光客減少の要因の一つとなっています。

私も次回の韓国旅行の予定はありません。