ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3715件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2016/10/03のBlog
フランスの映像作家・エミリベルトさんから、

下記のメッセージが「フェイスブック」に流れて来ました。



<エミリさんのフェイスブックページはこちらをクリック>



<下記はフェイスブックに記載されているメッセージです↓>
------------------
Le film 88, consacré au pèlerinage des 88 temples de Shikoku au Japon et produit grâce au financement participatif, est terminé.
クラウドファンディングをはじめ、皆様からの資金的援助のおかげで、四国八十八箇所を題材にした映画『88』は、ついに完成しました。

Je tiens à remercier chaleureusement toutes les personnes qui ont soutenu le projet. A présent, j'envoie le film aux festivals et je recherche un distributeur.
この映画のプロジェクトに協力、サポートしてくださったすべての方々に心からお礼を申し上げます。目下、さまざまな映画祭に応募したり、配給会社をあたっているところです。
Vous pouvez visionner deux extraits du film sur mon compte Vimeo.
インターネットの映像サイト「Vimeo」上に、この映画のサンプル映像2本をアップしていますので、よろしかったらご覧ください。

https://vimeo.com/emilieberteau
------------------




いろいろと長い道のりだったそうですが、

撮影より3年弱・・・

フランス・パリの映像作家・エミリベルトさんの

四国お遍路のドキュメンタリー映画『88』が

完成したとのことです。

完成DVDは各種サポートをして下さった方々には

順次送られるとのことです。



私の手元にも完成映画DVDがありますが、

ヨーロッパ人から見た日本並びに四国お遍路・・・

はたまたこの映画のキーワードになっている

【ご縁】について、

エミリさん自身の遍路体験を通して、

淡々と紐解いておられます。



私たち日本人には、

字幕なしのDVDが送られていますが、

そもそもこの映画制作の主旨は、日本人向けではなく、

「欧米の人たちを中心に四国遍路&

日本の精神文化の素晴らしさを発信したい」

ということですので、

フランス語・英語・スペイン語の字幕つき

DVDを制作されています。



私たち(日本人)にとっては、

至極当たり前なことが多く綴られておりますが、

四国遍路のことを全く知らない

(とりわけ外国の)方々にとっては、

新鮮&爽やか、そして異国の地の

【美】を堪能出来る映画だと感じました。



愛媛県宇和島市倫理法人会の毛利さんのご縁で、

エミリさんの映画サポーターの一人となり、

この映画の「進行管理」を担当を通して2ヶ月間丸々、

四国各地から高野山までエミリさんに同行しながら、

この映画製作に関わらせていただいた体験を、

このFBでも随時報告させていただいておりましたが、

この映画の完成を共に喜ぶと同時に、

私経由でこの映画のあらゆるサポートを

して下さったみなさま(四国四県倫理法人会の先輩方)に、

深く御礼申し上げます。



この映画が、世界の多くの方々の心に届き、

四国遍路(の実践や精神)がますます拡がり、

日本だけでなく世界中が美しく

平和になってゆくことを心から願っております。



ほんと、この映画のおかげで、

普段出会うことのない本当に多くの方々と出会い、

また再会し

(“四国八十八ヶ所霊場会・公認先達”になったのも、

エミリさんとのご縁で出会った、

引田大先達のおかげであります)、

私のお遍路人生・・・人生そのものが、

『88』のように、無限大(∞)に

拡がって行くきっかけをいただきました。

ありがとうございました。 

南無大師遍照金剛


2016/10/01のBlog
[ 12:51 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
今日も奈良県桜井市・大和国一之宮「大神神社」に

朔日参りに行って参りました。

今日もおかげさまで冴えております。



昨晩寝る前に、以下の文章がすらすらと

脳みそから出て来ましたので、そのまんま記載いたしました。

正に『よしこちゃんのぼやき』・・・

つまり主観的徒然日記であります。

従いまして正しいのか正しくないのか?分かりません(笑)ので、

一切のご意見・クレームは受け付けまセ~ン(^^ニヤリ)♪

ご参考までにどうぞ~



-------------------



・・・この世には魂に付随しているのが

【徳】だけの人間もいないし、【罪】だけの人間もいない。



魂(ある一定のレベル以上の

“念”を持つエネルギー体)がある程度の

【徳】を持っていないと、

この世に人間として生まれ出て来る事は出来ない。



その一方で、ある一定の【罪】も持っていないと

また人間として生まれ出て来れない感じもします。



何故なら人間はオギャーとこの世に生まれた瞬間から、

あれしたい・これ出来ない云々と

不足不満な念(感情)に囚われ続いていくからです。

幸福はまるで雲のように、掴めるようでなかなか掴めない。



掴めたとしてもすぐにどこかに

行ってしまうと感じてしまいがちだからです。



個人差(質・量の違い)はかなりありますが、

人間は自らの【罪~日頃の行い~】に引き寄せられて、

各種試練・苦難がやって来て、

それを手掛かりに自分の罪を自覚し、

反省懺悔し、自らの心を変えることにより、

日頃の行い(言動)がよくなりと同時に魂に付随する【罪】が

【徳】に一つずつ・ちょっとずつ

変わってゆくのではないでしょうか?



それから逃げたり、他者に責任転換したり、

間違った認識や判断、行動をしたりすると、

いよいよ罪が深くなり、その分試練苦難も大きくなります。



罪を徳に転換するその過程・有様を例えるならば、

オセロが黒から白に変わってゆくもののように感じています。



こんな感じで徳と罪は表裏一体の

対をなすものだと思っています。



我々人間が、おのおのの心の中にある「オセロ板」の上で、

【今の罪深き自分】が黒のオセロを持ち、

そして【未来にあるべき・なりたい徳高き自分】が

白のオセロを持ち、生まれてから死ぬまでずっと、

その二人の自分がオセロで戦い、

白黒をひっくり返し続けている事が人生そのものであり、

人生の苦行・修業の本質なのではないでしょうか。



ライバル会社や人間、

また自分をいじめたり陥れようとする他者は

実は自分自身の罪(業)が引き寄せたものであり、

他人の顔をした【もう一人の罪深き自分】なんだと感じます。



全ては【因果応報】であります。



自分もしくは自分が属する組織

(家系・家族、会社など各種団体)の因果応報です。

私が観察いたしますに、

徳高き=罪浅き人は、誰かに大きく騙されたり、

めちゃくちゃ不条理ないじめにあったりしないように感じます。



我々人間はこの世に生まれ堕ちて来たからには、

心のオセロ板に一つでも多くの白(徳)を置き終えて、

あの世に還って逝きたいものですよね。



ナンボカネを稼いでも、どんだけ所有物を増やせても、

死んであの世に持ってゆけるものは

【徳】と【罪】だけなんですからね(^^)♪



この世・娑婆に存在する人間という存在は、

無知で愚かで目に見えることや感情に囚われておりますので、

比較的カンタンに騙せますので、見栄を張ったり、

無いものを有ると言ってみたり、

各種肩書きや役職という鎧をかぶったり、

権力者のコバンザメに成り下がり権力者ぶってみたり・・・と、

いろんな騙し方が古今東西花盛りです。



しかしながら、死んで魂だけになりあの世に還りますと、

あの世の存在たち(所謂神仏という存在) は騙せません。

あの世は至ってシンプルで罪深き魂は地獄、

徳高き魂は天国(極楽浄土)に行くようです。



それをただの迷信だと吐き捨てるのも、

先人たちが継承し続けて来たこの事を素直に信じて

自ら並びに子々孫々の為に徳積みするかもまた、

徳の高い低いによって決まるようで、

カネや権力を持つ量とは関係ないようです。



以上のようなことを日々考えまた感じておりますので

私はカネや権力、また感情や煩悩という

娑婆に蔓延る雲や霧のような、実態があるようで無い、

また、人間の魂の本質を覆い隠すアイテムはあまり見ないし

関心もなるべく持たないようにし、そしてその

影響を受けないように常に努めております。



逆に私が日々観察し、観通そうとしているのが、

おのおのの人間の徳と罪であり、

それに付随している【念(想い・ココロ)】のみであります。



物事であっても人間であっても

的確に把握すべきは【本質】であり、

真理真実であります。



物事の枝葉や表面化している人間の見栄や感情に囚われますと、

本質が見えません。

本質・根本を見誤るとその後の全ての判断行動が間違い、

次の認識も狂い、

ボタンのかけ違いが永遠と続き、

ドツボまっしぐらの人間はたまた家系は多いです。



いろんな人を観察しておりまして、

常に・ずっと成功している・幸せな人というものは、

【本質】というものを常に把握し、

その本質に基づいた・合わせた言動を行い続けている人である

ということに気づきましたので、

私はこれからもこの【本質】というものに中心に

物事を捉え、残りの枝葉はTPOに応じて見たり

切り捨てて行きたいと思います。



・・・従いまして私は、今後も更に精進をし、

出来る限り身辺はシンプルにしながら、

(=余計なもの【物質・情報・権力・感情など】を持たない)

少しでも多くの徳を高め、

やがて来るあの世への旅立ちに備えるべく、

そして今、生かされている喜びを幸福に変換しながら、

楽しく生きて参りたいと考えております(ー人ー)☆


[ 12:29 ] [ 倫理法人会 ]
昨日・30日夜は、

大阪府倫理法人会月刊広報誌

『なにわニュース』でお馴染みの

“大阪案内人”西俣稔さんのコラム

「大阪の歴史と文化の街、再発見」が

連載100回となりましたので、

そのささやかなお祝いといたしまして、

自称「西俣ファミリー」が大阪府下より集結し、

西俣さんのお店「浮世小路」にて、

ささやかな記念パーティーを開催させていただきました。



なんだか“同窓会”みたいに

めちゃくちゃ盛り上がって、

楽しい時間を過ごさせていただきました。



現在は後継者に譲りましたが、

かつて私は『なにわニュース』の編集担当を

5年8ヶ月担当をさせていただき、

私が最初に担当させて頂いた平成20年12月号は

西俣さんの連載はまだ7回目でした。

ほんと、西俣さんとも共に歩ませて頂き、

教えて頂き、成長をさせて頂きました(ー人ー)☆



こんな感じで日々、

すてきな・オモロイ仲間たちと出会い、

いろんなことを教えて頂きながら

精進させてだいておりマス(^^)♪



【写真】昨晩の集合写真

(次月なにわニュースに掲載されるそうです)、

私が初めて作成担当をした平成20年12月号、

そして西俣さんの記念すべき1回目と100回目が

掲載されている『なにわニュース』。

今でも私の成長の軌跡・・・記念として、

そして膨大で貴重な情報源である

『なにわニュース』はずっとファイリングしております。


2016/09/29のBlog
[ 15:58 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
季節の変わり目は

体調不良になる人が多いと言いますが私の場合、

先日朝目が覚めたら、右下奥歯の歯茎が腫れ、

物を噛む度に痛みが起こり、それがだんだん酷くなり、

翌日夕方歯医者に行きました。



腫れている箇所をレーザー&薬を塗り・・・

今度は別の激痛が走り出し、それで合計2日程、

その脳みそから爪先までに響き渡る痛みに

囚われておりました(*_*)。



普段、おかげさまですこぶる健康ですので、

身体の痛みに対しての経験・免疫は乏しく、

歯医者さんに対して「麻酔して治療して欲しかった」

「治療後、痛み止め薬が欲しかった」と、

“ムンクの叫び状態”でしたが、

歯医者さん曰く「大橋サンの症状は比較的軽いですので、

痛み止めはいらないかと思われますが」と、

淡々冷静に正論を言われ・・・

自らがいかに大袈裟で感情的に

なっていたかを猛省いたしマシタ。。。(-.-;)。



人間、痛みに囚われますと、

複雑なことやめんどくさいことに

立ち向かう気力が減少します。

しかも口の中が痛いし、胃もなんか憂鬱な感じで、

胃の中は痛さという感情で満たされておりましたので、

食べ物は受け付けず、水ばかり飲んでいました。

食べないから余計、物事に対する気力が低下します。



そんなかんだを経て、

おかげさまで今はほぼ痛みも無くなり、

通常の生活に戻りました。



ほんと、健康の有難さをひしひし感じております。

若さに過信せず、

これからも慎重に自らの心身を扱いたいと思います。



一つだけ良いことがありました♪

それは食べなかったので、

【体重が2キロ減ったこと】です(^O^)!



【食欲の秋】を控え、

この状態をキープするのはかなり難しいですが・・・(苦笑)。



そんなすったもんだの中、

我が家の前の田んぼが稲刈りされました。

美しい実りの季節がやって参りました。

この秋、そして冬の季節も、

心身共に益々元気に・・・

その元気を普く及ぼして参りたいと思います(^人^)☆


[ 15:54 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
ご縁あって9月28日(水)夜、

“夫婦善哉”で有名な法善寺横丁にある、

法善寺(http://houzenji.jp/)に行きました。



ちょうど雨上がりで、

【美の表現者】である芸術家魂をくすぐられる・・・

映画を撮りたくなるような、

浪花の商人たちが歴史と共に紡いで来た

美しい風景がそこにありました。

行き交う人々を静かに観察しておりますと、

外国人観光客から、仕事帰りのサラリーマン達、

そして訳ありカップルまで多種多様な“登場人物”が

現れては消えてゆきました。

映画のキャスティングには困りませんネ(笑)♪



そんな都会のド真ん中に、

修験道の総本山である大峯の行者達が颯爽と登場し、

大峯界隈で聞く法螺貝&手錫杖を

バンバン鳴らし“護摩焚き”が始まりました。



法善寺には苔むされた【不動明王】が奉られており、

毎月28日は「お不動さんの日」ということで、

このようなことをされておられます。



普段は人里離れた霊峰でお見かけする修験者(行者)たちが、

都会に存在するのはかなりの違和感があると思いきや、

法善寺横丁の風景に同化しており、

それがめちゃくちゃ新鮮で新たな発見でした(^O^)☆



本来、修験者は出家制度はなく、

里(在家)の人間であります。

ですので肉を食べ酒を飲み、妻帯もします。



日常生活の合間に山(霊峰)に入り、真理真実を掴み(悟り)、

その悟りを持って里に帰り、衆生を救い高めてゆきます。



きっと昔の日本では、いたる里(人が生活する村々)で、

修験者たちがこんな感じで

自然に存在していたのだと感じました。



それが時の権力者たちや

“歴史のふるい”にかけられて、どんどん減少し、

今では都会では修験者たちを見ることはなく、

霊峰のみにかろうじて生息しているんやなと感じました。



そうなりますと、

未だ修理者が存在する法善寺さんはいかに凄いか!

と私は深い感銘を受けました。



私は法善寺さんに対して

【本来あるべきお寺の姿】を観ました。



浪花の商人たちや多様多様な旅人たちの

喜怒哀楽(念)に寄り添い、時に優しく時に厳しく、

愛と信仰によって受け容れ続けてて来られたのだと感じました。



法善寺のその法要にて、

信心深く手を合わせる都会の方々の横顔を見ながら、

私は遥か彼方の遠い過去から紡いで来られた歴史

~無限の人間の【念の蓄積】~を観、心の芯が奮え・・・

そして未来の行く末【あり方】が

観得たような手応えをチョット感じました。

本当によいご縁を頂きました。

ありがとうございました(-人-)☆


2016/09/25のBlog
[ 21:03 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
一昨日・昨日と、美味しいお料理を食べ過ぎ・・・

(やっぱり目の前に美味しいお料理が並ぶとやばいですね・笑)

なんだか身体の動きがにぶく、

ギシギシ言っている感じです。



お酒はゲコですし、

ムリクリ勧められても、飲むことはありません。

飲むとますます不調になり、

お酒の場が楽しくなくなるからです。

お酒が好きな人には理解出来ない心境です(笑)。



私は、食べ過ぎるとこう(不健康状態に)なりますので、

日々あまり食べ過ぎないようにしています。

懇親会・夕食会の参加回数も減らしています。

ほんと、霞を食べてた方(あまり食べない方)が

心身ともに健康であります(笑)♪



ということで、

今日は朝食はコーヒー&パンのみ、

昼食は、さつまいものテンプラ1つと梨1つのみ、

夕食は日頃の半分程度に抑え、その一方で

3時間くらい畑作業に勤しんでおりました。





・・・八尾の里山風景の中、せっせと草を刈り、

せっせと大地を耕してますと、

だんだん元の身体の状態に戻ってきました。

ようやく、余計な土や草を畑の端(一箇所)に

集めることが出来ました!



今日はジャガイモが芽を出していて、

うれしかったです。

ほんと、この畑で、ささやかな幸せをかみしめています♪



そして今朝からなぜか、

食べ物を噛むと、右下奥歯が痛み・・・

余計食べ物が食べにくい状態なので、

やはりこれも「食べすぎている」という

天のメッセージかと思いますので、

もうしばらくはあまり食べないように

したいと思います(ー人ー)☆


[ 15:45 ] [ 商工会議所青年部(YEG) ]
度々ご紹介させていただいております、

八尾商工会議所青年部主催

「ジュニアエコノミーカレッジ」

(略してジュニエコ)の

“まとめセミナー”が昨日24日、

八尾・久宝寺の顕証寺にて開催され、

今年度のジュニエコ事業が、

おかげさまで無事全て終了いたしました(^人^)☆



「ジュニエコ」とは商売体験を通して

【自ら決めて行動できる人材の育成プログラム】です。

(詳細→http://jec-net.com/?page_id=11



八尾市内の小学4~6年生の子どもたちを

30人(5人1チーム)集めて、模擬の“株式会社”を創り、

自分たちで販売する商品を企画・制作し、

9月11日の「やお河内音頭まつり」にて

模擬店を出し物品を販売してもらいました。



で、その後始末として昨日“まとめセミナー”を開催し、

最後“税金”を納めるべく、

八尾市長の田中誠太さんにお越し頂き、

寄附金として八尾市に“納税”してもらいました。

残りの利益は子どもたちが山分け☆ルンルンでした(笑)♪



商売に関心のある子どもたちは、

商売の先輩である青年部メンバーに商売のイロハ、

そして楽しさ・素晴らしさを教わり、

そして私たち青年部メンバーは、商売の原点、

そして人としての原点を学ぶ(振り返る)、

よい機会となっております。



そして今年度より新たな広がり(試み)として、

地元八尾にある大阪経済法科大学の

インターンシップ生2名が参加し、

私たち運営側に入ってもらいました。



大学生には商売のあり方やり方だけではなく、

私たち中小企業の営者の

“ありのまま(善悪両面です・笑)”を十二分に見てもらい、

彼ら彼女らの今後の人生の糧になって

もらえれればと願っております。



このような感じで、親(保護者&親族)や学校の先生だけではなく、

【地域ぐるみ】で地域の子どもたち(人財)を育てるという、

社会的動物・人間にふさわしい事業は、

本当に素晴らしいと感じております。



子どもたち一人ひとりの人生に、

真剣に本気で関わってあげられる大人が多ければ多いほどに、

その子どもはより高くより深く

成長していけるのではないでしょうか。



ジュニエコ事業に関わっていただきました全ての皆様、

ありがとうございました(ー人ー)☆




【写真】9月11日やお河内音頭まつりでの

実践販売並びに9月24日まとめセミナーの様子。


[ 14:54 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
今日(9月25日)は、

薄い雲間に見える青空が

とっても透き通っていて、

無限の宇宙を感じさせる

とても美しい秋の空でした。



我が家の前にある田んぼは、

稲穂がとても美しい黄金色を成していて、

収穫を待つ状態となっていて、

そこにスズメちゃんたちが

チュンチュン♪と大演奏を繰り返しています。



最近、スズメちゃんが減ったように感じており・・・

昨日、自宅ベランダでも、

スズメちゃんの亡骸があり、弔わせていただき・・・

ちょっと憂えていたのですが、

スズメちゃんたちのゲンキな鳴き声を聞いて

安心しました。



やっぱり、スズメちゃんたちのエサとなるものが無い・

あと農薬とか悪いものが含まれており、

それで、子孫反映が出来ないのでしょうか。。。?



人間は人間の楽しさ、悲しさ、侘しさがあり、

スズメもまた、そのような生き方があるねんなぁ・・・

ま、それがいいとかわるいとかはないケド。



・・・と感じた、日曜日の午後でした。




こんな感じで、秋は、

あれこれ深く考える・物思いにふけるには

ベストな季節となっていますので

また山ごもりでもしに行きたいなと考えておりマス


[ 14:50 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
八尾の町中に、

白い彼岸花を意図的に植えている

場所を見つけました。



珍しいので、撮影いたしました♪



なんだか、人間の・・・

美しい神経や骸骨のように感じるのは

私だけでしょうか?(笑)



彼岸花とは、(秋の)お彼岸の時期に咲く花だから

そのような名前をつけらたようですが、

このお花を見るたびに、

人はいつかは必ずこの世を去るということ、

そして、いつでもいつまでも、ご先祖様が

私たちを暖かく見守ってくださっていることを

教えていただいているような気がいたします(ー人ー)☆



2016/09/19のBlog
[ 21:55 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
より良く物事を遂行(徹底)する為には・・・



その前の「準備」、そしてその後の「後始末」が重要である

つまり、計画&準備→徹底・遂行→後始末&検証

という物事のサイクル全部が

スムーズに行われてこそ、よりよいことが遂行出来る

ということです。



しかしながら、周りの人たちを

静かに観察いたしますと、

目に見える・また人様に見える「遂行」のみ

ちゃんとしようとしている人が多いように感じています。



そのような人のカバンや財布の中、机の上などを見ますと

ぐじゃぐじゃで

必要なもの・必要でないもの、すぐ必要になるもの・

今すぐには必要でないものの整理整頓、

そして必要なものをすぐに取り出せるように

清掃もされていません。



恐らく、その人の頭の中・心の中もごちゃごちゃしていて、

どうにでもいいことにこだわっていたり、

必要なことをスコン!と忘れてしまったりしているように観得ます。



つまり、【迷走台風】の如く、

人生全体が目的(ゴール)を見失って迷走し、

その場その場の風、雰囲気・・・惰性で生き、

何も成さない・罪を犯し続け人生の露頭に迷い

転落人生に傾いているように観得ます(ー人ー)。



私は、無限のように感じて、実は有限な

自らの人生(=命ある時間)をより効率よく

的確且つスピーディーにこなすために

日々、あれこれと試行錯誤しています。



その中で常に意識していることが上記の

準備と後始末を徹底して実践するということです。



先日ブログにも記載いたしましたが、

分かりやすい事例で、自分の畑のことを

記載させていただきましたが、

今から半年以上先・ゴールデンウィークの収穫に向けて今、

イチゴちゃんの収穫高を最高MAXにするために、

自宅ベランダでイチゴ苗を200株程育てています。



現在、畑の畝でもイチゴの苗を植えていますが、

根がつかず枯れてしまうものや、

より広いスペースにイチゴ苗を植える予定ですので、

そのスペースが開墾出来てから、

この苗を移植する予定でいます。

こんな感じで、来年5月の収穫に向けて

準備を重ねています。



次に、昨日畑で作業をしておりますと、

雨上がりでしたので、

畑道具が見事に泥まみれになってしまいました。

日暮れまで畑で作業していましたので、

自宅に泥で汚れた道具一式を持って帰り、

翌日外の水道で綺麗に洗い、乾かしています。



このように、使った道具を感謝の心で洗い清め、

元あった収納場所に返し、

後始末を万全にしておきますと、

次の物事を遂行するための「準備」にもなり、

次にそれらの道具を使う作業が

スムーズに進めることが可能になります。




あと、昨日は雨天でしたので、

使った傘も綺麗に今日、乾かしておきました。

例え安価なビニール傘でも、

心を込めて常に綺麗にしております。



すると、長持ちしてくれるし、

長期間、私のために使われてくれます(ー人ー)☆



先日、同じようなビニール傘を

喫茶店の傘置き場で

見知らぬおにいさんが、

危うく私のを持って行かれそうなところを、

それに直感的に気づき、

「それは私のです」と主張させていただき、

私の気概に負けたおにいさんが、尻尾巻いて去って行きました。



そのおにいさんのものと思われるビニール傘は、

ぐじゃぐじゃになって壊れかけていて、

それで綺麗な状態だった私のビニール傘を

持って帰ろうとしたのです。



もしかしたら、

そのおにいさんが実際持ってきた傘を

私たちより前に喫茶店にいた誰かが

そのぐじゃぐじゃのビニール傘と引き換えに

そのおにいさんの傘を頂戴して帰ったかも知れませんが、

それはそれとして・・・



事実として、そのおにいさんが持って帰ろうとした傘は

私がいつも綺麗に持っている傘であることは間違いないので、

いくらおにいさんが困惑した顔をしても、

私は自らの主張を、一切曲げませんでした。

(ただ、言い方は怒り心頭ではなく、笑顔を保ってましたが・・・?笑)



私は、結局は日々の修行(善行)の積み重ねが

よりよい心、よりよい瞬間的判断、

よりよい行動・即ちよりよい人生を

創造してゆくと認識しています。



・・・従いまして、以上のようなことは、

本当にささやかな日々の小さな出来事であり、

物事ではありますが、

私はこのような小さな日々の出来事を

軽く見る・軽く扱うことなく、

真剣勝負・真っ向勝負で体当たりし続けて参りたいと

日々考えて生きております。


2016/09/18のBlog
夏の暑さが和らいだ頃、

そして季節の変わり目の雨天の日が

多くなって来た今頃は、

夏野菜の収穫もボチボチ終わり・・・

冬・春野菜の植え付け(準備)に大忙しいです。

季節は、怠慢なワタクシを待ってはくれませーんっ(>0<)☆



今日のマイ畑からは綺麗な大阪平野に加え、

遠く淡路島まで見えましたし、

更に彼岸花も綺麗に咲いていましたが、

ゆっくり眺めることは老後

(40年くらい先)まで取っておいて、

若かりし今はひたすらマッハで

畑作業に没頭デスっ(^0^)☆



先日新たに開墾し独立・分離させた斜面沿いの畝に、

ジャガイモを植えたのに続き、

昨日は白菜とブロッコリーの苗を植えました。

これらは植えた後、虫に葉っぱを食べられないように、

白いビニールで囲っています

(が、今日見るとやっぱりチョット

食べられてマシタ。。。ーー;)。



次に一ヶ月前に、肥料をあげ、

その上に枯れ草を置いて放置していた畝

(元々イチゴちゃんを植えていた畝)に、

今日、大根の種を植えました。

種を撒く日はこんな雨降りが続く日が

良いと感覚的に思ってますので、

こんな天候の日をずっと待っていました♪



その他、畑奥にも少しスペースがありましたので、

そこにホウレンソウの種を撒きました。

これから11月中頃まで一ヶ月置きに種を撒いて、

長期間収穫を楽しみたいと思います

(ホウレンソウは寒さに強いお野菜なので、

そんなやり方が出来るそうです)。



そして昨年、移植(定植)時期が

12月にずれ込んでしまったせいで、

収穫高が少なかったイチゴちゃんを、

今のこの時期にせっせと移植作業を行っています。

今月中に全部終わらせる決意でおります。



で、もしも移植したイチゴちゃんが枯れてしまっても、

自宅ベランダにて200株程、

イチゴちゃんの苗を作ってますので、

正に【準備万端】でゴザイマス~(にゃっはっ ^0^)!!!



来年ゴールデンウィーク頃収穫のイチゴちゃん・・・

最高MAXの収穫高を目指しています。

その為にも、昨年までの失敗を繰り返さず、

活かさなければとハリキッテおります☆



こんな感じで、畑作業が予定通り進んでおりますと、

おシゴトもその他のこと(各種団体の活動など)も

全部予定通り&スムーズに進むから不思議です(笑)。



それに、畑作業でせっせと土いじりしてますと、

何だかとってもいい汗をかいて、地面・地球に

“アース(放電)”している感じで、

日頃パソコンいじりまくっている私の体内から

良からぬ電磁波(=余計な気、感情含む)が

抜けて行く感じで、とっても清々しいです(^人^)♪



そして、最近思うことは、

世の中には美味しい食べ物があふれていますが、

この世で最も美味しいものは、

自分が精魂込めて土づくりから行っているお野菜だと、

つくづく感じています。



ほんと日々、良い修行(気づきと実践)を

この畑でもさせていただいております(ー人ー)☆



2016/09/16のBlog
[ 21:02 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
昨日、自転車に乗ろうとすると

サドルが歪んでいたので、コチョコチョ直していると、

後輪(ゴムの部分)に1~数センチの

ヒビが無数に入っていることに気づき

「これは自転車修理に詳しくない私でも【ヤバイ】な」

と感じました。



用事を一つこなしてから自転車屋さんに行き

おじさんに言われた言葉・・・



「破裂するのも時間の問題ですね。

急いでいる・焦って時間がない時程に

パンクしてしまうモンですからね」。



成程☆

やはり、娑婆(世の中)の摂理・法則は

そのように出来てるんですね(^^;)。



平日は何かと忙しいので、

土日まで待って修理に行こうかとも思いましたが、

(つまり【先延ばし】というヤツです・笑)

すぐ行くことにしました。



平日なんでお客さんはおらず、

たった10分で修理完了し次の用事に行くことが出来ました。

なんでも【気づいた時にさっと処理すること】が

大切だと再認識した出来事となりました。





・・・最近思うことがあります。

身辺並びにココロは常に出来る限り

【シンプル】にしておかなければならないということです。



あれもこれもと物や情報、人間関係ややるべきこと、

そしてスケジュールを抱え込み過ぎると、

後回しにした後忘れてしまったり、

結局どれも中途半端になったり、

心身共にしんどくなったり・・・結局不幸に陥って行きます。



自らの【器】を遥かに越える、

各種意味無意味なものを抱え込んで、

自らを自滅に落としている人は多いように感じております。



半年後に40歳を迎える私は、

【あれもこれも(広く浅く)】は卒業して、

自らに与えられた“使命役割”に一点集中し、

それに必要なもの(人間関係・情報・物質・そして意識や心)のみを

心の中心(人生の中心)に持って生きてゆくべきだと考えております。



【四十にして惑わず】という孔子の言葉のその真意は、

そのようなことなんだと、40歳を迎えるにあたり、認識しております。



一方、40歳を越えてもあれもこれもと魂が浮遊し、

他者依存をして、己の足で己自身の人生を

歩んでいない人間を静かに観察致しますと、

【1.自分に自信がない(不信)他者の評価が気になる】

【2.自分を過信している・煩悩が強い、わがまま】

【3.己がない・見失っている、

その日暮らし・その時々の思いつきで生きている】

以上3つのタイプが存在するような気がしております。

(ホンマかどうかは?でゴザイマス・笑♪)



人生は長いようで短い。

またいつ終わるか分からない

【一日一生】であります。



“朝生まれ夜死ぬ”という気概で持って、

毎日希望と情熱、そして生かされているという

感謝の念を持って生きていかなければ

ならないと考えております。。。(ー人ー)☆

「老いはみんなに訪れる けれど 成長は望む人にのみ訪れる」



・・・という、ご近所にある植松観音堂の扉に貼られた御言葉。

成程。。。☆



最近、ちょっとぼやいていたことがあります(笑)。

ここ数日、

自転車のタイヤが摩耗し取り替え・・・

自転車のカゴを固定するネジなどが緩み・・・

自宅部屋の電球が切れ・・・

同じく掛時計の電池が切れ・・・

んでもって、マイ畑は、取っても取っても雑草が生え・・・

何やかんやと元通り戻す処置が、

正直メンドクサイで~す(ーー;)★笑



そして、

ふっ・・・と思ってしまうこと、それは



「永遠に切れない電池や電球、

永遠に緩まないネジ、

永遠にパンクしないタイヤ、

永遠に雑草の生えない畑は存在しないのか!!?」

ということをっ(>0< 笑)!!!



だけど、よくよく考えてみれば、

この地球上で

【永遠に同じ状態で存在しうるもの】

な~んて一つも存在しない訳で・・・

未来永劫変化のしないものを求めること自体、

人間の愚かさ・無知なところやな・・・と密かに反省っ(^^;)。



全てが変わるこの娑婆に生きながら、

自らが何を変え

また何を変えずに生きてゆくべきか。。。?



まずは足元の各種雑務を的確にこなしながら

日々模索中で・・・

この模索する日々こそが、

かけがえのない人生、

そのものなんだと感じております(^^)♪


2016/09/13のBlog
9月13日(火)10時~15時まで、

高松レクザムホール(大ホール)にて、

四国八十八ヶ所霊場会(http://www.88shikokuhenro.jp/

主催の先達大会が開催され、

全国各地より1000人を越える公認先達が集いました。

ほんと、お四国の先達のコミュニティは

めちゃくちゃ大きい&凄いです(>0<)☆



先達大会は毎年開催され、

基本的には霊場会の会長がおられる県で

開催されるとのことです。

私が先達になり2年目ですので、

2回目の参加となります。

今回の高松訪問のメインがこれになります。



今後もご縁が続く限り、

この“公認先達行”を通して、

我が人生遍路道を曲がりなりにも精進し、

極めて参りたいと改めて感じた時間となりました(ー人ー)☆




先達大会後は、

家庭倫理の会高松市の浮田会長と再度お会いし、

大阪に戻る高速バスの出発時間まで

ワイワイお話しさせていただきました(^0^)!

このような感じで、

「お四国」にいろんなご縁があり・・・

本当に有難いと感じております。


[ 08:42 ] [ ぶらり旅日記 ]
最近、高松で宿泊する際は

「若葉屋(http://wakabaya.main.jp/)」

という名前の“ゲストハウス”に

泊まっていました(^^)♪

(知人で香川県庁にお勤めの

おにいさんに紹介して頂きました)



最初は“ゲストハウス”という

見ず知らずの旅人と距離の近い宿泊施設に

拒絶反応がありましたが、

この「若葉屋」は閑静な住宅地の中にあり、

世界各国の“ゲストハウス”を使って旅をしたことのある

旅人の気持ちが分かる若いおにいさんが

経営されていることもあり、

更にそのおにいさん家族が暮らす家と

ドッキングしているという安心感もあり、

そして和ベースのとっても綺麗な場所だけあって、

とても気に入っています。

しかも無料の駐車場スペースもあり、値段もお手頃です。

(私はいつも4畳個室・3500円に泊まってます)



リピーターですので、

おにいさんといつも馴れ馴れしく会話をし、

あれこれ教えてくださいます。



旅の醍醐味として、

普段会うことのない旅先の人と

あれこれお話しすることはとてもいい刺激・経験になり、

見聞が広がります。

この若葉屋さんには、遍路道が近いだけあり、

お遍路さんも来るそうです。



おにいさんに聞いた話の一つが、

おにいさんがこのゲストハウスを開業した時には、

2軒しかなかったそうですが、

現在は9軒に増えているそうです。



それだけ、需要があるということ=

観光客が増えていることのようです。

とてもいいことですよね。



とりわけ瀬戸内国際芸術祭の開催時期は

満員御礼の日が多いそうで、

その日は突如やって来た歩きお遍路さんの

宿泊を断ってしまうことが

あるそうですが、

それは残りの8軒(近い順番)に電話をして、
ちゃんと歩きお遍路さんがどこかに泊まれるように、

されているとのことです(^^)。



13日翌朝5時からは、

家庭倫理の会高松市の「おはよう倫理塾」に参加し、

四国八十八ヶ所霊場&公認先達についての

体験報告をさせて頂きました。



ひょんなご縁から

家庭倫理の会高松市の浮田会長とご縁頂き、

今回参加させていただきました。



浮田さんとは、午後からもお会いし、

ゆっくりお話しさせていただきます。



ちなみに、倫理研究所発刊の

『新世』の最新号(10月号)に

浮田会長の体験報告が載っています。


こんな感じで、高松旅を

マンキツさせていただいております(^人^)☆


2016/09/12のBlog
[ 21:58 ] [ ぶらり旅日記 ]
高松に着きました。

高松に行くにあたり、

一度行ってみたかったのが高松駅近くにある

「高松丸亀町商店街」。

(※四国遍路でしょっちゅう高松は通っていますが、

通るだけでじっとしていません^^;)



寂れゆく商店街の活性化は

全国各地の商店街で求められていることですが、

この商店街はその成功事例として有名になりました。



実際歩いてみて感じたことは、

やはり商店街の活性化というものは、

そこで商いをする人たちの熱意がないと

アカンなということです。



まず始めに商店主の方々が本気・命がけでやらな

アカン事業だということです。

時間が空いたとき片手間でやるとかは

もっての外だということです。



次に、商店主の方々がその情熱で持って、

行政や市民など、多くの人を仲間にする・

巻き込まなければならないということです。



つまり、商店主の商売繁盛(利益)だけではなく、

商店街に関わる人・その町にいる人

みんなが何らかの幸福を手にするような

場所にしなければならないということです。



その周辺にある他の商店街も

いっぱい歩いてきました。

見知らぬ町を散策し、

いろんな人と出会うのは、本当に面白いです(^^)♪




【高松丸亀町商店街】について↓

http://www.kame3.jp/redevelopment/



香川県も他地域同様、人口減少をしており、

2010年頃に人口100万人を切り、

危機感がハンパないということです。



香川県は、①讃岐うどん【うどん県】、

②四国遍路、そして③瀬戸内国際芸術祭

(3年に1度、今年がそれに当たります。

http://setouchi-artfest.jp/)の3つを柱に、

日本国内世界各国(とりわけ台湾と香港)に積極的に売り込み、

外部から人を呼んでくる施策にチャレンジしているそうです。

ですので、台湾・香港などからLCCが

高松空港に直行で飛んでいます。



ほんと(個人差はありますが)地方の方々の危機感、

そして地域愛はハンパなく、凄いです。

私を含む大阪人はその点、危機感が乏しく、

あらゆる事に対して不純(=自己中心的)であり、

そしていろんな意味で中途半端だということが、

外に出て良く分かります。

ぶらり旅ですが、すべてにおいてよき勉強、学びです(ー人ー)☆



[ 16:08 ] [ 八尾中央産業クラブ ]
私が暮らす大阪府八尾市で最も大きなお祭りは

「やお河内音頭まつり」です。

http://www.yaokawachiondo.com/



11日お昼、枚岡神社での

「巫女研修」が終わった後、

お祭りの会場である久宝寺緑地に行きました。

まず、現在書記長拝命中の「八尾中央産業クラブ」の

先輩方がパレードにご参加ということですので、

写真撮影をさせていただきました。



私はとにかく「踊り」がニガテ

ですので、写真担当か

プラカード持ち担当ですが、

今年のプラカードは、

(私が間に合わない可能性があったので)

谷会長に持って頂きました(笑)!



ほんと、

みなさん楽しそうに踊っておられ、

すてきでした。。。(*^^*)♪



他にも、いつもお世話になっている方々が

会場にお越しなられていたので、

順番にご挨拶などさせていただきました(^人^)☆

この手の大きなイベントは、

知人縁者が一堂に集まり、ご挨拶などが一度に済むから

とってもイイ感じです(笑)。



そして、先日もご報告させていただきましたが、

八尾商工会議所青年部主催「ジュニアエコノミーカレッジ」に

参加している子どもたちが、実践販売ということで、

このお祭り内で模擬店を出して、一所懸命がんばっていました!

その模様はまた後日の「まとめセミナー」と併せて

ご報告をさせていただきたいなと思います♪


[ 15:34 ] [ 人生、修行です。 ]
9月10日午後から11日お昼まで、

私が暮らす八尾・河内國一之宮

「枚岡神社(http://www.hiraoka-jinja.org/)」にて、

やる気さえあればいくつでも【巫女さん】になれる

巫女研修に行ってきましたぁ~(^^)♪



初級・中級は3~5年前に受けたので、

すっかり忘却の彼方でしたが(笑)、

いろいろ気づきの多い2日間でした。



まず巫女スタイルに化け、

一般の人が入れない本殿境内の草取り♪

私はこの巫女研修で唯一得意で

“優等生”だったのが、この草取り(笑)。



やっぱり私は農業の血筋なんで、

今後も農業ガンバロウと思いマシタ~(^^)♪



今回の巫女研修で確信を得たことは、

人間には向き不向き【個性や役割】というものがあり、

私はつくづく“巫女”というものには

向いていないなぁということデス(*_*)笑☆



では何故私が巫女研修に・・・

しかもわざわざ上級まで参加したかと言いますと、

巫女というチョット深くて特別な立場に分け入って、

【神道】という日本古来の精神世界

(我々日本人の根本的あり方・生き方)を

覗いてみたいと思ったからです。



現在の日本は幕末のような時代の節目

【終末期】にあります。

終末期は混迷を深めます。

人間が道に迷った時は

「道を間違えた場所(元いた場所)まで戻ること」が必要です。

私は日頃より仏教系アプローチでは

(曲がりなりにですが)、

日本人としてのあるべき姿を探求し続けておりますが、

神道的アプローチはお朔参りに

氏神さま&三輪さんに参ることくらいしかしておらず、

一歩突っ込んだ実践を通して

神道を味わってみたかったのです。

私は決して巫女願望はゴザイマセン(*_*)笑。



・・・草取りに続き、本殿前で大祓詞奏上&瞑想。

清らかな気を感じココロは気持ちいいながらも、

正座がキツイので、途中から足をくずしマシタ・・・(*_*)。

とにかく私は長時間じーとすることがニガテです(涙)。



巫女研修の参加者の方々ってみなさん、

巫女願望の強い=即ち大の神道好き&

強いスピリチュアル系女性ばかりでしたので、

ずっと正座し微動だせず大祓詞を

スラスラ言える人ばかりで・・・私はかなり劣等生状態っ(笑)。

その劣等生感を抱きつつ、

次はこれまた私がニガテな【禊】っ(*_*)☆



厳密に言うと、私は【水】がイヤなんです。

プールも川も海もイヤです。

温泉は好きですが(笑)。

とにかく私は水で罪穢れを祓うのではなく、

歩き遍路行やゴマダキとかでやりたいタイプです。

私は【神仏習合型・行者タイプ】です。



ま、ハラ決めて禊をしますと、

それはそれでいいのですが、

「神道の禊はこんな感じやねんな」と

覗き見させて頂いた感じです。

また仏教系の禊とは全然違うやり方&スタンスで、

めちゃくちゃ新鮮でしたぁ~(^O^)。



そして私がニガテなものの極めつけが【祝詞奏上】

つまり“踊り”なんです(*_*)!!!

私は昔から踊り・ダンスが大のニガテです。

見聞きしたものを、踊りというもので身体で表現出来る

スキル能力が極端に私は欠けております(*_*)。

とにかく学校の授業や子供会の出し物の踊り時代から

好きではありませんでした(*_*)☆



そしてそして!【極めつけの極めつけ】が、

巫女という役割の人は、

常に女性らしく清く正しく美しく、

そしてしなやかで穏やかでないといけないということで・・・

私はそれが出来ません(*_*)笑☆



「たまに」「ここぞと言う時」だけなら出来ますが、

「常に」が出来ません(*_*)☆



例えば巫女の私の元に、

ある河内のチャラいニーチャン達が

「ネーチャン。商売繁盛の祈祷たのむわー」ってやって来たら、

私はブチッ☆と切れて、

「オマエラみたいなチャラいヤツの商売なんて、

祈祷してもせんでも成功する訳ないやんケ~ボケ~!」って、

つい本音が出て来てしまいそうです(笑)♪



もしかしたら私が世の中で最もニガテなのが

【女性らしくする】ことなのかも知れないなぁ・・・と

まざまざと気づかせて頂いた機会にもなりました(^^;)。




以上楽しくも徒然なるままに記載させて頂いた

他愛なる巫女研修体験報告ですが、

神道という日本人としてのあるべき道(姿)とは、

実は至ってシンプルであり、自然体なんだと感じました。



山に存在する一木一草のように

【自然に還る】ことが神道なんだと感じました。



その為に私たち人間は【罪・穢】を祓い続けなければならない、

“鏡”のように物事をありのまま見えるように、

心身を磨きながら魂を磨き続けなければ

ならないということなんだと感じました。



磨きの足らないまたくすんだり汚れている鏡では

“ありのまま”が見えず、

清く正しく美しい判断や行動は出来ず、

自他の人生自体もくすみ澱み、

ますます汚(穢)れたものが還って来て、

よりよい人生が歩めないということかと感じました。



このような神道という精神を継承する為の場所・

【見える化】したものが神社という施設なんだと思いました。



あと、健全な精神を維持する為には健全な肉体が必要であり、

人間にとってあるべき各種衣食住も

神社の内外に継承し続けているようですね。



おかげさまで今回もいい経験をさせて頂きました。

中東宮司を始め、皆様に篤く御礼申し上げます(^人^) ☆


[ 15:19 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
巫女研修に行く前、マイ畑に寄り、

前々から計画し、念願だった

「畝改造」を実施いたしましたぁ~(^O^)!



私がお借りしている畑は東側が斜面になっており、

斜面並びに斜面下がいちご畑やったんですが、

斜面が高さ1メートル50センチを越え

しかも斜面下の平らな畑(畝)が、幅1メートル越えると、

斜面のいちごのメンテナンスがめちゃくちゃしづらく、

斜面が草ボーボーになり、

いちごが枯れたり雑草に負けたりしていました。



そこで斜面が高い場所に新たに畝と畝間(通路)を作り、

そこにジャガイモを植えました。



ジャガイモを植え、また畝間を増設した分、

いちごの耕作面積は減りましたが、

斜面のいちごのメンテナンスを徹底することにより、

減った分の収穫高は補えると想定しています(^^)♪



こんな感じで、自分が描く畑像へとだんだん近づきながら、

終わりなき自らの【畑道・はたけどう】を

少しずつ極めて参ります(^人^)☆

2016/09/07のBlog
[ 20:54 ] [ 人生、修行です。 ]
自宅側にある

小さな田んぼ沿いの道に、

どこから飛んで来たのか・・・

かわいいお花が咲いていました(*^^*)



ほんと、けなげで美しい・・・

バラや桜のような華やかさはないけど、

私たち人間に【何か大切なこと】を

こっそり教えてくれているような気がします。



花の写真を撮り終え、空を見上げると、

東の空に大きな入道雲が☆



あの大きな雲の下にいる人たちは

大変なんでしょうけど、

この夏の雲は、とってもエネルギッシュで

生きているということの凄さを

教えてくれているような気がしました。



・・・こんな感じで、

日々、身近なところ(自然)から、

いろいろなことを

教えていただいております(^人^)☆