ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3740件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2016/06/27のBlog
たった1リットルの「水」で、

500km走れるバイクが登場!?したとのことですっ



http://tabi-labo.com/164798/water-bike/



もしもこれ↑が本当であれば、

当然のことながら、自動車などにも応用可能であり、

そうなれば、石油で動く車もハイブリットカーも

全部いらなくなりますねぇ~



っていうか、水で動くシステムは、

ずっと前に既に発明されていたようですが、

石油で食っている権力者達【既得権益者】に、

ことごとく抹消され続けていたそうですが、

これだけ情報化社会が進んで参りますと、

もう抹消とか出来ないみたいですね。 ムフフ。



[ 22:09 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
確か、八尾の経営者

(商工会議所青年部&倫理法人会)の

大先輩・上能さんより最初に聴いたかと思いますが、

以下の「鎌を研ぐ話」が結構気に入っております(^^)♪


-----------------


1日目、若い木こりは10本の木を切り倒した。

鎌は鋭く、彼は力持ちで元気だった。

2日目、彼はまた一生懸命働いた。

実は彼は1日目より働いたのだが、

切り倒せた木は8本だった。

次の日はもっと早くから始めようと思って、

その日は早く切り上げ、翌日はぎりぎり一杯働いた。

しかし、7本切り倒すのがやっとだった。



次の日、切り倒せたのは5本だった。

5日目にはたったの3本になってしまった。

しかも、日暮れまで働いて疲労困ぱいに達していた。



次の日も早朝も、気が狂わんばかりに働く彼に、

通りがかった老人が言った。

「いったん手を休めて鎌を研いだらどうかね?」

しかし木こりは「駄目だ。木を切るので手が一杯だよ!」と答えた。



実は、私達もこの「木こり」と同じことをやっているのではないか、

やっていることに夢中になって、その仕事を容易に、

迅速にするための手段を取らないのだ。



-----------------


人生において、鎌を使ってせっせと仕事をするのが「陽」、

鎌を研ぐ時間(仕事等で成功を掴み続ける為に必要なあらゆる準備)が

「陰」かと思われます。



一人の人間や一つの組織の中で、

この陰陽がバランス良く調和された状態になっている時に、

目に見える仕事(陽)の成果が得られ続けるのだと感じています。



ちなみに、よしこちゃんが先日・6月1日に三輪大社の露店で

ゲットしました手打ち鎌(写真のもの)で、

草以外にも、自分の手のひらや長靴をざっくり切り・・・

切れ過ぎて『こまどり姉妹』状態です(ー0ー;)★



切れ過ぎも、ちょっと問題ありだと、身を持って体験いたしました。。。笑


2016/06/26のBlog
[ 22:34 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
6月26日(日)。

ひさしぶりに見るアッパレな晴天~っ



ここぞとばかりに、晴天でやった方がいいことを

だ~~~~~っ!!!とさせて頂きました



その最たるものが「洗車」です(笑)。



ずっと雨やホコリでジメジメ汚れており・・・

車ですので、電気系統も搭載されておりますので、

水分は大敵ですので、綺麗にお掃除した後は、

天日干し(?)させていただきました。。。スッキリ(ー人ー)☆



あと、ご近所にある父方のお墓参りに行き、

綺麗スッキリお掃除いたしました。

そのお墓は所謂「共同墓地」で、

阿弥陀如来様がまつられているちょっとしたお堂があるのですが、

そこの右側が何だか【動物(猫)のニオイ】がし、

あまりよろしくない【気】を感じましたので、

お墓の管理人さんではないのですが(笑)、

誰もおられなかったので、

コッソリ&マッハ&綺麗に掃き掃除し、

水をまき、そして塩をガンガン☆まいておきました。

(塩はお墓参りの必需品で、お墓(先祖の居場所)をはき清める為に持参しています)

きっと雨続きで、管理人さんたちがお掃除する(はき清める)タイミングがなく、

それで動物のちょっとしたたまり場になっていたようですね。





・・・他にも、久しぶりに、外回りの道のお掃除を

火バサミとゴミ袋を持ってさせていただきました。



すると、ビンが割れたものが、道路に散乱していましたので、

ホウキ&チリトリを急遽持ち出し、綺麗に回収させていただきました。



以前、自転車に乗ってますと、急に前輪から「パンっ!」と大きな音が鳴って

自転車がパンクしたことがありました。

たまたま500メートルくらい先に、自転車屋さんがあったので、

事無きを得ましたが、おそらく道に、何か尖ったものが落ちていて、

それを踏んでパンクしたのだと思います。



こんな感じで、私がビンの破片を回収することにより、

誰かが助かるということは、

つなり私も、誰かが道を綺麗に掃除して下さっているおかげで、

私の自転車や自動車、そして歩いている時に

あれこれと助かっていることも多々あるんやろうなぁ。。。って

普段は見えない【おかげさまの力】を感じた次第です(ー人ー)☆





こんな感じでこれからも出来る範囲で、

自分の居場所や道具、そしてその周りを

綺麗にはき清め続けて参りたいと思います


2016/06/25のBlog
[ 21:31 ] [ よしこちゃんのぼやき ]



「私の人生に老後はない」



ご近所の、植松観音堂の入口に

貼ってあったお言葉です。



なるほど。。。☆



私も、その勢いで、人生謳歌し倒したいですっ



その貼り紙を見た後、

八尾駅に向かうと、

ネコちゃんが、のんびり道に座っていました。

さすがコテコテ&古き良き・・・

八尾ならではの風景です(笑)。



いやはや。。。



私も、このネコちゃんのように、

のんびり、そしてどっしり生きたいですワ~


最近、ますます娑婆(日本国内外)が

騒がしくなっています。



厳密に言うと、悪魔が?

彷徨える霊魂が?ゴソゴソと、

本格的に仕掛けて来たか?!

神・仏は一体どこに行ってしまったのか???



罪深き我々人間が暮らすこの娑婆の浄化の為に、

ゆっくり登っていたジェットコースターが

いよいよ一気に急降下か?・・・「終わりの始まり」のスタートか?



安倍首相は、我が国にも今回の風

(嵐。欧米諸国の“ガラガラポン”現象)が

来ることが分かっていて、

それで「消費税を8%に据え置く」と、

伊勢志摩サミットの後おっしゃったのが、今になって納得。



確かに今の世の中、流れが早いので、

数年前の常識(正しいと一般的に思われていたこと)が

もう非常識(間違い)になったりもするでしょう。



とにもかくにも全ては「これから」であり、

私たち日本人の魂【心の準備並びに覚悟】が

問われるような気がいたします。





そんな中、ふっ・・・と都会(娑婆)を出たくなり、

近場(南紀白浜界隈)の太平洋を見たくなって、

少し篭りに行っていました。



太平洋の波の音や大気(地球の呼吸)を感じながら、

自分たちには、まだ【可能性】が残されていると安心(*^^*)♪



太平洋を一望出来るホテルに一泊した後、

あれこれすることあるし、

すぐに娑婆(都会)に戻ろうかと思いましたが、

ふっ・・・と『“お大師さん”に会いに行きたい』と思い、

高速道路(有田・和歌山市経由)ではなく、

ひたすら100キロの山道を北上・紀伊半島を縦断し、

高野山奥之院へ行きました。



ここにはどっしりと仏様がおられ、

「日本(人)はまだ見捨てられていない」と、ほっといたしました(笑)。




奥之院へ行く途中、紀伊半島の

美しい山々を満喫しながら思ったこと・・・

それは「紀州」の「紀の国」とは当て字で、

実は「木の国」なんや・・・という実感です。



また、「気(エネルギー)の国」だとも感じました。



そんな肥沃なエネルギーあふれる地、だからこそ、

江戸時代は幕府・徳川家(紀州徳川家)が

治めたんだと思いました。





私たちが生まれる前からずっと、

この山々に杉などの材木やエネルギーになる木を植え続けて来た、

先人たちの途方も無い努力の結晶に思いを馳せ、

改めて我が国・日本の悠久の歴史並びに先人達の凄さを感じ、

そこに“カミ”を観た次第です(ー人ー)。




もしも石油や石炭などのエネルギー資源が輸入出来なくなったとしても、

紀伊半島を始め日本各地に生えまくっている

(現代は放置され、荒れまくっている)

これらの木々の間伐をし、そして先人たちがやっていたように、

またどんどん植えて行けば、エネルギーに関しても、

自給自足は可能だと感じました。

先人たちの智慧と今を生きる人達の智慧を合一させれば、

何があってもいつか必ず、どうにでも良くなって行くでしょう。



私たち日本人の、発想・価値観の転換

【精神革命を興すこと・魂の覚醒】が、

所謂“神”という絶対的存在より強烈に求められていると感じます。




・・・こんな感じで最近ますます“風”の赴くままに感じ、

旅をしております(笑)。




写真:木の国の山々の風景(国道371号線・護摩壇山界隈)、

そして高野山奥之院の御廟の橋より「弘法大師御廟」を望む。


2016/06/19のBlog
[ 13:03 ] [ 遍路修行日記 ]
今回の四国旅で感じたことがありました。



私がこの四国遍路にご縁頂いたのが、

29歳の終わりで、29歳の夏頃に、

「30代以降の自分の為に、四国遍路行をする」と

決意いたしました。

自らの決意にて敢えて、『茨の道』を選んだ次第です。



その大きな決断、

そしてこの過去10年間の実践・修行が、

今の私を陰で支え続けてくれています。



私の人生において、

四国遍路等の霊峰・霊場での修行は

【人生の財産】になっています。

最初は茨の道だと思った道が、

実は幸福へのまっすぐの道だったのだと、

今になって分かりました。

ほんと、これら日本古来の修行の道は

【日本人の智慧の結晶】だと思います。



あの決断の日から丸10年が経とうとしています・・・

「10年ひと昔」。

来年の3月に40歳を迎えるにあたり、

「40歳以降の自分の為に」と何かをしたいと

じわー・・・と感じて来ました。



体力は20代に比べれば、

ゆるやかに落ちていることは感じています。

老いというものは人間の力ではどうしようも出来ません。



だけど「氣」は今が一番充実しています。

この「氣」というものは、

私がこの娑婆を去る瞬間が

最も充実していたいと思い、

そのために、各種修行をし続けたいと思っています。


また、「氣」を充実させることによって、

「ぶれない」そして「しなやか」な・・・

風が吹いてもポキッ!と折れず、

風を受けてぶらぶらなびく『竹』のような

人間になって来たように感じています。

決して不信でも過信でもない【自信】と

いうものを爽やかに今、感じています。





・・・10年前の私であれば、

出かけようとして雨が降って来たら、

「ああ、自分は何てツイてないんや」とか

「自分の日々の行いの何が悪いねんや」と

嘆いて悲しんだり、責めたり怒っていましたが、

今は、そこに自らの感情は挟まずに淡々と・・・

「あ。雨が降って来たな。

じゃー、傘を差して出かけよう。」と

家を出るという自分がそこにおります。

これは天の気だけではなく、

他人様とのやり取りでも同じです。



他人様の感情や意志、

また天気のような【天の気・意志】は

自分自身の力では変えることは出来ません。

だけど、自分の感情や意志、そして行動は、

自分の手によって柔軟に変えることが出来ます。



たとえば、相手の人間が、

こちら側は一切非がないにも関わらず、

自分にひどい言葉や行動をして来たとしても、

その罪を償うべきなのは相手であるので、

自分がいつまでも悲しんだり怒る必要はなく、

自分が直接相手に手(制裁)を下さなくても、

時間差はあっても、

相手は必ずその罪を清算しなければならず、

そのことに気づかず罪を作り続けている人間は、

誰かに潰されるか自滅し、

あの世に往ったら、

この娑婆よりもケタ違いの地獄を観るのです。

そんな絶対的法則も観得て参りました。





・・・とにもかくにも私は、自分の感情や意志に、

周りを合わせて貰おうとする「我儘な心」は捨てて、

あるとあらゆる自分自身以外の

他者(大自然)の流れに合わせる・・・

調和させる生き方をこれからもますます体得していくことが、

結局は自らの幸福にまっすぐ繋がるのだということが分かりました。



この私の肉体的年齢で、このことが分かって来たことが、

私の人生において最たる

【ギフト(幸福)】なのではと感じています。



十五にして学に志す

三十にして立つ

四十にして惑わず

五十にして天命を知る

六十にして耳順う

七十にして心の欲する所に従えども、のりをこえず




・・・という孔子の言葉がありますが、

なるほどなぁ・・・って感じています。



これからも、そんな生き方を淡々と

歩んで参りたいと思います(ー人ー)。



[ 11:25 ] [ 遍路修行日記 ]
昨晩、おかげさまで無事八尾に戻って来ました♪

とりいそぎ、旅のご報告を。。。



----------------------------



6月17日(金)。

朝5時半から善通寺の「朝のお勤め」に参加するなど、

善通寺を思い存分お参りさせて頂きました。

善通寺は弘法大師空海がお生まれになられた、

由緒ある場所です。



その後「善通寺駅」まで歩いて移動し、

一気に愛媛県伊予西条市「石鎚山駅」

まで行きました(^^)。

途中、「アンパンマン列車」とすれ違いルンルンでした♪

http://www.jr-eki.com/aptrain/



そこからまた歩いて、64番・前神寺まで行き、

そこに勤めておられる知人のお坊さんと

あれこれお話しさせて頂いた後、

四国八十八ヶ所霊場会・公認先達の「昇補」の

申請申込書を提出させて頂きました。

(私はこの前神寺さんの推薦を受け、

先達にならせて頂きました。そのお礼も含めまして今年3月、

この前神寺さんの大師堂に燈明台<ろうそく立て>を

修繕奉納させていただきました)



ちなみに、この前神寺は江戸時代までは、

石鎚神社と一心同体だったのですが、

明治政府による廃仏毀釈により、

分離されてしまったお寺です。

ということでこの前神寺は、石鎚修験道の総本山で、

役行者開創の石鎚信仰の中心的存在であり・・・

私が最強MAXで好きな大峰修験道と

兄弟分のような感じなんだそうで、

私がこの前神寺で先達の推薦を頂いたご縁を、

強烈に感じております。。。南無神変大菩薩(ー人ー)☆



公認先達には階級があり今は、

一番ヒラの先達ですが、ある一定の条件を満たすと、

階級が一つ一つ上がって行きます。

そのことをお四国のコミュニティでは

「昇補(しょうほ)」と呼ぶようです。



私は自分自身の思うところ・・・ある信念があり、

昇補し続けるという道を選びました。

言わずもがな、先達の階級が上=人間的にも上

という訳では決してございません(笑)。

個人的には、「なんちゃって」という名前の

先達の階級並びにワッペンが欲しいと思ってます(更に、笑)。



ほんと、40歳にも満たない独身女子が先達

(先に達する)なーんて、

チャンチャラおかしな話ですワ~(^^;)。

私自身がその可笑しさを一番理解しています。



だけど、これも全て・・・

私たち人間の思惟を超えたところにある

【ご縁】あってのことであります。

自分の器やレベルがどうであれ、

何であっても、ご縁があるものは、

喜んで受け切らなければなりません。

ほんと人生って、何とも言えない可笑しさや侘しさがあり、

訳もなく泣けて来て・・・そして笑けてきます。



ほんと、どうして今私はこの【人生 ~お四国の道~】を

歩み続けているのでしょうか?

その道の先・・・ゴールには一体何が待っているのでしょうか。

分かりません。



だけど、分からないからこそ、人間は努力し、

精進し続けるのではないでしょうか。

何月何日何時何分何秒にあなたはこうなります、

ああなります・・・って最初から分かっていれば、

人は一所懸命努力することを

捨ててしまうのではないでしょうか。



だから敢えて「常に分からない」という

選択をしたいと考えています。

観得る幸せ、そして観得る不幸・・・

陰陽両方の面があり、だけどどっちも表裏一体なのが、

この娑婆の有り様のようです。



・・・前神寺からも、ダーダーと汗をかきながら

どんどん歩き遍路をし、

今は伊予西条駅近くの「ジョイフル」で昼食&

休憩&仕事しました。



「ジョイフル」は、お四国参りしていれば、

【ご用達】になるほどに四国各地にあり、重宝しています♪



ダーダー汗をかいておりますので、

ドリンクバーのモトは十二分に取れます(ニヤリ。)



涼しいジョイフルを出て、またしばらく歩いて、

私を先達の世界に導いて下さった、引田大先達とお会いし、

お四国参りに関する、いろいろな情報を頂いておりますと、

引田大先達の知人のおじさま(これまた凄いお遍路さん!)が現れ

そのおじさまにもあれこれ教えて頂いた後、

偶然、私がその後向かう新居浜在住の方でしたので、

おじさまの車で新居浜まで移動しました(ー人ー)☆



17日夜は、新居浜別子倫理のおねえさん・しのぶさんと

ワイワイ楽しく夕食させていただきました(^0^)☆

こんな感じで四国各地に知人友人がおり・・・

本当に有難い・嬉しいなぁ・・・とかみしめております。



翌日・18日(土)は再び電車で善通寺まで戻り、

私が入っております「巡礼遍路研究会」の総会&研究発表会に

参加させていただきました。



この会は、名前の通り、お四国を中心とした、全国各地の霊場が好きで、

研究肌の方が多い会です。

当然、お坊さんや仏教系のことが専門の大学の先生も多いですが、

私たちのような一般人も多く、その一般の方々が好きで、

あれこれ研究をされており、この会の活動媒体を通して、

その研究発表をされていました。

で、せっかく善通寺で・・・ということですので、

善通寺の管長さまの講演もありました。

(内容は、四国遍路のマニアック過ぎる内容ですので割愛します・笑)



四国遍路は、ひたずら歩き続ける・札所を周り続ける・・・

という実践主体の修行の場ですが、

実践をしておりますと、あれこれ疑問に思うことがあり、

その解決方法の一つとして、諸先輩方の研究発表(知識)を

得るということは善いことだと感じました。

最近は、インターネットという便利なツールがありますので、

各種研究発表を気軽に閲覧出来ますので、

これからも、実践(修行)を重ねながら、

いろんな人にいろんなことを教えて頂き、

自らの実践のレベルを磨き上げて参りたいと思います。



で、この巡礼遍路研究会は、大阪の知人の方々も何人か入っており、

帰りは、その方の車に便乗させて頂き、大阪まで戻って来ました。



・・・このような感じで、商工会議所青年部の「うどん例会」から、

18日の「巡礼遍路研究会」まで、

多種多様な方々と時間を共有し、

おかげさまでまた見聞が広まったように感じました。

ありがとうございました(ー人ー)☆


2016/06/16のBlog
[ 21:29 ] [ 商工会議所青年部(YEG) ]
6月16日(木)。

八尾商工会議所青年部(http://www.yao-yeg.net/)の

「6月度例会」ということで、

貸切バスに乗り橋を2つ渡って、

四国に向かいマシタ~(^^)♪



目的地が四国ということで、

例会担当委員会の方々にご依頼を受け、

行きしなのバスの中で

「お四国参り☆よもやま話」ということで、

四国遍路の正装でバッチリ決めて、

四国遍路について40分程、講話させて頂きました。

熱心に聴いて下さる方から

爆睡される方までめっちゃ幅広く、

面白かったです(笑)。



今回の目的地は、香川県・琴平にあります

「中野うどん学校」(http://www.nakanoya.net/)に

行って来ましたぁ~(^0^)!



まずは、体験観光【うどん作り体験】をマンキツ♪

歌って踊って楽しみながら、

あっという間の時間が過ぎて行きました。

私の隣に写っているおばちゃんは

「まっちゃん先生」という、

うどん作り体験が面白くなるように、

歌やダンスを組み込んだ、

めっちゃ凄い&素敵なおばちゃんで、

倫理研究所発刊の『職場の教養』(2014年1月号)には、

このまっちゃん先生はセンターで写っています(笑)。



うどん作り体験の後は、

自分たち(4人1チーム。私の所属委員会・

地域創造委員会の坂井委員長と永田&濱道副委員長)で

作ったうどんをゆでて、

食べるなどしてさぬきの昼食をマンキツ♪



午後は、中野吉貫社長の講演を

みっちり聴かせていただきました(^^)♪



いろいろとお話し頂きましたが・・・

お土産業界は今、道の駅や高速道路のパーキングエリアに

お客さんを取られまくり、

いわゆる「斜陽産業」なんだそうで、

お土産や飲食に代わる新たな事業を模索されていた時に、

中野社長が「うどん作り体験」を思いつき、

今のスタイルが確立するまでに、

なんと☆35年もかかったそうです!



一時は同業他社に真似されていた、

このうどん体験ですが、そんな積み重ねがあったからこそ、

圧倒的な“【中野うどん学校ブランド】が確立されており、

今は独り勝ち状態なんだそうです。



昔、四国に1つ目の橋(瀬戸大橋)が掛けられた時、

1年間のみは超バブルで売り上げが一気に跳ね上がり、

調子に乗って社員を増やしまくったり、

あれこれ投資しまくってしまい、

翌年以降の売り上げ減激により、

多額の借金を抱え込み、

その借金を返済するまでの20年間、

とても大変な思いをされたとのことで、

今の「中野うどん学校」の成功に

あぐらをかいている傲慢さは一切無く、

「もしも何か問題が起こって、

中野うどん学校がアカンくなったらどうしよう」とか、

うどん学校の次の一手も模索し続けておられるとのことです。



過去、たくさんの失敗をされ、

やっとの思いで成功された中野社長ですが、

そのおごりもなく、常に謙虚な姿勢で次、

また次の一手へと日々前進され続けている

地道さに私はとても深い感動を覚えました。



ご講演後は、青年部の先輩方と一緒に、

「こんぴらさん」(http://www.konpira.or.jp/)に

参拝に行きました(^^)♪



700段を超える階段をえっちらおっちら上り・・・

みなさん、そこに売っていた「幸せの黄色いお守り」に惹かれ・・・

どんどん売れていきました。

さっすが経営者ですね。

やっぱり娑婆では『ゼニ』が要ります(爆笑)!



夕方4時半。

青年部の先輩方はバスに乗って

八尾に帰って行かれましたが、

私は近くにあります、

四国八十八ヶ所霊場「75番・善通寺」

http://www.zentsuji.com/)に移動し、

今はそこの宿坊で一人、のんびり過ごしております。

しばし、“お四国”を

マンキツさせていただきたいと思います(ー人ー)☆


2016/06/15のBlog
[ 18:54 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
昼間、いつものように電車に乗ろうと

八尾駅に行きますと、

昼間は1人しかいない駅員さんが2人いて、

駅員室から自動改札を挟んだ反対側に、

いかにも「“職業体験”で、

地元の中学生男子2名が、

駅員さんの格好をしている」という感じで立っており、

駅員さんと一緒にひたすら

「ありがとうございます」と言いながら、

お辞儀をしていました。



自宅から駅まで向かう途中、

巣立ちしたての少し小さなスズメが、

私が側を通るギリギリまで、逃げずにオドオドして、

結局飛ばずに走って逃げたことを思い出しました(笑)。



ほんと、初々しくてかわいらしい・・・

私に向かっても「ありがとうございます」と言って来たので、

思わずその中学生男子にニッコリ会釈しました(笑)。



職業体験の中学生男子は、

とにかく駅員さんに指示されたように、

必死で「ありがとうございます」と口で発しながら

頭を下げたり上げたりしている感じでしたが、

だんだんそれに慣れてきて、

そして何故「ありがとうございます」と言って

お辞儀をしなければならないのか?

その真意がやがて観得来ると、

そのカタ(形。言動)に心・気持ち】が添えられて来て、

心から自然と「ありがとうございます」と

お辞儀が出来るようになって来るのだと感じました。



こんな感じで、我々人間は、

スズメのような動植物とは違い、

両親を始めとする家族や学校の先生、

同級生・先輩後輩だけではなく、

「地域社会」にいる、たくさんの人たちにも

いろんなことを教わりながら大人になっていく

【社会的動物】であると、改めて感じた次第です。



40歳が目前に迫っているよしこちゃんですが(凹)、

この中学生男子のように、

常に一所懸命で初々しくありたいなと感じましたぁ~(^人^)☆


[ 11:37 ] [ よしこちゃんの市民活動 ]
先日・5月28日(土)

(一社)政経倶楽部連合会 大阪支部の

設立5周年記念例会として、

講師としてケント・ギルバート氏をお招きし

『日本人が気付かない“不死鳥の国ニッポン”

―世界をリードする日本の未来!―

~日本人を上回る精神性を持つ民族を、わたしは他に知らない~』

として講演会を開催いたしました



私は受付(裏方)担当でしたので、

リアルに聴けませんでしたが、

個人的に音声を撮り、後日じっくり拝聴させて頂きました。



ケント氏の講演で最も目からウロコが

落ちたこと・分かったことは

「私たち日本人が今、認識している以上に、

私たちの国・ニッポンは、【よい国】なんや~!」

という客観的事実です。




一般的に私たち日本人は自国のことを「大国」だとは思っていません。

資源もない、東の端の小さな国だと認識しています。

しかしながら、国土(世界61位)は狭くても、

海の面積(排他的経済水域)は世界6番目の

地球上の面積を有する【大国】だということです↓

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9410.html



人口も、『G7(先進国首脳会議)』の中で、

アメリカ(3億2千万人)に続く2位(1億2千万人)であり、

ドイツ(8100万人)、イギリス(6500万人)、

フランス(6400万人)、イタリア(6000万人)、

カナダ(3500万人)に比べ、圧倒的に多いとのことです。

(ちなみに、世界人口のランキングは↓

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1167.html )



そして、ケント氏曰く、

GDP(国内総生産)はアメリカの次・・・

世界2位を未だ保っている・・・とのことです(?)



ケント氏曰く・・・「今中国は2位と言われているが、

虚実蔓延る中国のGDP等の数字は、

実際は3分の1くらいだと観るくらいがちょうどいい」と

分析しておられます。だから2位なんだそうです(笑)↓

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4550.html



なるほど。。。





で、“そもそも論”として私達日本人は

なぜ「自分たちの国は小国で、あまり良い民族ではない」と認識し、

劣等感があり自信喪失している傾向にあるのでしょうか?



また、なぜ諸外国の人たちや、大東亜戦争(第二次世界対戦)の中で、

でっち上げられた虚実に対してすら、それを事実だと間違って認識し、

自らの所属する国家や民族に嫌悪感を抱くに至ったのでしょうか?



更になぜ私達日本人は歴史を学ばなくなり、過去と断絶し、

古きよき日本人のスピリット【大和魂・武士道と呼ばれるもの】を失い、

『今だけよければいい・自分さえよければいい・カネさえあればいい』と、

自らを自滅させる心を持つ人間になってしまったのでしょうか?



・・・それは大東亜戦争の後に日本を統治しにやって来た

【GHQ】という名のカタチをした、洗脳集団の存在であります。

その影響が現代も未だ多分にあります。



オトコは去勢され、死にかけの蚊のようにアテもなく空間を浮遊し自滅するか、

自己チューで邪気を放ち自滅する阿呆に成り下がり、

オンナはそんな阿呆なオトコに見切りをつけ、オトコ化してしまいました。

また日本の教育(家庭・学校)は廃れ、

子どもたちは夢や希望(生きる力)を見失って魂がさ迷い、

そしてマスコミは『馬鹿の一つ覚え』で日本人を

益々阿呆にする情報しか流しません。



ありとあらゆる組織に洗脳集団の魔の手が入り込み、

闇(陰)で全てを牛耳っている訳です。



その実態(日本総阿呆化計画の実践)を知らないのは、

“ゆでがえる状態”になっている大多数の日本人のみであります。



っていうか、もっと昔・江戸末期のペリー来航あたりから、

欧米列強(白人民族)により、

実質的なまた精神的な【植民地支配】は始まっており、

大東亜戦争ですら、日本が真珠湾攻撃を仕掛けた・・・ということですら、

日本を【骨抜き】にして植民地(家畜)化する為の罠であり

歴史的捏造であります。



ほんと、歴史的事実を歪曲・捏造され、

学校の歴史教科書に真珠湾攻撃や南京大虐殺とか、

シャーシャーと記載されており・・・

ホンマ日本内外に蔓延る輩(反日分子)達に、

まんまと引っ掛かり続けていた自分を恥じ、猛省する日々を今、送っています。



日本国内では、「謙虚さと素直さ」が美徳とされていますが、

日本を一歩出れば、自らの利益の為には黒を白だと平気で言ってのける

“ハイエナ”が、残念ながら蔓延り、そんな輩が世界を牛耳っています。



従って日本を一歩出れば、【正直者が馬鹿をみる】世界が拡がっており、

私たち日本人は、日本国内と外の対応2つを身につけた

【二刀流】を体得しなくてはなりません。



それがいいかわるい・・・ではなく、

この娑婆は【善】と【悪】のような、相反する陰陽(対立)の要素を持つものが存在し、

その火花散る猛烈な対立の中に、

人生の醍醐味や【必要なもの】が全て凝縮されているのです。



とにもかくにも、【自虐史観】という名前の

洗脳をされている私たち日本人は、

一刻も早く、この洗脳から解き放ち、

自信(過信・傲慢ではありません!)を

取り戻さなければならないと考えます。



(ケント氏の最新の著書『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』は

めちゃくちゃ分かりやすくシンプルに洗脳集団の存在や意図、その全容を

暴露されておりま~すっ きゃはっ♪)



が、洗脳に深くかかり、

平和という名のお花畑の幻想を見て叫んでいる重症患者には、

このようなことをいくら科学的に話しても、

平行線を辿りそうなんで、とりあえずは、

比較的価値観が近い方々と結束したいと考えております。


そんなかんだで、正しい情報・ありのままの情報を

常に入手し続けないと、常に正しい判断そして行動は出来ないので、

ありとあらゆる手段並びに能力を使い、

常に【善】に生きて参りたいと思いました



[ 11:33 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
情報とは、必ず人から齎されるものである・・・と、

ハタ☆と気づく。。。



道端にある看板にしても、

インターネット上に記載されているのも、必ず誰かが発信している。



先日、日頃よく会う人と、

夜中までじっくり深くお話しさせて頂くと、

今までに、その人から齎された事の無い情報をたくさん頂きました。



また、日頃あまりお会いしない人(知人程度)と

たまたま夕食をご一緒する機会があり、

その人から今までに知り得なかった情報をいろいろ頂きました。



そして知人から、全く知らなかった人をご紹介頂き、

夕食などご一緒させて頂くと、

全く別世界の情報をいろいろと教えて下さいました。



こんな感じで・・・



1.日頃お付き合いある人と更に深くお話してみる

2.日頃知人・顔見知り程度の人と、ちゃんとお話ししてみる

3.今まで全く知らなかった人とお話ししてみる

(※ただし、人選はしなければなりません。

片っ端から誰でもいいから会えばいいという訳ではありません。

玉石混合の情報を一度に多く持ってしまうと、

何が何だか分からなくなり、余計迷ってどうしようもなくなってしまいます。

A.自分の直感&フィーリングで選ぶ。

B.自分の知識や経験、持っている情報により判断する。

C.自分が信用信頼出来る人からの紹介。

余計な縁は、人生を疲弊させ重苦しくさせるだけです)



以上1~3の3つの行動を、自分の出来る範囲で、

人生の中に取り込んで行くと、

その情報がよい気づきや縁となって、

よりよい方向に人生が向いていくようです


2016/06/13のBlog
[ 14:05 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
6月16日(木)終日開催されます

「八尾商工会議所青年部」の

6月度例会の“前座”のような感じで、

四国遍路に関する『よもやま話』を行きしなのバスの中で、

参加者の方々の前でして欲しいとのご依頼を受け・・・

お遍路の素晴らしさを広く知らしめるというミッションを与えられている、

四国八十八ヶ所霊場会の公認先達・よしこちゃんとしては

「はい、喜んで!」としか言えず・・・

お話する内容を、カナリこねくり回して考え、

ようやく一応のまとまりを観ました(ほっ。)。
あ。ちなみに、今回の例会のメインは、

讃岐うどんを自分たちで創る

「中野うどん学校(http://www.nakanoya.net/)」の体験入学と、

中野吉貫社長のご講演、

そして「こんぴらさん(http://www.konpira.or.jp/)」の

お参りの三本柱となります。



今回の例会の担当委員会所属ではありませんが、

ひょんなことから

(中野さんとは倫理法人会つながりです。

2014年1月の『職場の教養』表紙にも登場されました♪)、

私が中野さん&うどん学校とのご縁つなぎをさせて頂き、

今回の例会となりました。




せっかくまたお四国へ行くのですから、

この「うどん例会」に参加した後は、

少しお四国参りなどをさせて頂く予定です。

詳細はまた随時ご報告させていただきま~す(^0^)♪


2016/06/12のBlog
[ 22:33 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
先日、冬期に植えた野菜を全部ヒッコ抜き・・・

次の作物の為に畝を綺麗に整えて、

しばし北海道に行っていました。



帰阪後・・・

梅雨入りっぽい雨の天気になる前にマイ畑に行き、

晴天の下、汗をかきながら、

せっせと夏野菜を植えました(^^)♪



少し前に植えた、スイカとキュウリに加え、

ゴーヤ(にがうり)・ミニトマト・オクラ・

サツマイモを植えました。



これから秋口まで、

雑草や活発に動く虫や鳥(カラス)達との

「仁義なき戦い」(?)の季節に入りますが、

良い実りの季節を迎えられるように、

作物たちとの会話をちゃんとしながら

(=大自然の流れを読み、それに沿いながら)、

この夏もボチボチと畑修行・・・

精進して参りたいと思います(ー人ー)☆



来週は3日間だけですが

『お四国』に参りますので、

テンション上げて娑婆修行、

せっせとがんばりま~す(^0^)!


2016/06/08のBlog
[ 15:46 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
昨日・7日(火)午後。

北海道・新千歳空港にある温泉施設の

休憩ルームで寝転びながら、足元にあるテレビをつけると

大阪・毎日放送の午後の番組「ちちんぷいぷい」が

放送されていて、ビックリ仰天いたしましたぁ~



な、、、なんで、こんなコテコテの大阪の番組が

中部・関東・東北をすっ飛ばして

北海道で放送されているのか・・・全くもって意味不明&理解不能~っ(笑)。



もしましましたら、北海道の方々って、

大阪人(大阪のノリ)が好きなのかも知れませんね(嬉)♪




にしましても、昨日のちちんぷいぷいの内容は、

奈良のスイカ農家に、小泉元首相の息子が視察に来たとか、

大阪・岬町の港にイルカが住み着いている・・・とか、

大阪ローカル☆コテコテの内容てんこ盛りやったのですが。。。(^^;)。



大阪で見ている時には、何の違和感もなく見れるのですが、

北海道で見ておりますと、

北海道の方々には、どんな風に映っているのか

不安がかなり残ります。。。(笑)。



で、さらに仰天したのが、

ちちんぷいぷいは、大阪では18時前までしているのですが、

北海道では、途中でちちんぷいぷいはブツッ!っと終わり、

15時44分から、「今日ドキッ」という、東京発っぽい

当たり障りの無い、フツーの情報番組が

始まってしまいました。。。



ここからが大阪らしくてめちゃくちゃ面白い

コテコテの内容の番組(コーナー)がどんどん続くのに、

寂しい限りです。。。



くっすんの「昔の人は偉かった」とか、「夜のシンデレラ」?とか、

「歌碑ものがたり」?とか、

すがちゃん(ロダン)の英語で道案内しよ!とか、「今日の晩ごはん何~?」とか、

めちゃくちゃいいんですがね~(爆笑)☆

コーナー案内↓

http://www.mbs.jp/puipui/corner/





・・・そんなかんだで昨晩大阪に戻り、

今日は自宅でちちんぷいぷいを見ています



今日は、先日、新大阪駅でナマで見た

「ドクターイエロー」の特集でしたので、

ハイテンションで楽しませて頂きましたぁ~(笑)♪



ほんと、地域変われば、

いろんな面白い気づきや出合いがありますよねぇ~


[ 15:39 ] [ 人生、修行です。 ]
ご近所の植松観音堂の扉の貼り紙です



孔子「三益友」の教え

一、正直な友

一、誠実な友

一、多聞(広く名の聞こえる)な友




・・・な、なるほど。。。



確かに、誰とご縁が繋がるかによって、

人生大きく左右(っていうか、上下?)されますので、

人生の友を的確に取捨選択する実践力が

処世術の一つとして、必要不可欠ですよね~


梅雨なき北の国から、梅雨入りの大阪へ戻る。

真下に雲海が拡がる。

純白で、なんと美しいんやろうか・・・。



まるで死んだ後に、天使のような羽を使って、

天国までゆっくり昇天している気分(笑)。



だけど、この雲海の下では、

梅雨のジメジメした天気のような・・・

そこで必死で生きている人間たちの心は曇り、

時に激しい感情の雨が降っている。



また夕方になると雲は赤みを増し、

そして夜<暗黒>の不満・不安な世界に堕ちてゆく。



かの徳川家康公は

「人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し・・・」

と言った。



人知れず涙を流し、誰にも言えず、

一人で墓場まで抱え込んでいかなければならいことを

持ち続けている人も多い。



だけど私は信じる。



雲海の下はジメジメし、

すっきりしないグレーな世界であったとしても、

それ自体が全て【善】であり、

美しきそして愛すべきものなんだ・・・と。



自らが、自らに起こることが全てが【善】だと、

絶対的肯定感に満たされ、

天に全てを任せて委ね切った時、

人間は真の自由を得る。



今こうして飛行機に乗り、

雲海を見下ろし、

上には青空【幽なる世界と一体化する、

無限の拡がりのある宇宙】が

観得るような境地に、

生きながらにして達することが出来るのではないか・・・?



そのようなことに対して、

ちょっとずつ、

だんだんと確信を掴んで来つつありそうに感じた、

時間となりました(^人^)☆


2016/06/07のBlog
[ 14:50 ] [ ぶらり旅日記 ]
昨日・6日(月)は、

北海道倫理のゆかさんにご案内頂き、

小樽観光に行きました(^0^)♪



まずは運河や港をくるっと一周する船に乗り、

小樽旅情をマンキツ。



次にゆかさんオススメの食堂に行き、

私は海鮮丼(他のみなさんはウニ丼)をマンキツ。

とにかくめちゃくちゃおいしかったデス(T^T)☆





更に小樽倫理メンバーでもあられます、

小樽貴賓館

http://www.otaru-kihinkan.jp/facility/index.html)を見学♪

かつての小樽の繁栄を垣間見ることが出来ました(^_^)。



小樽の商店街をぶらり散策した後は、

一日ご案内頂いたゆかさんのご自宅で、

優雅なマダム時間をマンキツしてホテルに帰りました。



<つづく>



[ 14:20 ] [ ぶらり旅日記 ]
・・・地元の方に車で、

あちこち効率よく観光が出来ただけでなく、

昨日もたくさんの倫理法人会の仲間(倫友)とお会いでき、

いろいろなお話しが出来たことが、

とても深い学びがあり、めちゃくちゃ楽しい時間となりました。



昨日夜からはパソコンをカチカチとお仕事をし、

今日・7日は早めに新千歳空港に向かい・・・

今は空港施設の4階にある温泉施設「新千歳空港温泉」で

のんび~り過ごしつつ、

あれこれこなしながら、帰りの飛行機を待っています。



今回の旅では、札幌ラーメンからスープカレーにジンギスカン、

そして海鮮丼など、めちゃくちゃ食べ過ぎたので(>_<)、

胃を中心にヘンな気持ち悪さが残ってますので

(昨日の夕食をとるのを止めたらマシになりました)、

帰宅後はしばし粗食にしたいと思います・・・

私はあまり食べない方が心身が冴えて調子イイんですよ~(笑)♪



そんだかんだで、

おかげさまで今回の旅でも多くの気づき、

そして素晴らしい出合いを頂き、

胸いっぱい(おなかもいっぱい・笑)の旅となりました。

ありがとうございました(ー人ー)☆



2016/06/05のBlog
3年程前に、(一社)倫理研究所の研修施設“富士研”の

特別企画セミナーで同じ部屋になった、

北海道倫理法人会・歌原ゆか女性委員長

(ゆかさん)のお誘いを受け、

「七つの原理のアウトプット発表会」という

数百人が集まる発表会に参加させていただきました。



倫理法人会では『万人幸福の栞』という基本テキストを基に、

日々会員各位が、各種の勉強&実践をしておりますが、

その栞に記載されている本(もと)となったのが

「大きく分けて七つある自然界の原則~七つの原理~」です。



その原理原則に基づいて正しく学び実践され、

何らかの好結果が出た女性23人が壇上に上がり各4分ずつ、

自らのあからさまな実践報告をしてくださいました。

ほんと、みなさん上辺ではなく、

本心・魂でしゃべっておられるのだということが分かり、

何回ももらい泣きをしてしまいました。。。



北海道倫理主催でしたが、ゆかさんのネットワークの広さにより、

他府県倫理法人会の方も数名発表されており・・・

な、なんと☆最後の23人目は、

我ら大阪府倫理法人会の小池ゆき子女性委員長で・・・

会場に行き、案内パンフレットを見て気づいたものですから、

めちゃくちゃ仰天いたしましたぁ~(>0<)!



が、さすが小池さん・・・(他の方々も凄かったのですが)、

正々堂々・・・そしてありのまま自然に、

だけど魂にどんっ!と響く実践報告をされておられ、

大阪倫理の一員として、誇りに思いました。


その後の懇親会では、

私自身生れて始めて食べる

「ジンギスカン」を楽しみながら、

北海道内外から集う倫理法人会の方々

(倫友)と仲良くなりまくり・・・

全国65000社ネットワークの凄さ・素晴らしさを

この北海道でも感じることが出来ました。



なお、その発表会の前には会場近くで、

仲良しの奈良倫理の小林多香子さんなどと、

これまた人生初の「スープカレー」を食し、

これまた大満足な北海道の食のマンキツとなりました。



明日・6日は、ゆかさん&他府県倫理の方々と、

小樽のプチ観光に行く予定ですので、

また何か美味しいものを味わえそうで、

かなり太って大阪に帰ることになりそうです(^^;)。



大阪に帰ったら、毎日粗食で体重を戻すとして、

とりあえず北海道にいる間は、

美味しい食べ物や北海道ならではの美しい風景やもの・人と

いっぱい触れて参りたいと思います。

数々のご縁、本当にありがとうございます。




そして北海道倫理の皆様、本当におつかれさまでした&

ありがとうございました(ー人ー)☆



【写真】

・「七つの原理のアウトプット発表会」のようす

・ジンギスカン&スープカレー

・ジンギスカン懇親会にて。小池委員長(左)と、

愛知県豊田市東倫理法人会の木村典子会長(右)

(ここ数年、私にとって豊田はご縁が深い場所になっており、

また豊田の方々とお席が偶然隣になったのがビックリしました☆)


2016/06/04のBlog
[ 22:21 ] [ ぶらり旅日記 ]

雨が降りそうな曇り空の大阪・関空より、

“いつもの激安ピーチ(今回は往復で13000円♪)”

で札幌・新千歳空港へ☆



雨上がりのとってもヒンヤリする

夜の札幌をぶらり散策した後、

「けやき」という店名の

札幌味噌ラーメンを食べに行きました。



今回は、とっても面白そうな

北海道倫理法人会の行事(明日・5日)に参加することが、

今回の旅のメインになります。



今晩は大阪府倫理法人会の

達成記念式典があったそうですが、

私は先に、明日の北海道倫理の行事を知り、

すぐに飛行機&ホテルを予約してしまい・・・

それで今晩、札幌に来た次第です。



先に大阪倫理の行事を知っていたら、

絶対に来なかったのですが(笑)、

これも【ご縁】ですね~(^^)♪



せっかく札幌(北海道)まで来たからには、

いろいろと楽しませていただきたいと

思いま~すっ(^人^)☆




・・・にしましても、

よしこちゃんの新しいパソコン(三代目・レッツノート)との

初めての旅をしておりますが、

ものすご~くスムーズにサクサク処理が進み・・・

こりゃー、日本国内だけでなく、

地球の裏側まで、ネットが繋がるところであれば、

いつでもどこでも行けそうで~す(キャッハっ♪ ^0^)!!!