ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3787件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2016/02/06のBlog
[ 08:27 ] [ 遍路修行日記 ]
またまた『お遍路』に行ってます♪

今回は2月6~7日、

四国お遍路の講『大阪楽心会』主催の

「歩く遍路」ということで、

愛媛県今治市界隈をちょくちょく歩きます。

参加者は6名程度でしょうか?

(歩く遍路の場合は少なくなります)



少々眠いですが(笑)、

テンションMAXです(^^)♪



お遍路で大阪の町を歩いておりますと、

見方が変わり、新鮮さがあります。

改めて、大阪という町の賑わい(よさ)、

また汚さ(わるいところ)を

客観的に観ることが出来ます。




何かにトリツカレタように?お遍路クルクルしまくつ私を

私の母親は「理解不能な【宇宙人】や!」と罵り(?)、

更に「他にすること(結婚と出産)あるやろ~!」と

日々歎いてはります(^^;笑)。



だけど両親は

「ま…。別に悪いコトしてへんし、

自分のお金でやってる(趣味的?)からなぁ…」って、

ほったらかしにしてくれています。。。(^人^)☆



更に知人のおばちゃんからは

「お遍路ばかり行って、

どんだけ【懺悔】することあんねん!

んもーすっかり年寄りやん~!」と

呆れられております(笑)。



アハハ☆確かにそうですよね~(^0^)!

私自身が一番、自分は宇宙人的で訳ワカランって

歎いておりマス(^^;)☆



確かに、何等かの重い問題【業~ごう~】を背負い、

それを解決する為の何等かの【願掛け】をして

お四国をお参りされておられる方は多いです。



だけど私の場合は違います。



まず私は一般的な『願掛け』はしておりません。

【真理真実~人としてあるべき姿の真髄~

を少しでも多く体得し、

それを自他の人生に広く及ぼしたい】と

常に祈願・意識しながら遍路をしております。

そのような意味では私は

根っからの「行者(修験者)」であります。



更に“偶然的必然”により私は一昨年、

お四国霊場の【先達】にならせて頂きましたので、

お四国を通して精進されたい方々の

案内役&サポーターとして、

お遍路さんをお導きする為に行っております。



正直なところ私は、

自由とマイペースをこよなく愛する人間ですので、

モノゴコロついた瞬間からこの世で一番嫌いなのは

【団体行動】でありますので(笑)、

なるべくそれを避けた人生を歩んで来た訳なのですが、

“お大師さん”の命により

「貴女は【団体行動】の中で、

己(我)を殺すべく、精進しなさい」と言われたが如く、

先達になってからは年4回必ず団体遍路の

お世話役としての修業をしにお四国に行っております。



最後に、

「よしこちゃんは何故四国遍路に行き続けるのですか?」

という質問に対して、

私は上記の【行者】並びに【先達】としての理由・意義と、

以下の個人的な理由をお答えしております。

それは「供養と感謝」です。誰(何)に対して

「供養と感謝」をするかと申しますと

【御蔭様~おかげさま~】という存在に対してです。



「御」は「お」で、尊敬の意を表す言葉。

「様」「さま」も尊敬の意を表す言葉であります。



で、間にあります「蔭(かげ)」とは、

【目には見えないけど、確実に存在するもの。

見えないけれど、私の人生~地球宇宙に莫大な

影響力をもたらしているエネルギー体】

という感じでしょうか。。。?



狭い意味では私の肉体上の直系の先祖の人たちを差し、

広義になって来ると、

我が国の礎を築き上げて下さった日本の人たち全員、

今生きている人たちでも何等かの理由で会えなかったり、

病気等の苦難に耐えている人・・・

そして益々広義になって来ると、

森羅万象全てになります。



森羅万象全てに感謝し、

共に供養の念を捧げ続けることが、

真の信仰であり、

自らの幸福にもダイレクトに

繋がっているのだと感じております。



何故なら森羅万象の一部が人間であり、

この私だからです。



私は常に以上のような想い(念)を抱き、

曲がりなりにもそれを高め深めそして広げながら、

“お大師さん”と【同行二人】で

歩み続けております(^人^)☆



1200年程前に死んだ人間と

共に歩んでいる・・・と

意味不明なことを言うよしこちゃんを

哀れな38歳独身女子と捉えるか、

30代にして【同行二人】を体得した

幸福女子と捉えるかは、

個人個人の価値観に委ねたいと思います

(おそらく、「どっちも」でしょうネ・笑♪)。

2016/02/04のBlog
北野幸伯・著

『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」

世界を動かす11の原理』。


(※クレムリン=旧ロシア帝国の宮殿、メソッド=方式・法則)



この本をじっくり、そして一気に

読ませていただきましたぁ~(^人^)☆



ちょっと長文ですが、

今後の我が国並びに地球(人間)の行く末にとって

大変重要な情報ですので、

ちょっと気合い入れて長文にて掲載させていただきます。

(関心の無い方はスルーして下さいネ♪)





・・・過去、いろんな方の本や論文を読んで参りましたが、

この本程、世の中(娑婆)の

とっても分かりにくい・見えにくい現象や状態を

シンプル分かりやすく・・・各種の偏りがなく

ありのままに伝えて頂いており・・・

また著者の北野氏のような方を偏りの無い・無力透明な視点を持った

【真の国際人】なんだと感じ、

この本に書かれていることは全て真実なんだということが、

滲み出ている本だと感じました。





私は常に「真理・真実とは何か?」問いながら生きており、

曲がりなりにもそれをちゃんと実践しようと

試行錯誤しながら生きております。



で、だんだんと、神仏という名前に象徴される、

【“絶対的存在”の意志】に沿った人生が、

この娑婆における真に幸福を得られる道だということは

既に確信を得ております。



しかしながら、私自身も含めまして、

なかなかその通りには生きれない・・・

それと真逆のorずれた生き方をし、

結局自分自身のせいにより

(時には自分が属する家系や組織の罪・業により)、

各種様々な不幸な目に遭っている訳です。



その真逆の生き方の法則は、

この北野氏がおっしゃる「クレムリン・メソッド」なのではないか?

と思うようになりました。



私が日々求める生き方を「陽(神仏)の法則」、

そして今、実際やってしまっている愚かな生き方を「陰(娑婆)の法則」と

私は捉えております。



例えば、

戦争を世の中から無くしたいと思うのであれば、

「戦争反対、戦争反対!」と叫んでいるばかりではなく、

「人は何故戦争するのか?」

また「誰が戦争することを誘導しているのか?」などなど、

戦争を仕掛ける人間や、その現象の研究を

大局的~あらゆる角度から詳細を客観的且つ冷静に

検証する必要があろうかと思います。



「平和」を手にする為に、それを妨げている「戦争」というものを、

徹底に研究追求し、その本質を見極める必要があるのです。



その本質というものを見極めずに、

自分の価値観や偏見、感情(過信と不信)に流され、

間違った本質を自らの我によって創造してしまい、

その人間の思考→行動全てがおかしくなって、

自分で自分の首を絞め、

どうしようもなくなっている哀れな人間は多いです。

(知らずはその人のみ・・・です)



もっと身近な事例で例えるならば、

どうして子供たちのイジメが無くならないのか?

周りの大人たちが子供たちに「イジメはやってはいけません!」と

言い続けれるだけでは、無くなる訳ではないでしょう!

(シンプルにその原因を解説いたしますと、

「イジメをやってはいけません!」と子どもに言っている大人たち自らが、

「●●さんムカつく」「●●さえいなければいいのに」っていう

イジメ感情を猛烈に持ってたり、実際イジメているから、

“鏡の法則”で子どもたちからも永遠にイジメが無くならない訳です。

子どもは『感性の動物』ですので、大人が『言ったこと』ではなく、

『やっていること・思っていること』をそのまんま思って実践してゆくのです・・・

大人たち思惟を越え、感性によって直感的に伝わって行くのです。)





この世界的娑婆法則である「クレムリン・メソッド」は、

グローバルな場所のみに当てはまる法則ではなく、

娑婆(地球上)であればどこでも通用する法則であります。



みなさんの人生や家庭でも、

職場でも起こっている事実にぴったり当てはまる法則なのです。

何故なら、グローバルに動く人も、

家庭で職場でまた地域で活動するのは全て『人間』であるからです。

ワールドワイドであっても、ご近所でも家庭内でも

そこに存在するのは、人間だからであります。



この「クレムリン・メソッド」は、人間の陰の部分【煩悩加速&堕落の法則】を

11の法則によりその概要を分かりやすく示しているのです。






法則 1:世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ

法則 2:世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである

法則 3:国家にはライフサイクルがある

法則 4:国益とは「金儲け」と「安全の確保」である

法則 5:「エネルギー」は「平和」より重要である

法則 6:「基軸通貨」を握るものが世界を制す

法則 7:「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく

法則 8:世界のすべての情報は「操作」されている

法則 9:世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」

法則10:戦争とは、「情報戦」「経済戦」「実戦」の三つである

法則11:「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない


(その詳細はこの本を見て頂くか、インターネットで調べて下さい)



上記11の法則を基に、

日本の新聞・雑誌やテレビで流れているニュースを観ますと、

その多くが

【プロパガンダ】(ある政治的意図のもとに主義や思想を強調する宣伝)

であることが観得て参ります。

つまり、誰かの意志により、白が黒になったり、

黒が白に情報操作がなされ、虚実が真実になったりしているのです。



余談ですが、私がテレビ(マスコミ)信じているのは、

上に記載されている『時間』だけであります(笑)。

天気予報ですら、信用していません。(参考にはしていますが)

窓を空けて、空を観、『空の気』を読んで、その日・その時々の天気の

予想を立てて行動しています。





・・・で、それを信じて多くの日本人が騙されて、

その誰かの意志通りに動いてしまい、

結局知らない間に各種様々な損をしたり

不幸になっているのです。



国家の真の目的は「国民の生命と財産を守る」です。

それはあくまで建前の話しであり、本音は別のところにある訳です。

国家という権力者達は、自らの権力を維持するために、

またその上に存在する覇権国家(組織)の意志に操られてしまい、

本音に見せかけた建前で、

ありとあらゆる真実的虚実を作り出し、

庶民を騙し続けているのです。



(尖閣問題・安保問題・TPP問題等・・・

各種問題は全て建前<私達が知っていること>と

本音<知らないこと>が違います)



北野氏の著書のあとがきに書かれておりましたが、

私達国民の生命と財産を知らない間に、

国家&覇権国家(組織)に奪われないようにする為に

最も重要なことは、



【私(個人)の自立】



だと結論づけておられます。

つまり私達国民は「国家に依存し過ぎない」ことが重要・・・



「あなたの国が、あなたのために、何ができるかを問うのではなく、

あなたが、あなたの国のために、何ができるのかを問うてほしい」


(故 ジョン・F・ケネディ大統領就任演説より抜粋)

・・・ということです。



税金もロクに払っていない&公の為に働いていない・・・

国家の一員としての【義務】から逃れに逃れているにもかかわらず、

【権利】だけは立派に主張しまくっている“輩”(敢えて輩と申します)が

我が国にもどんどん蔓延って来て、吐き気がしています。

煩悩・邪気の塊・・・地獄行きが既に決定済みの【動物的ヒト】であり、

姿形は人間と同じであっても、人間ではありません。

人間ではなく動物ですので、倫理道徳観が通じないので

救済の余地がありません。南無阿弥陀佛。



ちなみに、人間には大きく分けて3つの種類の人間が存在すると

勝手に思っています(笑)。



①動物的ヒト

己自身の快楽のみを追求し、その充足に幸福感を感じる。

その有り様は動物同等、またはそれ以下。

物事の判断基準は『快or不快』。




②人間的人

①と③の間を行き来をし、常に葛藤をしている人。

殆どの人がこの領域。

物事の判断基準は『得or損』。




③神的人間

己以外の人・もの(対象物)に施す人間。

施すことを追求することに幸福感や人生の意義を見出だす。

正に存在は「神」の発顕!

物事の判断基準は『善or悪』





・・・話、それましたが(笑)、

今は時代の節目で、この世界を牛耳る覇権国家が入れ替わる段階で、

益々世界が混迷化して行きます。



ここではっきり断言しますが、

世界は【混迷時代の入口】に入っています。

出口はまだまだ先でございます。

(私がこの娑婆を去るまでに、出口を迎えるべく、

努力してゆきたいと考えています)



今、地球に生きる私達人間全員の業(徳と罪)により、

破滅に向かうか幸福へと向かうかが分かれて行きます。

人間同士は容易に騙せますが、

人間の言動は“カミ”という存在には全て見透かされております。



国家的組織(公)というものになるべく依存しない、

自立した生活・人生を、自らの努力・精進により構築し続けることが、

例え、世界のあらゆる国家体制が崩壊・混迷が深まっても、

どこ吹く風の如く、健やかに朗らかに生きて行ける訳です。





最後に、【プロパガンダ】というフィルターにかかっていない、

ありのままの情報(真実・真理)を得る方法は・・・



①自分がその現場に行って、直接見て情報を収集する(百聞は一見にしかず)

②信用信頼出来る人から情報を得る

③玉石混合の莫大な情報の中から正しい情報だけを得られる“感性”を養う

(精進。徳のある人生を歩む)。




※特に100%○○が悪い!と断定する情報は虚実です。

この娑婆(人間)の世界に100%正しい人間は存在しないからです。

100%正しい人間は人間ではなく“カミ”です。



①はとっても難しいかと思います。

私がイランやリビアとかには行けません(笑)。

だから、①が出来る人と友達になる・①の人から情報を得るという方法は

考えられます。



③が最も重要だと思います。

周りの人たちを観察しておりますと、

煩悩(我、邪の気)が強い人間程、物事の見方が偏っています。

不健康な人・病気の人も、その病の気に囚われて、

正しい判断能力が欠如しています。



私は常に人間や物・場所(人間界にあるもの)・・・

はたまた山や空と言った自然界の【気】を観察しています。

人間の心は見えませんが【気】は“観得る(=感じられる)”のです。

それは日々の精進でだんだんと観ることが出来るようになってきます。

自分の我、煩悩、偏見、価値観・・・物質、各種の囚われ、

これらを喜んで捨てれば捨てる程、観得て来るのです。

(私もまだまだ道半ばですが・・・^^;)



娑婆に生きる人間にとっての幸福な人生とは、

一昔前までは「あらゆるものを得ること」でした。

今は地球が反対方向に自転し始めたが如く、

「あらゆるものを捨て切る」ことです。



持つことによって、持っているがゆえにど

んどん不幸に陥る時代に入ったのです。

真の億万長者は、金銭欲物質的な欲は無いのです。

億万長者の持つものは至ってシンプルです。

煩悩(欲)が無いから、

そんな純粋無垢な美しい生き仏様のような人の元に、

人がお金がどんどん集まって来るのです。



このような感じで、この娑婆・地球は、

陰陽(相反するもの)がバイオリズムを描き、

陰と陽を反転しながら、進化・深化し続けているのです。



そのような大自然の法則(人間の力ではどう変えようもない絶対的真理)を

的確に把握せず、一昔前と同じ価値観を持つ人間は、

時代の挟間に取り残され、

反転期(混迷期)というスピーディーな荒波の中に

堕ちて不幸になって逝くのです。



地球(宇宙、カミという絶対的存在)は新たな次元へと上昇し、

我々地球人を「ふるい」にかけ、

新しい時代への価値観・生き方に移行出来ない人間を容赦無く、

堕して逝くのです。





以上です。



このようなことを信じる・信じないという価値観(判断基準)を持つのも、

あなた次第です。




北野幸伯氏公式ホームページ http://rpejournal.com/





2016/02/03のBlog
[ 21:27 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
2月3日。今日は節分ということで、

恵方巻きとお豆さんを食べました(^0^)♪



お豆さんは、年の数プラス1つを食べるということで、

私は39個食べることになる訳ですが、

だんだん量が増えて、苦しくなって来ました。。。(凹)。



一緒にいた母親(愛称:オカン)は、独断と偏見で

自分の年齢+1個÷2の数のお豆さんのみ食べてマシタ(^^;)笑



そんなかんだで、今年の節分も

元気に迎えることが出来ました。

ありがとうございます(^人^)☆


2016/02/01のBlog
[ 23:55 ] [ 人生、修行です。 ]
いよいよ節分!2月に入りましたぁ~(^^)☆


年始から、やたらめったら娑婆行事が忙しく(凹&喜♪)・・・

大仏さまの“煤祓い”の如く、いつもの「一日参り」

(地元氏神様&奈良・桜井の三輪大社の参拝)に加え、

今月は特別に、毎朝6時半から行われている、

“世界文化遺産”である奈良・吉野山

「金峯山寺 蔵王堂」の『朝の勤行』に行きました。



早朝の鮮烈な霊気がハンパない蔵王権現さまのお膝下で、

大太鼓&法螺貝の大音響の中、

大声で観音経や般若心経等のお経をガンガン唱えまくり・・・

【余計なもの】がスコ~ン☆と

霊峰の遥か彼方に飛んで消えてゆく感覚を体験し、

更に頭の先から細い糸がビビビ~っ☆と伸びて来て、

それを上から引っ張られているような感覚で、

背筋がピン!と天に伸び・・・

そして、肚がぐっ!と地に座って、ぶれない(陰)&しなやか(陽)に揺れ動く

強靭な自分へと一気に戻ることが出来ましたぁ~(^0^)♪



その後、蔵王堂(吉野山の集落)が

綺麗に見える場所に行き、

しばし娑婆世界を見下ろす仙人のような心境で、

自らの修行の場である【娑婆世界】を静かに眺めながら達観し、

時空の旅(?)をしておりました。。。(笑)



この娑婆に、この吉野・大峰という場所が

存在することへの畏敬&感謝の念・・・

私のこの人生、そしてこの魂を“陰”で支え、

進化・深化(神化)へと導いて下さっているのが、

この大峰の神々(上々。つまり我々の祖先)なのだと

改めて感じました。




これからもちょくちょく、この場所に

~魂の故郷~に還って来たいと強く思いました。



その後、いつもの「三輪大社(大神神社)」に行き、

【神恩報賽】(日々のご加護の感謝)の

ご祈祷をお受けしました。



我々日本人が遥か彼方の昔から守り継承して来た、

魂の拠り所。。。これからも大切にして参ります(^人^)☆



[ 23:52 ] [ 人生、修行です。 ]
「時間は命」。

私達人間は、一秒一秒、確

実に死(命の喪失)に近づいているからである。




「お金も命」。

時間という名前の命を費やして得るのがお金だから。




そして、そのお金と交換して得る物やサービスも命やなぁ。



ということを実感している、今日この頃。



だから全てのものを大切にしながら

感謝しながら、生けていかなあかんなぁ~って実感(^人^)☆


人生とは、車や船、飛行機という…

【身体という名前の乗り物】に乗ってやって来る「旅」だったり

「修業」のような気がする。

その乗り物が壊れるまで・・・動かなくなるまで

私たちはこちら側の世界で旅をしながら

いろいろなものを手にしたり捨てたりする。



やがて私たちの意識・念“たましい”というものは、

こちら側の旅を終え、

こちら側で得た、徳と罪だけを持って、

あちらの世界に還ってゆく。




こちらの世界は有限だけど、あちらの世界は無限の世界。

また無限の存在に還ってゆく。

行き帰りの道は暗いトンネルをくぐり抜けるという苦痛を伴うが、

それも行(修行)の一種・一項目であり、

それを抜ければそれぞれの『歓喜の世界』が待っている。


[ 23:47 ] [ 人生、修行です。 ]
真の悟りや幸福を求めるべく、

先人たちの智恵と自らの直感を信じ、

全てを捨てて霊峰に分け入った多くの行者たちの

静かでそして鮮烈な息遣いを時空を超え、

私は感じることが出来る。



「全てを捨てなければ、全てを得ることは出来ない。

また、そうしなければ全ては解らないし、

全てを変えることは出来ないということに

気づいたからに違いない」




↑この上記4行の意味が直観的に分かる・分からないによって、

人間の魂のレベルが二分化される。




富や権力を手に入れても、

結局それを守るべく強烈な不足不満に囚われながら、

守りの砦を高くしまた他者を攻撃し、罪を増やし続け、

幸福感とは掛け離れた不安の日々を過ごす。

(そしてあちら側の世界に行けば、見事☆地獄堕ち!

地獄の番人達は、こちら側の世界にいる人間という存在と違って

装ったり、騙したり、言動不一致は一切通用しない!)



富や権力を持つ人間が真に世の中をよくして行けないのは、

持てば持つ程に、手にすればする程に、

煩悩という人を惑わし狂わせる【もう一人の自分・悪&罪の自分】が暗躍し、

もっと欲しい、もっともっとと

底無しの煩悩の蟻地獄に陥る傾向にあるからである。



真に世の中(娑婆)をよりよく変えることの出来る人間は、

富や権力があるなしにかかわらず、

全てに執着も未練もなく、あっさりと朗らかに全てを捨て、

他者に施し切れる人であり、

自分にとって最も大事なものである【命】ですら、

“祈りの風”と共に、何処かへ運ばれても何も惜しくない…というような、

全ての執着【囚われ】のない人であり、

いにしえの行者たち…

我々日本人の先祖たちは悠久の歴史の中で、

体験的に知っていて、それを体系的且つ見える化したのが、

1200~1300年前に登場した、

役行者や弘法大師空海(人間の心・信仰の復興)並びに

聖徳太子(人間の生活・政治の復興)なのではないでしょうか。


[ 23:40 ] [ 人生、修行です。 ]
最近思うことがあります。

合っているか間違っているかは「?」ですが(笑)。



・・・真に幸せになれる人は『感謝の人』。

手を合わせ人や自分と心を合わせ、感謝出来る人です。



今ある・持っている幸せに感謝し切れる人・・・

その感謝の念(想い)が、更なる幸せをその人に齎す。



感謝の念の上にしか感謝を積み上げることは出来ない。



不足不満・不安な念の上には感謝は積み上げられず、

真の幸福(幸福感)を得られる時は永久に訪れません。






あと『やれば出来る』と豪語しまくっている人間が存在します。



果たしてそうなのでしょうか?



不信や自信の無さという陰気な感じはいたしませんが、

その真逆で陽気過ぎる・・・【過信の念】を感じざるを得ません。



私は冷静且つ客観的に観察並びに検証を行いました。

どうやらそうとも言えるし、そうとは言えない・・・

という陰陽の現象要素二つがあるようです。



人間の努力により、なんにでも、どうにでもなる事もあります。

だから人間は努力する程に成長・進化出来るのです。

それを私は【発動(陽)の行動による成長】と呼んでいます。



しかしながら、天気や天災といったものから、

縁(良縁&悪縁)といったものまで・・・

人間の努力だけでは、どうしようもない・出来ないこともあります。



恐らくこの娑婆はそちらの方が圧倒的に多い。

個人的には、この娑婆で起こる質&量の

97~98%程度の事象がそうなのではないかと観ております。



そう思わない・それが解らない・・・感性を持たない人間は

無知(馬鹿)か傲慢(わがまま)、どちらかのタイプであろうかと推測されます。



そのどうしようも出来ない事象を“ありのまま”に受け入れ、

粛々と謙虚に生き抜くことが出来る自分を体得していくことを、

私は【受容(陰)の行動による成長】と観ております。



人間はこの発動(自力本願)と受容(他力本願)という

陰陽相反する2つの行(行動)を通して、

螺旋(春夏秋冬時代)を描きながら

総合的に進化・成長しているのだと捉えております。


2016/01/28のBlog
[ 22:10 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
最近・・・

娑婆(日常生活)での“おシゴト”で

かなり、ドタバタしておりますっ(^^;)★



そんな中、ご縁ありまして連れられて行った

都会のど真ん中・梅田にある

お食事つきのライブハウスに行きますと、

伝票ナンバーが「88」。。。☆



嗚呼・・・

いつでもどこでも「お大師さん」に見られています。。。(爆笑)



この娑婆であっても、「お四国」であっても、

一所懸命、与えられたことに励みたいと思います~っ


2016/01/24のBlog
[ 00:05 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
明日・24日からしばしめっちゃ寒くなるそうで・・・

今のうちに・・・ということで、

元気よく芽が出てきた

じゃがいもちゃんたちを

畑に植えに行きましたぁ~



数時間かけて・・・

綺麗な畝に整理して丁寧に

植えさせていただきました。



ほんと、畑仕事って、

癒やし効果にリフレッシュ効果に

運動効果に・・・

そして収穫の喜び、自然素材をマンキツ出来る喜び・・・

いろんな良さがあって、嬉しいです



じゃがいもは、今日が植え付けでしたが、

大根は今が収穫期です。

同じタイミングで植えても、

大きさが違う大根・・・。ほんと、不思議ですが、

これが自然のリズム・テンポなんでしょうね。



たまねぎも、すくすくと育っています。

昨年始めて植えて豊作でしたが、

おかげさまで今年も、順調に成長しており、

梅雨前の収穫に向けて、楽しみです♪



そしてマイ畑の耕作面積のおよそ7割を占める

いちごちゃんたちも、冬の寒さに耐え忍びながら、

藁の下でじーっと耐えています。



で、この冬が暖かかったせいか、

花が咲き、実がついて来たいちごちゃんがあります。



ほんと、自然のペース(流れ)って

一筋縄に行かず、予想不可能ですが、

これが、本来の自然【ありのまま】なんでしょうね。

畑(大自然)から学ぶべきことは多いです


2016/01/22のBlog
[ 15:52 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
かわいい「ジンベイサメ」のイラストの葉書が

私の元に届きました。



大阪人の私からすれば、

「ジンベイサメ」と言えば、大阪の海遊館ですが(笑)、

「ジンベイサメ」が自然界で泳いでいる姿が見れる場所・

石垣島からの便りです。



送り主は、先日の石垣旅で

お伺いさせて頂きました「あるま ねっと」さんです。



あるま ねっとさんは、石垣島にある、

職業訓練を兼ねたサロン(作業所)で、

その訓練の一環として、

手足の「タッチセラピー」(オイルマッサージ)を

みなさんに提供されておられます。



【あるま ねっと】さん 紹介ホームページ(石垣経済新聞)↓
http://ishigaki.keizai.biz/headline/1087/



所謂「障がい者」の方々が、提供される「タッチセラピー」ですので、

私の時にも、ちょこちょことトラブルが発生した訳なのですが。。。(笑)、

だけど、「障がい者」の方々やそのサポーターの方々が

一所懸命がんばっておられる姿が、とっても美しく・・・

「タッチセラピー」によって癒しやリラックス効果を得ただけでなくって、

深い学びや感動を得ることが出来ました。

ほんと、私ももっと一所懸命生きなければならないと感じました。





で、どこのウマのホネかも分からない、旅人の私に

心がこもった手書きの葉書を送っていただき・・・

(なぜか、80円切手です。28円多いです・笑)

私はまた更に感動いたしました。。。



「タッチセラピー」を受けている間に、

波照間島は終日曇があり、星が見れなかったので、

今晩、石垣島では見れるかも知れませんネ~

という会話をしていたことも

覚えてくださっていたようです。



こんな感じで、旅先であっても日常生活の中でも

誰かと心の通ったコミュニケーションが出来るということは、

この人生において、とっても幸せなことだと感じます。。。


2016/01/21のBlog
八重山諸島にいると、日本は広いなぁ・・・

って感じました。

そして、改めて・・・

我が国・日本の悠久の歴史と

多様な風土・価値観を感じました。。。





日本の国土は太古の昔、大陸と陸続きで、

アフリカ大陸で発生した人類の一部が、

長い年月をかけて、

その土地土地の文化を吸収し進化しながら、

東へ東へと太陽の昇る方向へ移動し

やって来て住みつきました。



縄文時代では既に多種多様のルーツ(血、DNA)

を持つ人間がこの日本で仲良く、

狩猟民族として共存していた。



一万年以上続いた平和な縄文時代は、

地球規模の寒冷化により終わりを迎え、

大陸から稲作を受け入れ、弥生時代になり、

更にまた大陸から人間が渡って来た。



その大陸からの積極的かつ自由な民族移動は、

聖徳太子が国づくりの基盤を構築した時

(今から1300程前)まで続く。



恐らくこの時代が、

日本人を日本人たらしめる歴史の

本格的スタートなんでしょう。

従って私たち日本民族は単一民族ではなく、

多様なDNA・価値観を持つ、他民族国家だと言えます。



伝染病の発生や火山の噴火や地震に津波などの水害・・・

多種多様の天災は必ず起こる。

それは我が国の悠久の歴史が

既に証明している真実である。

我が国の国土面積は、他国に比べ小さい方である。



しかしながらそれらは広範囲に、

多くの島々として散らばっている【海洋国家】である。



従って、例えどこかの地域・島が天災等により、

壊滅的な被害を受けても、

他地域の人たちが被害のない地域に避難出来たり、

被害地域を助けたりカバーすることが出来、

被害地域もやがて再生させることが出来る。



そして、この美しい広大な海に囲まれているからこそ、

他地域からの侵略者からの多大なる防御という恩恵を受け、

また海からのあらゆる資源(大自然からの恵)を頂いている。



波照間島のテレビをつけると、

2000キロ先にある東京から発信されている

テレビ番組が放映されている。



150キロ先の台湾や300キロ程先にある中国の放送ではない。

ほんと、側に国境があるという環境を普段、

大阪にいると全く感じないので、

かなり新鮮な心境があり、そしてかなりの危機感も感じる。。。





改めて、気を引き締めて

いろんなことを考え、実践していきたいと思いました


[ 20:14 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
先日の旅先・八重山諸島にいた時、

テレビをつけますと、

国会(委員会)が開かれていました。



東京から2000キロ離れた波照間島でも

NHKを通してその様子が流れており、

宿やフェリーの中で見ておりました。



この島(八重山諸島)にいると、

大都会・東京にいる国会議員(政治家)たちが、

国会でワーワー議論している地域創生問題、

そして安全保障・尖閣問題について、

大いなる疑念を感じてしまいます。。。



安倍総理が

「政府一丸となって諸問題に適切に

対応して参る所存でございます」

とおっしゃってはりましたが、

安全保障問題の最前線地域であります、

ここ八重山諸島に身を置いておりますと、

一丸ではなくバラバラ、

東京の政治家と地元の方々との意識や

価値観もバラバラであることが

観得て参ります。。。



更に、【誰かからの圧力】により、

【何か】が、あるべき道からずれています。

真実は政治家の意図により隠され、

うわべだけを装い、

出来る限り穏便に「事なかれ主義」で

進めようとしているように感じます。。。。。。



本来の政治家のミッションは

「【全日本国民の生命と財産】を守る」であります。



現場や地元の方々の要望などの真理を的確に理解し、

真にミッションを達成する政治家であるならば、

もっと現場に足を運び、

現状を知り地元の方々の心に

寄り添わなければなりません。

ほんと、永田町に群がる人の心ばかりに

寄り添っている感じを受けました。



東京に存在する政治家にとっての【全国民】とは、

「自らに一票を投じてくれる人間」

だけなんでしょうね。。。?

売国奴(他国の犬)も紛れ込んでいる・・・かも知れませんね。?



こんな偽善者の輩たちに、チョット吐き気がしますが、

こんな輩たちだけに、

日本の行く末を任せられないので私は

これからも独自にあらゆる角度から我が国を観察研究し、

私たち日本人の生命と財産を守っていく活動を、

今後も展開してゆきたいと、改めて思いました


[ 20:08 ] [ よしこちゃんのぼやき ]

「出来ない」のではない。

「やる気がない」だけだ。



やる気がないから、

出来ない理由をあっちこっちから

探すことだけに専念し、

時に偽りで持ってすら

その理由の中に入れ込んで来る。



人間は一度

「権力」や「名誉」「富」を得てしまったら、

それを捨てることは難しい。

「もっと欲しい」と

どんどん沸き上がって来る

煩悩に心が囚われるからである。


[ 19:57 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
ご近所で一番早く咲く梅の花が

満開になりましたぁ~



厳しい冬が続きますが、

「春」を感じで、心が和みます。。。
ほんま、きれいやなぁ~
2016/01/19のBlog
[ 19:47 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
随時フェイスブック&ブログにて

レポートをさせて頂いておりましたが、

15日~19日まで沖縄県・石垣島と

波照間島へ旅しに行って参りました。



今回の旅で一番嬉しかったことは、

「予定通り無事、19日に帰宅出来た」ことです。

ほんと、多くの“おかげさま”をいただき、

今、自宅に戻って来れたことに、

深く感謝しております。。。



帰宅いたしますと、昨年末の四国遍路の時、

自分のミスで溝にハマって左前が破損したマイカーが、

元の姿に戻って私を出迎えてくれました。



長年お世話になっているご近所の車屋さんが旅行中、

破損した部分を安価な中古品を使って

修理をして下さいました。

「中古品」とは言っても、

本当に美しく戻して頂き、感謝、感激です。。。



こんな感じで今後も人災天災・・・

各種災難苦難を経ながら、

ちょっとずつではありますが、

曲がりなりにもボチボチと精進して参りたいと

改めて感じさせて頂きました。



今回の旅は特に「修行」っぽい感じになり、

とても私らしい旅となりました。



この旅でお世話になりました、

家庭倫理の会&倫理法人会の大濱琴美さんを始め、

すべてのみなさま・出来事に感謝いたします。

ありがとうございました(^人^)☆☆☆☆☆



【写真】

今日撮影した写真を時系列で

アップさせていただきます♪



2016/01/18のBlog
今日の正午、

波照間島→石垣島行きの臨時便

「フェリーはてるま」が私の視界に入りました☆



それを見た瞬間の気持ちを表現するならば、

正に“ノアの方舟”!!

(結構、本気【マジ】です・笑)



フェリーは結構揺れましたが、

酔うこともなく、

甲板からしばし美しい海を眺めていました。

が、フェリーが作る波しぶきにどっぷりかかり、

あえなく船内の座席に退散っ(ー0ー;爆)☆



そうこうしているうちに到着。

2時間45分の“ノアの方舟旅”でしたぁ~(*^人^*)。



石垣島に着くと午後3時。

今朝、電話予約しておいた

「あるま・ねっと」さんに向かいました。

今回の旅初日、石垣島の喫茶店で

この「あるま・ねっと」さんの小さなチラシを見つけ、

ネットで調べましたら(下記の紹介ホームページ参照)、

とってもステキな場所っぽかったですので、

どうしても行きたいと思い・・・

何とか今回、その想いが叶ってよかったです♪



「あるま・ねっと」さんは障害を持つ方の

職業訓練を兼ねたサロン(作業所)で、

障がい者の方々が作られた雑貨などの

販売ブースが入口にあり、

入口左の部屋は一般的な作業所、

そして右の部屋が『タッチセラピー』・・・

所謂手足のオイルマッサージをして頂ける部屋になっています。

とってもオシャレです♪



私は未だかつて、

障がい者の方々がオイルマッサージを

して下さる場所は聞いたことがなく、とっても興味があり、

また私自身がマッサージで癒やされたいというか・・・

そこにおられる方々と触れ合ってみたいと思いました。



で、ちょっとキンチョウしながら入って行くと、

既にお客さんが気持ち良さそうに

マッサージを受けておられ、

その横のソファーで受けることになりました。



まずは足浴・・・

ということで、大きなバケツに足をつっこみますと

・・・「冷たい☆」。

スタッフ(障がい者)の方がお湯と間違えたそうで、

そのフォローに入っておられた

サポートスタッフ(健常者のプロ)の方が

慌てて何回も謝られ、

マッハでお湯の入ったものと取り替えてくださいました(^^笑)。



足浴後、ソファーのリクライニングを倒し、

アイマスクをし、足マッサージへ。

この足の方のマッサージは

サポートスタッフ(健常者のプロ)の方が

みっちりして下さいました。



あれこれとワイワイ☆雑談しまくりながら、

私の『流れ』が滞っている場所をちゃんと流して下さり、

今、とっても足が軽いで~すっ(^^)☆



そして手の方のマッサージを

スタッフ(障がい者)の方にして頂きました。



覚えたことを思い出しながら

一所懸命やられている・・・ということが、

手から手へと伝わってきました。



全て終了した後、小さな休憩ブースで、

頂いたゆず茶を飲んでいると

次のお客さんが入って来て、

別の障がい者の方がそのお客さんの

足のマッサージをされ始めました。



その様子じーっと見るのは、チョットアレなんで(笑)、

いろんなところを見ていました。



一所懸命マッサージをしている障がい者の男の子、

それを暖かく見守るサポートスタッフの方、

全てを理解した上でマッサージを受けるおねえさん。



奥の部屋では、

別のサポートスタッフの方がマンツーマンで

障がい者の女性の方に、マッサージの方法を

丁寧に教えておられ、

それに応えるべく、一所懸命がんばる女性の方。。。



ほんと、みんなが一所懸命で美しい、純粋無垢・・・。

みんながみんなを認め合い、受け入れている愛の場所。



こんな場所って、あるようで、なかなか無いですよね。

そこでは私は「異国の地からの旅人」ですが、

何だかとっても居心地がいいです(^^)。



私はいつも思う訳です。

「果たして障がい者って、出来ないことばかりで、不幸なのか?」

そして

「所謂、健常者の人たちって何でも出来て、幸せなのか?」



私は、このような方々との出会いを重ねる度に、

本当の幸せとは何か?

真の意味での『健常者』って一体どのような人のことを指すのか?

その真意を突きつけられているような気がしています。



「障がい者」という言葉やカテゴリー(枠)は、

「健常者」と呼ばれる人たちが名付けた

ただのエゴ(先入観、価値観)のような気もしております。

“真の障害”を持つのは、煩悩の強い、

穢れた健常者の方なのではないでしょうか。

だんだんと、そんな風に捉えるようになって参りました。。。



石垣に行かれた際は、

是非一度行かれてみてくださいね~(^0^)♪



「あるま・ねっと」

住所:石垣市大川20-7 電話:0980-87-0567
(事前予約された方が確実です)

紹介ホームページ↓
http://ishigaki.keizai.biz/headline/1087/


「あるま」はスペイン語で「心」なんだそうです。ステキ~っ



[ 11:28 ] [ ぶらり旅日記 ]
昨日石垣島に戻る予定だったのが、

荒天のため小型の高速船が終日欠航

(今日も高速船は欠航です)となり、

“ムンクの叫び状態”になりましたが、

心入れ替えて、のんび~り島時間を過ごしておりました。



いろんな人の諸事情で出ることになった

今日の大型貨物船による【臨時便】。



その“おかげさま”に便乗させて頂き、

今日出発の波照間島→石垣島への

臨時便のチケットを無事ゲットしました。



この臨時便の座席は、

大型船の割にはたったの53席しかなく、

ハイシーズンの時とかは、

この席を巡って激しい争奪戦が

繰り広げられるそうですが(驚)、

今日は12人くらいしか並んでおらず、

ほっといたしました。。。



ほんと「無事生還出来る・生きた心地がする」と実感出来る瞬間は、

そうなかなか無いもんです。

貴重な体験をさせていただきました(^人^)☆



今日は夕方の方が天気が悪いそうですので、

通常14時発のところ、12時半発に早まっての出港とのことです。

おかげさまで早く石垣島に到着出来て、

行きたいところにいけそうです♪



今の波照間島は雨は降ってはなく、

時折晴れ間も見れますが、風が強く、

波はおおしけになっているとのことっ(^^;)。



船酔いせず、無事石垣島、

そして大阪まで生還したいと思いま~すっ(^0^)!


2016/01/17のBlog
今日・17日(日)朝の高速船で、

今いる波照間島から

石垣島へ戻る予定だったんですが、

荒天のため、一日三便全て欠航~~~っ(>0<)★



石垣島に戻って、

あーして、こーして・・・という予定が

波照間島から出れないことで、おじゃんにっ~~~(*0*)!



今回の旅でお世話になっていることみさんや

今晩、石垣島で泊まるはずだった

ホテルの方々に申し訳なさを感じつつ、

この程度の荒天で船を出せる仕組みを作っていない、

船の業者の方々や、

天気(大自然)に向けての『責め心』を発心していました。

うーん。まだまだ【器】が足りませんね・・・(反省&懺悔)。



・・・だけど、よくよく考えてみれば、

特に冬の波照間島の船は欠航になる

可能性があるということは

事前に情報として持っておりましたので、

旅の前半の2日は波照間島、

後半2日は石垣島に宿泊するという

プランニングを立てておりました。



更に、波照間で欠航が続いた場合、

安いピーチの航空券は捨てて、

(便の変更がきかないチケットを購入しました)

翌日か翌々日でも帰れるように、

21日の夕方まで、予定(アポイント)を

誰とも取っておりません。

サイアク、21日朝石垣発のピーチ、

もしくは他の航空会社の飛行機で大阪に帰ろうと

なんとな~く、思っていましたが、

まさかこんなに欠航が多く、不安定だとは思いませんでした。



そんな悶々とした心境の中、同じ宿で泊まっている

この地に旅慣れした釣り人のおじさんが

以下のようなことを私に言ってくださいました。



「『高速船』は、小さいしすぐ欠航になるけど、

『貨物船』は大きいので欠航になることはほぼありません。

この貨物船は毎週火曜日、木曜日、土曜日、

(金曜日は(第2・4のみ)に出ており、

僕はいつもこの島に来る時は、

【もしもの時に備えて】その曜日にからめて

行き来しているんですよ~(^^)」



詳細はこちら↓

http://www.aneikankou.co.jp/liner/carferry.html



な、なに~~~っ(>0<)!

そんな欠航知らずのステキな船があったとは、

仰天の事実です!知りませんでした。。。(号泣)。



高速船に比べゆっくりですが、安価。

そして何より、欠航する確率がべらぼうに低い。

旅行者にとってはプランニングが出来て、確実です。




・・・で、この荒天では、19日(火)14:00発の貨物船まで

波照間島から脱出出来ず、

19日(火)10:40新石垣空港発のピーチで大阪に戻れず、

航空券はパー!になってしまう可能性大!やったんですが、

先程、お宿の方が・・・



「臨時の貨物船が、明日・18日(月)14:00~出ることになりました!」

という吉報を教えてくださり、

すったもんだで無事、予定通り、19日のピーチの航空券はパー!にならず、

大阪に戻れそうです。

ほんと、おかげさま。。。。。。感謝しかありません(ー人ー)☆☆☆☆☆






・・・以上ウダウダと書かせていただきましたが、

私がここでお伝えしたいことは、

より楽しい旅・安全な旅を確実に実行する為には・・・



①正しい情報を得る

②必要・有益な情報を得る

③出来る限り早く情報を得る



この3つが必要不可欠かと思いました。



今度この波照間島に旅しに行く時は、

旅慣れした釣り人のおじさんのように、

貨物船が運行している曜日に行って帰りたいと

心に決めました。(おじさん、情報ありがとう!)



これからも、人生(日常生活)で、

この経験を活かして参りたいと思います。





そして更に思ったこと・・・



人生って、「どうしようも出来ないこともある」

ということです。

天気(天の気)なんて、人間の思惟を超えたところにあり、

人間の力ではどうしようも出来ないということが、

今、身にしみて感じております。。。(ー人ー)☆



都会に住んでおりますと、

この至極当たり前の真理を忘れ、

「人間(自分)の力でなんどでもなる!『やれば出来る』」と

ある種の傲慢さに囚われる傾向にあると思います。



自分(人間)の力でどうにでも出来ることもあれば、

どうしようも出来ないこともある、

(出来ないことの方が圧倒的に多い!殆どである!)

ということを我々人間は、もっと認識すべきだと思いました。



で、そのどうしようも出来ないことを

『受け入れる』という【受容の精神・器】も

もっと育まければならないと感じました。



これは「諦める」という感情とはまた違います。



受け入れた後、じゃー、これからどのように歩むのか?

再建していくのか?よりよくして行くのか?

前向きに淡々と実践して行くというスタンスです。



きっと、四方海に囲まれ、山林が国土の7割あり、

大自然と共に生きてきた・・・

我が国・日本で生きてきた先人たちは、

そのような精神を陰に育まれ、継承されて来たんだと思います。



今あっちこっちで起こっている天災(異常気象)は、

(※連日続く八重山諸島の雨天も、例年に無いそうです)

日本全国・世界各国の人たちの傲慢さや、

地球に住む生物みんなのものである大自然を

人間のものだ!と、どんどん搾取&汚染をしまくっておりますと、

人間全体の罪はどんどん積もり、

それで天は人間に【天災】という名前の罰を

与え給うのではないでしょうか。。。?



なんだか、本当にそのような気がして来ました。。。



で、地球自体の【自浄作用】として、

各種の天変地異が起こっているような気もして来ました。



【自浄作用】とは、分かりやすく表現しますと、

健康な人間が風邪をひいて、

熱を出したり寝込んだりするのと同じで、

元の健康な状態に戻そうとする生命体(地球も生命体です!)が、

いつもと違う現象や動きをするというものです。





今日は、阪神淡路大震災から21年目です。

古今東西の天災でお亡くなりになられました御霊に対して、

改めて鎮魂の想いを捧げますと共に、

これからを生きる一人の人間として、

出来る限り罪を作らない(消罪)、そして徳を積んで行く

人生を着実に歩んで参る所存でございます(ー人ー)。




[ 10:25 ] [ ぶらり旅日記 ]
本日荒天の為、石垣島行きの船(一日三便)が

全便欠航確定のこことっ

(どっひゃ~!!! >0<)

地元の方曰く、明日は更に荒天らしく、

欠航の可能性大?



で、明後日・19日(火)は「貨物便」という、

小さな高速船じゃない大きな船が出るようですので、

高速船が欠航でも、それが動くようですので、

それに乗って石垣まで戻れるようです。



ということで、今回の八重山旅は、石垣泊はなくなり、

波照間ばかり宿泊に感じです。。。(^^;)?



まさかこんなことで、

この波照間の風景・雰囲気を更に

マンキツすることになろうとは・・・



んもー、これ(自然現象)ばっかりはどうしようもありませんので、

喜んで受け入れて、有意義な時間を過ごしたいと思います(^人^)。



早速朝食後、明日・明後日の食べるお昼ご飯を、

雨風が強くならないうちに自転車で買いに行きました。



さぁー、これからお宿でひたすら篭もんデ~~~っ(^0^)!!