ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
青少年育成文化芸術団体 ぷちぱんそー&アートセンター叶
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:149件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/04/13のBlog
[ 09:07 ] [ もりざねのひとこと ]
大分 間が開いてしまいました

今回からタイトルは適当です

夢の箱も無事終わり、立体物ではなく
絵を描いたりして過ごし、そろそろ新しいものを……

ということで次回作のテーマはです

ただ、具体的にどう作るかは決まっていないので
(材料も揃ってないし)

「とりあえず、これやるか?」←一番最初に木彫した木

を大坂先生に差し出され

「いいですね

なんて、今思えばオヤジみたいなことを言ってしまいました。

で、久々なせいか

あれ、こんなに疲れたっけ

というのが感想です
2010/03/23のBlog
[ 08:51 ] [ もりざねのひとこと ]
総仕上げ

シール貼り

中々シールがはがれない

負けずに、もうここまでくれば
後は感覚で適当なカタチでぺたぺた貼っていく

それが終われば、前回作っておいた
ターゲットスコープを接着

それでもなんか物足りない



銃口部分に紙コップ(底ぬけ黒塗装済み)を接着

うん、ばっちし!

 これにて、全 制作 過程 終! 了!


……と思っていたのに

翌日
大坂先生からもっとボリュームアップを!という注文が

ええええぇ~

正直気が抜けていて(燃えたぜ、真っ白にな……)
状態だったのに……

そこから何とか再点火(思いつくまでが大変でした)

(筒をカットしてブロック遊びの要領で更に銃身をパワーアップ)
更にターゲットスコープも黒く塗装(その過程でカラーセロハンが汚れたので
青に張替え、空いている部分も塞ぐ)

ぬうぅんおりゃあぁぁ!(脳内イメージ)

何とか完成

その結果
ビームピストルからビームライフルにレベルアップ
したので結果的に良かったな~てな感じでした。


今度こそ本当に
 完成!
2010/03/18のBlog
[ 05:43 ] [ もりざねのひとこと ]
銃制作2

グリップが少し短かったので
箱を継ぎ足し、持たせる為のでっぱりの棒を
作る(気持ち長めに)その切れ端を銃口部分に接着
(ぴったりフィットでボリュームアップ)

サクサクと穴を開けて(箱が薄かったからやりやすかった

そして接着

そして下地(白)塗から一気に塗装(黒)

塗り終わったのを見てみると

ワルサーP38(ルパン三世の愛銃)っぽいなぁ
という感じ

ちなみに僕の好きな銃の形式はリボルバーです
(次元大介の使っている銃)

デティールの為の白カラーシートも準備したところで
今日は終了
2010/03/12のBlog
[ 10:15 ] [ もりざねのひとこと ]
前回の薮蛇発言で宇宙船を作ることになりました。
まぁ、でも使えそうな切れ端は確保しておいたので
細かいディテールを考えるだけ
なので、そこら辺は上手いこといきました
(鉛筆でスイスイっと)

でも、色を塗る時に混ぜた色が悪かったのか
ちょっと汚い感じの色に

……だ、大丈夫

ヤマトとかアルカディア号とか
ザンジバルとかもこんな感じの色やし

と、自分に言い聞かせ
線を消さないように薄く塗っていきます。

マジックで線をなぞり、時には書き足し
前回学んだ(周りに点線を入れると絵がグッと引き締まる)
事を駆使して背景に貼付けると宇宙をかける船が見えました

結果ニ作出来ましたー(やったね)

で、武器作り

ボール芯を段違いにガムテでくっつけて(銃身)
それを(カッターで差し込み穴を空けた)箱でサンドイッチ(上を被せる前にガムテで
止めておきます)

後はもうブロック遊びの要領で適当に箱とか
切れ端を組み合わせてそれっぽい形になりました。

夢のはこはもう目前

武器が出来たら御の字

なんて言っていたのが嘘のようです

ここまで来たら拘れるところまで
とことんこだわりたいです!
[ 09:07 ] [ もりざねのひとこと ]
前回のスカートアーマー(前後左右)にシールで
モールド(溝)部分を作って、接着して終了
実質本体は完成です。

で、ロボに持たせる武器のスケッチを描いてと言われたので
ロボの武器(モリ)を書きました(久しぶりに画用紙に絵を描きました)

それが先々週の話

で、先週は作品紹介用のカードを作り、
大坂先生がバランスが取りやすくて尚且つ作りやすい
にしようということで、
モリのスケッチも銃に変わることに……

スケッチにチョチョイと描き足して
背景の紙に貼付ける為に絵の形にカット

で、その背景の制作へ……

(お料理行進曲を流して下さい

まず、黒画用紙に絵の具を適量
ローラーで伸ばします、それを繰り返します
一通り伸ばしたら、次は雑巾で馴染ませます。
その上に糊を伸ばして、パンチ屑をぱらぱら振りかけます

はい、無限に広がる大宇宙の完成です。

「こんなキチンとしたもんやったらソレ用にちゃんと作ったのになぁ~」
「そこまで言うんなら作り~な?」

……薮蛇?

ToBECONTINUE→
2010/03/06のBlog
ゆめのはこ×劇団角笛チャリティ影絵公演 今年も神戸で開催します

46年もの歴史を持つ劇団角笛
去年は神戸初公演で多くのこども達が影絵の世界を楽しみました
感動して泣くこどもたち,大人,おじいちゃん,おばあちゃん...
お越し頂いたたくさんのみなさま,どうもありがとうございました


そして今年もたくさんの人の心に届きますように

今年はどんな演目かな?


ゆめのはこ×劇団角笛チャリティ影絵公演
【演目】花さき山 すてきな3にんぐみ つのぶえのうた
【日にち】2010年3月6日(土)
【時間】①10:30~12:10 ②13:30~15:10
【場所】神戸文化ホール・中ホール →アクセス
【料金】(前売り)大人1200円 こども800円 (当日)大人1500円 こども1000円

※こども;3歳~小学校6年生まで(3歳以下でも座席が必要な場合はチケットが必要となります)
※全席自由席

【購入方法】
①事務局への申し込み
TEL/FAX 078-882-3328
E-mail: yumenohako@gmail.com


②チケットぴあ
電話予約 0570-02-9999
Pコード 401-633
取り扱い店舗:チケットぴあ店舗/ファミリーマーケット/サークルK・サンクス


なお,このイベントの収益はすべて福祉施設へと寄付されます
※本事業は日本財団の助成を受けて実施します

【お問い合わせ】
ゆめのはこ実行委員会/アートセンター叶
TEL/FAX 078-882-3328
E-mail: yumenohako@gmail.com



みなさんのお越しをお待ちしています

2010/03/04のBlog
また、大坂先生と一緒になりました

で、今日は腕の芯の塗装からスタート
それが終われば腰パーツの続きです。

で、腕の芯を外す為に
脚立に登る大坂先生を見て

ほとんどロボットの整備(なんてイイ響き)と変わらんなぁ
なんて思っていました(キャットウォークがあれば完璧だったのに)

で、腰を付けるために
ロボを分解(青い装甲部分込)

丸穴を、前回の箱は簡単に空けられたんですけど
ボディが……

一番大事な部分だから
と、頑丈につくったのが裏目に

「これ作っとった時は足どうするかなんて考えてなかったからなぁ」

という大坂先生の言葉に思わずシミジミ

空けた穴に棒を通して
更にその棒より一回り大きい棒を切って
脊椎部分を制作

で、腰部分の接着へ
……それがきつかった

ボンドを搾り出すのが
棒を切る時よりも

で、箱を一体化させて腰完成

で、スカートアーマーも制作(切るときに少し失敗しましたが
前後完成(裏表塗装込)

一日二日分の作業が出来ましたー
2010/02/25のBlog
[ 19:58 ] [ もりざねのひとこと ]
今日は気合
を入れて早めに家を出たら
大坂先生と駅出口で一緒になりました。
まず無いことなので色々話しながらサンシャインへ

で、前回の予告通り
今日は腰パーツの制作から
とはいっても足を繋ぐ為の穴を開けて
箱を半分にするだけの簡単な作業

で、試しに合体!させてみると→

高っ!?
と思わず言ってしまいました。

僕が見上げるほどの高さ
360度いろんなところが丸見え
上半身の塗り残しも……。

ということで、おろして
大急ぎで塗装。

前回塗り残していた
パーツも塗って、足側面部に組み込む。
足パーツ完成
(ちなみに今日もほぼ立ち作業です
効率が良いと気づいて若干ワーカーハイになってました)

腰パーツも接着
次はスカートアーマー部分です。

それにしても……

こんなに、立派
大きくなって……


[ 17:35 ] [ もりざねのひとこと ]
今回は
2010/02/24のBlog
[ 06:43 ] [ もりざねのひとこと ]
足制作Part2
側面がガラ空きなので
そこに新聞紙を敷き詰めて、蛍光灯の空き箱をセットすることに
その空き箱に布を詰め込んで膨らますことに
最初こそ、「なんか手品師みたい」なんて呑気なことを
思っていました が!そんな気持ちは
1、2、3で消えてしまいました

最初こそ上手くいっていたのですが、
そのうち布が詰まり出して、押し込んでいた棒で箱を破ること
数回

アドバイスを貰いながらえっちらおっちら
やって、布を詰め終わった頃には
もう、フラフラ(まだ前半なのに……)

キシガミさんに言わせればカード破産した様な顔だったらしいです。
その箱を四つにカットして塗装して今日は終わり。

……しんどかった

次回は
大坂先生が言うには
骨盤部分の制作だそうです