ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人市民事務局かわにし(voluntary-life new)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/07/09のBlog
阪神淡路大震災からまだ16年の今年の春、
とてつもない大地震が東北地方を襲いました。

阪神淡路大震災を経験している、この阪神間に
住んでいるものは、「とても他人事とは思えない」、
「なにかできないか」と、いまも、みんな
感じていると思います。(また、動いておられます)
言い訳みたいで、かなしいですが、
当法人は、昨年度から、市から大きな
指定管理事業を受託しており、
現在、人的にも、労力的にも、時間的にも、
いっぱいいっぱい。

また、JR福知山線事故では、当初から、いまも、
被害者(電車に乗っていて「からだ」「こころ」に
怪我をされた方々を中心)のサポート活動も
継続しています。
3月、4月、全く動けず、役に立てないことが、
本当に悲しかったです。

そんな中、お隣の宝塚市で中間支援活動をしている
「宝塚NPOセンター」さんが、被災して阪神間に
来られている方々を対象として、
「お茶っこカフェ」を始められました。

「宝塚NPOセンター」さんには、今年の2月に亡くなられた
森綾子さんが、事務局長をしておられた10年ぐらい前から
ずっとお世話になり、当法人の生みの親、育ての親として、
見守ってきていただきました。

森さんが亡くなられて、本当に本当に辛く悲しかったです。
でも、いつまでも悲しんでいては森さんに叱られます。

いまは中山さんを事務局長として、2年前から実施している、
阪神北県民局と阪神北県民局管内4市にある、
中間支援NPOとの月1回の「ネットワーク連絡会議」も継続し、
みんなで仲よく連携をしながら、共存共栄を図っています。

それで、7月に「お茶っこカフェ」の拡大版が、
川西市北部にある、能勢妙見山の
「クッキングセンター」(能勢電鉄)を使って開催されると
いうことだったので、サポーターズの一人として、
参加させていただきました。(当法人も共催です)

お天気にも恵まれ、40人(そのうち、約半数がサポートボランティア)
ぐらいの方々が来ておられました。

バーベキューの合間の被災者の方々の
自己紹介や、いろいろなお話を伺うにつれ、
私たちが6年間やってきているJR事故の被害者の方々のサポートと
本当に似ていると思いました。

後日、私たちのJR事故の被害者サポート活動を支え続けてくださっている
臨床心理士さんや弁護士さんにお伺いすると、
「被害者」「被災者」と、その原因は異なっていても、
抱える課題や、心的な状況の経過は、そう変わらないとのことでした。

一つの団体やNPOで、すべての取り組みや活動ができなくても、
今回の例のように、近隣で仲間が取り組んでいたら、連携して、
支え、支えられつつサポート活動に取り組んでいくことも、
一つのあり方だと、その思いを強くした一日でした。
2011/07/05のBlog
「NPOと行政の子育て支援会議運営事業」
地域交流会、今年もやります!

地域で子育て支援に関わっておられるみなさんと
いろんな情報を共有し、楽しく交流できる時間に
したいと思っています。
(右の写真は、昨年度の交流会の様子です)
今年度第1回は、題して
『いろんなツールで楽しもう♪子育て支援!』

子育て支援の様々な場で活用されている
楽しいツールを見て、触れて、体験していただけますよ~!

===================================
日時:2011年7月23日(土)13:00~16:00
会場:三田市まちづくり協働センター 多目的ホール
(JR三田駅前、キッピーモール6F)
===================================

皆さんのご参加をお待ちしています!
★チラシ・申込書はコチラ↓↓
[ 11:02 ] [ NPOと行政の子育て支援関連♪ ]
JRと阪急の宝塚駅からすぐの、とっても便利なところに、
子育て支援グループ「スマイル」さんが運営する
「スマイルルーム」があります。

10年以上前に活動を始められ、たくさんの会員さんを
サポートしてこられました。
そしてその会員さんが、こんどは「スマイル」のスタッフとなって、
活動を支えておられます。
そんな会員さんのお一人は、
「自分の再就職の活動のため、まだ赤ちゃんだった我が子を
預かってもらえた。あのときの感激が忘れられない。」
とおっしゃいます。

お互い支え、支えられる…
こんな輪があちこちで広まることを心から願っています。

子育て支援グループ「スマイル」
★ニューズレター6月号で紹介しています。↓↓
2011/06/26のBlog
[ 08:15 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
CS神戸さん、特に中村順子さんには、
なが~いこと、お世話になっています!!
いつも本当にありがとうございます。
<m(__)m><m(__)m><m(__)m>

この日は、そのCS神戸さんの新事務所のおひろめ、
たしか、3回目の事務所お引越しではないでしょうか?!
フラットなスペースで素敵なところ!!
以前は、レストランだったそうです。
中村さんに初めてお会いしたのは、
かれこれ10年以上前でしょうか、

平成12年ごろ、ブログライターは、別の活動を
立ち上げようとしていて、「これからはNPOだ!」と
いろいろわからないことを教えていただきに、
友人を通じて、中村さんを紹介していただき、
東灘にあった「作業所 兼 事務所」に
うかがったのが最初です。
この日も、ボランティアのみなさんが
たくさん、お越しでした。

中村さんは、いつも、ボランティアマネジメントの
重要性を話しておられます。
まさに、実践。

そういう多くの方々に支えられている、
CS神戸さんですね・・・!
みなさまのますますのご発展を!!!
そして、これからも、どうかよろしく
お願いいたします!!!
2011/06/23のBlog
[ 15:13 ] [ jim日記(matchan) ]
夏場になると、この写真のように
ブラインドにも助けてもらうことになります。
「市民事務局かわにし」の事務局は
「川西市市民活動センター・男女共同参画センター」
と併設している(同じ建物の中の)2階にあり、
ご覧のように大変、景色の良い事務所です。

事務局の前の通りを歩いてらっしゃる方々
何気なく歩いている、たのしそうにおしゃべりしながら、
時に疲れていたり、悲しそうな表情をされながら…

川西という『まち』、いろいろな部分があり、
その中に私たち市民は生活している
心強さ、あたたかさ、怖さ、さまざまな心境で~
市民の皆さんに関わり活動をしているのだなと
気持ちも新たになるのですね◎
2011/06/22のBlog
[ 14:30 ] [ jim日記(matchan) ]
今週から(6月20日~の週です)、
急に蒸し暑くなったと思いませんか…?
今年の夏は電力不足も心配されているし、
自宅ではまだエアコンはつけてはいないよ~
という方も多いかと思います。

あまり行き過ぎると、熱中症にかかってしまい、
かえって大変なことになってしまうかもしれません。
何事もほどほどにがよろしいのでしょうか…?

ところで、今年も市民事務局の頼りになる
我らがスーパーバイザー(?)の出番がやってきました!!
昨年も本当にお世話になりましたが、
今年の夏は節電傾向、さらにお世話になることでしょう!
頼りにしていますよ~ホントに。
2011/06/21のBlog
[ 19:24 ] [ jim日記(matchan) ]
梅雨時の真っただ中の、
6月16日(木)、18:30~20:30、
第63回「つながりカフェ」を、いつものように
川西市市民活動センター・男女共同参画センターで
開催しました。

新しい参加者が5名もお越しくださり、
みんなで話をして、たいへん盛り上がりました♪

時節がらでしょうか、農作業や自然散策の話題が多く、
川西市で自然関連のお話をすると必ずというほど
猪名川の話題が出てきますね(^v^)
それだけ、川西という土地に息づいている川(キーワード)
なのでしょうね。
まだまだ傷が癒えるという段階ではない状況の
東日本大震災の話題も出ました。
「関西に居てもできること」
日々の暮らしの中で、私たちができることも
みんなで考えました。

終盤に差し掛かり、残業だったのでしょうか、
川西市中央北地区整備部中央北推進室地区整備課の
若い職員のWさんが、制服のまま、ハアハアと息をきらして
来てくださり、「せせらぎ遊歩道 ワークショップ」の
情報提供をしてくださいました。
川西市中央北区「せせらぎ遊歩道」のワークショップが
開かれるそうです。
さっそく、「つながりカフェ」のメンバーから数人が
申し込まれました。
市民の知恵・工夫・声が活かされる、画期的なワークショップに
なりそうですね。

毎回、何かしら情報のお土産を
お持ち帰りできる「つながりカフェ」です。
次回は、7月21日(木)に同じ時間、同じ場所で開催です。
また、日程が近付いてきましたら
ブログにて告知させていただきますね◎
2011/06/20のBlog
[ 11:31 ] [ NPOと行政の子育て支援関連♪ ]
6月18日、尼崎市すこやかプラザで行われた子育て支援者講座に
参加してきました。
タイトルは「よくわかる!子育て支援の基本」
講師は大阪市立大学教授 山縣文治さんでした。

なんで地域子育て支援が必要なのか。
どうやって支援したらいいの?
…などなど、支援者が普段感じている疑問に、
先生ご自身の実践に基づいて、わかりやすく楽しく
答えてくださいました。
印象に残ったのは、
「支援者として、たくさんの『引き出し』を持っておくことが大切。」
…というお話。

間口広く、いろんな相談や求めに応じて、
そのときその人に最も必要な支援を届けるために
自分で広いネットワークを持っていることが大切だと
あらためて教えていただきました。

まさに、コーディネーターの役割ですね
子育ても支援も、ひとりではできません。
一緒に育っていきましょう、という言葉に
背中を押していただいた思いです。

笑い、聴き、話し、励まされ…
あっという間の2時間でした。

2011/06/13のBlog
[ 18:02 ] [ jim日記(matchan) ]
毎日、梅雨時らしいムシムシとした天候が続きます。
皆様には体調をくずされてはいないでしょうか…?

6月の「つながりカフェ」は、16日(木)
時間はいつもどおりの、18:30~20:30です。
場所もいつもの、
川西市市民活動センター・男女共同参画センター
(パレットかわにし)
です。

ゆったりと時に真剣に展開される「つながりカフェ」の雰囲気。
誰がそうしようと意図したわけではなく、
いつの間にか、そうなってしまう不思議なスペース。

みなさんもぜひ、ご参加ください!!

≪写真は準備中のひとコマで、
 理事長、事務局長、スタッフの名札。
 七つ道具の入っている「つながりカフェ」ファイル。
 参加者さまのお飲み物用紙コップ、です(^v^)≫

2011/06/09のBlog
[ 17:57 ] [ jim日記(matchan) ]
前回の事務日記の続きになるのですが、
以前の紙ベースの資料と、ネットベースから得た
現在のデータをそれぞれ紙・データで残すのですが
これからは、スキマ時間の中で遂行していく作業となります。

範囲は、「市民事務局かわにし」の書類棚等にある
紙ベースの資料のネットワーク。
ご縁があり、パンフレット・NL等を送ってくださっていたり
その団体さんの新聞記事等を切り取ってあったり
そんなつながりが私たちの証でもあるのでしょうか。

大切な作業。大切な時間。少しずつではありますが
着実に作業を進めていきたいと思います◎
2011/06/08のBlog
[ 09:58 ] [ NPOと行政の子育て支援関連♪ ]
今年度から川西市の子育て支援の新しい取り組みとして
『出張プレイルーム』が始まりました。

現在のところ市内3か所の公民館で月2回ずつ行われています。
そのうちのひとつ、けやき坂公民館のプレイルームにお邪魔してきました!
今日は13組の参加。2名の職員が見守っています。
まだお母さんの腕に抱かれてすやすや眠っている赤ちゃんから、
部屋中を元気に走り回るお兄ちゃんお姉ちゃんもいて、
とってもにぎやかです。

お母さんたちも、子育ての悩みを相談したり
情報交換をしながら、和やかな雰囲気でした。
「わざわざ遠くへ行かなくても、家の近くへきてくれるので助かります」
という声をたくさん聞きました。
支援を提供する側は、利用する人を待っているだけでなく
こうして自分から動くことが大切なんだなあ…と
いう思いを新たにした一日でした
2011/05/31のBlog
[ 15:50 ] [ NPOと行政の子育て支援関連♪ ]
子育て支援ニューズレター
「地域みんなで子育てしましょ!」
5月号をアップしました。

伊丹市の
NPO法人夢の木保育園
を紹介しています。
NPOと行政の子育て支援会議」の会員さんです

↓↓下記よりダウンロードできます。
2011/05/19のBlog
[ 12:00 ] [ jim日記(matchan) ]
現在、事務所書類のファイリング作業をしているのですが、
その中で、だいぶ以前の書類というものも出てきます。

たとえば、Aという中間支援NPO法人が、ある施設の
指定管理受託をしているとします。そして施設発行
(厳密にいえばAというNPO発行になるわけですが…)の
NLをふむふむと読み、ファイリングしますが、
ネットで施設のHPを見てみると、現在の指定管理受託団体は
Bという財団法人に変わっていたりするのですね。

とても複雑な気持ちになります。
長い時間と労力をかけて、きびしい審査を受けて、
やっと指定管理委託をとれたのに、
一期(たとえば3年とか)だけの指定管理受託で
別の団体に変わってしまうこともある。

きびしい現実がそこにはあります。
ですが、現実なのですね。それ以降の団体の運営(経営)を
考えていかなければならない現実。
以前の資料、現在の情報をデータにして、
しっかりと『みち』を残しておきたいと思います◎
2011/05/13のBlog
[ 19:27 ] [ 想い・・・(haruko~ne) ]
ブログ書くの、ひっさしぶりです!
(たぶん、半年ぶりです・・・)(^_^;)
みなさん、お変わりないでしょうか?

2月、3月と、指定管理事業の初めての年度末をむかえ、
ふだんに増してバタバタしているさなか、
未曾有の大地震が起こりました。
本当に、日本中を揺るがす大災害が起こってしまいました。
いまは、喪に服すと同時に、復興の道のりも
考えなければならない。
「こころ」の中での、その二つの共存は、
可能なのでしょうか・・・?

また、2月には、ブログライターにとって、大事な大事な
「NPOの師匠」が、62歳で天国に旅立ってしまいました。
一方、プライベートでは、「新たな命」の誕生にも
立ち会いました。
(“バアバ”になりました~)(^^)v

この数カ月は、さまざまな意味で、もう一度
生き方を見つめ直した、そんな時期でした・・・。

でも、季節は、何があっても(何も無くても)、
いつも、変わらず、同じように廻っていきます。
その「自然の巡り」の中で、一度しかない人生、
予行演習も、後戻りもない人生、
「納得しながら」、自分らしく、生きていきたい、
そう思います。

※指定管理事業でやっている「センター」のブログを
 書いていて、「思い」を書きたくなって、こちらに載せました。
2011/05/02のBlog
[ 18:42 ] [ jim日記(matchan) ]
4月28日(木)の午後、事務所で、
川西市市役所 こども部こども家庭室 こども・若者政策課の
職員の方々と、お話しする機会がありました。
市役所の職員の皆さんは3名、
市民事務局かわにしは三井事務局長と松尾の2名でした。


約一時間半の濃密な話し合いの中身は、
今年度から、川西市が取り組み始めた
『不登校・ひきこもり支援』に関することでした。
(松尾は、宝塚市で不登校・ひきこもり支援に携わっています。)


いろいろとお話をしました。
不登校・ひきこもり支援に関することだけではなく、
松尾の経歴や、想い等も。
また、川西市の今後の取り組みについても、
お話をうかがいました。


三井事務局長がいつもよく言う、
「それぞれの持ち味を活かした協働のあり方」、
「それによる当事者の方々へのより良いサービス提供」、
行政、NPOそれぞれにできることを持ち寄っていく。
それがこれからできていく…。


当事者である松尾にもできることがある。
今回だけではなく、また話し合いの機会を持つことをお約束し、
この日は終わりました。
今後の可能性を感じる、そんな余韻が残る「時間」でした◎


≪写真は事務所から自宅への帰り道に立っている桜の木です。
 もう、葉桜となっています。この日はあいにくの雨でしたが、
 松尾は、前に希望を感じながらの帰路でした。≫