ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人市民事務局かわにし(voluntary-life new)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/12/31のBlog
[ 21:00 ] [ チョッとプライベート?! ]
今年一年も本当にいろいろなことがありましたね。
なんといっても、オバマ大統領とその政権の誕生。
また、太平洋を隔てた小さな国の日本でも、
追い風にのって?!、政権党が変わりました。
諸事すんなりとはいかないでしょうが、
何かが変わっていっている、変わろうとしていることは、
確かですね・・・。

穏やかな年の瀬、健やかに朗らかに迎えられる
幸せを感じます。
大掃除もほぼ出来て、家もスッキリしてきました!
大掃除の途中で、ふと、思いついて、
法人用の「ご寄付箱」?!を作りました!

日本に寄付文化は根づかないとかも言われてますが、
「寄進」「喜捨」「浄財」なんて言葉もたくさんあります。
来年は、この「ご寄付箱」が一杯になるといいなぁ・・・!
では、みなさま、よいお年を!
2009/12/29のBlog
[ 11:25 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
この一年の間に、当法人のスタッフについて、
大きな変動がありました!

春には、長年一緒に活動してきたスタッフが
二人、「引退?」しました・・・。
「市民事務局かわにし」の大切な誕生に関わってくれ、
「お産婆さん」の役割を担ってきてくれた仲間でした。
昨年の秋からは、「まちづくり」に特化して、
インディペンデント・コントラクター的に関わってくれる
スタッフが、一人増えました!

また、今年の春には、このブログでもお馴染みのマッチャンが、
アルバイトスタッフになってくれました。
その後、緊急雇用政策の一環、兵庫県からの受託事業で
「子育て支援コーディネーター」枠のスタッフが増えました。
(でも、残念ながら、緊急雇用枠なので短期間で終了です・・・)

相前後して、このブログでは「エッグマン」!として登場する
スタッフが、最初は「登録ボランティア」の立場で、その後、
アルバイトスタッフとして入ってきてくれました!

現在、総勢、七名です!
昨日は、事務所の大整理整頓のあと、4名でミニ忘年会!
場所は、このブログでもたびたび登場する、NPO法人
ピースゲーム
理事長で、最近、インド料理のお店を開業された
チャックさんのお店「MORE」

ここは、NPO法人Social Design Fundも連携していて、
コーナーでグッズ販売をしています。※詳細はリンク参照!(^^ゞ
おみやげに、マグネットや缶バッジ購入!
ところで、さっすがにワカモンたちはよく食べる!
食べっぷりに刺激され、思わずいい調子で一緒に食べて~~~。
MY STOMACH IS VERY VERY HAPPY!

帰り際に、ちょうど出勤?されたチャックさんにも会えて
よかった~!
年の瀬のいい一日でした!(*^ー^*)
2009/12/28のBlog
[ 23:04 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
この日は、当法人「御用納め」の日!
「いっぺん、やろう!」と言って、できずにいた、
事務所の大整理整頓をやりました!

頼りになるのは、若手の二人!
古手?の二人は、だんだん、あっちが痛い、こっちが痛いと
気持ちはあれども「・・・」なので、若い男性の助っ人は
ほんと、「ありがたや~!!!」
奮闘すること、5時間あまり、
お~、す~っきりしましたぁ~~~!!!

写真は、作業終了後、「いざ、忘年会へ!」の直前で、
イマイチ、分かりにくいかもしれませんが、
棚も、机も、スキッとして、物のありかも分かりやすくなり、
仕事がググッとしやすくなりました。
これで、事務所にも、「年神さま」がきてくださることでしょう♪
2009/12/25のBlog
[ 23:06 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
「市民事務局かわにし」のハルコ~ネです!
ほ~んとに、ごぶさたでございま~す!
お蔭さまで、とても元気にしています!!
が、お蔭さまで?!とてもとても忙しい半年でした!!

クリスマス、LOVE&SHARINGのこの時期、
一年の終わりのご挨拶も兼ねて、
マイ「お師匠さん」、森綾子さんのおられる
宝塚NPOセンターへうかがいました。

森綾子さんがお元気に仕事に励んでおられ、
本当に嬉しく思います。
また、私たちの長年の悲願が叶ったこと(※)のご報告も
しましたら、森さんや吹曽さんも、と~っても喜んでくださり、
その場で、急遽「クリスマスパーティ」になりました!

私たち法人の生みの親、育ての親でもある森さんや吹曽さんと
楽しくお話をしながらいただく「クリスマスケーキ」のお味は、
格別でした!!! 本当にここまで、ありがとうございました!!!
これからも、SISTERHOOD(BROTHERHOODもかな?)、
強固な「ネットワーク」で、どうかよろしくお願いいたします!!!\(*^o^*)/

※「悲願が叶ったこと」
平成22年度4月から、「川西市市民活動センター」「男女共同参画センター」
(併設館)の指定管理者としての業務が始まります!
市民目線・ネットワークの豊富さを活かして、がんばりま~す!(*^ー^)b
2009/12/01のBlog
NPO法人市民事務局かわにしです。
当法人も、「定額給付金をNPOへの寄付に!」の活動に、
賛同し、参加してまいりました(※詳細以下へ)

このたび、定額給付金の給付についても、
ほぼ完了したとのことで、
関西NPOネットワークでのこの活動も、
11月30日を以って終了することになりました。

この間、みなさまのご協力、本当にありがとうございました。
添付のファイルにて、この取組み全体のご報告を
入れさせていただきます。

今後も、このような、NPOネットワークによる活動が
広がっていくことを心から願っています。
また、みなさまの変わらぬご理解、ご支援も、
どうかよろしくお願いいたします!!!
2009/11/30のBlog
NPO法人市民事務局かわにしは、
「定額給付金をNPOへの寄付に!」を提唱する
関西ネットワーク(KNPO)参加団体で、
「定額給付金」を、NPOに寄付したい人向けの
相談・紹介などを行う中間支援組織です。

「定額給付金」については、いろいろなご意見があり、
使い道も、それぞれだと思いますが、
貴重な「財源」に変わりはありません。
給付金をNPO法人に「寄付」して、一緒に地域貢献活動を支える
そういう選択肢もあるのです!

「使命感」に基づき、
「新しい公」を担って活動するNPO法人は、
それぞれに苦しい財政状況のなか、
「世のため、人のため」、
日々一身に仕事をしています。
みなさまの給付金を、このような活動を支えることで
「活かす」道もあることを、ぜひ知ってください!
どうか、「勇気ある選択」を! お待ちしております!

=============================================
寄付の方法(またはご相談)については、
以下のURL「関西ネットワーク」をご覧いただくか、
当法人までご相談ください。
●「関西ネットワーク」(KNPO) http://www.voluntary.jp/knpo/
●「市民事務局かわにし」 072-774-7333
=============================================

☆彡 illustration ふわふわ。り
2009/11/29のBlog
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
今も現役ですが、20年ほど前にブームになった
一人の映画監督がいます。
イギリスのピーター・グリーナウェイという監督です。
彼は画家出身なので、ストーリー展開よりも
映像が独特で、「コックと泥棒、その妻と愛人」や
「プリスぺローの本」という作品が面白く
日本でもちょっとしたブームになりました。

ところで今回のブログの写真、グリーンだと思われませんか…?
グリーンな事務局の写真、和え物のほうは
事務局に来局された方から頂いた、瓜のようなお野菜を
料理したものです。グリーンな映像処理はしていません。
デジカメで撮った写真をそのまま掲載しています。

瓜の和え物は、塩でもんで置いて、絞った後、三杯酢に
しました。それと高菜チャーハンとオニギリという昼食です。

川西は連絡する街、行き交う街です。
人と人 物と物 ハートとハートが行き交います。
そのほとんどは通りすがってしまうだけなのかもしれませんが
記憶の片すみには残ったりもして
その出会いが元で知り合い、お茶を一杯と
いうことになるかもしれません。


そんなことが起こりえる街です。
僕は宝塚市に住んでいて、川西には阪急電車で
通っています。伊丹市、尼崎市方面へ行くときは
JRに乗り換えて行きます。大阪・神戸方面へも
阪急、JRで自由に行きます。


本当に自由に行き来し、たくさんの人と
すれ違います。でも…もしかしたら
その中の1000人にひとりでも、僕と気が合うひとが
ちゃんといてくれて、友だちになれるのかもしれません。


そうなふうに考えると、生きていることが
とてもおもしろくなるし、今日は人のスクランブル川西へ
出掛ける日だなと、ワクワクしながら家を出る
ことが出来るのですね。


ある日はお昼からの勤務で、こんなグリーンなランチを
取った後に、グリーンウェイな事務所へ出掛けました。
そこは川西の事務局でした。


僕はやっぱり人が好きです。
傷つくこともあるし、つらい思いもするのだけれど
人のやさしさ、おもしろさもよく知っています。
これからも人と関わり続け、ふとした時に
グリーンな(誠実で思いやりのある)自分が
しっかりとここにいることを確認したいのだと思います。
2009/11/28のBlog
[ 16:02 ] [ jim日記(egg-man) ]
ラーリホー!(-.-)zzZ
皆さんこんにちは!エッグマンです。

今日は11月12日に行われた勤労者ボランティア
活動推進事業(勤ボラ)の推移状況と今後の進め方
の会議の報告をさせて頂きたいと思います。

11月12日……

11月12日だとぉ~!!(゚皿゚メ)
遅いんじゃ~!!(▼Д▼#)
今日何日やと思ってんねん!!(▼皿▼メ)

どうもすいません!(#`皿´)


…というわけで、この会議は大阪ボランティア協会(以下大ボラ)
が主催し、普段忙しくてあまり時間のない勤労者の方も
気軽にボランティア活動を出来るようにするためには
どうしたらいいのか考え、企画を出してみるというものでした。

ちなみに私も貧乏ひまつぶし、いや貧乏暇なしで忙しくしており、
ブログの更新が遅れたことをここに謹んでお詫び申上げます。

この事業は大ボラではなくて他の団体と連携して、
企画、運営を進めていき、その他に企画を発案し
活動を主導する人をボランティアリーダーと名付け、
大ボラはその両者をサポートしていく、というのがその特徴です。

団体(ボランティア団体、NPO法人、その他法人等)
にとっては普段の活動や団体や法人の宣伝に
なるかもしれないので、ご興味のある方は参加を
考えてみてはいかがでしょうか。またこんな企画を
やってみたい、とか時間がないけど手軽にボランティアに
参加してみたいという方にもお勧めかもしれません。

今回の会議の中で、「勤労者」ってネーミングはどんなんかなー、
蟹工船やあるまいし、と(失礼な)ツッコミをいれましたが、
大ボラの方も同じ思いを持っていたようで、ひょっとすると
名前も若干変わるかも!?しれません。
勤労者に限らず普段時間のあまりない方にボランティアに
参加してもらうという感じだそうです。

一緒に知恵を出し合い、世の中を少しでも良くしていこう
という志は同じだと思いますので、これからも皆でガンバルンバ!
2009/11/26のBlog
[ 20:22 ] [ jim日記(matchan) ]
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
お久し振りです。あれこれと忙しくしている間に
秋から冬に変わりつつある~といった感じで
すっかり寒くなってきました。
外に出掛けるときは、秋冬兼用のパーカーの上に
コートやジャンパーを着て家を出るようになりました。
季節は変わりますね。世の中も騒々しくもあり
でもやさしい一面も持ちつつ、確実に変わっていきます。

時代に取り残されないように…とか
そのようにはあまり考えずに、自分の出来ることを
出来る範囲でやっていきたいと思っています。

ところで。もう2カ月も前になるのですが、9月29日に
パレットかわにしで、第5回「かわにし市民活動ネットワーク交流会」が催されました。間際のお知らせになってしまったのですが
20名以上の参加者があり、楽しいひとときを過ごしました。

みなさん、それぞれにユニークな活動をされていたり
とってもやさしい方であったり、僕自身、参加していて、
本当に良かったと思いました。
参加された方々の活動よりも、個々人(パーソナリティ)が
本当にユニークで、僕などは圧倒されてしまって
いっぱいいっぱいの状態になったのですが…。


でも、それもとっても面白く、この交流会の目的は
うまく話せるとか、いかに人を惹きつけるとか
そういうことではなく、自分という人間が違うパーソナルを持った人と
出会い、関わり、そこで相手も見つめたいし、自分も見つめたい
それが市民力アップにつながるのかなとか考えたりしました。


みんながみんな、話し上手な方だったら、それはまた面白くないこと
なのかもしれませんし、いろいろな問題、生きづらさを持ちながらも
でも市民として人の中で、生活・生きていくこと 大切なのかなあ
と感じました。


ある障がいを持たれた方が、僕の経歴を聞いてくださって
会の最後に、僕に握手を求めてくださったことが
僕にとってはとても印象的なことでした。


次回の市民力アップ交流会は来年に催されます。
またお知らせもさせていただきますので、みなさま
ぜひ、参加なさってください。
2009/11/08のBlog
十月二十八日にマッチャンと大阪ボランティア協会主催の
ビッグイシューの代表の佐野章二さんの講演会に行ってまいりました!

佐野さんは学生時代から今まで様々な活動をされてきました。
今ではビッグイシューをはじめとしてホームレスのサポートをされています。

講演の中で、もともとは自分のエゴから活動を開始したが、
やっていく内に社会や地域のためにどうするのか
考えることが多い、と話されました。
ただビッグイシューに関しては、最初から
ホームレス支援のためにはどんな方法が
あるのか考えられて、準備をされたそうです。
佐野さんが始めビッグイシューを立ち上げられる時には、
周りの人はほぼ全員反対したそうです。
しかしそれでも自分を信じ、また周りのぜひやりたい
という思いを受け、決断されました。

最後に若い人は大きな失敗をすることが大切だと
おっしゃられたのが印象的でした。

講演の後の懇親会では、始め佐野さんは用事があって
三十分だけ参加される予定でしたが、結局閉会近くまで
付き合ってくださり本当にありがとうございました!!

この講演についてはエッグマンのブログ「NPO傾聴」でも、
また違った切り口で書いてあるので是非見てください。

[ 14:27 ] [ jim日記(egg-man) ]
はーい、やべっち!ではなくて、皆さん。はじめまして

神無月頃からボランティアでサポートさせてもらっている
エッグマン(江熊遊斗:えぐま ゆうと)と申します。

私は日本生まれスペイン育ちのチャキチャキの京都人です!!
親はそれぞれ九州と静岡の出身ですので、誰も生粋の
京都人とはあまり言ってくれませんが、勝手に京都人として誇りを持っています。

今は「市民事務局かわにし」の活動をサポートし,
そして研鑽を積み、多くの人と協力しあいながら
主に教育やフリースペース、社会啓発のためのNPO活動を
出来ればと思い、皆と楽しくわいわいとやっています

私がNPO活動を行う上で三つの柱があります。

それは…

①「心」の問題を大切にする
②人権や倫理、道徳に重きを置く
③笑いにこだわる
です。

①私はカウンセリングを養成学校等で理論と実践を合計二年半程学び、
心理カウンセラーと産業カウンセラーの資格をとって、
その後アルゼンチンの大学で約二年心理学を勉強してきました。
ただいわゆるカウンセラーの「先生」として
クライアントに接するという姿勢に対して強い違和感と疑問を感じます。
同じ人間として、思いをしっかりと聴き、共に悩んだり
考えたりしあう様な関係を築きながら、
心理的にもサポートするような活動をしていければと思っています。

②私は家の事情で高校時代から長い間スペインとアルゼンチンに住み、
そこで多くのamigoたちと仲良くなり、また多くの人に助けてもらいました。
ただごく少数ですが、たちの悪い人たちもおり、
実際ひょんな事から人種差別主義者やネオナチ系の輩といがみ合い対立し、
命の危険にさらされた事もあります。
この経験から非道な暴力や不条理と戦うためには、
まず人権や倫理、道徳の教育が重要である事を痛感し、
それをうったえていく事が自分のライフワークの一つだと決心しました。

③大学で心理学を学んでいた時に、カウンセリングよりも、
むしろ笑いの方がより多くの人を癒しているのではないかと感じ、
日本に戻ってからお笑いの学校で一年間お笑いの勉強をしました。
今でも笑いにはこだわっていますし、
活動においても常にエンターテイナメント性を重視していきたいと思います。

様々な人と出会い活動をしていければと思います
これからもよろしくお願いします。
2009/10/21のBlog
[ 14:30 ] [ jim日記(matchan) ]
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
10月も後半、すっかり秋らしい気候に
なってきましたね。秋が深まると夜が長くなり
雰囲気的にも、読書をしようとか、夜更かし
してみようとか、夜食をいただこうとか、
何となく、「楽しみたいな」という思いに駆られます。


秋の夜長、僕は溜まっている事務作業を
自室でしたいと思います。エアコンもつけず、
窓も開け閉めせず、長袖のパーカーを着て
作業するのですが、わりとこのシチュエーションって
集中できるのですね。

ところで。
市民事務局かわにしの事務所のある通りは
表通りから、少しだけ裏手に入ったところにあります。
神社があったり、お野菜等を売っているお店があったりします。


何となく不思議な一角です。
不思議な一角にある事務所に、不思議なスペースが
あります。僕は事務所での作業中に、時々、
ながめていたりするのですが、数日前に
一風変わった空想をしました。


それは、三町離れた猫のことでした。
その猫は、いつもお腹をすかしているのですが
気高いスピリッツを持っていて、畑の作物を食べようと
しないのです。でも、人間が山と捨てるごみ置き場の
食べ残しを食べます。


僕が疑問的に考えていることを、その猫も考えてくれていて
なぜ、ここにいるのだろうとか、離れた町に行くのはなぜだろうとか
あれこれと自分の存在について考えるのですが
どれも、僕自身の空想ですので、けっして答えはなく
ですが、このことについて今も考えていることが
無駄ではないこと 猫もわかってくれていて、
だから僕はこんな猫のことを空想し始めたのだろうな
と感じるのです。


空想の裏返しは、自分の自信の無さで
そうであっても、何かを成し遂げる度に
自信はついていきます。
人間というのは単純ではありませんから
ウダウダと考えるのですが、複雑に考えながら
方向性は定まっていきます。


迷いながら、少しでも誠実でいれること
コツコツでもいいのだよと
猫はそう言ってくれたような気がしました。


そして、一日の仕事が一区切りつき
僕は三町離れた、自分の町へと帰宅する
準備を始めました。
2009/10/02のBlog
[ 19:17 ] [ jim日記(matchan) ]
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
最近は季節の移り変わりも関係しているのか
天候もはっきりとしないことが多いですね。
季節の変わり目、体調管理だけは
気をつけたいと思います。
その日も変わった天気でした。
僕は川西市から委託されている情報紙の
編集作業の追い込みをしていました。

まだ日中なのに暗い感じの日で
そんな空間に居ると、いつもとは違うことを
考えたりするのですね。


気分から違っています。
まず想いだしたことが、昔、小学生の頃のある日
午後から大雨になって、真っ暗になって
教室はこうごうと電気がついて
これからどうやって帰ろうとか
何やらワクワクしながら考えたりするのです。


そして今。雨は降っていましたが
大雨にはなりませんでしたので
(傘も持ってきているし)
事務局から駅までダッシュ気味で行って
電車に乗って、駅に到着したら
またダッシュで自宅に戻るとか


何やらシミュレーションしている自分がいて
こんなこと考えていることは他のスタッフには
言えないので、今こうしてブログに書いています。


情報紙の文章を考えている(フリをしている?)時、
隣で事務作業をしていた同僚スタッフが
「また、松尾くん、自分の世界に入っている~」
みたいに、クスクス笑うのですが
僕は別のことを考えていたりするし


その同僚スタッフも、何か小学生チックな気持ちの
状態だったとしても、このいつもとは違う空間では
許されたりするのかなあとか考えたりしました。


僕の中で小さなドリームワールドが広がっていて
でもそれは期限の迫っている情報紙みたいなものです。
だから僕は少しでもこの気分を味わおうとしつつ
編集作業をするのです。
2009/09/25のBlog
[ 13:19 ] [ jim日記(matchan) ]
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
シルバーウィークも終わりましたね。
今回の連休は、いかが過ごされたでしょうか。
素敵な想い出が出来たこと 祈っています。


想い出に変わるのは、少し時間が
経ってからなのですよね。

だから、今回の連休、イマイチだったなあ
と感じられた方もご安心ください。
記憶箱には詰められていますから。


ところで。
僕は二週間ほど前に一人で事務所にいました。
まだ少し残暑は残っていて、室内の
あちらこちらで小さな扇風機くんが
回っていました。


人は僕一人しかいないので
電力が無駄だよなあと思いながら、
でも何となく一人でいる空気になじむまで
30分ほどかかり、なじむとやっとスイッチを
切りました。
まだ暑い日なのですが、エコロジーなども
鑑み、スイッチを切りました。

それから一週間後に、また僕は事務所に
いました。スタッフが皆いました。
皆の後ろ姿を見ながら、僕はパソコンを
していました。
窓から見える景色は変わりつつあり
初秋という文字フォントが
僕の頭の中に浮かんできていて

季節は確実に初秋に移り変わりつつあり
扇風機くんは、彼の風を夏の想い出に
変えてくれていて、僕は人の風を感じていて
30分たったら、カメラのシャッターを
押していました。


何かすごいことがあるわけではないし
でも一日一日、変わっていく生活と自分。
みんなが戻ってきた文章を書きたいと思いました。
2009/09/01のBlog
[ 00:00 ] [ jim日記(matchan) ]
みなさん、こんにちは。マッチャンです。
今回の選挙は民主党の圧勝でしたね。
休憩中にみんなで今回のことについて
おしゃべりをしました。
新政権になってNPOがどうなっていくのか
自分たちだけが良ければいいってものじゃない
そんな皆を愛する博愛的なところが
市民事務局かわにしにはあります。

何がどうなっていけばいいのか
そのためにはどうしていけばいいのか
そういう事柄は考える前までは
そんなこと考えてもしょうがないよと
思っていたとしても、考えて
言葉にして話し合ってみると
いろいろな発想が出てきます。


自分には何が出来るのか
今回、選挙で一票を投じただけでも
良かったのではないかと
小さな第一歩を素直に
喜べる気持ちになるのですね。


あきらめるのではなく、考え、言葉にしてみること
それは文章でもいい 家族や友人たちとの
話し合いでもいい おしゃべり的な感覚でよいわけですね


妙に偉そうに言っている自分の根拠って何?
社会で生活しているから
何か楽しい世の中にならないかなあ
もう一歩出てみよう


素敵なことって、沢山転がっているよ
友人関係 学校・職場での関係
恋心 母さんや父さんが好きなこと


だからこの世の中をもっと素敵なものにしていくため
考えてみよう しゃべりあってみよう


おしゃべりのすんだ休憩後は
微糖のアップル・サイダーを飲んだ後のような
さわやかな感じが残っていました。