ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人市民事務局かわにし(voluntary-life new)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/10/02のBlog
川西市では、現在、「協働のまちづくり」の
基本的なルールを定める、
「(仮称)市民参加条例」の策定に向けた検討を
進めています。
そこで、その検討過程において、広く市民の意見を
反映させ、「協働のまちづくりを進めるために、
「何ができるのか、どんな仕組みが必要なのか」を、
市民と行政が一緒に考えるワークショップを開催しています。
この日は第2回目で、全体アドバイザーで
甲南大学文学部社会学科准教授の宮垣 元先生や
ファシリテーターの川中大輔さんのリードの元、
みんなで「協働」について、考えを出しあいました。
一口に「協働」といっても、漠然として掴みどころがない。
この日は、ひょんな質問から、会場からの発言などが
どんどん出てきて、このワークショップそのものに
ついても、どう考えるか・・・など拡散していきました。




さて、全8回の日程ですが、32名で構成される
「協働のまちづくり」号は、これからどのような
航路をとり、どのような目標地に立ち寄り、
どんな目的地に辿り着くのか?!
毎回、毎回が貴重で、ある意味「真剣勝負」です?!
2008/10/01のBlog
10月1日、いつも大変お世話になっている
佐藤等史さんに、委託事業について、お話を
伺うため、三田市まちづくり協働センター内、
「市民活動推進プラザ」を訪問しました。
いつもは関連事業の打合せなど、いきなり「本題」でしたが、
今回は、視察ということで、改めて、「委託内容」、「仕様書」、
また、行政との「協働」関係(といえば美しいですが、
実際のやり取り状況など)を詳細に教えていただきました。
いつもながら、痒いところに手が届く、佐藤さんの
行き届いたご配慮に敬服です!また、
交渉の仕方など、とても勉強になりました。
佐藤さん、本当にありがとうございました。
私たちも、がんばっていきますね!
そのあと、一緒に視察に行ったみなさんで
三田のCaféでちょっと一息、ブレイクタイム。
そして、大好きな三田⇒猪名川⇒川西の県道を
ドライブして、秋を感じながら帰りました。
日が暮れるのが、ずいぶん早くなった・・・。
2008/09/29のBlog
JR福知山線列車事故「あの場所を忘れない・・・」の
第3回目のワークショップが無事に終わりました。
今日のワークショップは、今までの2回に比べると、
季節の加減でしょうか、落ち着いた雰囲気がしました。
ワークショップというのは、不思議です。
毎回、同じ3つのテーマで話しあいますが、
その時の場所、メンバー、状況などによっても
違ってくるし、「変化していく自分」に気づくことも・・・!
20人が3つのグループに分かれて話しあいました。
それぞれのテーブルによって「色合い」があり面白いです。
また、今回も、高校生や大学生の方の参加があり、
このワークショップの裾野は広がり続けているようです。
最後の発表で印象的だったのは、各グループとも、
この事故のことや、現場のことは、まだまだ話しあいが
必要だと感じており、その意見が共通していたこと。
たくさんの「思い」を聴きあいたいということでした。
全体コーディネートをしていただいている、
近畿大学理工学部の久隆浩先生の総評の中で、
政治学者、シャンタル・ムフの言葉を引いて
物事の決定の仕方についてのお話がありました。




色々な意見を出しあうことも重要だが、いつかどこかで、
一つの意見に集約しなければならない時期が来る。
そういう時の一つの手段に多数決がある。しかし、多数決は、
一つの答を導くのに、多くの答を捨てていく作業でもあると・・・。




このワークショップで扱っているテーマについても、
今はまだ遠いいつの日か、そういう時期が来るのでしょう。
その時に、その一つの意見の裏に、どれだけ多様な
捨て去った「意見」や「思い」が出されていたか・・・。
その多様さの上での選択が重要だということ・・・。




まだまだ、「時をつなぎ続ける」必要を感じます。
そして、今回もその貴重な一回でしたが、
多様さ、拡がりには、もっともっと多くの方々の
ご参加が望まれます。




「私なんか(僕なんか)が行っても、ホントにいいんですか???」
高校生や大学生の方たちが、最初はそう言いながら遠慮がちに参加くださいます。
でも、帰り際は、たいがい、「来てよかった、次も参加したい!」と言って、
その後は、ワークショップの企画そのものから、
「参画」するようになっていってくれるのが、本当に嬉しいです。
このワークショップ開催の意義は大きいのでは?!と思います。
2008/09/28のBlog
【ご案内】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
「4・25あの場所を忘れないワークショップ
実行委員会」の企画です。
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

二度と起こってほしくない・・・、脱線事故。
そして、この事故のことを決して忘れない・・・。

今年の4月27日に、
第1回「4・25あの場所を忘れないワークショップ」
尼崎を会場として開催されました。

第2回は、7月21日に伊丹で、
第3回は、9月28日に川西を開催地として
以下の通りに実施されます。
このあとも2、3ヶ月ごとに、この沿線を回って開催予定。

●9月28日(日)午後1時30分~4時30分
●川西市「みつなかホール」文化サロン
●お問合せ・お申込み
mail:4.25remember@gmail.com
tel:090-8825-0425
2008/09/27のBlog
「市民事務局かわにし」は、障がい者の方々が働いておられる
作業所や、その活動、また、そのサポートをしている方々などを、
いろいろな形で、うしろから、傍らから、支援しています。
支援している団体の一つ、Dual Ringさんが、活動3年目で、
自力で助成金をゲット!その事業として、伊丹のイオンモールで
「HEART FREE」というイベントをしておられます。
初めて企画して、初めて実施されるイベント。
「思い」が一杯な分、「企画」も満載です!
周りは、老婆心でいろいろ心配します。
実際、今日訪ねた時は、若干お疲れも見えましたが、
でも、若いからこそ、考えすぎずに、思いっきり、
やってみることができるのだと思います。
伊丹のイオンモールの解放的な雰囲気も手伝って、
そのスペース一帯が、明るくて、活き活きハッピーな感じ・・・。
Dual RingのM代さんの若いセンス、色彩感、
出品しておられる団体の商品構成やレイアウトも工夫が一杯!
本当に素晴らしいイベントになっています。26日の夕方には、
このイベントの模様が、朝日放送の番組で放映されました!
このイベントは、22日からスタートしていて、
きょうは、ミニコンサートの時間も!(3回ステージ)
出演しているのは、当法人もつながりの深い、
「バリアフリー・ミュージック・ガーデン」の稲岡くんが
中心となり構成されている「ミュージック・フィールズ」さん。
明日は最終日で、ダンスステージもあります。
ダンスでは、Dual RingのS吾くんも踊るみたいです。
今日はよく寝て、あす、元気一杯踊ってね!
あす、伊丹方面に行かれる方は、ぜひ!
これだけのイベントをやったことは、必ず今後に
つながることでしょう!!!
また、もう一つ申請していた助成金も採択されたとか!!!
一つひとつ、しっかり形になっていってますね!!!
2008/09/26のBlog
当法人事業の「つながりカフェ」に来てくださっている
若いパパで、「家庭温暖化」を提唱しておられる
楠さん(芸名?!ナンボック木南さん)と一緒に、
『つながりBAR』というのを、Café BONTEさんの
ご協力のもと、単発企画してみました。
※詳細は添付のPDFチラシを!
:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。
 『つながりBAR』 at BONTEさん
~まずは、「家庭温暖化」バージョンから~
初秋のひととき、軽く飲みながら、ちょっとオシャレで、
プチ思索的なひとときを、ご一緒にいかがですか?!
:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。☆゜'・:*:.。
この企画を面白がって来てくださったのは、議員もしておられる
小西さん!!目のつけどころ、さっすがぁ~!なんて・・・!
今回は、「ちょっとお試し」って感じでもあり、3人で、秋を感じつつ
大いに盛り上がって話し込みました!


BONTEさんのご協力もあってのナンボックさんとの協働企画、
こうやって、色々な形で、色々な主体が協働しながら、
新しい事業を考えていく、そんな「場」になっていけばいいなぁと思います。
これからの「手がかり」が見えた、充実した時間でした!


小西さん、本当にありがとうございました!!
ナンボックさん、これから、本格的な講座企画していきましょう!!
2008/09/21のBlog
[ 23:20 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
NPO大学08、本校コースが始まります。
受講者も、講師も、一泊研修でどれだけ
成果が出せるか!真剣勝負です!
まずは兵庫県立大の當間先生が開講の辞!
目玉は、先生の講義によるSWOT分析
⇒各団体のBSC作成。
兵庫県地域協働課の横山課長も来られて!
横山課長とは、阪神北県民局におられた頃から
お世話になっています!
リニューアルした六甲保養荘。
最上階、会議室からの眺めも抜群!
暑さも忘れます。
夜は飲み会交流会!
泊りがけのNPO大学は数年ぶりとか・・・。
日々忙しいNPOにとっては、宿泊研修に来るのは
大変かもしれないけれど、中身は濃い!!!
参加した価値は、ジワジワ効いてくると思います、
2008/09/19のBlog
[ 23:54 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
ブログライターが、法務省委嘱の「人権擁護委員」を
していた頃のお友だち、石光徹さんが、このたび、
小規模作業所を立ち上げられました。
場所は、当法人の事務所からすぐそこ!

来年に向けて、NPO法人化も考えている、が、
自力でやるには、なかなか大変だ・・・、
ということで、昨日、お話をうかがいに
初めて訪問させていただきました。

これだけの作業所と事務所を構えられて、
本当にすごいなぁ、石光さん、がんばったねぇ・・・。
とにかく、あったかい感じです・・・。
盲導犬のワンちゃんがめっちゃ可愛いです。

「ふれんど」のみなさん、安心してください。
日程的には、かなりハイペースになりますが、
当法人事務局スタッフで、NPO法人化を
ばっちりサポートさせていただきます!!!
2008/09/18のBlog
[ 12:05 ] [ イベント情報 ]
San Francisco帰国後、ぼお~っと、
余韻を楽しむ間もなく・・・。(^_^;) 
報告はまた、下の方にボチボチ入れることとして・・・。

さて、ブログライターの出身母体グループでの
活動時代からの若き友人!で、今も、精力的に
いろいろな活動をしておられる方からの
素敵なミュージカルのご案内です!
♪これは、ただのミュージカルじゃない…♪
♪仲間と共に学び合った、100日間の集大成♪

こういうキャッチコピーのミュージカルです。
今からでも間に合いそうです!
若い、息吹きに触れてみるのは、いかがでしょう?!!

NPO法人コモンビートの情報は、太文字をクリック♪
☆以下に、PDFチラシがあります♪

2008/09/16のBlog
ブログライターも運営委員として企画に参画させて
いただいているNPO大学です。4年前は受講者でした!
このブログでも紹介させていただいているように、
今年度、サテライト校コースは、尼崎加古川で盛況の内に
終了しています。
いよいよ、本校コースが、一泊宿泊研修で始まります。
まだ、若干お席があるようです!いかがですか??!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【転送歓迎】
■2008年度 第12期 NPO大学本校受講生募集!■
 ~SWOT分析とBSCで学ぶNPOマネジメント~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お金がない」「仲間との方向性の違いに悩んでいる」
「活動は始めたけど続けるのが大変」・・・などとお考えの方、
NPO大学で活動を継続するためのヒントを見つけませんか?
今年度は7月にサテライト校(尼崎・加古川)を実施し、
44名の方にご参加いただきました。
本校では、BSC(バランス・スコア・カード)手法を学び、
弱みを克服し、強みを活かす中期計画を数値目標入りで
作成します。
一泊二日の合宿形式で行うため、意見交換の時間もたっぷり!
楽しみながら、ネットワークも拡がります。

================
 ◆本校(BSCコース)◆
================

日時:2008年9月20日(土)~21日(日)
 (9/20 10:15~9/21 12:30、一泊二日の合宿形式)
場所:いこいの宿「六甲保養荘」
 (阪急「夙川」もしくは「逆瀬川」駅よりバス25分)
定員:30名
費用:13000円(一泊三食付き)
内容:SWOT分析・BSC(バランス・スコア・カード)とは?
 NPOにおける資金、マーケティング、人材マネジメント
 バランス・スコア・カードの作成、など
締切:9月12日(金)

担当講師は・・・
當間克雄/兵庫県立大学経営学部教授
相川康子/神戸大学経済経営研究所准教授
中村順子/(特)コミュニティ・サポートセンター神戸理事長
三井ハルコ/(特)市民事務局かわにし 副理事長兼事務局長
末村祐子/大阪経済大学客員教授、NPO・NGOWalker発行人他

お問い合わせ・お申し込みは↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■NPO大学事業運営委員会事務局■
NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)
担当:飛田(ひだ)、梅木(うめき)
〒658-0051 神戸市東灘区住吉本町2-13-1森田ビル3階
TEL:078-841-0310 FAX:078-841-0312
E-mail : info@cskobe.com
URL: http://www.cskobe.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008/09/12のBlog
[ 22:38 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
当法人は、この沿線一帯を巻き込んだ、あのJR福知山線
列車事故のあと、負傷者の方やその家族の方々への
様々なサポート活動もしています。
また、事故後、毎年、4月25日にはメモリアル行事も開催し、
その事務局を担ったこともあります。
そんな経緯で、事故の時に、最後から2番目に
救出された山下亮輔くん(現在、近畿大学在学中)とも
音楽を通じて知りあい、ときどき連絡を取りあいます。
今回は、山下くんとも共演し、詩に曲もつけられた、
中島桃子さん、そのお父さまとつながりました!
実は、お父さまは、豊中市立野畑図書館の館長さん!
今年が創立20周年で、その記念イベントに、山下くんの
講演と演奏を!ということで、この日は打合せに行きました。
当日は、桃子さんとの共演もあるようです!
本当に、「縁は異なもの~」、不思議ですね・・・。
人は、こういうつながりの中で生き、生かされているのですね。
ブログライターも、マネージャーさん?!で、当日伺います。
いいコンサートになることでしょう・・・。

それにしても野畑図書館、館長さんのお人柄そのままのような、
ホワッと温かく、そして、人がいっぱい、アイディア・工夫もいっぱい
地域にしっかり根づいた、コミュニティ・ライブラリーでした!!!
2008/08/30のBlog
[ 23:55 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
8月30日(土)午後から、第35回の「つどい」を
開催しました。

今回は、後ほどブログに入れる予定ですが、
ブログライターが、9月1日~San Franciscoへ
NPO調査視察に行くので、毎月第1土曜日実施の
予定(9月6日分)を振替して、8月末に実施しました。

結果、8月度は、2回の実施になりました。
(ごめんなさい・・・、9月度はありません・・・)
この日は、おりしも夏休み最後の週末・・・。
の~んびりして、ゆ~ったりして、本当に文字通り、
「ゆるゆるした」交流の場になりました。

また、一年あまりあけて、Oさんも久しぶりに
参加くださいました。
でも、ヘアースタイルの激変に、みんなビックリ!!!
最後まで、Oさんと認識できなかった方もあったのでは???

ともかく、主催者側としては、こんな風に
つながりを保ち続けることができるのは
嬉しいことです・・・。
[ 01:39 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
明日は、いえ、今日は、第35回目の「つどい」です。
ある方にメールしていて、35回目の「つどい」と書いたら、
「もう、そんなになるのですね。
本当にものすごいことのように思います。」と書いてもらって、
「そうだなぁ・・・」としみじみ・・・。
世間が騒然としていた中で開催した第1回から、
毎回、いろんな準備をして、コアスタッフやサポート
くださっている方々とも打ち合わせもして、また、
事前に、メディアへのプレスリリースもして、
1回、1回を大切に、丁寧に、コツコツと積み上げてきました。
「継続は力なり」、この積み重ねが、
大事なのだろうと思います。
どうかこの活動によって、多くの命、
多くの犠牲が無駄にならず、
何かが少しでも変わりますように・・・。
明日も、祈りを込めて、「つどい」を開催します。
2008/08/26のBlog
川西の情報を集約できるブログがあれば!と
以前から、“クリック♪かわにし”のページを
作って工夫してきましたが、このたび、
『川西まちづくりナビ』という、ブログポータルを
持つことができました!
ここに至るまで、涙涙の年月が・・・。
本当に嬉しい!!!
これも、ひょうごボランタリー基金の
「行政・NPO協働事業助成(NPO提案型)」が、
採択されたから!

そして、宝塚NPOセンター、NPO法人Social Design Fund
の金森さんや、NPO法人コミュニティ・リンク(申請中)中西さんの
サポートのお蔭です。ありがたいことです。

今年度は、この事業の2年次として、
いよいよ、地域の市民活動が把握できる「総合名簿」づくりと、
各団体の活動発信ツールとしてのブログの普及に
鋭意取り組んでいきます。

このポータルへ、新着記事の反映を希望される団体があれば、
どうぞどうぞ!!!ご連絡ください!!
2008/08/22のBlog
[ 23:22 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
8月21日に引続き8月22日も、委託、あるいは指定
管理者制度で、「館」の管理と、「市民活動推進業務」
を運営している中間支援NPO法人訪問の日でした。

この日は、午後6時~「みのお市民活動センター」を
運営しておられる、「NPO法人フォーラムみのお」さんを
お訪ねしました。

事務局長の須貝さんには、事前の
やり取りから、当日の説明まで大変お世話になりました!
(いつも本当にありがとうございます・・・)<m(__)m>
この日のことは、須貝さんも先にブログにあげて
くださっていますが、「NPO法人フォーラムみのお」さんとは、
本当に長いおつきあいです・・・。

須貝さんが、「先輩格」なんて書いてくださっていますが、
と~んでもない・・・。(^_^;) 「フォーラムみのお」さんは、
いつも先を走って、道を切り拓いてくださっている感じです。

実は、当法人「NPO法人市民事務局かわにし」の前身は、
任意団体、「川西市市民活動センター市民事務局」という組織で、
その前は、「川西市市民活動センター委員会」という団体、
その前は、「川西市市民活動促進準備委員会」という、
川西市が設置した委員会でした。
その当初の委員会の頃、2003年4月22日に、
当時のメンバーで、「フォーラムみのお」さんを
訪問させていただいています。

その頃は、今のヴィソラではなく、箕面駅前のビルの一角に
事務所やスペースを構えておられました。

川西市も2002年6月には、パレットかわにし(市民活動センター・
男女共同参画センター)がオープンしており(今もって公設公営・・・)
5年前には、委託での運営などについて、お話を伺ったのでした。

その後、箕面市では、現在のヴィソラに市民活動センターが
移転することになり、須貝さんが、内装やレイアウトなどについて、
パレットかわにしに見学に来られたこともありました。

この5年間のあいだに、「フォーラムみのお」さんは、
指定管理者制度での管理・運営も経験されており、
今回の視察では、5年前とは比べようも無いほど、グッと突っ込んだ
具体的な数字、実情などを教えていただきました。

このような深いお話ができるのも、NPO同士だからこそ!!!
前日の播磨への視察の報告ブログにも書きましたが、
ふだんは頻繁に会えなくても、あちらこちらで、踏ん張り続けている
「同志」の存在、それが、何物にも変えがたい大切な「宝物」なのです。

須貝さん、みなさん、お忙しい業務の合間にもかかわらず、
貴重なお時間を私どもの視察にさいてくださり、本当にありがとうございました。
この訪問のこと、決して無駄にはしません。

中間支援NPO法人を取り巻く環境は、まだまだ、あるいは、今後も、
決して楽観できる状況にはありません。
が、ミッションを同じくしたものが、あちらで、こちらで、
ともに踏ん張り続けている、それが、私たちのエネルギー源なのだと思います。
今後とも、どうか末永く、「同志」でいさせてくださいね!