ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
まなびの会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/08/09のBlog
[ 15:50 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 平成30年8月9日(木)14時~15時30分
 三島由紀夫の能楽集の中から、「卒塔婆小町」のご紹介を
していただきました。
 三島は、本名を「平岡公威」と言い、大正14年生まれで、
学習院~東京大学を出て、大蔵省に勤務するも、昭和23年
からは作家活動に専念しています。
 今回の作品は能楽の「卒塔婆小町」(作者:観阿弥、脚色;
世阿弥)を彼なりに現代的にアレンジしたものです。
 原典では老婆(小野小町)と高僧の問答で始まり、僧がなぜあなたは出家しないのですかと問うと、老婆は出家は姿でするものではなく心でするものと答え、「極楽の 内ならばこそ 悪しからめ そとは何かは 苦しかるべき」と詠みます。
 三島の作品では、舞台を現代とし、若き詩人と老婆(小野小町)の話しに置き換わっています。
 詩人と老婆は、老婆の80年前の話し(原典と同じように、小野小町と深草の少将の伝説である、少将は99夜で病に倒れ、百夜通いを実行せずに死ぬ・・・を現代化し)の明治時代の鹿鳴館に変身します。
 そして詩人は次第に恍惚にとらわれてとうとう老婆の制止を振り切って、禁断の言葉を吐いてしまう。
 詩人はたった一瞬の至福のために死んでゆき、命と引き換えに官能を得ます。
 最後は、原典では老婆が仏道に入りますが、この三島の作品では、老婆(小町)はまたさらに100年待つ運命となっています。
2018/08/08のBlog
[ 12:03 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成30年8月8日(水)11時~12時30分
 西郷隆盛の流刑とその前後に起きた安政の大獄の話しです。
 1858年(安政5年)の4月に大老に就任した井伊直弼は、
天皇の勅許を得ることなく日米通商修好条約を締結し、これに
抗議した尾張・水戸・一橋等を不時登城(登城の日でないのに
登城したこと)を理由にこれらを謹慎させてしまいます。
 そして、なおかつ「密勅」(秘密の勅命)の動きを察知した
井伊は次々と関係者を捕縛する等、いわゆる「安政の大獄」を
始めていきます。
 その頃、西郷は月照と入水するも蘇生し、翌年1月に奄美大島へ流罪となり、島の娘と結婚します。
 また同年10月には、西郷が尊敬していた橋本左内が捕縛されて伝馬町の牢で斬首となり、その知らせを島で聞いた西郷は悲憤にくれてしまいました。
 しかし、1860年(安政7年)に井伊直弼が桜田門外(写真)で暗殺されたことを聞き、これには反対に狂喜したそうです。
 やがて1862年(文久2年)に帰国が許されますが、国父・久光の上洛計画に反対したため、今度は徳之島(後に沖永良部島)へ再び流されました。
 この時に陽明学者・川口雪蓬と出会い、「敬天愛人」(天を敬い、人を愛する)の基になる思想が確立されたと言われています。
2018/08/04のBlog
[ 13:28 ] [ 生活・社会 ]
日 時 平成30年8月4日(土)13時~14時
 シニアの一人暮らしが多くなった昨今、その老後対策に
ついてお話しを伺ってきました。
 主な内容は、①任意後見契約、②生前事務委任契約、
③死後事務委任契約、④遺言・・・についてです。
 まず①についてですが、これは本人の判断能力がある
うち、自分の身上や財産管理に関して代理権を与える契約
を結ぶものです。
 いわゆる民法でいう任意後見契約のことで、重要な法律行為を代理で行います。
 次に②についてですが、これは①を補完する契約で、内容はやはり生活療養看護や財産管理がメインですが、病院や施設の身元保証も盛り込むことができます。
 そして③についてですが、これも委任契約のひとつで、死後に必要なあらゆる手続きを親族や家族に代って行うものです。
 その具体的な内容は役所の手続き・葬儀や埋葬・遺品整理・各種契約の解約・遺産整理等です。
 最後に④ですが、相続については民法の規定がありますが、実際には遺言や遺産分割協議によって決まる場合が多く、遺言書がなかったり遺産分割協議が整わなかった場合は法定相続が基準になります。
 ただ実際は法定相続どおり遺産分割協議が整うとは限らずもめるケースも多々あるので、事前に遺言書(公正証書)を作成しておくことが重要であるとのことでした。
2018/07/31のBlog
[ 16:45 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成30年7月31日(火)13時30分~15時30分
 明治維新を成し遂げた薩摩の西郷隆盛と大久保利通でしたが、
やがて袂を分かつことになります。
 その辺の状況や背景についてのお話しがありました。
 明治政府は版籍奉還や廃藩置県等、次々と改革を進める一方、
岩倉使節団を欧米に派遣いたします。(大久保利通も同行:写真)
 留守を預かった西郷は、陸軍省・海軍省・鎮台の設置や学制・
国立銀行条例の制定等の改革を次々と行います。
 また明治政府は朝鮮に対し国交樹立を求めますが、鎖国政策をとっていた朝鮮は日本の交渉態度を不満とし、正式な交渉に応じませんでした。
 そこで西郷は自分を全権大使として朝鮮へ交渉に行くことを主張し、留守政府では可決されますが、岩倉使節団が帰国しますと大久保利通が西郷が朝鮮へ行くと殺され開戦になると反対します。
 閣議においては賛否同数となるも、結局 天皇の判断で無期延期となって西郷は辞表を提出します。
 鹿児島に帰った西郷は薩摩系の軍人も続々と帰郷したため、私学校を造ってこれを受入れます。
 やがて私学校生が火薬庫等を襲撃し、武器弾薬を奮取したことをきっかけに西南戦争が始まりますが、田原坂の戦いで薩摩軍は敗北し、鹿児島に戻ります。
 薩摩軍は城山に立て籠りますが、薩摩軍350人に対し包囲する政府軍は6万人で、やがて銃弾を受けた西郷は自決し西南戦争は終結いたします。(明治22年に西郷は名誉回復されました)
2018/07/30のBlog
[ 13:32 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 平成30年7月30日(月)13時30分~15時
 いまだ人気がおとろえない「源氏物語」。
 全54帖、登場人物400人以上というすざまじい長編小説を
書いた紫式部とはどのような女性だったのでしょうか。
 母を3才で亡くしたこと、父は播磨(須磨・明石)へ赴任した
こと、祖父が北山に寺を再建したこと等々、彼女の人生は物語
の構想に色濃く反映されています。
 この日本が誇る才女についてお話しを伺ってきました。
 式部は藤原為時(学者)を父とし、藤原為信女を母として生まれました。(970年頃)
 家系は藤原北家の名門でありながら遅れをとりましたが、文化面では大きな功績を残しました。
 たとえば才能はあっても位の低い紀貫之等を支援し古今和歌集の成立に大きく寄与しています。
 式部は998年に藤原宣孝と結婚し、翌年に長女・賢子を出産しています。
 しかし結婚3年にして夫が亡くなり、この頃から「源氏物語」を起筆されたといわれています。(32才頃)
 そして1008年頃にはこの「源氏物語」が好評を博し、藤原道長と親交が出来て、これが後の一条天皇の中宮・彰子に出仕するきっかけになります。
 百人一首には「めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半の月かな」(あなたと久しぶりにめぐり逢ったが、あなたかどうかわからない内にまたどこかへ行ってしまった:幼馴染との友情)です。
 式部は1020年に、51才(推定)で亡くなりました。
2018/07/28のBlog
[ 13:47 ] [ 政治・経済 ]
日 時 平成30年7月28日(土)14時~15時30分
 貿易摩擦の拡大というテーマを国際経済学を出発点にして
考えて見ようとする講座がありました。
 国際経済学のはじめは、「国際貿易(物)」と「国際金融(金)」
で、それは「貿易収支」へとつながります。
 そしてそれは、「輸出は得、輸入は損」という考え方が底辺に
あるようです。
 さて世界はどこまで、どのような規模で繋がっているのでしょうか。
 世界銀行のデータによれば、1980~2015年の間の世界全体は、人口=1.7倍、実質GDP=2.7倍、輸出額=4.8倍になった由です。
 そのような中で最も活躍している国は貿易データによると・・・・・
 ・輸出の順位⇒①中国、②アメリカ、③ドイツ、④日本、⑤オランダ
 ・輸入の順位⇒①アメリカ、②中国、③ドイツ、④日本、⑤イギリス
 なお日本の場合は、最大の輸出先はアメリカで、自動車・その部品・建設機械等、また最大の輸入先は中国で、通信機器・衣料品等だそうです。
 日本の貿易総額は154兆円(2017年度)ですが、内容は年とともに変化してきており、「50年代は原材料や雑貨品等」「60年代は鉄鋼や船舶等の重工業」「70~80年代は電気機器や精密機器等」「90年代は自動車やハイテク製品等」となっているとのことでした。
2018/07/24のBlog
[ 13:50 ] [ 音楽・美術 ]
日 時 平成30年7月24日(火)13時30分~15時
 ミュージカル「ウエストサイドストーリー」の作曲家・バーン
スタインの多岐にわたる活動を振り返る講座がありました。
 彼は指揮者・作曲家・ピアニストとして幅広く活動された人
ですが、青少年の育成にも熱心で、日本人では小澤征爾や
佐渡裕なども育てられました。
 今回は彼の作品や指揮者としての名演をCDで聴きながら
その活動をしのびました。(写真は彼のお墓です)
 まず指揮者としては、1943年にニューヨークフィルの副指揮者に就任しましたが、ほどなく大指揮者のブルーノ・ワルターが急病となったため、代役を務めたところ、一大センセーショナルを巻き起こし、1958年には同フィルの音楽監督に就任して黄金時代をもたらしました。
 最初に聴かせていただいたのは、題名のない音楽会のテーマソング「キャンディード序曲」でした。
 またピアニストとしましては、1937年にラヴェルのピアノ協奏曲のソリストを務めて活動をスタートさせ、その後はピアノ協奏曲の弾き振りを中心に活動を続けられました。
 この中からは指揮者兼ピアニストとしての「ラブソディー・イン・ブルー」を聴くことが出来ました。
 そして作曲家としましては、あの「ウエストサイドストーリー」や「キャンディード」などのヒット作品を次々と世に出しました。
 その中からは『マリア』『トウナイト』『アイ・フィル・プリティ』『マンボ』を聴かせていただきました。
2018/07/23のBlog
[ 15:57 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成30年7月23日(月)13時30分~15時
 今年は明治維新150年にあたる年です。
 そこで江戸~明治にかけて活躍した人々はどのような教育に
支えられて活動していたのかを検証するセミナーでした。
 まず最初にご紹介いただいたのは漢文で書かれている徳川
家康の一代記「逸史」で、この作者は中井竹山と言われていま
すが、これが世に出たのは竹山の子・蕉園が江戸に下った際
に親交のあった儒者達に見せたのが契機になった由です。
(後日、江戸幕府に献上されました。)
 次に頼山陽による国史書「日本外史」が紹介されましたが、これも漢文で記された源平から徳川までの武家盛衰史です。(これも松平定信に献上されました。)
 また徳川光圀によって事業化された「大日本史」や杉田玄白らがオランダ語から漢文に訳した「解体新書」(写真)にも言及されました。
 そして幕末の水戸藩士・藤田東湖の「尊皇攘夷」論が紹介されましたが、これは元々中国古代の周王朝において周王室を尊敬し、周辺の夷狄を打ち払ったことに起因しているとのことです。(中華思想)
 最後は西郷隆盛の「敬天愛人」についてでしたが、これは西郷が沖永良部島へ流罪の際、川口雪蓬(陽明学者)から書と詩を習ったことが影響しているとされています。
 その意味は文字通り、「天を敬い、広く人を愛する」博愛の精神です。
2018/07/21のBlog
[ 14:58 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 平成30年7月21日(土)13時30分~16時
 源氏物語の作者・紫式部は最晩年に自分の人生を振り返るように
「紫式部集(和歌集)」を作りました。
 その中にこめられた三つのキーワードが「世」・「身」・「心」だそうで
すが、その意味は何なのかについて人生と物語をオーバーラップさ
せたお話しを伺ってきました。
 源氏物語はご承知のように、主人公は天皇の子で、数々の恋(人
妻、未亡人、父帝の女御、兄の恋人、政敵の娘・・・)を経験しながら
波乱万丈の人生を歩んだ物語です。
 光源氏も最晩年(51才)になって愛妻・紫の上の死をきっかけに人生を振り返ります。
 源氏物語の表現に、「(中略)・・・人にはことなりける『身』ながら、(中略)悲しき常なき『世』を思ひ知るべく仏などの勧めたまひける『心』強く・・・」とあり、「自分は人より抜きんでた『身』だったが、人に死に別れ悲しい『世』を思い知らされ、仏がそれを教えて下さったが、『心』では気づかぬふりをして生きてきた・・・」とされます。
 これは紫式部の幼馴染や夫の死別とも重なるやにみえます。
 前述の和歌集の一番に百人一首にもあります「めぐりあいて 見しやそれとも 分かぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな」からも容易に推測できます。
 紫式部はこれも人生と受入れ、「源氏物語」にもつながったのではと解釈いたしました。
2018/07/20のBlog
[ 14:19 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成30年7月20日(金)13時30分~15時
 ヤマト大王家の第25代・武烈天皇に子供がいなかったため、
後継者探しで白羽の矢がたったのが、越前のオホド王(応神天
皇の5世孫)、すなわち後の継体天皇です。
 古代の大王は複数の妃がいたにもかかわらず、5代も遡らな
いと王位継承者がいないことや、その後継者が越前にいたこと
などはどう考えても不自然です。
 どうして越前のオホド王がヤマト大王家を継ぐことになったのか
そもそもオホド王とは何者だったのかについて紐解くセミナーがありました。
 「継体」の名は、ヤマト大王家が潰れそうになったところを継いだということでこの名がついた由。
 なにしろ「継体天皇」には、謎が多すぎます。
 まず系譜についてですが、「応神5世孫」というだけで詳細な系譜がなく、わずかに上宮記(聖徳太子系)に記載があるのみで、信用性がいまひとつです。
 即位の経緯も古事記と日本書紀では記述が異なりますし、年齢にいたっては「古事記=19才で即位、43才で崩御」「日本書紀=58才で即位、82才で崩御」となっています。
 おそらくヤマト大王家とは無縁で、ヤマトに攻め入って(?)即位をするために「応神5世孫」をねつ造して、武烈の妹を娶ったとするのが自然ではないでしょうかとのことでした。
 当時は朝鮮半島との関係もあって、新しいタイプの指導者が求められていたとも解釈できそうです。