ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理 MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:527件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/04/21のBlog
[ 14:38 ] [ 企画・美容・健康・介護・芸術 ]


朝は曇っていましたが、昼から日差しが強く
紫外線対策の必要な季節です

午前中、バリアフリー展を見てきました。

ざっと見て回ると、サービスがきめ細かくなっているようです。(細分化)
また車いすやシルバーカーなどもデザイン、使い勝手に工夫が施されています。

えっと思ったのは、車の屋根に車いすを収納することができる車です。
場所を取る車いすを屋根へあげればという発想でしょう。
問題は価格。

今回介護ロボットがいくつか出ていました。

介護をする人用として写真のように、腰に機械をつけて両太ももにベルトをして腰を痛めないようなサポートをするロボット
(写真は担当者に撮影の許可を取っています)

生活支援で、自分で立てるけれど歩くのが不自由な人のサポートをするロボットもよく似ていて、腰に機械をつけ、両太ももにベルトをします。重さは3キロ弱

見守りと称されるロボットは、監視カメラの進化形でしょうか。
認知症の徘徊防止などのために、カメラのついた小さな機械を設置してその映像を
家族などがスマホなどで見られるようにしたもの。火事などの異常事態にはメールで知らせる機能もあるそうです。

最後にもうひとつ。
視線を動かすだけでパソコンの操作ができるマイトビーという機械です。
私も試してみました。
本当に目を動かすだけで画面が反応します。
体が動かせなくても眼が動かせれば意思表示ができる。
小説のなかだけの話かと思っていましたが、現実は進んでいるようです。

こういう最先端の技術はほとんど軍事用に開発されたものが多いようです。
どこまでが軍事で、どこから違うのか、難しいような気もします。

2017/04/20のBlog


さわやかなお天気~

弊社の事務所に3枚のシルクスクリーンの絵を飾っています。

もちろん高価なものではありませんが気に入っています。

その1枚がこのマティスの切り紙絵、[ジャズ]のシリーズの「サーカス」

先日の「マティスとルオー展」にも展示がしてあり、うれしくなりました。

マティスといえば油絵の評価が高く、切り紙絵はあまり取り上げられませんでしたが
最近は少し流れが変わったようです

子どものお絵かきかと思われるかもしれませんが・・・色や構成など、すごいと、わたしは思っています

それに見ているだけで楽しくなる

何より、自分が好きならそれでよいです

2017/04/19のBlog


良いお天気~

昨夜、事務所のマンションの理事会の集まりでのこと

大学時代に政治学を学んだという40代の男性が某独裁政権の危険を強調

自分の身を守るためなら何をするかわからない!!北朝鮮の

ということで、ミサイルが飛んできたら、地下室やシェルターがよいけれど
ここにはないのだから、窓から離れたほうに動いたほうがよいとか・・・あれこれ

韓国にはシェルターがあるので、韓国の人はあまり心配していないとか

ここで60代後半の男性は、来たら仕方ないとあきらめムード

先の40代男性は子供たちの未来が・・・

ほとんどの参加者は何が何だかさっぱりでした

本当のところは、どれほど危険なのか、どう備えればよいのか

結局、世間話になりました

2017/04/18のBlog


昨夜は春の嵐のような、雨風でした

朝一番にあべのハルカス美術館へ「マティスとルオー展」を見に行ってきました

平日の朝は空いているのでお勧めです。

マティスは好きな画家のひとりで、ルオーにも興味があって見に行きました。

驚いたのはマティスとルオーが50年にわたり手紙のやり取りをしていたこと。
実物の手紙もかなりの数、展示されていました。

マティスの文字は崩れていて読みにくい、ルオーの文字はカチッと書いてあり読みやすい。といってもフランス語がわかるわけでもありませんが、見た感じです。

しかし、このような手紙が残っていることにも驚きです。最近日本でも、坂本竜馬の手紙が見つかって話題になりましたが・・・。

老前整理で古い手紙の処分を相談されることがあります。
本当に残しておきたいものだけであとは処分しましょうと言ってますが・・・。
こういうのを見ると、本当にそれでよいのかという疑問もなきにしもあらず

そして現在はどうか。
手紙を書く人は少なく、ほとんどメールで済ませてしまうでしょう。
つまり手紙を残すかなんて悩まなくてよくなる

思いついたことをぱぱっと書いて、送って、それで終わり
残らないでしょう

こんなことを考えるのも、3月にある方からお手紙をいただいて、1か月考えてお返事を書きました。
というか、すぐに返事が書けない、つらい手紙で、心の整理をして書きました。
メールではやり取りできない内容でした。
マティスとルオーの手紙を見て、手紙でしか書けないこともあるよねと思いました。

さて画家の展覧会ですから、二人の絵の軌跡を見るのも楽しかったです。
弊社の事務所にマティスの絵が1枚あります(シルクスクリーン)
同じ絵が出ていました。

最後に、展覧会入口の前にマティスの絵に出てくる女性を模したドレスが展示してあり、顔のところに板で丸い穴が開けられ、顔を出して写真を撮るようになっています。
写真 向かって左が元の絵で右がドレス

今、多くの美術館でこのように絵の主人公になって写真が撮れるようなお楽しみ企画をしています。来場者参加型というか、撮った写真をみんながフェイスブックなどにアップすれば強力なPRになるからです。外国人は特にこういうのが好きみたいです。
「学芸員はガン」だと発言した大臣もいるようですが、私は学芸員も作品だけでなく、このようなことも考えて頑張っておられると思います。逆に、このような大臣のほうがよほど恥ずかしいと思っています

2017/04/17のBlog


まだ雨は降っていませんが、荒れる模様
雷注意報が出ています

今日は朝から、地下鉄が信号故障でストップ

8時過ぎのラッシュの時間で、ホームに人があふれ改札制限が・・・
駅員さんが一番注意しておられたのは、階段で人が倒れて事故になること
ほんと、後ろから押されると危ないです

人身事故でストップではなかったのが幸いだと思いました
しかし、1本動かないと、あとも動かない!!で交通マヒ
便利だけれど、何かあると機能はストップ。
ホームに人があふれていましたが、こんな時に地震があったら、怖いです

ホームに入ったけれど、すごい人で、こらアカンと思ったので、改札を出て、喫茶店でコーヒーを飲んで少し時間をつぶし、少しましになってから地下鉄に乗りました。

もう一仕事した気分

そこで、郵便貯金の話です

今朝の新聞にもゆうちょ銀行の以下の告知が出ていました

「平成19年10月1日(郵政省民営化)以前にお預けいただいた定額郵便貯金、定期郵便貯金および積立郵便貯金は、法律の規定により、満期後20年2か月経つと、お客様の権利が消滅し、払い戻しが受けられなくなります。満期を過ぎた郵便貯金は、払い戻しのお手続きをお早めに願いいたします。」

告知はいいのですが、この文字が小さい

銀行とゆう貯では払い戻し手続きの期限が違います。

もう一度、忘れていないか確認してみてください

こんなお天気の日には

グレン・グールドのBach The Goldberg Variations のピアノの音が落ち着きます