ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人ハートライフ福祉協会 訪問理・美容サービス”かがやき”
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:40件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/10/18のBlog
[ 19:42 ] [ ようこそ私の部屋へ ]
わたらせ渓谷鉄道

嵐山のトロッコ列車はあまりにも有名ですが
わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車も かくれた人気があります。


ある鉄道専門カメラマン(時刻表の表紙を飾る)が賞をとった構図
同じように真似てみました!
場所:通洞駅わき無信号踏み切り
私にとって、あたりまえの風景で
線路を渡り仲間と、ここから山に入り夕方まで遊びほうけていました。
あまりにも田舎くさくて子どもの頃都会に憧れました。

今では
こんな素晴らしい所で生まれ育ったことが
大きなこころの財産となっています。
(神戸)を(ごうど)と読みます。
車窓からの風景が美しく、川には眩いばかりの白御影石がゴロゴロあり、秋は紅葉!
深山の緑、自然があります。
わたらせ渓谷鉄道の足尾駅すぐ近くに生家があります。
帰省するときは東武日光駅からです。
その道中も山の中、空気の違いを実感します。
2008/10/15のBlog
[ 20:23 ] [ ようこそ私の部屋へ ]
現在91歳私の父です。
今日の朝宅急便が届きました。
実家で取れたキュウィ-です。91歳の父がひとつ一つもいで、箱に詰めて送ってくれたのです。ありがたいです。今年の夏は帰省してません。
元気な顔を見せるのが親孝行と思ってますのに・・

怒った顔は子どもの頃から見たこと無い
優しい父です。ありがとうお父さん 誕生日に会いに行くね!
若かった時の話いっぱい聞かせてね!

おすすめ!猪名川図書館にあります。兵庫県図書館一覧似たような本は沢山あります。「介護サービスの選び方・使い方50のコツ」困りごと、不安、なことがワンポイントで書かれて、わかりやすかったです。
硬いのでリンゴ(エチレンで柔らかくなります)を入れた袋に移し変えました。
H14年夏早朝 85歳の父と次男
栃木県日光 渡良瀬川 家から徒歩3分
釣れた魚はさっそく塩焼きにして頂きました。
2008/10/11のBlog
シンポジウムの受付のお手伝をさせていただきました。
H20年10月10日PM1:30~4:30 
川西市文化会館 大ホール

同日は宝塚NPOセンターで阪神NPO連絡協議会の例会の日でもあったのです。せっかく川端さんからTEL頂いたのにごめんなさい!

「高齢になっても安心して暮らせる街にするために」
大塩川西市長のあいさつがあり

基調講演は兵庫県高齢者放送大学
元学長 藤井義正氏
「認知症の地域見守りに~」人間味あふれユーモアをまじえた話ぶりに聞き入りました。

参加者は川西市介護支援専門員、民生委員、協力委員、地域包括支援センター、一般市民等の皆様がたで大勢来られてました。

ハートライフの研修として良い機会なので当スタッフ2名も別にシンポジウム一般市民として参加させていただきました。
2008/09/26のBlog
[ 18:25 ] [ ようこそ私の部屋へ ]
まったく介護のかの字もわからない人が
介護支援センターに相談(困っている事)におおいに
行かれたら良いと思います。

「ゼロからの介護」目的別ナビゲーション中村聡樹著書
を図書館で借りて読んだらよかったです。猪名川図書館
父に対する母の悩みを聴くと、自分が入院した時お父さん一人に出来ない!他愛無いことでも父が理解するまで何度も同じことを説明するのに疲れる。

父は穏かな性格だが、せっかちな所があり恒に一緒で鼻につきイライラしてしまう。言葉にするとたいした事ないと思いますが
24時間一緒の母にしてみれば大変なのです。

父は父で怒っている母を悲しそうに見て、我慢をしているのは自分だと思っています。

近所の介護支援センターへ介護認定の相談8月15日(金曜日)に行く
3日後8月18日(月)介護支援センター職員が父の現住所に来られる。
翌日8月19日(火)午前9時検査のため病院へ行く
MRI検査、血液検査と、色々な検査をしました。
問診をされ 今日は何月何日ですか?・・・○答えられた。
電話番号は?・・・○答えられた。
住所は?・・・× あれ? 住所が書けない事にショックが大きい。
分からない事が多かったらしく、父本人が一番驚いている様子です。

検査の結果、軽い認知症があると言われたが
本人は認知症とは認めたがらない。当然よね!
あまりくだらない事を聞くのでいい加減に答えたよ!と強がりを言っている。父の気持ちにすれば、プライドに傷つかれショックが大きいと思う。
2008/09/16のBlog
[ 09:14 ] [ ようこそ私の部屋へ ]
前々から私は、話し好きな父がデイサービスを利用したら両手姥桜?利用者さんの中で人気ものになり楽しく通えると思っていました。

色々なデイサービスがあり(仕事で訪問します)、一日体験をして気に入った所をケアマネジャーと相談して選択できますから。

その話をすると父はその気になり母も大賛成!

近くに住んでいる兄に、父のデイサービス利用の説明や話を持ちだしたら理解してもらえず「親父をボケあつかいするな!」一喝された。と、妹が言う。それが2年ほど前の話

私と妹が相談して、父の介護認定の手続きを、この夏に(H20年8月)済ましてしまいました。兄には内緒で!兄は古い考えで判断していると思います。
介護認定の結果はまだです。デイサービス利用は10月ぐらいかな?

私の父は91歳になり、軽い脳梗塞と胆管結石を10年ほど前に患いましたが、現在母と二人栃木県日光市にて元気に暮らしています。
耳は多少遠いけど補聴器は付けていません。

携帯をお守りのように持ち歩き1週間に1回のわり合いで「どうしてる~」とコールしてきます。
父は話し好き、じっとしておれない性格で、ジャガイモや大根の栽培にせいを出し、年相応の物忘れはあるものの(だいぶある)一先ず元気にはしています。

先日の話し、薬草オトギリ草の採集に出掛けた折にロープに足を取られ、おもいっきり胸から転び、痛みのみで、何とも無いと言う。自分では「転び上手」とあたかも自分は不死身のように言てました。
後で、母に訊くと、「痛い痛い肋骨にヒビがはいった医者に行く!」と大騒ぎしていたそうです。可愛いではないですか。

母の悩み・・・1.自分が入院した時お父さん一人に出来ない!
2.他愛無いことでも父が理解するまで何度も同じことを説明するのに疲れる。
父は穏かな性格だが、せっかちな所があり恒に一緒で鼻につきイライラしてしまう。

問題解決は(父の介護認定の手続きをして、ショートステイ利用する、デイサービスを利用し母の自由時間を確保する。)

兄には事後報告します。遠くに住む妹達がしゃしゃり出て気分良いわけないと思うけど、父が元気にしていれば、たぶん何も文句は言わないでしょう。
兄は父の近くに住み気配りをし、兄嫁も気さくな明るい方ですが体調がすぐれず心配なところです。

私は兵庫県に住み、妹は静岡県で、高齢者認知症グループホームを立上げ運営しています。
妹の経歴も面白い、書いたらおこられるかな~
父のデイサービス利用をリアルタイムで報告したいとおもいます。
2008/06/08のBlog
白髪が黒髪に変化したKさん,カラーでなく自然にです。

孝行息子が御爺さんに滝の水を・・・・老父はこの不思議な水を飲んだので白い髪は黒くなり、顔の皺(しわ)もなくなり、すっかり若々しくなりました。という「養老の滝」の昔話ご存知ですか?

現代版「養老の滝」の話です。
ある認知症グループホームに 5年前から定期的に訪問理・美容サービスに訪れています。
入所4~5年で85~7歳くらいの元全頭髪白髪の女性なのですが、5年前頃からじょじょに白髪から黒髪になっちゃたんです。

黒髪に変化したKさんはグループホーム1ユニット9人職員を交えた家庭的な雰囲気な中での共同生活をしています。
Kさん食事は残さず召上るそうです。Kさんの他、85~7歳くらいのHさん、KHさんは黒髪のままです。

やはり管理栄養士のメニューも黒髪を維持、黒髪に変化した要素の一つと思う。そして入浴です。入浴は血流を良くし栄養が毛根へ行きわたらせる働きがある。色々なミラクル要素がかさなりKさんは黒髪に変化したのです。
グループホームでは入浴の日は一応決まってはいるものの希望されれば毎日入れるそうで、黒髪に変化したKさんをはじめ皆さんのお顔はつやつやしています。

 白髪もえり足からだんだんと前髪に向って黒髪に変化して行く様は時間を逆走、高速道路をまさに逆走するがごとく遭ってはならない事に思うが、事実です。