ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
エルバイレ 発信隊
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:27件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/03/04のBlog
[ 23:26 ] [ 女子サッカー ]
大変ご無沙汰をしております。

新年度の新入会選手の顔ぶれがそろそろ
決まり始めました。

卒業と同時に、遠方の学校に進学する選手
高校ではまた違ったスポーツをしたいという選手
エルバイレで高校生になってますます力強いプレーを
見せてくれる選手

新たな進路に向け準備は始まっています。


新しい出会いと、別れ うれしさと寂しさが混在する
この時期 新たなスタート台に全選手が
立っています。

2008年度4月開幕の関西女子サッカー1部リーグでは
上位入賞を目指して、新チームでがんばります。

応援よろしく御願いいたします。 
2007/12/02のBlog
[ 14:46 ] [ 女子サッカー ]
中学生は期末試験明け、多くの高校生は試験直前の中
星翔高等学校 女子サッカー部との練習試合を
行いました。 

丈夫そうな体をした、高校生を相手に中学生は時折
跳ね飛ばされそうになりながらも必死で食いついて
いました。 

今年新創設された部だけに、高校1年生しかいませんが
将来楽しみなチームでした。 

エルバイレでは来年中学生になる女子の選手を
募集しています。真剣にサッカーを続けたい、
これからでもはじめたい そんな女の子が近くにおられたら
ぜひクラブの存在を教えてあげてください。 
2007/11/27のBlog
[ 22:36 ] [ 女子サッカー ]
関西女子サッカーリーグ 昇格記念です。

応援いただいた皆様 本当に有難うございます。
これから来年度に向け、また新たなチーム作りが始まります。

遅くなりましたが、選手とスタッフとで緑の芝のグランドで
記念撮影をしました。

新中学生の入会希望者もぼちぼち出始めました。
また一段とにぎやかで実りある活動を続けて行きたいと思います。
2007/10/27のBlog
[ 22:35 ] [ 女子サッカー ]
ご無沙汰しております。
女子サッカーチーム 宝塚エルバイレLFCです。

今年4月からの関西女子サッカーチャレンジ1部リーグで
6勝3分けで見事優勝することでき
クラブとして目標としていた関西女子サッカートップリーグに
昇格することができました。

これも、ひとえに応援をしていただいた皆様のおかげです
本当にありがとうございました。

近いうちに写真アップします。
取り急ぎご報告まで

2007/09/26のBlog
[ 23:21 ] [ 女子サッカー ]
夜の練習が終わる頃にはかなり肌寒く感じられる
ようになりました。 

10月の公式戦の結果次第では関西リーグの入替え戦に
チャレンジできるかもしれない・・・・・
そんな状況になってきました。 

今年一年の成果を遺憾なく発揮して残り試合
精一杯がんばります。
応援よろしくお願いします。
2007/09/02のBlog
[ 21:56 ] [ 女子サッカー ]
本日ヴィッセル神戸主催の身障者の方とのサッカー
交流イベントで試合をしてきました。

会場は神戸『しあわせの村』 芝のグランドでした。

エルバイレにとっては日頃しのぎを削る よきライバル
FC三木ヴィクトリーズも一緒にイベントに参加
ゲームを楽しみました。

身障者の方たちにとっても、エルバイレの選手にとっても
めったにない機会 楽しいひと時を過ごしたと同時に
体に不自由な方たちのプレーを目の当たりにして、
『成せばなる』という新たなを多くの選手が持った
素晴らしい一日でした。
2007/08/27のBlog
[ 20:10 ] [ 女子サッカー ]
26日 三木防災公園グランドにて
宿敵 FC三木ヴィクトリーズとの対戦が行われた。

相手チームフォワードには U-16日本女子代表の
選手いた。

仮想練習をしてこの試合に臨んだものの、開始早々
2点を奪われ 万事休す!

そこで試合をあきらめないのが 今年のエルバイレ
前半終了間際に1点を返し 1-2で前半折り返し

後半は終始押し気味 何度かのチャンスに相手は引いて守る
硬いディフェンスをこじ開けにくい中、エリア外からのミドルが
決まり同点。

その後のチャンスをものにして 見事逆転

それもつかのま 1本のミスからまたまた同点にされ
結局3-3でホイッスル

PK戦を5-3で制して辛くも勝利を得たものの
勝てる試合をまた引き分けてしまった。

次なる強敵は 関西の女子サッカーでは屈指のチーム
日ノ本学園高校を相手にどこまで力がつうようするか
横綱の胸を借りるつもりで 勝負に挑む!!