ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
第一小学校区まちづくり協議会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:704件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:福祉
Blog数:116件
51~60件を表示   <<   <   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >   >>
2012/08/29のBlog
工作教室の縁の下の力持ち、かつての少年たちは今年も健在です

「ここを切るんだよ」





「可愛いね!」

「ほらほら!」
「ふしぎだなァ」

夢中になって遊んでいる方も






今年も仮説プレハブ校舎の暑い中で実施された工作教室

教える大人も、作る子どもたちも汗をかきながら、がんばりました。

幼児から、かなりのシニアまで、楽しい交流のひと時でした。

地域の方々、有難うございましたm(__)m


定番「からくり絵本」


長~い紙を一生懸命巻いていきます

がんばってね!



松ぼっくり人形

今年もたくさん集めましたよ!

自由な発想で、楽しい動物が出現していました!



折り紙はていねいに折ってね!


くるくるユーホー駒は良く回ります




 8月22日(水)10:30~15:00 一小視聴覚室にて

今年も暑い!、ボランティアの頑張りも熱い!





一番リピーターの多いのはやっぱりビーズ

今年はオリンピックにちなんで、国旗のビーズブローチ

アフリカや南米の国旗はとってもおしゃれ

図案とにらめっこ



可愛いビーズストラップもありますよ♪

どれにしようか???迷います



スイーツデコも、もちろん人気

仲良くしぼって、おいしそうに作ってね♪




アラッふしぎびょうぶ???

リボンにはさまれたしおりが、閉じて開けば反対側に移動しますよ!


ふしぎ???
2012/08/08のBlog
暑いですね!熱中症に負けず乗り切りましょう(無理しないのが一番!)

恒例夏休み工作教室を下記の通り開催します。

日 時:8月22日(水)受付10:30~11:45 13:00~14:45

場 所:宝塚第一小学校 視聴覚室

材料費:10~200円

持ち物:はさみ・ボンド・色鉛筆・牛乳パック・ガラス空き瓶(小)・・・

飲み物を忘れないでね!

受付時間内なら、いつ来ても自由ですが、行き帰りは保護者の方が把握して見守ってください。


今年も新しい作品や、人気の○ ○ ○?!がありますよ!

地域の方々が準備して、待っています→

お楽しみに!
2012/07/16のBlog
[ 09:10 ] [ 福祉 ]
のち7月11日(水)10:00~12:00 一小宝梅ハウスにて

梅雨の合間の、おしゃべり相談会第3弾。
今回は健康センターから保健師さんと歯科衛生士さん、社会福祉協議会からも応援していただき、子育て支援に絞った会を開きました。
さあ、エプロンシアター???のはじまり、はじまり・・・
お口と歯のお話でした!

エプロンのポケットから、いろんなものが出てきたり、
パカっと、大きな口が開きます!
歯科衛生士さんに教えてもらいながら、子どものための仕上げ歯みがきの練習中。

皆さんもちゃんと磨けているかな?




子育て中の皆さん頑張れ!

子どもたち元気に大きくなぁーれ!




16日に書いたブログ、写真がアップできなかったけど、やっとアップできました。(7/17 20:56)




2012/02/26のBlog
まだ寒かった2月8日、小浜にある(財)宝塚市保健福祉サービス公社の「ステップハウス宝塚」を福祉部会メンバーで訪問しました。
職員さんから、公社や施設の概要をお聞きした後、施設内を案内していただきました。
1Fの食堂は明るく、厨房の中もよく見え、2・3Fの居室もゆったり広々とし、あちらこちらに書や絵画が飾られていました。談話室からは楽しそうな声、開放的でさんさんと光が差し込む4Fのリハビリルームでは在宅復帰を目指して身体の機能回復に励まれていました。座ったまま入れる機械浴などの特別浴室と、
一般浴室には屋上庭園を望みながら入れる大浴槽もあり、驚かされました。
三時のおやつに、手作りケーキをいただき、身も心もあたたかくなって帰路に着きました。
いろいろ勉強させていただき有難うございました。(I.N記)
2011/12/18のBlog
[ 23:32 ] [ 福祉 ]
12月14日(水)よりあいひろばにて

来る1月19日の一小校区合同防災訓練に向けて、講習を受ける堀副会長と、福祉部会員6名も車椅子体験をしました。講師は社協、和田係長です。

よりあいひろば隣の保健所の駐車場や、出入り口のスロープをお借りして、ペアを組んで、交互に押したり、乗ったりしました。


車椅子介助のポイント

声かけする
「進みます」「バックします」方向転換するときや、段差があるときも声かけしましょう

溝ブタなど、網状の上を通過する時は、前輪の小さなキャスターがはまらないように、斜めにクロスさせて通る・・・などなど

「安心して任せられる・・・」乗る人、押す人の信頼関係も大事です。

実際に乗ったり、押したりして、戸外では平坦な所は少ないことや、障がいの多さをあらためて感じました。
「百聞は、一見にしかず、」正にその通りです。機会を捉えて、体験しましょう!


2011/12/04のBlog
11月29日(火) 中央公民館にて

「地域の防災について考えてみよう!」
講師:市危機管理室安全安心課 水谷係長

宝塚市のこれまでの大きな災害を振り返りながら、一小校区にポイントを絞ってパワーポイントでわかりやすく説明していただきました。
・家族で防災会議を行いましょう
・3日分の食料・水・薬その他 準備しましょう
特別なものでなくても、水やレトルト食品など、常に備蓄を心がけましょう
・家具の転倒防止をしましょう
・自分でできること、家族でできること、地域でできることを考えましょう!
 
「東日本大震災の支援を通して」
講師:社会福祉協議会 地域福祉推進課 和田係長
東北への支援活動を通して、現地の様子、課題を話していただきました。
ばらばらになったつながりを戻すのは容易ではないでしょうが、少しずつ、支え合い活動が始まっているようです。

今回は、ハードとソフトの両面から、災害時について考えてみました。
ハード面では超地域限定の質問も出て、その場で回答が得られないものは後日きっちり回答してもらいました。
やはり普段からの活動、絆づくりが大事であることを再確認しました。
2011/10/30のBlog
10月28日(金)10:00~中央公民館にて

講演「サロンを元気に楽しく実施する方法」
~ボランティアさんを集めるには~
講師:サロン支援プロジェクトチーム 代表 福住 美寿氏

秋晴れの当日、一小まちづくり協議会冨樫会長のあいさつから始まりました。
逆瀬川地域包括支援センターの大浦氏も出席してくださいました。

講師の福住さんは、現在に至るまでのご自身の体験、ご家族を巻き込んでの地域活動について、ユーモアを交えながら、語りかけられました。

福住さんは阪神大震災の被災から仮説住宅でのサロン活動に始まって「おっさん?の会」 「子育て支援グループ」 「移動サロン」 など幅広い活動の仕掛け人でもあります。

はだまして?!やらざるを得ない方向にもって行く」と笑い、
「ユルユルでいいのよ」と言いつつも、
「たとえ高齢者でも自分は自分で助けるようにと常に話す」と時に真剣に接しながら、地域に根ざした活動の輪をどんどん広げておられます。

永年サロン活動をしているグループ、始まったばかりのグループ、これから始めようとしている人、それぞれに実りあるお話でした。
最後にサロンを始める上で大事なことは?の質問に「待つこと」と言われました。
待つ」にはいろいろな意味が含まれていると思います。~機が熟すのを待つ~でもあるでしょう。また「あなたを待っています」と言う意味もあります。

さあ、お近くのサロンをのぞいてみませんか?

きっと あなたを待っている人がいますよ

2011/08/30のBlog
からくり絵本

なんといっても定番中の定番!
今年も人気のスィーツデコ

順番待ちの行列ができました。

ここに空き瓶が???
小物入れ

牛乳パックを開いて、可愛い包装紙を用意して
完成したスィーツデコをやはり作った小物入れにおさめると

とっても可愛くなりました!
まちがって食べないでね
51~60件を表示   <<   <   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >   >>