ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
第一小学校区まちづくり協議会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:624件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/07/16のBlog
[ 15:54 ]
8月号が発行されました
PDFでもご覧いただけます

(記,M)
2017/07/14のBlog
[ 19:48 ]
夏休みまでもうすこし
休みに入ったら
各地で開催されるラジオ体操に参加して
暑い夏を乗り切りましょう

(記・M)
2017/07/07のBlog
[ 16:34 ]
7月7日七夕の日
第一小学校で
自転車の正しい乗り方教室が開かれました
3年生対象授業の一環として毎年実施されています
こんかいで12回目になりました
指導を受けたあと2班に分かれ
体育館に作られた道路を順番に自転車に乗って
正しい乗り方を勉強しました
まちづくり協議会の安全部会員や
小学校育友会のお母さん方が
お手伝いをしました。
一方視聴覚室では
DVDを観賞し交通安全の勉強しました

(記,写真・M)
2017/07/01のBlog
7月1日土曜日 午後1時~5時

宝塚南口ロータリー前サンビオラ広場で
たなばた笹かざりのイベントが開催され 
第一小学校区まちづくり協議会有志、
甲子園大学トリプルハートの
メンバーが
笹かざりの作成や、かざりつけの
お手伝いに参加しました。 
訪れたこどもたち、親子が
思い思いの願い事を短冊に書いて
おりがみで 590
かざりをつくり、
梅雨の晴れ間の
ひととき
たなばたイベントを楽しみました
たなばた笹かざりは
7月7日まで
サンビオラ前広場に飾られたあと
伊和志津神社に奉納
おたきあげされるそうです。 

 
(記,写真・K)
2017/06/28のBlog
[ 12:56 ]
第35号の広報紙が発行されました
6月28日宝梅ハウスで
まちづくり協議会有志により袋詰めされ
配布担当者に渡されました
後日みなさまのお手元にお届け出来ると思います
今しばらくお待ちください
広報紙の一面です
PDFでもご覧いただけます

(記,写真・M)
2017/06/27のBlog
6月26日月曜日 午前10時~12時
宝塚 第一小学校視聴覚室にて
安全対策委員会が開催されました 
学校関係者、育友会、愛護部
市役所交通安全課、まちづくり協議会、自治会
補導員、登下校ボランティア他が集り
校区内の18の危険箇所が報告され、
順次
市に改善の要望を出すことが
決められました。
各種団体の情報交換の他 
 最後に
宝塚第一小学校井上校長より
[ 日頃 こどもたちの安全を地域で見守っていただいていることに
深く感謝します。
見守ってもらっているこどもたちにも自分の身は自分で守ること 
また しっかり感謝の思いをもってあいさつできるよう
学校側としてもこどもたちに指導していきたい。]
とのべられました。

(記,写真・K)
2017/06/24のBlog
[ 17:57 ] [ 予定表 ]
日付曜日時 間 活 動 名 称  場 所
1日(土) 〇広報紙発行 宝梅ハウス
5日(水)13:30 ~ 〇安全部会 宝梅ハウス
6日(木)12:45 ~ 夏まつり踊り練習 一小体育館
6日(木)14:00 ~ 育友会係り説明会 視聴覚室
7日(金)10:00 ~11:30 子育てふれあい広場支援 育成会室
7日(金) 8:30 ~ 自転車教室(3年生) 一小体育館&視聴覚室
12日(水)13:30 ~15:30 〇福祉部会 宝梅ハウス
13日(木)10:00 ~12:00 〇環境部会 宝梅ハウス
13日(木)13:00~ 手話講習会 視聴覚室
15日(土)9:30 ~11:30 〇役員会・部会連絡会 宝梅ハウス
15日(土)13:30 ~15:00 夏まつり第2回実行委員会 視聴覚室
20日(木)10:00 ~12:00 子育てサークル『こあら』 宝梅ハウス
21日(金)15:00 ~ 〇みんないっしょ夏まつり前日準備 一小運動場
22日(土)17:00 ~20:00 〇みんないっしょ夏まつり 一小運動場
23日(日) 〇みんないっしょ夏まつり予備日 一小運動場
24日(月)10:00 ~12:00 〇宝梅ハウス運用委員会 宝梅ハウス
30日(日)13:30 ~ 〇夏まつり模擬店報告会 視聴覚室
昨年、手話言語条例が制定されたのを受け、2017年一小の夏まつりのテーマは「みんなの手」と決まりました。オープニングで、童謡「手のひらを太陽に」を参加者全員で歌い手話パフォーマンスをします。6月23日、実行委員会演出班のメンバーで、“手話の手ほどき”を受けました。
「手のひらを太陽に」の歌詞の単語ごとに、手話のアクションを見習い真似します。「みんな」は手を大きくまわす。「生きている」は腕を上下に動かす。「友達」は左右の手を握手させて動かす。歌詞に出てくるミミズは指でその動きを再現。一通り単語を覚え、曲を流してみんなで合わせます。
手話の初心者が多数でしたが、振り付け感覚で覚えることができて参加者に笑顔が溢れました。「まつり本番、この喜びを共有したい」―事務局の願いです。
手話の講師はろうあ者の馬殿さんと手話通訳者の田中さん。最初に、“生まれつき耳が聞こえないの世界”を教えていただきました。コミュニケーションができない辛さ。子ども時代、“いじめ”にあった事。当時は、手話が禁止で口話法(相手の話す口の形を見て言葉を読み解く)が主流で、食事の前に母親からメニューを発声できるまで食べさせてもらえない訓練があった事。電車がトラブルで遅れた時、アナウンスが聞こえず1人とり残された事。ユーモアを交えた体験談は、初めて聴く話ばかりでした。手話言語条例の肝は健常者側が「無知の知」を知ることだと理解しました。
第2回の手話講習会は7月13日(木)13時~15時一小の視聴覚室です。児童たちに中心に童謡「手のひらを太陽に」の手話の手ほどきですが、一般の方も参加可能です。これを機に一緒に学びましょう。

(記・S写真・K,M)
2017/06/19のBlog
[ 09:36 ]
7月号が発行されました
2017/06/03のBlog
[ 21:24 ] [ 地域交流部会 ]
1~3班とバス班
4~6班

(記・M写真M,,K,S)