ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
アート・ウォークかしわ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:5件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2013/04/21のBlog
本展覧会では40年以上パリに住んだ画家・吉田堅治氏(1924~2009) の作品をご紹介します。吉田氏は特攻隊の生き残りとして、生と死を見つめ続け「生命(LA VIE) 」をテーマとした作品を描き続けました。
日本伝統の金箔・銀箔を油絵に取り入れた手法は大きな反響を呼び、存命中の画家として初めて大英博物館で個展を開きました。また、英国の大聖堂やパリのユネスコ本部で個展を行なったり、NHK総合テレビで紹介されるなど世界で高く評価されています。
これらの作品を通して、「生命の尊厳」「平和の大切さ」そして「今を生き、未来へつなぐ」ことをあらためて考える機会となれば幸いです。

■会 期: 2013年4月14日(日)~4月21日(日)
■会 場: 柏市民ギャラリー(柏髙島屋ステーションモールS館8F)
■主 催: 柏市とアート・ウォークかしわの共催

(写真1: 展示会受付風景)
【第1目目レポート】
午前中は、展示作品の搬入と作品の展示作業をアート・ウォークかしわの会員で行いました。
順調に設営準備も進み、午後1時にいよいよ展示会オープン。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の紙面で紹介されたため、それをご覧になっての来場者も目立ちました。
この展示会では65点の作品が出品されていますが、その大部分は初公開される作品となっています。
(写真2: 会場風景①)
(写真3: 会場風景②)
午後には、吉田堅治氏の長女・大河原容子さん次女・富樫淑子さんも来場され、本展示会の実行委員長・鈴木昇氏とお二人によるトークショーも開催され、吉田堅治氏のエピソードなどが紹介されました。
(写真4: トークショー風景)
(写真5: 「吉田堅治展」の出品目録)
2013/04/09のBlog
本展覧会では40年以上パリに住んだ画家・吉田堅治(1924~2009) の作品をご紹介します。吉田は特攻隊の生き残りとして、生と死を見つめ続け「生命(LA VIE) 」をテーマとした作品を描き続けました。
日本伝統の金箔・銀箔を油絵に取り入れた手法は大きな反響を呼び、存命中の画家として初めて大英博物館で個展を開きました。また、英国の大聖堂やパリのユネスコ本部で個展を行なったり、NHK総合テレビで紹介されるなど世界で高く評価されています。
(写真1: 講演中の吉田堅治の肖像)
■会 期: 2013年4月14日(日)~4月21日(日)午前10時から午後8時まで(初日は午後1時より、最終日は午後5時まで)
■会 場: 柏市民ギャラリー(柏髙島屋ステーションモールS館8F)
■主 催: 柏市とアート・ウォークかしわの共催
■後 援: 松戸市、流山市、我孫子市、野田市、柏市教育委員会
■協 力: 柏タカシマヤ、ラーソン・ジュール・ニッポン㈱、ギャラリーヌーベル
■入場料: 500円
■コーディネーター: 鈴木昇(アート・ウォークかしわ代表)
■問合せ先:
アート・ウォークかしわ 吉田堅治展実行委員会
 〒277-0852 千葉県柏市旭町4-7-1
Tel: 04-7146-6800 Fax: 04-7146-3196
Mail: g-nouvelle@nifty.com

(写真2: 「la vie 生命(いのち)」(1993年、墨彩))
(写真3: 「la vie 生命(いのち)」(1997年、シルクスクリーン))
(写真4: 「la vie 生命(いのち)」(1986年、油彩))
(写真5: 「la vie 生命(いのち)」(1996年、油彩)/金箔で描いた繭の形が浮かぶこの絵は、妻寛子さんを描いたとも言われています。)

『いのちと平和』(吉田堅治からのメッセージ)

私は人々に「いのち」と「平和」の大切さを語り掛ける為に絵を描いている。 これは恩師、古城戸優先生の「吉田、銃をとるな、絵を描け」との遺訓による。
私は恩師の意に反して兵士となり、多くの戦友や一般市民の死をみつつ生死を考える日々を持った。戦争が終わり生かされた私は「これからどのように生き」「何を成すべきか」と考えた時、恩師の遺訓が大きく蘇みがえった。
人々が一番大切に思うのは「いのち」と「平和」だ。これを打ち砕く最悪の行為が戦争だ、あってはならぬ。
「いのち」を大切にし「平和」を築く唯一の道は、人々が互いに信頼の上に立って「いのち」と「平和」について語り合い、共に力を併せてその実現に努めることだ。 「吉田、銃をとるな、絵を描け」との恩師の遺訓は、神が私に「いのち」と共に与え給うた使命であると悟った。
私は朝夕、82才の今日まで無事生かされている感謝とそれに値せぬ生き方の懺悔と共に、今も世界各地で出ている戦争犠牲者の冥福を祈りつつ恩師の遺訓を胸に、少しでも人々に我が意が伝わる絵が描ければと思っている。
「いのち」は「平和」あってこそ最高に働き輝く。「平和」こそ最高の美である。
(出典:2007年 吉田堅治ホームページ)

前のページ   |   次のページ