ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ谷津学校友の会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:502件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/20のBlog
今日の写真はドクダミの花とニホンアマガエル。
ドクダミの花との比較で、カエルの小ささが伝わるかな?
今年生まれたカエルたちがたくさん見られました。
法面を上がっているように感じたけど、どこに行くのでしょうか?

さて、7月末までの友の会の保全活動のスケジュールをお知らせします。

友の会は、コロナ感染対策に留意し、自主参加とし、活動を継続します。
今までできなかった草取りや草刈りが主になります。
暑い季節になりましたので、体調管理の上、無理をしないで保全活動を楽しみましょう。
 
6月 21日(日) 田圃草取り、湿地草刈
 25日(木) 田圃草取り、湿地草刈 ホタル観察
 28日(日) 田圃草取り、湿地草刈
7月 2日(木) 田圃草取り、湿地草刈 ホタル観察
5日(日) 田圃草取り、湿地草刈
9日(木) 田圃草取り、湿地草刈 ホタル観察
 12日(日) 田圃草取り、湿地草刈
 16日(木) 田圃草取り、湿地草刈 ホタル観察
 19日(日) 田圃草取り 運営委員会(13時00分 作業小屋)

今年もホタルの調査を6月25日から毎週木曜日の夜に行います。
今年はコロナの影響で今までホタルが多く発生したエリアも草刈りなどの保全活動ができなかったことが、どう影響するでしょうか?

興味のある方、一緒にホタルの光の数をカウントしませんか?
夜7:45スタートです。
参加希望の方は、ご連絡ください。
2020/06/18のBlog
[ 20:33 ] [ 活動記録 ]
6月15日月曜日の野鳥調査のご報告です。

気温は測定しませんでしたが、真夏日(30℃以上)だったろうと思います。
ウグイスとホトトギスの鳴き声がこだまする里山のまさに初夏。

野鳥:
ウグイス、ホトトギス、モズ、ダイサギ、アオサギ、カワラヒワ、サシバ、カワセミ、ツバメ、コチドリ、ムクドリ、ホオジロ、カラス、スズメ、トビ、キジバト、オオヨシキリ、シジュウカラ、カルガモ等19種

トンボ:
コシアキトンボ、ノシメトンボ、ハグロトンボ、シオカラトンボ、アキアカネ、オオシオカラトンボ♂、アジアイトトンボ♂♀、シオヤトンボ

チョウ・ガ:
キアゲハ、モンシロチョウ、ヒカゲチョウ、ツバメシジミ、キハダカノコガ
ジャコウアゲハの幼虫がウマノスズクサで観察
 
その他:
二ホンアマガエル、二ホンアカガエル、ミスジマイマイ、ウスカワマイマイ他多数

植物:
ヒメコウゾの赤い実、ニガキの青い実、ニワトコの赤い実、キクラゲがアカメガシワの木に。

写真はハグロトンボ。
黒い翅がかっこいいです。

あれ?枝の下に何かいる?
2020/06/16のBlog
[ 20:10 ] [ 谷津の生きもの ]
6月の野鳥観察会で見たモズの幼鳥です。

かっわいい~!
ピントはいまいちですが、伝わってほしい、この愛くるしさ。

ぼーっとしてて、大きな鳥?に狙われないようにね!

今月はチョウとトンボが多かったですね。
それから暑い季節到来で、虫も元気元気!

調査の報告は後ほど。
2020/06/14のBlog
[ 21:54 ] [ 活動記録 ]
しばし休止していた保全活動、少しずつ再開しています。

細心の注意を払い、密を避け、人と人の距離をとっての活動となります。

今年最後の古代米(緑米と赤米)の田植えも無事終えました。
参加された皆様、お疲れ様でした。

写真は田植えを終えて、多自然型水路で農機具や長靴を洗っているところです。

どんぶらこ、どんぶらこと桃が流れてくるんじゃないかと心がほっくりする、私の好きな光景です。

「そんな呑気なこと言ってるけど、大変なんだよ~!」
という声が聞こえてくるような。
2020/06/11のBlog
[ 21:24 ] [ 谷津の植物 ]
平安の女流作家の名前のついた植物です。
その名はムラサキシキブ。

紫色の実の印象が大きいですが、こんなにかわいい花を咲かせるんですね。

後世に、こんな可憐な植物に自分の名前が付けられたと知ったら喜んだろうなぁ、紫式部さん。


せっかくなので、百人一首の中の、紫式部の和歌を紹介します。

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

久しぶりに会った友との再会だったのに、ゆっくり話すこともできず過ぎてしまったという心残りを夜半の月にたとえて詠んだ歌なのだそうです。

今で例えると、、、
コロナ自粛が少しづつ解禁になり、久々の友との再会もお互いマスク越しのフィジカルディスタンスで、ゆっくり話すこともできずにすぎてしまった、雲に隠れる夜半の月のように、、、なんて感じでしょうか。

こんな風に考えると風情があります。

あれ、ちょっと無理があるかな(笑)


(参照: https://hyakunin.stardust31.com/51-75/57.html)