ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ谷津学校友の会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:502件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/11のBlog
[ 21:24 ] [ 谷津の植物 ]
平安の女流作家の名前のついた植物です。
その名はムラサキシキブ。

紫色の実の印象が大きいですが、こんなにかわいい花を咲かせるんですね。

後世に、こんな可憐な植物に自分の名前が付けられたと知ったら喜んだろうなぁ、紫式部さん。


せっかくなので、百人一首の中の、紫式部の和歌を紹介します。

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

久しぶりに会った友との再会だったのに、ゆっくり話すこともできず過ぎてしまったという心残りを夜半の月にたとえて詠んだ歌なのだそうです。

今で例えると、、、
コロナ自粛が少しづつ解禁になり、久々の友との再会もお互いマスク越しのフィジカルディスタンスで、ゆっくり話すこともできずにすぎてしまった、雲に隠れる夜半の月のように、、、なんて感じでしょうか。

こんな風に考えると風情があります。

あれ、ちょっと無理があるかな(笑)


(参照: https://hyakunin.stardust31.com/51-75/57.html)
2020/06/09のBlog
[ 11:17 ] [ 谷津の生きもの ]
今度はアキアカネの羽化、真っ最中!

これは6月7日のライブショー

「田んぼでアキアカネが沢山飛び立っていくのを観察して感動」というラインが先輩谷津守人から届きました!

私も見たかったなぁ。
散歩がてら行ってこようかな。


さて、アキアカネはこの後どこへ?

ちょっと気になって調べてみました。
アキアカネは夏の暑さを避けるために、なんと、一旦標高の高い高地へ移動するのだそうです。避暑地で快適に過ごしながら成虫になり、涼しくなる秋にまた平地に戻ってくるのだそうです。

余談ですが、同じ赤トンボのナツアカネは夏もずっと平地にいて見られるのでナツアカネとの名がつけられたそうです。

避暑地に別荘を持っているセレブなアキアカネと、庶民的なナツアカネっていう感じでしょうか!? 俄然、ナツアカネに親近感を感じます(笑)。

でも、あの小さな体で長距離移動をするタフさは尊敬に値するなぁ。自力移動ですからね、セレブではありませんね(笑)。

秋に平地に帰って水田などに産卵して、12月には一生を終えるというアキアカネ。
アキアカネを含むほとんどのトンボは一年一世代なんですね。

三月位に卵から孵化→ヤゴになって今頃トンボに羽化→高地に移動→平地に移動→秋に卵を産んで初冬までには一生を終える

谷津を旅立ったアキアカネはどこで夏をすごすのでしょうか?(別荘はどこ?軽井沢のあたりかな?)
秋にはまた谷津(生まれた場所)に戻ってくるのでしょうか?
戻ってくる確率はどのくらいなのかな?
詳しい方いらしたら、是非教えてください!

そんなことを考えていたら、今、谷津の田んぼで羽化しているアキアカネの愛おしいこと!お父さんお母さんが命をつないでくれたんですね。
それから、去年産卵した田んぼを今年もしっかり保全しているから生まれてこれたってことも、気づいてしまった!


あっ!! だから、感動なんですね! あ~、そりゃ~感動して涙出ます!



↓アキアカネについて参考にさせていただきました。

http://www.tatsuno.info/ak/akatonbo/akiakane.html




2020/06/02のBlog
[ 18:16 ] [ 谷津の生きもの ]
田んぼで羽化中!
ライブショー、不定期に行われています。
三密ではないのでクローズしていませんから(笑)
2020/05/28のBlog
[ 22:05 ] [ 活動記録 ]
今年は谷津学校友の会の活動としての田植えは今だ出来ずですが、稲の成長は人間の都合を待ってはくれないので、今年のミルキークイーン米の田植えは、先輩谷津守り人有志が行ってくださいました。


密を避け、一つの田んぼに二人。
ソーシャルディスタンス、しっかり確保!

しかしハードですね!!頭が下がります。
本当にお疲れ様でした。

この田植えスタイルがこれからのトレンドにならないことを祈ります!

2020/05/24のBlog
去年の田植えは賑やかでした!
初めてフェイスブックで参加を募って、子供たちもたくさん参加のワクワクドキドキの一日でした。

今年は田植えと稲刈りだけでなく、米作りを丸ごと体験してもらおうと参加者を募りましたが、今後の状況が読めないので、今回は残念ですが中止とさせていただきました。応募してくださった皆さん、ごめんなさい!来年は是非、一緒に米作りしましょう!

写真は去年のどろんこ大賞!
実際そんな賞はないのですが、田んぼでしりもちついたり泥が跳ねたりで、見事に泥んこになった子供たち、かわいかったなぁ。
あっ、大人も尻もちついてましたね(笑)