ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ谷津学校友の会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:427件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/03/22のBlog
[ 00:09 ] [ 活動記録 ]
先週末から近隣センターこもれびのロビーで、谷津の写真展が開催されています。
今年は友の会のメンバーの「私たちの好きな谷津」が写真展のテーマ。一月にアビスタで行った写真展の内容の、好評だったものを再度見ていただきたく、展示させていただきました。生き物クイズもありますから、挑戦してみてください。子供目線で作ったつもりが、かなりの難問です(笑)。

春休みも始まりますから、お子様とご一緒にぜひ足を運んでください。お待ちしています。
2019/03/15のBlog
[ 21:43 ] [ 活動記録 ]
今週の作業は「田おこし」。
米作りの最初のお仕事です。
参加された皆さん、お疲れ様でした!大変な重労働です。

コゲラのドラミングが響く谷津の早春です。
2019/03/12のBlog
[ 21:09 ] [ 谷津の生きもの ]
谷津を歩いていると、『?』がいっぱい落ちています。
先週末も『?』が沢山落ちていました。

まず一つ目はこれ。
土から何かがでてきたんでしょうね、きっと。
穴の塔の直径は2センチくらいかなぁ。
はたしてその正体は???



二つ目は足あと。
湿地についた足跡です。
鳥なんでしょうが、何の鳥なのでしょうか?
そして三つめも足あと。
これも鳥ですね、でもはたして何の鳥なのか???

新米守人は謎が深まるばかりです。
お分かりの方、是非コメントください!
2019/03/11のBlog
里山保全の指標となっているニホンアカガエル、今年も卵塊が確認できて、谷津守人一同ホッと安心している?いえいえ、心配は尽きないのです。谷津にはドアも鍵もありません。

卵塊やオタマジャクシを持って帰ってしまう心無い人がかつていたようです。ネットで検索すると、ニホンアカガエルを売っているサイトを容易に見つけられます。

ニホンアカガエルは千葉県では絶滅危惧Ⅰ種に指定されている最重要保護生物です。かつては珍しくなかった日本固有種のニホンアカガエルが、都市化によって田んぼが急激に減り激減しました。生きていける環境がなくなってしまったんですね。絶滅しないようにするためには、かつて普通に生きていた環境を増やさなければいけません。谷津での耕作放棄田を復田しての米作りって、収穫も嬉しいけれど、それよりなによりここにある命をつなぐためなんです。

ちょっと熱く語ってしまいましたが、多くの方の努力によって、今、谷津では最重要保護生物であるニホンアカガエルがかつての数には及ばずとも普通に生存し、卵を産み、その卵がかえって小さなオタマジャクシになり、田植えのころには小さなカエルになります。カエルは谷津の生態系のピラミッドの底の部分に位置しますから、あるものは鳥に食べられ、蛇に食べられ、限られた数だけが成長して、春に水辺に帰ってくる。そういう普通の自然を、皆であたたかく見守ってください。

誰かが家で楽しむためや、商売で儲けるための命では悲しすぎます。

沢山の方に、谷津の自然の中で、是非ニホンアカガエルと出会ってほしいと願います。
2019/03/10のBlog
[ 22:21 ] [ 活動記録 ]
久しぶりの快晴の保全作業日、本日の作業はスペシャルな依頼が!
近くの農家さんから「ビニールハウスにウサギがいる!」という連絡があり、急遽ウサギ捕獲に向かいました!

野生のウサギなのか、ペットが脱走したのか、詳しいことはわからないけれどとにかく向かったのでした。しかし、時すでに遅し!どこからか外に逃げてしまった後でした。残っていたのは糞と足あとのみ。周辺の捜索をしましたが見つけられず。どうやら野生のウサギではないようで、ペットで飼われていたウサギなら買主が早く見つけてくれることを祈ります。
ウサギに翻弄させられた作業日でしたが、ウメの花が満開です。近くを通るとほのかに甘い香りがします。春が来たなと嬉しくなります。
それならコブシももう咲いているかなと思ったら、意外にもコブシは咲く気配もなし。でも、もう少ししたら一気に花を咲かせるのでしょう。
ニワトコが芽吹いていました。
力強く伸びる芽に、生命力を感じます。いい季節になりました。