ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
地域安全マップ協会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:225件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/11/14のBlog
[ 14:59 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2020年11月14日(土)、埼玉県朝霞市にて「地域安全マップ指導員養成講座」が開催され、当協会より4名の講師・指導員が伺いました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、かなり広い会場をご用意いただき、座席を離す(アクリル板も設置)、通常より少人数でのグループ編成、短時間、マップ作り等の作業も個別の座席で行う、マスク着用、加湿と換気…など対策を講じながら行われました。この講座は4年連続での開催となりましたが、2時間半という超短時間での開催&グループワークを避けるといった方法は初めてです。それでも、主催いただいた方々、ご参加いただいた皆さんのおかげで良いマップを作ることができました。尚、時間短縮と密を避けるため、タイトルやコメント用紙、飾りは各班を担当した指導員や市の職員の方が事前に作ったものを使用しました。地図自体も指導員が描いたものですが、コメントは参加者の皆さんが「子どもたちにも分かりやすく」と意識しながらすべて書きました。受講いただいた方は4名が初参加、9名が複数回参加の計13名。マップ作りの際は担当指導員は地図を書いたり写真をプリントしたりとバタバタしており、班のフォローをしきれない部分もありましたが、代わりに複数回参加されている方が初参加の方にコメントの書き方をアドバイスするなど、嬉しい光景も見られました。そして、相変わらず参加者の意識が高くて素晴らしいです。早く通常のマップ作りができる日が来てほしいとあらためて思いました。主催者の方々、事務局の方々、ご参加いただいた皆様、今回も本当にありがとうございました。
【1班】
指導員の斬新なイラストに笑いながらも、最後まで楽しそうにマップ作りをしていただけました。フィールドワークも時間いっぱい使ってじっくりと調査。危険な場所だけではなく、安全なポイントも見つけ、両方をマップに載せることで初めて見た人でも分かりやすいようになっています。他の班にも言えることですが、完成したマップを嬉しそうに眺める受講生姿も、指導員としては嬉しいものです。
【2班】
40分ほどのフィールドワークの中で、7か所ものポイントを見つけることができました。「入りやすい」「見えにくい」のキーワードのうち、「入りやすい」を先に確認する理由や、防犯カメラの設置ポイント、心理的な「見えやすさ」をつくる方法など、かなり深い話しをすることもできました。子どもたちに指導した経験のある方からは「子どもにこう質問されたらどう答えるのが良いか」という質問もいただき、とても充実した講習会になったと思います。
【3班】
例年は90分とっている講義ですが、今回は30分にしました。そのため、受講いただいた方にちゃんと伝わっているか不安だったのですが、複数回受講生はもちろん初めて参加された方の理解度も高く、担当した指導員も驚いていました。地域安全マップの一番重要な部分をしっかりと理解したうえで取り組んで頂けたので、コメントもしっかりと書けています。また、子どもたちが読めるようにとふりがなを付けているコメントもありました。
【4班】
朝霞名産の「人参」の装飾がいっぱいの、とても可愛らしいマップです。「子どもたちに興味を持ってもらえるようなマップにしてくださいね」と講義でお伝えしましたが、コメントも、すべて子どもたちに語りかけるように書かれており、「子どもたちに、少しでも安全に過ごしてほしい」という思いが強く伝わってきます。また、大切な二つのキーワードが目立つところに大きく書かれているのも良いですね。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています。

地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
2020/11/07のBlog
[ 17:13 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2020年11月7日(土)、栃木県にて行われた防犯講習会へ、協会指導員5名で訪れました。新型コロナ感染拡大防止のため、余裕を持った座席配置、検温、アルコール消毒などの配慮をいただきました。また、マップ作りまでは行わず、オンラインでの講義後は、班ごとのフィールドワーク&写真を使っての代表者発表のみというプログラムにて行われました。

例年はマップ作りまで行っているため、今回の形式は初めての試みでしたが、関係者の皆様の心強いサポートとご参加いただいた方々の熱意により、内容の濃い講習会になったと思います。

代表者発表では、見つけたポイントの写真をプロジェクターで写しながら、班での議論内容を発表。「入りやすい」「見えにくい」のキーワードに加え、なぜそう思ったのかの理由まで具体的に述べていただきました。また、「フィールドワークの時間がもっと欲しかった」や「今後も景色を見て気を付けたい」などの感想もいただくことができました。

ご参加いただいた皆様、準備から進行までサポートいただいた関係者の方々に心より御礼申し上げます。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています。

地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
2020/03/01のBlog
2020年3月1日(日)、東京都港区内にて防犯講習会が開催され、講師1名と指導員2名、研修生1名で伺いました。時節柄、参加人数や会場の広さ、時間や内容など様々なことを考慮したうえで、主催者により開催の判断は慎重に行われました。

当日は隣の人との間隔を十分にあけ、受付で全員アルコール消毒、講師も含めマスク着用など、できる限りの配慮をしていただきました。

この講座は二部構成で、前半は講師による40分程度の講義、休憩を挟んでから第二部として50分程度のフィールドワークという流れで行われました。ご参加あちだいた6名の方々と一緒に、犯罪機会論での景色の見分け方を学びました。

まとめの話をした時には、「講義でやったクイズをもっとやりたい」「危険な場所がたくさんあった」などの感想をいただきました。

当日まで準備や調整をしていただき、当日もさまざまなご配慮やサポートをしてくださった関係者の皆様、ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています。

地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
[ 08:30 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2020年2月29日(土)、東京都港区内にて防犯講習会が開催され、講師1名と指導員2名で伺いました。時節柄、参加人数や会場の広さ、時間や内容など様々なことを考慮したうえで、主催者により開催の判断は慎重に行われました。

当日は長テーブルに基本的には1台に1人座って隣の人との間隔を十分にあけ、受付で全員アルコール消毒、講師も含めマスク着用など、できる限りの配慮をしていただきました。

この講座は二部構成で、前半は講師による50分程度の講義、休憩を挟んでから第二部として40分程度のフィールドワークという流れで行われました。20名弱の方にお集まりいただき、9割は第二部にも参加。犯罪機会論での景色の見分け方を学びました。

まとめの際には地域の特性について多くの発見があったというご感想もいただき、帰り際には「とても楽しくて勉強になった」とのコメントもいただきました。

当日まで準備や調整をしていただき、当日もさまざまなご配慮やサポートをしてくださった関係者の皆様、ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています。

地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
2020/02/15のBlog
[ 21:23 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2020年2月15日(土)、富山県民会館にて防犯ボランティア交流会が開催され、地域安全マップ協会も活動報告をさせていただきました。協会の理事2名で伺い、発足経緯、活動理念、活動内容や仕組みなど、簡単に紹介しました。プレゼン後のフリートークでは、お集まりいただいた学生ボランティアの皆様から質問をいただき、それに答える形で意見交換をすることができました。

交流会の前には、小宮先生の「ホットスポット・パトロール実践講習会」も聴かせていただいたのですが、聴講者の数にビックリ!用意されていた座席では足りず、椅子をぎりぎりまで足すほど。私たちも犯罪機会論やホットスポット・パトロールについて、あらためて学ばせていただきました。

今回は私たちの関係団体である立正大学犯罪社会学研究会(地域安全マップ協会立正大学支部)の学生も伺っており、終了後に開催された懇親会では、参加されていた学生ボランティア団体の方々ともたくさん交流することができました。

お世話になりました富山県の皆様、学生ボランティア団体の学生の皆さん、関係者の方々に心より御礼申し上げます。プレゼンでも触れた通り、地域安全マップ協会が色々な方々の橋渡しをできる場になればと思っております。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています。

地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪