ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
深江つながりの輪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2777件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/01/20のBlog
[ 11:12 ] [ 大阪市立深江小学校 ]
1月19日(土) 

深江小学校の学童の絵が展示されていると聞いたので

久しぶりに大阪城天守閣へ行ってきました。

いいお天気で青空に天守閣が映え美しいです。

相変わらず外国のお客様が多いですね。

大阪市がよう儲かってよろしいです。
もう47回も大阪城絵画展をされているのですね。

大阪市内の幼稚園・小学校・中学校からの応募作品

より入選作品32点が展示されていました。


最優秀作品2点。

大阪市長賞と大阪市教育委員会教育長賞。



深江小学校3年生の作品です。

城内の展示品です。

外国の親子が黄金のシャチホコと虎を興味を持って

眺めていました。

 よしむら
[ 00:24 ] [ 深江まち協IT広報委員会 ]
1月19日(土) 

朝からいいお天気に誘われ、春を探しに大阪城公園

に行ってきました。

JR環状線大阪城公園駅で下車し、遊覧船の通る寝屋

川沿いを歩いていると、白い花の咲いている木を

見つけて近づいて見ると桜の木。わざわざ下まで

降りて名札を見ますと「松月」と書いてあり、

造幣局の通り抜けで見るピンク色で八重咲着きの

桜でした。気候不順で季節はずれの咲き方でした。
実は梅林の中に植えてある蠟梅(ロウバイ)が目的でした。

旧暦の臘月(12月)に咲くので蠟梅と言うそうです。

また、ロウソクのように透明感があるので蠟梅とも

言うそうです。とてもいい香りがします。
この様に立派な株立ちはこの一株だけで、あとの株は

見るも哀れな状態でした。

昨年の猛暑の影響かと思われます。
梅林はまだ真冬の休眠状態です。

早咲きの冬至梅が申し訳なさそうに2・3輪咲いて

いました。

しかし、陽だまりの下草の中に「よもぎ」が元気に

育っています。摘んで帰ってよもぎ団子を作っては

いかがでしょう。

 よしむら
2019/01/18のBlog
[ 13:07 ] [ 深江幼稚園 ]
1月16日(水) 晴れ

今日は白組さんが楽しみにしていた

雪すべりの日!!

みんな嬉しそうな顔をして登園しました。

さぁみんなでバスに乗り込み出発です!
六甲山に着くと、みんな「雪やぁ~!!」と

夢中になって触り、

「わぁ~冷た~い

「なんかかき氷みたい」と

嬉しそうな子ども達でした。
いよいよソリ滑り。

始めは、怖がっている子もいましたが、

一度滑ってみると、もう大丈夫!

「めっちゃおもしろい」と言って、どんどん滑って

いましたよ

滑ってはのぼり、滑ってはのぼり…何度も何度も

楽しんでいた白組さんでした
たくさん滑った後はお昼ごはん。

おうちの人が作ってくれたおにぎりをパクパク

食べてあっという間に完食です!!

その後は、雪あそびです

雪だるまを作ったり、まるくお団子を作ったり…

みんな夢中になって遊びました。
一日元気いっぱい遊んだ雪すべり遠足。

嬉しそうな子ども達の表情がたくさんみれた

遠足でした。

楽しかったお話、お家の人にもたくさんしてね


木村
2019/01/17のBlog
[ 10:38 ] [ 深江まちづくり活動協議会 ]
1月13日(月・祝)

昨年、「いろはかるた」を地域のおじさんから
頂きました。
今年も それを参加している大人と子どもが詠みあって
取りました。
百人一首も少し 大人は控え目でね。


子どもはジャンケン列車ゲームが 大好きです。

かるた会ルールでジャンケンに負けた人が先頭に。
少しの混乱もなんのその笑いを運ぶ電車はそのまま 1階のぜんざい会場へと。
おじいちゃん、おばあちゃん、おや、子ども 深江ファミリー63人が
冬の一日をお正月遊びをしました。

また、来年まで かるたいっぱい取れるように




おおにし
2019/01/16のBlog
[ 10:44 ] [ 深江まちづくり活動協議会 ]
1月13日(月・縮)

連日 行事が目白押しです。
深江会館では世代間交流「かるた大会」をしました。
小学校では「スキーツアー説明会」が同じ時間にありました。
スキーとかるたとどっち?!説明会が終わってからの参加もありました。
中野会長の挨拶時には子どもの参加が少しで淋しかったのですが、
だんだんと来てくれて、一枚取るごとに歓声もあがり、
お行儀の悪い子は おばちゃんに怒られるとのいつものパターンになりました。

奥の部屋ではぼうずめくり
「せみまるや」
と小さい子男の子が言う
「へぇ・・蝉丸知ってんの」大人はびっくり!
2019/01/15のBlog
[ 10:31 ] [ 深江幼稚園 ]
赤組さんが村治先生と一緒に版画で鬼のお面を作りました!
1枚の画用紙を下書きなしでハサミで切り、
鬼の顔を作るという少し難しい事に挑戦した赤組さん!
どんなお顔の鬼さんを作ろうかな…と考えながら
「にこにこな鬼さん作る~!!」
「ツノめっちゃかっこいいねんで~」と
楽しそうに取り組んでくれていました
先生がローラーで鬼さんに色を付けたあと、
小さな手でバレンを持ちゴシゴシと力を込めて
画用紙を擦る子どもたち!
ドキドキしながら紙をめくってみると、
そこには子ども達が作った鬼さんが…!
「すごーい!」「魔法みたい!」と
キラキラした表情で喜んでいました
思い思いの鬼さんが出来て良かったね

平・津田
2019/01/14のBlog
[ 22:54 ] [ 青少年福祉委員会・青少年指導員会 ]
1月13日 (日)

平成最後の成人式前夜祭、今回で38回目になります

今年の新成人34名が小学校の講堂に集まってくれました、

会場には、社会福祉協議会会長の中野様をはじめ
各町会長の皆様・6年生当時の校長・教頭先生や

担任の先生も駆けつけてくださいました。

初めに、中野会長の新成人に励ましの言葉や

杉山元校長より、林間学習や修学旅行でのスライドショー
当時の思い出などまじえてあいさつされました、

各来賓の挨拶が終わると全員で乾杯、ノンアルコールビールで

用意された食べ物や・飲み物で皆は、久しぶりに会った友達と

話がはずみます、
次は、タイムカプセル20才の自分に対して6年生の時に書いた作文を

読み上げてもらいます、当時の担任の先生からも激励の言葉など!

ビンゴゲームで景品をもらい、深江小学校の校歌を歌い

万歳三唱!! 最後に全員で記念写真を撮り終了 。
皆様、お疲れさまでした。

前夜祭の様子をホームページフォトアルバムに載せておきますので

見てくださいね!!

いまにし 
[ 14:37 ] [ 深江ことぶき会 ]
1月10日(木) 

恒例の老人福祉センターの初釜、お客様がいつもより

多く50名余り来られました。

老人福祉センターには茶室に使う専用の広間がなく、

舞台付きの広間で2回に分けて行われました。

よって、炉は切ってなく風炉で男性のお弟子さんが

お茶を点てておられます。
武者小路千家の小林先生がお客様にご挨拶されている

ところです。

年と共に正座出来ない方が増え、今年はうんと椅子席

を増やされました。
こちらでは女性のお弟子さんが立礼でお茶を点てて

おられます。

風炉・立礼・盆点前・テーブルの盆点前 計4か所

でお茶を点てておられました。

それでもお客様が多いので、水屋では白髪3人組が

ガンバッテ茶せんを振るっておられました。
華やかな初釜が無事終わり、場所を変え。

北巽の木曽路にて新年会。

会も半ばをすぎ、せっかく着物を着ているので

記念撮影となり、ハイ チーズ。

 よしむら
2019/01/13のBlog
1月12日(土)

「お正月の遊び&百人一首大会」が地下鉄今里駅近くの
老人福祉センター2階で行われました。

百人一首の詠み手には?

そう、深江のかるた大会 詠み手の 吉村さんの姿がありました。

そして、紙芝居はどんぐり文庫が「おだんごころころ」を。

明日13日は 深江の「かるた大会」です。

1月13日 10時~13時
深江会館

いろはかるた、ぼうずめくり、百人一首かるたとり ゲームもします。
12時ごろにはおぜんざいもあります。
どれかだけでも、参加しませんか。
みんなで楽しく遊びましょう。

おおにし
2019/01/12のBlog
[ 23:26 ] [ 深江地域の学校・共育委員会 ]
1月11日(金)(%晴れ%)

深江の寺子屋も お正月の挨拶が行き交いました。
今日から お勉強始めです。
毎月第2金曜2時から3時半まで 深江会館にて開催しています。

いつもの採点風景。脳トレ3枚が30分余りで仕上がります。
凄く速い、100点満点の花丸も華やかに
脳トレ後は
お琴弾きます と 寺子屋生から申し出てもらいました。

六段の調べに一同うっとり・・・

校歌も、お正月の歌も歌いました。
お琴の音を伴奏に なんてゴージャスな気分
南京玉すだれもお正月気分満載
深江の稲荷神社も出てきたりして、地域色も満載
あとで、何人かが玉すだれにさわらせてもらいました、
なんと、魚釣りは玉すだれをさぁーと流せばできました。
(おおにしではありません)
さら回しにも挑戦し、
ゆっくりと回しても お皿は落ちません。

新しいことに挑戦する人がたくさんいる。
寺子屋も進化しましたね。
それとも、先生が上手に乗せてくれたのかな。
見る人も 試してみる人も笑顔あふれる(校歌の1節)時でした。

おおにし