ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
深江つながりの輪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3067件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2015/07/23のBlog
[ 11:15 ] [ 青少年福祉委員会・青少年指導員会 ]
7月23日 

今年もラジヲ体操のシーズンがきました、

でも残念ながら 今朝6時30分には雨でできません

明日には天気になりますよう 

※ ラジヲ体操期間 
朝6時30分より開始 雨天中止
 
 前半 7月23日(木)~7月30日(木)
 後半 8月18日(火)~8月21日(金)

いまにし
2015/07/22のBlog
[ 16:34 ] [ ふかえ保育園 ]
プール開きがありました。
うさぎとくまが登場するパネルシアターを通して
プール遊びの約束事を
みんなで確認しました。
真剣な表情でパネルシアターを見る子ども達。
2歳児の子ども達は問いかけに積極的に答え、参加していました。
これから始まるプール遊び、泥んこ遊びに
期待を膨らませている様子でした。

健康面や安全面に十分 配慮しながら
夏ならではの遊びを目一杯楽しみたいと思います。
プール開き終了後は
保育園で育ったスイカを先生に切ってもらいました。

「すいかの中身は何色かな?」
という先生からの問いかけに
「赤!」「黄色!」など口々に答える子ども達。
大興奮、大盛り上がりでした。
正解は……黄色でした!!!!



給食の時間に出してもらい食べました。
保育園で育て、皆で中身を確認して食べたスイカの味は
最高に美味しかった様で子ども達も大喜びでした。


世古
2015/07/21のBlog
[ 12:57 ] [ 深江子供会 ]
7月220日(月) 

今年の体験学習は前年と同じコンペイトウ作りに挑戦です、

朝 学校に1年~6年生まで36名の参加者と引率者8名の大人が新深江駅から八尾南駅

まで地下鉄で移動し、快晴の中コンペイトウミュージアムに到着
予定より少し早く着いたのですが、ミュージアム内に通され

最初にコンペイトウについての歴史と製造方法を勉強します、

では実際に作ってみます、2班に分かれてコンペイトウの色付けと
味付けをします、
1人づつ色の付いた密を少しずつかけ 混ぜて次に味付けします。

最後にクイズ等をして今日作ったコンペイトウをおみやげにもらい、

玄関前で記念撮影をし、学校に到着!!
《 製造方法 》
専用の鉄釜を熱しゆっくりと回転させながら、芯になるグラニュー糖に蜜をかけ、混ぜ合わせながら作っていきます。
1日1ミリしか大きくならないコンペイトウは、15ミリの粒を作るのに約2週間、手間ひまかけて作られます、
”角のできる原理”
上から蜜をかけると、密が固まって突起に変化し、ぶつかり合って一定の間隔で大きくなり間の小さい角は消え、物理的な法則で、最終的に角の数はおよそ24個になるという、
不思議なお菓子です。

いまにし 
2015/07/20のBlog
[ 21:58 ] [ 深江まち協IT広報委員会 ]
7月19日(日) 

本日は、ひまわり祭の2日目におじゃましてきました、

かかし・ひまわりが迎ええる中、前日同様の盛り上がりで始まりです、

今日のイベント、自転車安全講習会が開かれました、公園の一部を道路に見立て
東成警察より、正しく安全に乗るための講習を受けて、数名の方が自転車に乗り

走るのですが、いつもとはチョット勝手が違うようです。

つぎに「びんしょう性」で年齢がわかるテストに挑戦、結果は5才ほど上の年齢判定!
”チョットガッカリ”
昨日に続き子供達にも、ひまわりの絵を描いて参加してくれました、少し花の数は少ないのですが一生懸命に名作ができ、お土産に協賛の《サクラクレパス》よりクレパス
会場では、くじ引きで花の苗が当たったり、模擬店や、バザー、駄菓子屋さんも出ての盛り上がり、
会館1階では”ふれあい喫茶”のお接待 2階は深江作品・茶釜の展示など盛りだくさん
ちょうどお昼には《女性部》の皆さんから”そうめんとおにぎり”がだされいいタイミング!

当日の様子をフォトアルバムにUPしておきます!!

見て下さいね


いまにし
[ 15:52 ] [ 深江菅細工保存会 ]
7月11・14日 菅細工教室7回目

今回は「いつり掛け」の作業
黙々と作業をしているだけだはありません。

講師を含め、狭い部屋に女が4人。

手は休めず、お喋りしながら楽しい一時間です。

見学希望の方は、いつでもお越しください。

教室の場所は「深江南3-5-17 幸田宅」


深江菅細工保存会 島谷真由美
[ 15:29 ] [ 深江菅細工保存会 ]
6月第4火曜日・土曜日 菅細工教室6回目

笠骨のてっぺんに油紙を取り付ける作業までしました。
エアコンのない部屋での作業ですが

仕上がれば、やっぱり嬉しい。

最後は、ニッコリ ^o^
早く作る事が目的ではありません。

ゆっくりで良いので、丁寧に仕上げていきましょう。


深江菅細工保存会 島谷真由美
7v7月18~19日(土日)

深江花と緑部会の「ひまわり」祭りと

交通安全部会による、自転車交通法改正の説明と

実地運転講習会が有りました

沢山の参加者があり、東成警察係員の説明を

真剣に聞き入りました。違反すると罰金制度が

課せられます。事故を起こせば補償金も莫大です。

公園に設定されたコース、交差点、停止線、左側通行

障害物、‥等 チェックをされながらの訓練でした。

オオートット!!!オジサン、車に気を付けてねッ


ひまわり祭りも、自転車安全講習も 大成功でした.


ITわだ
2015/07/18のBlog
[ 14:28 ] [ ~雑記帳~ ]
6月14日(日) 

今日はエジンバラよりバスで240キロ南下
湖水地方へ。途中トイレ休憩の為グレトナ・グリーン村へ
バグパイプを演奏している人に出合いました。
スコットランドの伝統楽器を演奏するにはキルトを身に着けなくっちゃ。
前に青地にななめ白十字の旗が出ています。
ここはまだスコットランドです。
ここは国境でイングランドから来たら最初の村です。
その昔、結婚を厳しく制限する婚姻法がイングランド
にありました。スコットランドでは当人だけの意志で
2人の証人があれば結婚が認められました。
そこで、街道最初の建物がこの鍛冶屋さん、
結婚できない若い恋人たちはここへ駆け落ち、
親切な鍛冶屋さんは仕事を止めて証人を集め
二人を結婚させたのでした。
こうしたロマンスにあやかろうと、今日でも
世界中からカップルが訪れるそうです。
240キロ走ってきたので午後1時
やっと湖水地方のウインダミアに到着。
昼食かと思ったらアフタヌーンティが出てきました。
午後1時を過ぎているのでアフタヌーンかもしれませんが
昼食抜きで甘いケーキとサンドイッチでした。
白鳥がエサをもらおうと湖から上がってきました。
随分と人なれしてますね。
どこを見ても外人さんばかり日本人は少ないです。
これから船に乗りウインダミア湖を船上より観光
湖水地方には16の大きな湖と無数の小さな湖が
点在しています。その内1番大きいのが
このウインダミア湖です。

 よしむら
2015/07/17のBlog
[ 23:31 ] [ 深江ふれあい喫茶サロン ]
7月17日(金)台風11号

台風が来ている中、喫茶も開店休業を覚悟で開きました。
おかげさまで常連さんも朝1番に来ていただき、心強かったのですが・・・やっぱり・・・・台風にはネ。
神路交番のお巡りさんは今日も啓発に!!車上ねらいをなくすよう カードを作成され、抑止効果を期待されています。

18日(土) 19日(日)10時~13時南公園で ひまわりまつり開催されます。
明日18日は子どもたちにひまわりの絵を描いてもらう予定ですが、雨なら、参加の子どもたちにサクラクレパスから提供されたクレパスが配られます。
19日は写真撮影会です。
 1等ー10本 2等ー10本 3等ー100本 の花の苗が当たるくじ引きも!!
花と緑部さんが育てられたひまわりは背伸びしても花が見えないほど高く咲いているのもあれば、これから夏中咲きそうな気配もあります。ずーと楽しませてもらえそう。

FSP(深江創生プロジェクト)から 物産展、バザー、駄菓子屋さんも出ます。
会館2階では 深江作品展 菅笠保存会、角谷家と西村表具店との展示あり、呈茶もあります。1階ではふれあい喫茶も開きます。その準備に雨にも負けず合羽を着て各担当者さんたちは頑張ってくださいました。
みなさんご一緒に祭りを楽しんでいただけたらと思います。


おおにし
2015/07/13のBlog
[ 21:33 ] [ 深江ふれあい喫茶サロン ]
7月10日(金)

ふれあい喫茶のお片付けもそこそこに 1時から喫茶スタッフはミニ勉強会に臨みました。

区役所保健福祉課生活衛生担当井阪氏の「出前講座」です。
 喫茶で食品を提供していますので、スタッフは食品衛生について 学びなおしです。
食中毒原因のひとつである微生物は糞便、人、ペット 土壌や水などに存在します。
それらが人とモノによって移動=汚染します。
手には微生物がたくさんついています。

“手洗いは食品衛生の基本”

実際に手洗いしてどれだけ完璧に洗えたかチェック!!
テストだからと丁寧に?丁寧に?洗いましたが・・・
なんと手のしわや 手の甲にいっぱい洗い残しがありました。
歳のせいにはできません。一同さらに衛生に気を付けようときを引き締めました。

深く大切な内容ですが、講師の先生ご自身の経験も交えわかりやすくお話しいただきました。

おおにし