ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
深江つながりの輪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:61件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2014/03/06のBlog
[ 00:41 ] [ 青少年福祉委員会・青少年指導員会 ]
3月2日 (日) 

今年の ウオークラリー は前日までの雨も上がり、

少し寒さの残る中スタート地点の東中本小学校に集まりました。
深江からは9名の子供が参加し東成区全体では130余りの

参加と従事の大人が目的地の鶴見緑地公園出発 、

途中チェックポイントではクイズの問題を解きながら歩いていきます、
緑地公園で昼食をとり安全対策の講習等を受けて帰りのコースに

スタート

行きとは違ったコースでスタート地点の東中本小学校に戻りました。
途中の城北運河の遊歩道や花博道路など歩いてみて発見する

ところが沢山ありました。

遅くなりましたが報告いたします、

当日の様子をホームペイジのフォトアルバムで見てください。

いまにし 
2014/03/04のBlog
[ 23:54 ] [ 深江まちづくり活動協議会 ]
3月4日(火)

日本で最も美しい村連合の一つ、山形県西置賜郡飯豊町

(いいでまち)から「深江の菅細工」について交流会の依

頼があり、山形県から、5人の方々が来られました。
到着された昼2時半からの歓談は、森区長、大野課長代理、

深江からは、連合3役、菅田保存会、菅細工保存会の方々

で、名物の深江喫茶のコーヒーをいただきながら和やかに。
飯豊町の中津川は、菅で作られる花笠の産地でもあります

が、後継者不足と、菅の栽培と育成に苦慮され、深江と同

じ問題を抱えております。今回は、菅の栽培と肥料につい

て、また菅細工の技術的なことも資料館で楽しい交流会を
持てました。

菅細工保存会の方々が、飯豊町の方に菅につて詳細な意見

交換を聞いていて、2000年の歴史が今も続いていることに

改めて感じました。


なかがわ
[ 09:19 ] [ 深江花と緑部会 ]
3月3日 

深江花緑部会では寒風吹きすさぶおおかぜの

中、先日買い求めていたアネモネ・ポリアンサ

ナデシコ・桜草等をプランター5個に花緑

メンバー6名で植え付けた
植え付けは1日ですが後の手入れ水やり等は

これから先ずーと続きます、お世話ご苦労さん

ですが深江を綺麗な花いっぱいにするため

頑張りましょう

 津田
2014/03/02のBlog
[ 21:25 ] [ 深江幼稚園 ]
3月2日(日) 

深江幼稚園 今年度締めくくり最後の行事

生活発表会がありました。

白組さんは3年間の保育で演技もしっかり

しています。
これは桃組さんの演技で「サラダで元気」

です。ネコさん・イヌさん・ヒヨコさん・

ゾウさんにふんして、病気のママが元気に

なるようにサラダを作りました。
桃組は年小組さんですが、それでもしっかり

セリフを覚えて、それなりの演技をしておりました

間もなく最初の1年が終わり、この4月から

年中組になります。

 よしむら
2014/02/28のBlog
[ 21:41 ] [ 深江花と緑部会 ]
2月14日大阪に雪が降りました。
大阪城に梅と雪を見に行ってきました。
2月28日 今日は暖かく再度大阪城に行ってきました。
大阪城には葯105種の梅が咲くそうです。
これは、花の中に花を咲かせる、華農玉蝶(かのうぎょくちょう)という種類の梅です。
梅が咲くとメジロが蜜を吸いにやってきます。可愛いものです。
もっと暖かくなると、色々な野鳥がやってきますので見に行ってください。
ジョウビタキが餌をねだりに近くまでやってきます。




  内 藤
[ 14:14 ] [ ふかえ保育園 ]
大正区たんぽぽの会より二名のボランティアの方に来ていただき、
大型絵本や、エプロンシアターを見せていただきました。

エプロンシアターでは、大小の卵が出てきて「何の卵かな?」と
と言う子ども達。
パリパリパリと卵が割れ、ひよこやペンギンが出てきて大喜び。
大きな卵が登場すると、「うわー!!おっきいな!!」と言い
楽しんでいました。

だいちゃん(人形)が登場すると、
人形を不思議そうに見つめる子ども達。
まばたきをしたりおしゃべりすると「しゃべった!!」と驚いていました。

普段お部屋でも歌っている、「こんこんくしゃん」「ゆきやこんこん」を一緒に歌い
仲良くなっただいちゃんと子ども達。

だいちゃんが「喉が渇いた~」と言いだしました。
コップに水を注ぎ、飲ませてもらい「コップの中見せて!」と言い、
コップをひっくり返し空になっているのを
みてビックリしていました。


だいちゃんが「もう帰るね。また一緒に遊ぼうね。」と
別れの挨拶をすると子ども達も名残惜しそうに手をふっていました。




本田
[ 10:46 ] [ 深江幼稚園 ]
2月27日(木)
9月より育てていた白菜と芽キャベツを
桃組さんと赤組さんが収穫してくれました。

白菜は給食のコンソメスープに、
芽キャベツはマヨネーズで和えて
食べました。

芽キャベツを初めて見る子ども達も
多く、不思議そうな表情で食べていました。

大谷
2014/02/25のBlog
[ 23:34 ] [ 深江花と緑部会 ]
2月25日(火) 

深江会館に株式会社コメリのコメリ
ホーメセンター富田林店店長の角田氏の

コメリ緑育成財団助成金の目録を携えての
訪問を受けた。青森から鹿児島まで624団体

大阪では4団体だけだった。この難関の助成を
受けれたのは、まちづくり支援員の服部氏の

尽力大でした。有り難う御座いました

 津田
[ 21:44 ] [ ふかえ保育園 ]
2月生まれの誕生日会が行われました。
誕生日を迎えた子どもは、二名。




緊張していたのか、表情が固くなってしまった様です。
しかし、保育士からのプレゼントを貰うと「ありがとう」と上手に言えることができました。







保育士の出し物パネルシアター「うさぎのうさこちゃん」では、うさぎが登場すると、

「うさぎさんやー!!」と嬉そうに笑う子どもたち。




高くうさぎがジャンプし、ろうそくを取ることが出来ると、
「ジャンプ凄いね!!」と大喜び!!

また、もっともっと高くジャンプできる様に子どもたちは
声を合わせて「頑張れ~」と言い応援していました。





本田
2014/02/23のBlog
[ 18:53 ] [ 深江まちづくり活動協議会 ]
2月23日(日)

本日、深江防災訓練が行われ、地域住民の皆さんが南深江公園、西深江公園に集合の後、深江小学校に訓練避難しました。
今回は講堂で避難所の生活イメージを体感して頂くため、毛布一枚分を想定した新聞紙4枚を敷いてみます。これが一人分のスペースになります。
こうした光景は異様な”迫力”があります。
シニア世代の女性は、「ニュースで見るより実際は狭いので驚いた。これでの生活はちょっとつらいですね。」との感想。
また小学生の子どもさんとその友達を連れて参加したお父さんは「子ども達は大丈夫なスペースだが、大人はちょっときついですね。」と話していました。
もしもの時の避難所での共同生活はつらく大変ですが、力を合わせてみんなが助け合い、励まし合える避難所であるよう願いたいですね。
厳しい環境での生活を少しでも癒され、元気を出すにはやはり食事です。
女性部の皆さんが炊き出し行い、豚汁を作って配給して頂きました。
大変美味しく温まりました。
今回から東陽中学校の生徒さんも参加してくれました。可搬式ポンプによる初期消火訓練、放水を体験しました。水圧がすごく、かなり力が要ったそうです。

巨大災害に備え、みんなで助け合えるまちにするため、これからも日頃の明るいコミュニケーションを大切にしたいですね。

ご参加頂いたみなさん、お疲れ様でした。

ゆば