ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:885件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/12/31のBlog
12月15日(土)
午後に矢掛町を訪問しました。フェリシモ様からNVNADにご寄付を頂きました様々な物資を町内に配付してくださっているN興業様を訪問しましたが、あいにくお留守だったので、ネックウォーマーと靴下スリッパを玄関先に1箱ずつおかせて頂きメモを残しました。早速、FAXにてお礼のお言葉を頂きました。町内会長のお宅もお留守でしたので、集落のお家の様子をうかがって矢掛町を離れました。まだまだ復興の途上という印象のある矢掛町にはまた改めてお伺いしたいと思います。
 続いて、真備のまきび荘を訪問しました。避難者が0になったことを受けて片付けておられるNPO法人九州キリスト災害支援センターのY看護師に会ってお話を聴きました。まきび荘は、宿泊施設ではないため、今後は、出られた方々を含めた地域支援に移行するとのこと。ネックウォーマーと靴下スリッパをお渡しし、今後また連携しつつ動ければと話しました。
12月16日(日)
翌日は、真備の市場仮設団地集会所でお茶会+物資配付+足湯を行いました。午後の2時間程度でしたが、管理してくださっているYさんご夫妻によくして頂きながら、いわゆる常連さんも含めて、20人程度で和やかな場になりました。足湯には男性4名、女性1名。高齢の男性からは、水が入ったときの様子をじっくりと聴かせていただきました。別の男性からは日頃の健康管理や孫の話。私自身は、久しぶりに足湯をやりましたが、やはり色々なお話が伺える優れたツールだと改めて感じました。今回、参加してくださったグリーンコープさん、倉敷市職員と話し、次回は、グリーンコープさんと協働して餅つきとお茶会のような場をもつことにしました。

現地に滞在したり、頻繁に訪問したり、あるいは、特定の現地グループと常に動いているというわけではありませんが、これからも、水害を通してできましたご縁を大切に活動を続けて参りたいと思います。
12月10日(月)、損保会館(東京)にて、マップコンクールの本審査会が開催され出席してきました。このマップコンクールも今回で15年目を迎えましたが、全国の子どもたちが防災や防犯、交通安全をテーマに取り組んだ素晴らしいマップが集まっていました。NVNADは「わがまち再発見賞』を選ばせていただきました。表彰式は2019年1月下旬に開催される予定です。日本損害保険協会の皆様いつもありがとうございます。
2018/12/28のBlog
12月23日(日)、兵庫県佐用町久崎地区で、恒例となりました「久崎市」が開催され参加してきました。前日入りしていたチャコネット(佐用町学生支援ネットワーク)の学生さんたちが中心に、カフェの運営をはじめ、ステージの司会や屋台のお手伝いなどで参加させていただきました。お天気も最後に少し小雨は降りましたが、たくさんの来場者で会場はとてもにぎわっていました。いつも久崎の皆様には大変お世話になりお礼申し上げます。
12月20日(木)18時過ぎから、関学会館にて、KSN(関西学院大学、西宮市社会福祉協議会、NVNADの3者が主体)主催で恒例のクリスマス会を開催しました。関学の関ゼミ生の進行により、まず乾杯のあと食事を食べていただきました。その後、ゲームやダンスなど参加した子どもや保護者の皆様と楽しみました。そして最後に、サンタさんが登場し、家族ごとに素敵なプレゼントをいただき記念撮影をしてプログラムは終了となりました。来年度もまた開催できればと願っています。関係者の皆様に、心よりお礼申し上げます。

2018/12/27のBlog
12月2日(日)、西宮コミュニティ協会主催で第25回「宮っ子ウォーキング~わがまちを知る~」が開催されました。今回はNVNADも共催としてこのイベントに参加させていただきました。コースは健脚と一般、ファミリーの3つのコースに分かれていて、健脚(約10キロ)、一般(約8キロ)ともにスタートは夙川公民館で、西宮浜をまわってくるというコース設定で、ゴールは西宮市役所前の六湛寺公園でした。また、ファミリーコースは、各家庭からゴールの六湛寺公園を目指して家族単位でウォーキングを楽しむというものでした。お天気にも恵まれ、参加者おのおのが、素晴らしい海や山の景色を眺めながら、自分の歩くペースで、このウォーキングイベントを楽しんでおられたかと思います。準備と運営でご尽力いただきました、西宮コミュニティ協会の皆様、事務局の西宮市役所の皆様、お世話になりありがとうございました。