ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:864件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/06/29のBlog
6月27日(水)
この日は78才のお一人住まいの方からの依頼で、隣の駐輪場に石灯籠が倒れてそのままになっているので、自分の敷地に移動させてほしいという内容でした。よく見ると3つに割れていて、二つがまだ残っている状況でした。一つは重さが100キロを超えるほどとても重たくて、とりあえず吹田市社協職員と大阪狭山市社協職員と3名で台車に載せて、ご自宅のお庭に移動させました。吹田市で活動させていただいていると、結構石灯籠を置かれているお宅が多いように思いました。まだ余震などの可能性があるので、当分は積み上げずに、寝かしたままの状態にしている方が安全かなと思います。(新規ニーズ24件、完了18件、継続2件、調整中65件、ボランティア25人)

6月28日(木)
午前中は、吹田市社協の駐車場にて、屋根にブルーシートをはる時に使用する土のう袋に、土を入れる作業をお手伝いしました。ボランティアさんたちに混じり、稲場先生や渥美理事長も作業していたので、途中から合流させていただきました。作業の内容は、今ある土のう袋は土の量が重た過ぎるので、屋根に載せた場合重すぎて屋根瓦が傷むそうです。なので2つに分割するという作業でした。新しい土のう袋はUVカット対応の袋で、普通の土のう袋より耐久性に優れているそうです。屋根に上ってブルーシートかけは専門の方にやっていただく必要がありますが、一般ボランティアでもその準備作業などのお手伝いは可能だと思いました。(新規ニーズ16件、完了10件、継続4件、調整中68件、ボランティア19人)
6月29日(金)
吹田災害ボラセンで朝対応したのは、家具の搬出でした。男性3名のチームです。一人は富山県から来ていました。若いときに吹田市に住んでいたそうです。茨木、豊中にもお世話になったが、災害ボラセンの受付が市内在住者に限定していたので、限定していない吹田に来たとのことでした。災害時のボランティア募集の範囲はとても大切だと思いました。(新規ニーズ12件、完了18件、継続10件、調整中62件、ボランティア数30人)
《この活動は、近畿ろうきん社会貢献預金「すまいる」の寄付金を活用させていただいています。》

【吹田市災害ボラセンからのお知らせ】
■ボランティアのみなさま、明日6/30(土)は・・・
 にぎにぎ大作戦
新潟中越地震被災地(小千谷市塩谷集落)のお米、東日本大震災被災地(岩手県野田村)のお塩で、吹田市内の被災地域の福祉委員会、大阪市内の中学生とともに、「おにぎり」をボランティア向けに振舞います!また滋賀県のチームが「焼きそば」を振舞います!

■7月1日(日)をもって、吹田災害ボラセンが吹田復興ボラセン「きららスマイルセンター」に変わります。
「きららスマイルセンター」は、従来通り市内被災者からの相談を受け付けますと共に、吹田市内の関係機関・団体や、吹田市民の地域力で住民同士の助け合い、支援活動に取り組みます。

きららスマイルセンター(復興支援センター)
・7月2日(月)~7月8日(日)※予定
・総合福祉会館5階多目的室

詳しくは吹田市社会福祉協議会のブログをご確認ください。
2018/06/28のBlog
6月24日(日)
吹田市災害ボランティアセンターに活動に参加しました。午前中はマンションの10階にお住いのご家庭で、地震で壊れてしまった大型の食器棚やキッチンラックなど、1階の置き場まで運んでほしいという依頼内容でした。このマンションは全体が大きな被害を受けていて、廊下の壁などにも至る所でヒビが入っていました。上層階になればなるほど揺れが大きく、タンスや食器棚が被害を受けたことがよくわかりました。また、地盤と建物の関係で揺れが大きかったり小さかったり影響があったようです。このマンションはエレベーターが2機あったが1機が動いていなく、もしエレベーターが停止した状態が長く続くと、高齢者などは孤立してしまう恐れがあると思いました。

午後からは、大阪大学の稲場先生や阪大の学生さんたちとチームを組んで、ニーズ(お困りごと)の掘り起こしのために、ある地域のマンションや一軒家を訪問し、チラシを配布させていただきました。マンションは管理人にご挨拶してから各ご家庭のポストにチラシを入れようと思ったのですが、この日は生憎日曜日で、管理人も滞在していないマンションもあり、セキュリティの関係から1階にあるポスト部分にも入れず、チラシを配布できなかったケースもありました。本日のニーズは新規25件、完了27件、継続3件、調整中22件、ボランティア71人でした。

6月25日(月)
この日は、午前中事務所での作業を済ませ、昼から吹田に移動しました。午後の活動は、一軒家でお1人住まいの高齢者のお宅で、地震で動いてしまったピアノを移動してほしいとの依頼で、吹田市社協職員とボランティア2名の計3名で行きました。ピアノは重たくて、高齢者一人では到底動かすことは無理だと思います。今回の地震では外見上からは何の被害がなくても、自宅内は被害を受けられている家庭も多く、特に1人住まいの高齢者などはなかなか対応ができない場合が多く、ボアンティアの必要性はあるように思いました。作業自体は20分程度で終了しましたが、とても喜んでくださっていたので、よかったかなと思います。本日のニーズは新規28件、完了20件、継続 ―件、調整中37件、ボランティア28人でした。
6月26日(火)
午後から学生5名と一緒に吹田市災害ボラセンに行きました。それぞれマッチングによって活動しました。NVNADから参加したメンバーは、理事長&スタッフ2名は、青葉丘のマンションで一人住まいの高齢女性の家で家具の移動を手伝いました。他のメンバーは、同じく高齢者宅でのタンスや仏壇などの移動や後片付けなどの作業を行いました。前日に事務所に岩手県野田村からのだ塩飴とのだ塩が届きましたので、災害ボランティアセンターにて紹介し、ボランティアにと配付させていただきました。ニーズ34件、完了13件、継続2件、調整中50件、ボランティア48人のべ459人。今回の大阪北部地震の支援活動においては、近畿ろうきん社会貢献預金「すまいる」の寄付金を活用させていただいています。
2018/06/24のBlog
6月21日(木)
朝から吹田市災害ボランティアセンターに行ってきました。午前中の活動は、50代の女性から、余震が怖いので本棚の上の荷物を下してほしいというご依頼で、吹田市社協職員と大阪狭山市社協職員と3名で対応させていただきました。お話をお聞きすると地震当時、お母様が寝ていたベッドの横にあった家具が倒れてきて、もしその時寝ていたら完全に下敷きになっていたので、そのことを考えるとぞっとするとおっしゃっていました。家の中の片付けは終えられていましたが、余震のこともあり毎日不安な思いをされている様子だったので、このように不安な日々を過ごされている方はたくさんおられるように思いました。今後も地元の民生委員さんなどによる定期的な見守り活動が大切だと感じました。

午後は、前日からの継続作業として、吹田市社協職員と吹田市ボランティア連絡会のボランティアさんら4名で家の片づけに伺いました。今回で3日目の活動となりましたが、一番奥の部屋の片づけに目処が付いたので、この日で作業は終了となりましたが、家主の方の笑顔が少し拝見できるようになったので、こちらも少しホッとしました。地震により家屋内の被害だけではなく、精神的にも大きなダメージを受けて、気力ややる気を失われた方の心のケアも必要だと思いました。その後、吹田市災害ボランティアセンターに戻り、活動報告会に参加しました。この日の対応件数は22件、ボランティアは35名。この日から、徳島県海陽町社協さんよりボランティア用のワッペンが500枚提供あったり、大阪府下の社協職員が応援に加わったりと、日々状況は変化しています。

6月22日(金)
午前中は、吹田市総合福祉会館にて、理事長渥美と今後の活動について打ち合わせを行いました。サンテレビより災害ボランティアの活動内容についての取材依頼があり、吹田市災害ボランティアセンターのスタッフを紹介させていただきました。本日のニーズは新規27件、完了16件、継続2件、調整中22件、ボランティア実数 33人でした。ポスティングにより少しずつ依頼が来ているようです。午後は渥美と西宮の事務所に戻り事務処理などを済ませたあと、神戸での休眠預金の会合に出席しました。そして、夜は近畿ろうきんからのお誘いで、大阪市内で開催された障害者団体等による大阪北部地震支援についての会合にも参加させていただきました。
6月23日(土)
この日は、昼前に吹田市災害ボランティアセンターに訪問し、朝から活動に参加していた大阪大学の稲場先生と学生さんに合流して、午後の活動に加わりました。昼頃からは雨が激しくなり生憎のお天気でしたが、活動は予定通り行われました。この日はマンションの7階に1人でお住まいの70代の高齢者からのご依頼があり、地震で倒れてきたタンスを元の位置にもどしてほしいという内容でした。吹田市社協職員と地区福祉委員、一般ボランティア3名の計5名で対応させていただきました。家主に災害ボランティアセンターのことをどこで知りましたかとお聞きすると、新聞とマンション内の掲示板とネットで知りましたとのことでした。複数の方法による情報発信が大切だと改めて思いました。作業終了後は災害ボランティアセンターに戻り、活動報告を行ったあと、センターのスタッフおよび、ボランティア全員で5階から1階へボランティアセンターの大移動を行いました。(6月24日~25日は1階で災害ボランティアセンターを開設。26日からはまた5階へ)。本日、防災科学技術研究所より大阪府社協を通じて、震度が色分けで表示された大判の地図と、航空写真の地図が届いていました。その他、お風呂無料券も配布開始されました。本日のニーズは新規20件、完了19件、ボランティア実数78人でした。24日(日)以降も活動は継続されます。ボランティア希望者は、ぜひ吹田市災害ボランティアセンターのホームページをご覧ください。(尚、高槻市、茨木市、枚方市などでも募集しているかと思いますので、ご確認ください)
2018/06/22のBlog
この度の地震でお亡くなりになら方々のご冥福をお祈りしますと共に、ケガをされた方々にお見舞いを申しあげます。

6月18日(月)朝7:58、大阪府北部を中心に、震度6弱の地震が発生しました。大阪市地下鉄をはじめ、JR、阪神、阪急、京阪など各鉄道は運休状態。午前中はNVNAD役員間で連絡を取り合いながらまずスタッフ、および、関係者の安否確認を行い、並行して被害の情報収集を行いました。ようやく昼前に移動が出来るようになり、まず理事長渥美などと会議を開くため大阪大学吹田キャンパスに集合し、関係者などに連絡をとりながら救援活動の方針を打ち合わせしました。色々な状況を判断した結果、まずは高槻市を目指すことになりました。大学からは車で移動しましたが、高速道路が全線不通になっている影響で道路は各地で大渋滞、移動に通常より3倍ほどの時間がかかりました。15時過ぎにようやく高槻市内に到着、屋根にブルーシートがかけられている家屋を確認し、その周辺地域で特に一人住まい高齢者のお宅を探しながら、戸別訪問していきました。断水が続いており、多くの住民の方は、生活用水にお困りの様子でした。また、お会い出来た方に聞いてみると、「大きな揺れで怖かった」「子どもが通学途中で心配だった」「トイレに入っていてどうしょうかと思った」「棚の物が落ちてきたが倒れてこなくて助かった」「こんな大きな揺れは初めてでとても怖かった」などの声が聴けました。
また、断水で生活用水に困っている二人のおばあさんが川からバケツで水をくみ上げようとしている場面に遭遇し、近くの小学校で生活用水がもらえることをお伝えするととても喜ばれ、我々は水運びのお手伝いをさせていただきました。
今回の地震では、外見上には大きな被害がない家屋がほとんどですが、家屋内では家具や食器棚などが倒れて、後片付けに困っておられる高齢者の家庭が多数ある様子でした。また、瓦が落ちたり、ずれている家が数多く見られ、雨の予報が出ている中、対応が急がれる状況です。

6月19日(火)、10時に大阪大学吹田キャンパスに稲場教授のチームも合流し救援活動の打ち合わせを行った後、災害ボランティアセンター設置が決まった吹田市社会福祉協議会を目指すことになりました。この日も道路は大渋滞で、昼頃にようやく吹田市総合福祉センターに到着しました。ちょうど災害ボランティアセンターの立ち上げについて協議されていて、その会議に加わらせていただきました。その日のうちに吹田市災害ボランティアセンターが立ち上げられ、さっそく被災者からのお困りごと(ニーズ)が入ってきていて、我々も家屋の後片付けなど2件の活動に、地元吹田市ボランティア連絡会のボランティアさんたちと一緒に参加させていただきました。活動終了後、吹田市社会福祉協議会のスタッフを中心に、全体で活動報告とふりかえりの場が開催され、同席させていただきました。
その活動と並行して、別チームは昨日お世話になった高槻市の地域の近隣へ行きました。水道は出るようになったが、まだ飲める状態ではないということでしたので、近畿ろうきん社会貢献預金「すまいる」より災害救援費用としてご寄付いただいた資金を活用して、ペットボトルに入った水とお茶を45軒に対し、戸別訪問にて配らせていただきました。この活動は、金光教大阪救援隊(熊本で一緒に活動)のご尽力をいただきました。

6月20日(水)朝から吹田市災害ボランティアセンターを訪問し、この日も午前と午後で2件のニーズに対応させていただきました。午前中はマンションにお1人でお住いの高齢の女性で、地震の影響で食器棚がズレ動いてしまい、それを元の場所に移動させてほしいという依頼内容でした。ボランティア3名で食器棚を動かして、無事に元の位置に配置することが出来ました。作業終了後は、地震当時の怖かったお話や近隣住民の方が「大丈夫ですか?」と訪ねてきてくれてとてもうれしかったことなど、たくさんお話をしてくださいました。我々が帰る時には、わざわざ1階まで降りて来てくださり、お礼を言っていただきましたが、とても喜んでいただけた様子だったので、少しでもお役に立てたのかなと思いました。
午後の活動は、昨日に続いてマンションにお住いの男性のお宅で、地震の影響もあり部屋内に散乱した家具や荷物などの後片付けの依頼内容でした。この活動には吹田市ボランティア会のメンバー3名と一般ボランティアの男性も加わっていただき、荷物の整理や運搬など手際よく行うことができました。まだ少し作業が残ったので、翌日も作業は継続される予定です。
この日も、17時から吹田市社会福祉協議会のスタッフが中心に、活動報告とふりかえりの場を開催され、災害ボランティアセンターの状況や運営の課題、あるいは、ニーズ調査についてのルール確認などスタッフ間で活発に意見を出し合って、被災者支援につながるように情報共有をされていました。
吹田市での会合後は、避難所になっている箕面市の豊川南小学校に行きました。昨日は約120名もの方が避難されたとのことでしたが、この避難所は大阪大学吹田キャンパスからも近いということで、その多くが大阪大学の留学生との話でした。慣れない国での今回の地震は、精神的なショックが大きく、また、余震が来るたびに自宅にいたら家が倒壊するのではないかとパニックになった留学生が多くいるようで、この避難所に来たとのことでした。ただ、避難所の担当者によるとこの避難所も学校の再開の関係で21日(木)には閉鎖の方向で、2キロほど離れた萱野(かやの)東小学校の案内をされていました。今後の避難所のことが気になるところです。
2018/06/12のBlog
[ 10:49 ] [ 防災活動 ]
防災研究会(事務局:ひょうご震災記念21世紀研究機構)の活動の一環として、今年の2月から兵庫県上郡町に訪問させていただいています。2月14日(水)~15日(木)、4月11日(水)、18日(水)、5月18日(金)、31日(木)と兵庫県上郡町を訪問してきました。今回の目的は、上郡町の赤松地区の各自治会の皆様から、防災や行事など日頃の地域活動について、色々とお話をお聴きしました。お祭りや食事会など色々と頑張られている一方で、少子高齢化や過疎化による課題もあり、地域の防災力向上には、色々な視点での取り組みが必要ではないかと感じました。
また、5月4日(金)には、赤松の岩木地区で「圭介まつり」が開催され、研究員のメンバーと一緒に訪問してきました。会場内にはステージがあり、屋台があり、多くの来場者でにぎわっていました。近くの小川では子どもたちを対象にアマゴのつかみ取りがあり、取ったアマゴはその場で焼いて食べていました。また、「圭介資料館」では、地元の偉人である大鳥圭介氏の資料や写真などが展示されていて、自由に見学することが出来ました。今後も研究会の活動として、上郡町には訪問させていただく予定です。赤松地区の皆様、上郡町役場の皆様、いつもありがとうございます。