ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:857件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/04/12のBlog
3月21日(祝)、西宮浜にて今年度最後のKSN(関西学院大学、西宮市社会福祉協議会、NVNADの3者が主催)交流会を開催しました。最初は貝類館内を自由に見学したあと、隣の公民館に移動して昼食をとり、ポイントラリーや運動会など、楽しいプログラムを学生企画で実施しました。そして、活動の写真をスクリーンに映して、1年間の活動を全員で振り返り、最後に、4回生の学生一人ひとりから想いの込められたメッセージがありました。企画や準備で大変お世話になりました、関西学院大学関ゼミ生の皆様、西宮市社会福祉協議会の皆様、お世話になりました。
2018/04/06のBlog
[ 11:16 ] [ 災害救援 ]
3月16日(金)~17日(土)、九州北部豪雨災害に被災地である福岡県朝倉市と大分県日田市を訪問しました。16日(金)夕方に大阪南港からフェリーに乗り、新門司港と博多を経由して現地に入りました。朝倉市の杷木小学校にある仮設住宅や、日田市の夜明にこにこ保育園をはじめ、これまで何度か訪れた場所を見て回ってきました。仮設住宅の集会所では、地元のボランティアグループにより色々なプログラムが実施されている様子で、5月や7月には地元主催の復興イベントなどが計画されていました。また、安否確認のために各家庭の玄関に黄色い旗を毎日目印に掲げられる取り組みをされていました。
杷木の寒水地区では、散歩されていた被災男性に道ばたで偶然お会いし少しお話が出来ました。男性いわく、今までに経験したことのないほどの短時間での豪雨で、川が氾濫して多くの家が土砂で埋まってしまったことや、近隣住民は仮設住宅には入らずそれぞれがバラバラになってしまっていることなど、当時の被災状況や現状などをお聞きすることが出来ました。朝倉市では今現在でも至る所で重機が入っていて、堆積した土砂を運搬する作業が行われていました。豪雨災害から約9か月が経過しましたが、生活の再建など思っていた以上に復興にはまだまだ時間がかかるように思いました。我々としても今後の活動を再度検討していきたいと思います。

2018/04/05のBlog
3月10日(土)~11日(日)、チャコネットの学生さんたちと佐用町に行ってきました。今年度最後の活動でした。11日にはコミュニティカフェで、恒例となりましたチャコネット所属大学4年生6名のために、地元の方々による卒業式が開催されました。1年間久崎の皆様には、竹炭焼きから畑作業に至るまで、本当にお世話になりました。4年生はいなくなりますが、また新たなメンバーで継続して活動をしていければと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2018/03/30のBlog
3月3日(土)、西宮の高木公園にて、市の受託事業として「親子で
わがまち探検隊」を地元の高木公園管理運営協議会と高木地区
青少年愛護協議会の共催をいただき開催しました。
当日は親子連れを中心に約110名が参加してくれました。自分た
ちの住む町の公園にある防災倉庫、緊急貯水槽などの防災設備
を再確認し、使用方法などを実際に体験して、災害発生時に役立
つよう防災意識の向上を図るため実施しました。
主なプログラムは、①地区防災倉庫機材の紹介とデモ ②マンホールを利用した緊急時トイレ場所の確認と個室トイレの設置 ③阪神・淡路大震災および緊急貯水槽のDVD鑑賞 ④西宮市水道局の方から高木公園内にある緊急貯水槽の機能の説明を受け、実際に給水の体験 ⑤NVNADによる九州北部豪雨災害の報告、そして最後に非常食の試食体験という内容でした。阪神・淡路大震災では甚大な被害を受けた高木地区ですが、阪神の教訓をいつでも忘れず、次世代に伝えていくことの大切さを改めて感じました。最後になりましたが、西宮市上下水道局の皆様、ご協力ありがとうございました。
2018/03/28のBlog
2月18日(日)、西宮の高木地区にて、iPadを使ったまち探検プログラムの実証実験を行いました。このプログラムは、岩手県にあるNPO法人北いわて未来ラボさんとの共催で、大阪大学の渥美研究室の学生さんにもご協力をいただきました。参加した子どもたちは2班に分かれて、iPadに表示される情報を確認しながら、チェックポイントを探して行くという内容です。まだまだ試行錯誤の段階ではありますが、今後より具体的なプログラムにしていければと考えています。わざわざ岩手県からお越しくださったNPO法人北いわて未来ラボの皆様、遠路はるばる本当にありがとうございました。