ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:866件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/03/06のBlog
2月2日(金)、西宮市立東高校にて、西宮市受託事業の一環として、避難所運営訓練(HUG)の体験型を開催させていただきました。東高校の授業の一環として約40名の生徒さんにご参加いただきました。まず、避難所運営ボランティア役と避難者役に分かれていただいたた上で、地震が発生したとの想定で、避難所である高校に、設定条件が書かれたカードをもった被災者役が次から次へ避難してきて、その避難者役にどこの場所に避難してもらうか運営ボランティア役が配置を考えていくという流れで行いました。途中に「毛布200枚が到着するが荷降ろしする場所は?」や「取材記者用の駐車場はありますか?」などが書かれたイベントカードを提示しながら対応を考えてもらいました。今回初めての試みでしたので、進行上は課題点も多々あったかとは思いますが、高校生の皆さんはとてもよく頑張っていただき、カードよりはリアルな訓練になったのではないかと思います。ご協力くださいました東高校の皆様には心よりお礼申し上げます。
2018/03/01のBlog
毎年恒例となりましたNPO法人プラス・アーツ主催の「イザ!美かえる大キャラバン!2018」が、今年は1月28日(日)に神戸で開催されました。今年も、佐用町の水害を忘れないことを目的に、兵庫県佐用町特産品の竹炭を使った【竹炭石けんづくり】を実施しました。「ハートの石鹸作りたい!」「僕はクマさん!」と元気いっぱいの子どもたちや、JICA日本に研修に来られている外国人の方も、熱心に石鹸作りを楽しんで頂き、子ども満足度ランキングでは二年連続堂々の第一位を頂きました!お手伝い頂きましたボランティアの方々、ありがとうございました。
2018/02/26のBlog
[台湾地震募金延長]
NVNADでは、野田村を通して台湾地震の募金を届けようと、
募金を呼びかけました。
先週末の予定でしたが今週末(3月4日)まで延長します。
2月7日に発災した台湾地震ですが、その後の平昌オリンピック
もあって、全くといっていいほど報道されていません。募金の方も
反応が今ひとつです。
今回の募金の呼びかけは台湾の支援だけでなく、野田村の支援
でもあると思います。東京オリンピック・パラリンピックの台湾の
ホストタウンとして手を挙げた野田村。復興に向けて前に向かって
いこうとされています。
今回の募金はその野田村も支援することになると思うのです。

ぜひぜひ、皆さんの思いを、野田村を通して届けましょう!
前回のブログにもあるように、野田村で集められた募金と一緒に、
東京にある台湾の機関に届けられます。
写真は2月25日に東京で実施されたホストタウンサミットの様子です。
東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局主催で、第2部の
全体発表では野田中学校の生徒たちが台湾との交流を発表しました。
右端の写真を撮っている男性は小田村長だそうです。
皆さんのご協力をお願いいたします!(NVNAD理事 米山清美)

募金の締め切り 3月4日(日)まで

【お振込先】
■銀行口座
三井住友銀行 西宮支店
普通 7022170 
名義 NVNAD海外支援口

■郵便局 
口座番号 00950-3-150768
名義 NVNAD海外支援口

《お問い合わせ先》
 認定NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク
 電話 0798-34-9011
2018/02/23のBlog
1月27日、高木小学校にて『防災カルタ大会』を行いました。第5回目の活動となる今回は学生リーダーによるオリジナルのプログラムで、絵札一覧表を見ながら自分たちで読み札を考えよう!という内容です。防災の要素をどれだけ組み込めるかが重要なポイントで、最年少の小学3年生には難しいかなと心配しましたが、負けじと一生懸命に取り組んでいました。最後の全員カルタ大会では皆が歓声をあげて盛り上がりました。ご協力いただいた学生リーダーさん、どうもありがとうございました。
2018/02/15のBlog
2018台湾東部地震を野田村が支援することになりました。
野田村を応援します。ご協力よろしくお願いいたします。

【台湾地震と野田村】
2月7日に起きた台湾地震ですが、先日の交流事業について
やり取りする中で、野田村がいち早く動いていることが
わかりました。
NVNADでは今回現地に行くことなどはしていませんが、
野田村の取り組みを皆さんに紹介することも支援の
ひとつと考えています。

これには東京オリンピックも関係しています。東京オリンピック パラリンピックの
全国自治体向けのホストタウンとは別に、復興「ありがとうホストタウン」を内閣官房は東北3県に呼掛けていました。それに野田村は台湾を希望して手を挙げ、
昨年末に1次登録11市村のひとつとして決定しました。これには台湾が、震災時の
野田村への多大な支援があり、感謝の気持ちを伝えたいとの思いがありました。
支援のひとつに台湾ロータリークラブを通した野田中学校への
和太鼓があり、この1月6~10日まで野田中生4人が台北と
高雄に行き、現地のオリンピック選手などとも交流してきたそうです。
そんな矢先の地震で「何かしないといけない」と村で協議。
まずはメッセージをということでしたが、10日に先の交流報告を
含む生涯学習大会があり、そこでの募金をすることになりました。
募金は「のんちゃんネット」を通して野田村全戸に広報し、役場と
保健センターに置かれた募金箱では23日まで集められます。
この募金は東京の台北駐日経済文化代表処に持って行くとのことです。

NVNADでは、台湾地震への募金を、野田村の皆さんを通じて届けるつもりです。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。
(NVNAD理事 米山清美)

募金の締め切り 2月23日(金)まで

お振込先
銀行口座
三井住友銀行 西宮支店
普通 7022170 
名義 NVNAD海外支援口

郵便局 
口座番号 00950 3 150768
名義 NVNAD海外支援口

問い合わせ先
 認定NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク
 電話 0798 34 9011