ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:763件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/01/20のBlog
1月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、恒例となりました「第21回チャリティカレンダー市」を西宮市役所東館8階の大ホールにて開催させていただきました。1月5日(木)と6日(金)の2日間でカレンダーの受入をさせていただきましたが、今回も全国の企業や個人の皆様から昨年と同じぐらいたくさんのカレンダーや手帳が届きました。届いたカレンダーをボランティアのみなさんで段ボールを開封しカレンダーを広げていただき、まず、風景や乗り物、動物や数字などの分野ごとに分類していき、それから、会場のテーブルに並べていきました。一般のコーナーと高額のコーナーとに分けて準備をしていきました。高額のコーナーには、数が少なくて人気のある皇室や大相撲、アニメやタレントなどを分類させていただきました。
1月7日(土)の初日は朝10時のオープンにも関わらず、朝9時前から廊下に並ばれていました。10時のオープンと共に会場内はすぐに満員になりました。あまり混雑するとゆっくりカレンダーが見れないのと、安全面に配慮してということで入場制限を行いましたが、例年でしたら昼頃には廊下で待っていただいている行列は途切れるのですが、今年は翌日が雨の予報だったこともあるのか、15時過ぎになってやっと行列が途切れました。1日目は大盛況でしたが、2日目は雨の影響で来場者は少なめで、3日目はえべっさんの影響か最終日にしては多くの方にお越しいただきました。

3日間の売上は、合計1,516,200円となりました。この売上は、熊本地震をはじめ、東日本大震災や佐用町、丹波市などの被災地の支援活動に有効に活用させていただきたいと思いますし、また、今後予期せぬ災害が発生した場合に、先遣隊の初期費用の一部として活用させていただければと思っています。今年で21回目を数えますが、このカレンダー市が開催できますのも、多くのボランティアの皆さんのご協力のおかげだと感謝しています。最後になりましたが、カレンダーをご寄贈してくださった企業・個人の皆様、当日会場にお越しくださった皆様、そして、開催にあたり陰ながらご支援くださった西宮市職員の皆様にも、この場をお借りしてお礼申し上げます。

2016/12/28のBlog
新春恒例
『第21回チャリティカレンダー市』のご案内【終了しました】
認定NPO法人日本災害救援ボランティアネットワークでは、1997年より各地から
寄贈いただいたカレンダーを安価(100円より)で提供する活動を続けていますが、
2017年も下記によりチャリティカレンダー市を開催いたします。

1.開催日時:2017年1月7日(土) 10:00~18:00
 1月8日(日) 10:00~18:00
 1月9日(月・祝)最終日10:00~14:00
2.会 場:西宮市役所東館8階大ホール
 西宮市本庁舎東側(公共の立体駐車場があるビルです)
 所在地 西宮市六湛寺町3-1
3.アクセス 阪神西宮駅(市役所口)が便利です。(徒歩約2分)
4.売上げの使途:当団体は、災害救援活動を行っています。最近は、東日本大震災、
 熊本地震、佐用町水害、丹波市土砂災害など被災地の支援活動を
 行っています。売上げは、これら災害の被災者の直接支援活動資
 金やコーディネートなど間接経費として使用させていただきます。

※皆さん、ご来場をお待ちしております。
11月13日(日)、西宮にある武庫川女子大学において、恒例となりました『防災ふれあいウォーク』を開催させていただきました。テーマは「津波災害から自分自身や地域を守るために!」で、このイベントを通じて、楽しみながら、津波災害や日頃の備えなどについて一緒に考えていただくことを目的に実施しました。朝9時30分に武庫川女子大学に全員集合し、総合スタジアム、武道館、栄養科学館にそれぞれ分かれて午前中準備作業を行いました。今回も武庫川女子大学の文学部 心理・社会福祉学科 心理コース2年の「レクリエーションの企画と運営」という授業の一環として取り組んでくださいました。
参加者は、鳴尾浜にある総合スタジアムに12時30分に集合していただき、まず津波災害の話からプログラムはスタートし、続いて学生による防災クイズに挑戦してもらい、その後、準備体操を行ってからウォークラリーに移りました。今回のウォークラリーは、チェックポイントは3カ所で、その内1か所に津波避難ビルに指定された武庫川女子大学の武道館を今回初めて設定させていただきました。各チェックポイントでは地震や津波に関するクイズ問題にチャレンジしていただき、ゴールの栄養科学館を目指していただきました。また、歩いている途中に災害や防災面で気になるところがあれば写真に撮ってきていただく課題を各グループに出させていただきました。
ゴールの栄養科学館では、各協賛企業(大塚製薬、江崎グリコ、カゴメなど)による災害食の展示コーナーを見てまわっていただいたり、ウォークラリーの途中に撮ってきていただいた写真の紹介を各グループからしていただいたり、また、熊本地震の被災状況などの説明をさせていただきました。それから、今回の目玉プログラムとして、参加者にプログラム途中で防災クイズにチャレンジしていただいた時に、ビンゴカードの空欄に学生の名前やクイズの答えなどで埋めていっていただき、最後に栄養科学館でビンゴ大会をやるというような工夫も学生さんが中心に考えていただき、とても楽しいプログラムになったかと思います。武庫川女子大学の皆様をはじめ、各協賛企業の皆様、また、当日お手伝いいただいたボランティアの皆様に、心よりお礼申し上げます。
2016/12/21のBlog
11月1日(火)西宮市立中央体育館および陸上競技場にて、平成28年度西宮市総合防災訓練が行われました。陸上競技場では、土石流や津波により家屋や車が土に埋まった想定で自衛隊やレスキュー隊員による救出の訓練が行われました。また、救助犬による生き埋め者発見の模様や、自然水利から取水消火を行う消防隊員の迅速な行動も見られ、ドローンも飛び交い、本番さながらの緊張感が漂いました。(写真は体育館内での避難所訓練の様子)

一方、体育館では巨大地震から3日経過したことを想定し、ボランティアセンター立ち上げの訓練を行いました。NVNADは西宮市や西宮市社会福祉協議会と連携し、ニーズの聞き取りやボランティアとのマッチング、資材提供と送り出しまでを担当しました。ボランティアとして参加した看護学生さんは「まだ実際にボランティアをしたことは無いけど、自分が役に立てると嬉しい。」と言っていました。参加機関の訓練の場であるとともに、若い人達の意識向上につながることは大変有意義であると感じました。西宮市社会福祉協議会の皆様には事前の準備などで大変お世話になりました。
2016/12/20のBlog
10月30日(日)、日帰りで兵庫県佐用町に行ってきました。毎月チャコネット(佐用町学生支援ネットワーク)と一緒に開催していますコミュニティカフェで、住民の方々とお話をさせていただきました。10月21日に発生した鳥取地震では、距離が比較的近いということで佐用町でも大きな揺れを感じたそうです。水害だけではなく、地震のことについても関心が高まっているように感じました。