ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふれあい塾あびこレポ-ト
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1182件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2022/04/09のBlog
現代中国講座24
習近平外交は如何にして構築されているか
グローバルガバナンス再構築の主導権獲得を目指して
麗澤大学名誉教授 三潴正道氏

東欧における痛ましい事件は、世界中の耳目を集めています。
きょうは中国外交がいかに組み立てられてきたか、その理念のよりどころは何かが主題です。冒頭「今朝のカムカムエヴリバディ、涙しました…」と話された三潴講師、主題の前にウクライナ問題とロシアに対する中国の立場の解説をいただきました。
50年代の中国東北部の領土に関する中ソ対抗の時期を経て、中国は軍事から経済の道へ転進し、台湾・香港・一帯一路の方向に進んでいます。ここでまた、ロシアと揉めるようなことは避けたい中国ですが、中国とインドもまた国境を巡る問題を抱えています。インドから独立したパキスタンは中国と関係が深く、インドはバングラディッシュと共にロシア寄りの位置にいます。主権の侵害問題を含めて、曖昧にして中立の立場を探りあう関係国同士のお話はタイムリーで、中国外交がどこへ進むのかが気になりました。
(秋田桂子)
2022/03/17のBlog
シリーズ「古典文学のヒロインたち」第九回
北条政子―源頼朝・北条義時を支えた尼将軍―
國學院大學講師・文学博士 堤 康夫先生

堤先生のシリーズ「古典文学のヒロインたち」もファイナル間近、きょうは文学者の視線から北条政子を取り上げて頂きました。

荘園時代、荘園を守るボディーガード役が武士団でした。この新しい階級である武士団のために記されたのが「軍記物語」です。この「軍記物語」の頂点に立つのが「平家物語」ですが、この「平家物語」には鎌倉幕府初代将軍源頼朝の妻であり執権北条義時の姉でもある政子は登場しません。

北条政子が登場するのは「曽我物語」であり、「承久記」だそうです。堤先生は頼朝との熱愛、子供たちへの思い、幕府を支えた卓越した政治家としての横顔などをいつも通り、ユーモアを交えながら分かりやすく解説下さいました。
(秋田桂子)
2022/03/14のBlog
私の“ボランシカ”ライフ
我孫子での“ボランティア シミンカツドウ”体験談
我孫子の景観を育てる会 前会長 吉澤淳一さん

定年後 わが町 我孫子市で地域活動、市民活動、文化活動に邁進されてこられた吉澤淳一さんにお越しいただきました。多忙な日々を送っておられる吉澤講師ですが、150枚に及ぶパワーポイント画像と、会場の壁面を利用した複数のポスターセッションを使って、ご自身の幅広い活動の軌跡をお話いただきました。
注:ボランシカ=ボランティア・シミン(市民)・カツドウ(活動)

「我孫子の道」
我孫子市道路愛称委員会に手を挙げて、市内の21か所の道に愛称を付けて、地図上に定着させた。
「我孫子の坂道」
市内の坂道を写真を撮りながら歩き回り、『我孫子の坂道ウオーキングマップ』を作成して市民に提供した。
「我孫子と映画」
『我孫子映画倶楽部』が立ち上がってメンバーとなり、東葛地区映画祭を開催するようにした。そして『なつかしの映画ポスター展』を主催し、往年の銀幕のスターたちの映画ポスター展を毎年開催している。
「福祉の街へ」
我孫子市社会福祉協議会コーディネーターとして、車いすも可能な移送サービスを立ち上げた。また市民活動やボランティア活動志望者への相談窓口としても活躍、定年後の市民の方々への市民活動の奨めを具体的にプロモートした。
その他、「我孫子の文化」「我孫子のカレー」「我孫子の景観」「劇団ボランシカ」活動の永年の経過を、解説いただきました。

吉澤講師は「白樺派の文人たちが創作活動をしていた我孫子、この我孫子を更に広く知って頂くためのツール、例えば文学碑や石碑・句碑や詩碑、市内の文学散歩の手助けとなるような作品ガイドやモニュメントの設置、さらにはご当地クイズやスタンプラリーなどの実行を今後の夢としている」と話されました。会場を埋めた満席のみなさまには力強いメッセージとなり、地域活動参加への道しるべとなったご講演でした。
(秋田桂子)
2022/02/21のBlog
[ 16:52 ] [ ふれあい塾講座記録 ]
尼将軍/源平合戦から承久の乱まで
『僕って何』で芥川賞受賞 作家 三田誠広氏

三田講師は「平安末期から鎌倉にかけての時代に興味をもっていて、これまでも西行、平清盛、源頼朝、親鸞、日蓮といった人物を描いてきたのだが、どうしても書きたいテーマとして以前から考えてきたのが尼将軍政子だった。」と話されています。
そして2021年9月に、「尼将軍」(作品社)を発刊されました。政子が最高の権力者になりえたのは何故か、何ゆえに出来たのかがイメージの発端だったそうです。

頼朝は京の後白河院に何回も頭を下げたのに、将軍にはなれませんでした。
ところが承久の乱を起こした政子は、帝を廃し上皇を流刑に処する荒業を成し遂げます。
なぜこのようなことが可能だったのか、大河ドラマを随所に引き合いに出しながら、分かりやすくお話下さいました。

(秋田桂子)
2022/01/28のBlog
2/26天満敦子無伴奏ヴァイオリン・コンサートは公演中止です

平素はふれあい塾あびこの講座へご参加いただき、ありがとうございます。

2022年2月26日(土曜日)午後2時 けやきプラザ・ふれあいホールで開催予定の
「天満敦子無伴奏ヴァイオリン・コンサート」は、出演者の健康上の都合により公演中止となりました。
楽しみにお待ちいただいたみなさまには、申し訳ございません。
お詫び申し上げます。

チケットの返金について:
お手持ちのチケットは2月26日(土)、27日(日)の2日間、コンサート会場の
JR我孫子駅南口けやきプラザの2階ふれあいホールと、けやきプラザ1階の福祉ショップ軽喫茶ぽぽらで、チケットと引き換えに払い戻しをさせて頂きます。

2月26日(土)午前10時から午後5時まで けやきプラザの2階ふれあいホール
2月27日(日)午前10時から午後4時まで けやきプラザの1階軽喫茶ぽぽら

ご面倒でも上記の期間に、けやきプラザふれあいホールにお運び頂きますようお願い申し上げます。
 
特定非営利活動法人ふれあい塾あびこ 理事長 秋田桂子