ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふれあい塾あびこレポ-ト
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1127件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/11/11のBlog
新シリーズ「再訪・絵画を観る喜び」⑦ 新古典主義 
美術愛好家 長野一隆氏

美術館、博物館、美術品のある邸宅や教会など、絵画のある場所を訪ね歩いておられる講師の長野一隆氏。その数はヨ-ロッパ大陸1617か所、アメリカ大陸297か所、アジアで250か所、総計2164か所と今もその数を更新中です。
新シリーズ7回目のきょうは、18世紀後半から19世紀前半に主流となった新古典主義絵画を、100枚以上のスライドを用いて分かりやすく解説下さいました。「新古典主義」をひとことで表すと、「線が主体」の絵画のことだそうです。

アントン・メングス(1728-1779)
新古典主義の先駆者、スペイン王カルロス3世の宮廷画家、ゴヤの才能を見出し支援、父親、姉、妹も画家
「ヴィンケルマンの肖像」 メトロポリタン美術館 1761年 64 x 49cm
「聖母子と2天使」 ウィーン美術史美術館、オーストリア 1770年 112 x 86cm

アンゲリカ・カウフマン(1741-1807)
18世紀で最も成功した女流画家、18世紀のラファエロ、4か国語が流暢、音楽演奏・声楽もプロ並み
「自画像」エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク1780-85年 77 x 63cm
「音楽と絵画の女神の間で躊躇する芸術家」ノステル・プライオリー、イギリス 1791年 147 x 216cm

ヴィジェ=ルブラン(1755-1842)
フランス王立アカデミーの最初の女流画家会員、王妃マリー・アントネットとは画家と王妃を超えた友人関係
フランス革命後はイタリア、オーストリア、ロシア、イギリス、スイスなどでも活躍
「王妃マリー・アントネット」 ヴェルサイユ宮殿、フランス 1783年 113 x 87cm
「自画像」 ウフィッツィ美術館、フィレンツェ 1790年 100 x 81cm

ダヴィッド(1748-1825)
新古典主義絵画を代表する画家、有名弟子多し、1774年ローマ賞を得、5年間ローマに、ナポレオンの主席画家
「ソクラテスの死」メトロポリタン美術館、ニューヨーク 1787年 130 x 196cm
「ナポレオンの戴冠式」ルーヴル美術館、パリ 1807年 621 x 979cm

アングル(1780-1867)
ジャック・ルイ・ダヴィッド門下、21歳でローマ賞受賞、18年間イタリアに滞在
事実を無視した”美”至上主義は同時代・後世の画家達に多大な影響を及ぼす
「皇帝の座につくナポレオン1世」 軍事博物館、パリ 1806年 259 x 162cm
「横たわるオダリスク」ルーヴル美術館、パリ 1814年 91 x 162cm
「泉」 オルセー美術館、パリ 1820-56年 163 x 80cm

プリュードン(1758-1823)
1784年ローマ賞受賞、ナポレオン、皇后ジョセフィーヌ、マリー=ルイーズの寵愛を受ける、デッサンの名手
「ジョセフィーヌ妃の肖像」 ルーヴル美術館、パリ 1805年 244 x 179cm
「女性ヌード立像」ボストン美術館、アメリカ 1780年 61 x 35cm

ロベール(1733-1808)
フランスを代表する新古典主義の風景画家、「廃墟の画家」、ルーヴル美術館設立のための5人の委員の1人
「廃墟となったルーヴルのグランド・ギャラリーの想像図」ルーヴル美術館 1796年 114 x 146cm
「ポン・デュ・ガール(ガールの橋)」ルーヴル美術館、パリ 1787年 242 x 242cm

ジェローム(1824-1904) 
異国趣味の絵で人気を博す、レジオンドヌール勲章、英王立芸術院名誉会員、プロイセン王からは赤鷲勲章三等 徹底した印象派嫌い
「仮面舞踏会の後の決闘」エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク1857年 68 x 99cm
「ローマの奴隷市場」ウォルターズ美術館、ボルティモア1884年 64 x 57cm

ブグロー(1825-1905)
ローマ賞を得て公費でイタリアに留学、新古典主義絵画最後の巨匠、神話や天使、少女を題材とした絵画多し
「ニンフとサテュロス」クラーク美術館、ウィリアムズタウン 1873年 260 x 180cm
「壊れた水差し」リージョン・オブ・オナー美術館、サンフランシスコ 1891年 135 x 84cm

ベンジャミン・ウエスト(1738-1820)
8歳から肖像画を描いて暮らす、1760年スポンサーを得てイタリアへ
1763年帰国途中に英国に寄り、そのまま永住、1792年からロイヤル・アカデミーの第2代会長
「ウルフ将軍の死」 カナダ国立美術館、オタワ 1770年 151 x 213cm
「自画像」 ボルティモア美術館、アメリカ合衆国 1770年 77 x 64cm

レイトン(1830-1896)
ロンドン・ナショナル・ギャラリー 1855年 232 x 511cm
英独伊仏西の5カ国語に堪能、英国画家として唯一の貴族、1878年から死ぬまでロイヤル・アカデミー会長
「フィレンツェの街を行列で運ばれるチマブーエの聖母像」
「自画像」 ウフィッツィ美術館、フィレンツェ 1880年 76.5 x 64cm

アルマ=タデマ(1836-1912)
1870年よりイギリスに永住、ポンペイの遺跡で感銘を受け歴史画へ、ヴィクトリア朝時代最大の画家
「銀色のお気に入り」 マンチェスター市立美術館、イギリス 1903年 69 x 42cm
「クレオパトラ」 オークランド美術館、ニュージーランド 1875年 54.6 x 66.7cm

ギルバート・ステュアート(1755-1828)
アメリカ在住の最初期の肖像画家、1775年-1793年 イギリスで過ごす、印象派の先駆者的画家
「ワシントンの肖像」 ウォルターズ美術館 1825年 77 x 65cm
「ペレズ・モートン夫人」 ウースター美術館、アメリカ 1802年 74 x 61cm

みなさまから頂いたアンケ-トの一部を、ご紹介します。
*今日も大変興味深くうかがいました。本当に毎回とても良い絵をみせていただいてます。次回も是非参加したいと思います。

*各画家の印象や特徴を分かり易く話し、大変理解しやすい、名解説。日本画家もうかがいたいものです。

*新古典主義の美至上主義の説明は楽しかった。画家のエピソード等興味深い話もあり、次回も待ち遠しい講座である。

*沢山の画家の作品を短い時間に、時代別に分かり易く特徴をポイントにして解説される講師の講座は、西洋絵画の歴史に興味を持つ私には非常に有難い一刻です。今後も楽しみにしています。
2019/11/08のBlog
ふれあい塾あびこレクチャーコンサート
“昭和からの贈り物”懐かしい童謡、唱歌など(秋・冬編)
ソプラノ歌手:柚木明美 ピアニスト:清水美穂 朗読家:秋田桂子

「四季のふるさと うたのたより-なつかしい童謡・唱歌・こころの歌とともに-」(編:望月 平さん 絵:近藤 泉さん)が冨山房インターナショナル様より刊行されました。表紙には「わたしの想い出ノ-ト、昭和からの贈り物」とあり、メッセージは『なつかしい「うたの絵本」です。なつかしいあのころの童謡・唱歌を楽しむ絵本です。想い出を綴る「メモリーブック」です。』とあります。

そこで冨山房インターナショナル様のご了解を得て、我孫子市にお住まいの3人の
アーティストの方々にお願いをして、レクチャーコンサートを開催しました。ふたつの
台風とそのあとに続いた大雨で疲弊気味でしたが、一転してきょうは晴天、気温20度の日和に恵まれました。

コンサートの内容は同書の中から14曲を選び、ご一緒に昭和を歌い、みなさんで昭和を懐かしんで頂きました。
歌ってくださったのはソプラノ歌手の柚木明美さん、


弾いてくださったのはピアニストの清水瑞穂さん、
そして解説くださったのは、朗読家の秋田桂子さん。
みなさまに楽しんでいただき、ご一緒に歌っていただいた楽曲は次の通りです。

1「小さい秋見つけた」 作詞 サトウハチロー 作曲 中田喜直
2「村祭」 作詞 葛原しげる 作曲 南 能衛
3「赤とんぼ」 作詞 三木露風 作曲 山田耕筰
4「紅葉」 作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一
5「野菊」 作詞 石森延男 作曲 下総皖一
6「旅愁」 作詞 犬童球渓 作曲 オードウェイ
7「里の秋」 作詞 斎藤信夫 作曲 海沼 實
8「浜千鳥」 作詞 鹿島鳴秋 作曲 弘田龍太郎
9「たきび」 作詞 巽聖歌 作曲 渡辺 茂
10「雪の降る街を」 作詞 内村直也 作曲 中田喜直
11「かあさんの歌」 作詞 窪田 聡 作曲 窪田 聡
12「冬の星座」 作詞 堀内敬三 作曲 ヘイス
13「冬景色」 作詞 不詳 作曲 不詳
14「雪」 作詞 不詳 作曲 不詳

*なつかしい童謡・唱歌のかずかず、お話も楽しく、あっという間にお時間が過ぎました。柚木さんのあたたかな歌声(お人柄)、清水さんのピアノのひびき、秋田さんのすてきな朗読、次回の春・夏の曲のコンサートも楽しみです。歌(唱歌・童謡)が大好きでした母に聴かせたかったです。

*子供の頃から聞き、歌になじんでいる曲が明治・大正時代につくられた曲が多々あると知り、おどろきました。良い曲はずっと歌い継がれてゆくのだなあと思います。孫達がこれらの曲をどの位知っているだろうかとふと思い、この先も残ってほしいと思いました。

*1番から14番まで1曲1曲がとても懐かしく、小さい頃を想い出しました。とても良い企画であったと思います。3人の方のコンビネーションもとても良かったと思います。
2019/10/21のBlog
生誕150年 平和を紡ぐ人 ガンディー
立教大学法学部教授 竹中千春さん

ガンディーが、インドのグジャラート地方のポールバンダル藩王国に誕生したのは、ちょうど150年前の1869年10月2日です。ガンディーがどのように育ち、どのように生きたのか。いかに戦い、人々はなぜガンディーに従ったのか。

竹中講師は「きょうのお話は単に偉人伝のみではなく、草の根運動や地域での助け合いなどコミュニティのお話にも通じます。」と話されて、ロンドンや南アフリカなど若き日のガンディーの足跡を解説下さいました。

そして亡くなった後もアメリカの人種差別や南アフリカのアパルトヘイト、ポ-ランドの連帯など国際社会に大きな影響を与えた「市民不服従運動のガンディー」を熱くお話されました。

現実に、いろんな場所で、いかなる環境の下でも、行動を起こすことが出来ることを証明したのがガンディーの行動様式です。「My life is my message.」自分自身の言葉で言ったことを、自分自身で実践したのがガンディーです。

講座にご参加頂いた方からの、ご感想の一部です:

*50~60年前「ガンジーは神様のような人」でした。しかし私生活が明らかになるに従い、評価は全く下がり、今の時代「講座の対象となるような人物」扱いは全く「お呼びでない」(植木流)人物と思っておりました。今回、そのガンジーを対象とする講座ということで興味津々でお伺いしました。「現代のインド、新しいインド作りにガンジーがシンボルになったことは確かなのですね。再認識致しました。<特に女性の権利アップには>

*今日は出席して本当に良かったと思いました。年老いたガンジーのイメージしかなかったがガンジーを良く知ることが出来て、私も87歳まだガンバルゾーと云う気になりました。

*すごく楽しく勉強させていただきました。ガンディー(ガンジーと今まで言っていました)さんが身近に感じられて、いまだに生き続ける人だと実感しました。

2019/10/18のBlog
[ 13:23 ] [ ふれあい塾講座記録 ]
現代中国講座21 岐路に立つ中国
麗澤大学名誉教授 三潴正道氏

「IT、AI、5Gなどなどの話が中国中心に飛び交っていますが、きょうは何故中国が岐路に立っているのか、現実の動きをFactとしてお話します。」と前置きされて、まず香港問題から解説されました。

台湾の最終的な局面を見据えた、台湾の選挙があること。米中関係の悪化を打開するための、習近平の日本訪問が来年に控えていること。北京 天津 河北省を結ぶ巨大なエリア開発の、今後の展開がどうなるのか。「一帯一路」の進捗と、欧州に与える影響と波紋はどの程度なのか。チベット族、朝鮮族、モンゴル族など少数民族への、香港や台湾問題が与える影響は無いのかなど、中国の足かせとなる事案が山積しています。

そして中国共産党一党独裁の強化と宗教政策の法治化による、統治の具体例を解説頂きました。天然ガス不足による昨冬の問題を念頭においた、エネルギ-の確保のための方策と財産としての住宅問題の取り組み策にも言及されました。また香港とマカオ・珠江デルタにまたがるビッグベイ構想、いわゆる巨大な地域発展戦略についても具体的に解説頂きました。

中国を取り巻く厳しい国際情勢の中で、習近平政権が長期的展望に立ってどのような政策を採ろうとしているのか、そこにはどんな根本的な問題が潜んでいるのか、目からウロコのお話でした。

頂いたご感想の一部を、ご紹介します。
*中国講座に興味はあったのですが、あまりに「日の出の勢い」だった中国には勉強する気持ちにブレーキがかかっていました。なぜか国自体にブレーキがかかりはじめている中国(アメリカと二大国と呼びにくくなっている中国)なので、今後どういう方向に進むのか、日本との関係は?と興味津々となりましたので出席しました。

*日常的に新聞等で報道されていない、中国の現実のデータでの講演は、とても分かり易く、興味深く拝聴させて頂きました。私見ですが、一人っ子政策が、今後の中国の経済、社会、政治に与える影響に関心があります。

*マスコミにはほとんど報道されていないお話で、大変勉強になりました。
2019/10/10のBlog

中央学院大学アクティブセンター講師藤井信行氏にお願いして、新シリーズ「ヨーロッパ世界遺産を訪ねて」が開講しました。

ヨーロッパ三大都市の世界遺産を3回(10月・11月・12月を予定)に分けてご紹介いただくもので、通常の案内書、解説書などにない「観光歴史学」の視点からのコメント、現地訪問に基づく特別資料などをご披露いただきます。

第1回は「パリのセーヌ河岸」という名称で市内のおよそ8kmの区間の両岸にある「ルーブル宮」「エッフェル塔」「オルセー美術館」をはじめ、シテ島の「ノートルダム大聖堂」など、中世から近・現代にいたる建造物群を解説頂きました。

由緒ある伝統の街並みと、フェゾ-規制によって景観が保全された「世界遺産パリ」を
数多くの画像と動画で具体的にお話下さいました。

参加頂いた皆様からも、以下のようなご感想を頂きました。

*大変興味深いお話でした。資料もビデオや地図や写真などを交え、楽しませる内容になっていました。わかりやすく話していただきました。次回が楽しみです。

*ゲルマン民族の成立が良く分かる資料で、ヨーロッパの成立が少しはっきりしてきた。

*大変興味深いお話でした。次回も楽しみです。