ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふれあい塾あびこレポ-ト
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1411件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/02/08のBlog
[ 08:29 ] [ ふれあい塾講座記録 ]
本日の講師は大学評価・学位授与機構教授 中央教育審議会委員 理学博士の荻上紘一氏。日本だけでなく、米国の大学でも授業され、このところ大学評価などの業務を通じて内外の大学の現状をよくご存じの講師は、日本の大学の現状について以下のように説明してくださいました。

1.数字で見る大学の現状。
 ①先ず数字で日本の現状を見てみると(数字は2010年)
大学は778校あり、10年前に比べると129校増加している。また、学生数は約2,88万人で、そのうち女子学生の比率は41.4%である。
 次に18歳人口と進学率をみてみると、18歳人口122万人に対し、短大を含めた進学率は56.8%となっており、二人に一人は大学に進学している。
 ②国際比較してみると(数字は2008年)
 日本の大学進学率は48%、一方OECD平均は56%で進学率は高いとは言えない。
 更に、大学入学者のうち25歳以上の割合は、OECD平均21%に対し、日本は2%と、極端に低い。また、世界の留学生は330万人で、日本への留学生は12万人強と全体の3.8%でしかない。
 
2.内容で見る大学の現状。
①大学とは、自主的・自律的な運営のもとに、高度な研究とそれに基づく高度な教育を行い、学位を授受する権限を持つ機関である。
②大学を卒業すると学位が与えられる。学士・修士・博士がそれである。
 一昔前には世間に向かって堂々と「学士」の品質保証期間をPRしていたが、昨今出荷時点での品質が疑われる「学士」が出回っている。
③これまでの我が国の大学教育は「履修主義」であり、「修得主義」ではなかった。その結果、高学歴低学力の人材を生み出してきた。4年以上在学し、124単位履修すると自動的に学士が授与される。
3.大学教育の質的向上のために。
 ①大学の「質」は公的な仕組みと、各大学の自主的な仕組みにより保証されるが、なんと言っても大学自身の自己評価力が不可欠である。そのためには、「学士」に要求される最低限の能力、どのような知識や技能が身につき、何が出来るか、という「学士力」を明確にする必要がある。
 ②教育成果の評価、財政的な支援、単位の実質化、学習時間や学習期間の充実、厳格な成績評価、奨学金等学生支援の充実、教育情報の公表など取り組むべき課題は多い。幸い、ここ数年、日本でも学生には厳しいが、個性ある「学士力」を提供する大学が増えてきており、そうした大学の就職率は90%強と非常に高い。大学は学生を社会的・職業的に自立できる能力を身につけて世の中に送り出さなければならない。
 ③日本の大学は18歳で入学し、22~23歳で卒業する学生が圧倒的に多い。これからはユニバーサル・アクセス、つまり大学で学びたい者が誰でも何時でも学べる機会を提供するようにすべきである。「社会人学生」という言葉は使うべきではないと思う。

本日は、あまり一般性のあるテーマではありませんでしたが、的確な資料をそろえた「あるべき大学」に向けての講師の熱弁に、会場に来られた方々はお話に引き込まれ、時間ぎりぎりまで、質問されていました。
本日の感想をいくつかご紹介します。(佐藤)

・「高学歴低学力」で卒業した49年前の我が身には大変耳が痛かったが、昨今の大学の現状が良く理解できました。ありがとうございました。
・大学の現状ははじめてお聞きしまして、大変勉強になりましたし驚いております。良いお話でした。大学生のいる親御さんたちが聞かれるとよいお話しだと思いました。
・普段考えてもいなかったこと、知らなかったことを分かり易くお話しいただきました。日本の大学の現状に危機感を持ちました。
2011/02/05のBlog
2010年、経済での一人勝ちが鮮明になった中国。2011年からの第12次5カ年計画を、改革開放以来30年間の雌伏を経ていよいよ中国が世界に本格的に打って出る画期的な5年間にしようと、様々な努力の下、遠大な計画が着々と進められてきました。その夢は既に実現しつつあるといってよいでしょう。

しかし、その一方で、絶頂を極めようとする中国が、信長の如く「高転び」するのではないか、と思わせる不気味な予兆がマグマのように鳴動し始めています。政治上の権力争い、体制内部の腐敗、軍部の台頭、貧富の格差による不満、人口ボーナス後の予測、更には一党独裁をどうソフトランディングさせるか明確なプランがないままに発動される強圧的な言論統制はますます空気圧を上昇させ、そういった内部情況を反映した強気の外交政策は周辺諸国の強い警戒感を醸成し、経済力を背景にした恫喝外交も、中国及び中国人に対する世界的な嫌悪感を惹起しています。

この1年はまさにこういった岐路に立つ中国を象徴した1年と言えましょう。日本は今後、この中国とどう向き合っていったらよいのか、具体的な事例を踏まえて、麗澤大学外国語学部教授 三潴正道氏にお話しいただきます。

講師略歴:東京外国語大学大学院外国語学研究科修士(文学)課程修了・立教大学非常勤講師 日中異文化コミュニケ-ション研究会代表世話人 NPO法人『日中翻訳活動推進協会(而立会)』理事長 研究テーマ:時事中国語及び現代中国研究・日中異文化コミュニケ-ション 主な業績:『今、中国が面白い』(僑報社)・『氷点停刊の舞台裏』(僑報社)・「時事中国語の教科書」(朝日出版社)・『論説体中国語読解力養成講座』(東方書店)など。

2011年2月17日(木) 13:00~14:30、場所は我孫子市生涯学習センタ-「アビスタ」ホ-ル、参加費は¥700、みなさまのお出でをお待ちしております。(小野)
2011/01/31のBlog
今日は、NHKの初代うたのおねえさんとして知られている、眞理ヨシコさんをお迎えしてのレクチャーコンサート「初代うたのおねえさんと歌う―中田喜直の世界~こどもの歌と抒情歌と~」(ピアノ伴奏は田中修二さん)でした。
会場のアビスタ・ホールには150名を越えるお客様のご来場を戴きました。中田喜直を敬愛し、生前を良くご存じの眞理さんは、あまり知られていない作品を含めてたっぷりと中田喜直の世界を歌い、解説してくださいました。眞理さんの美しい声と発音での、お話しと歌唱に会場の皆さんは大満足でした。

以下、当日のプログラムに従い、内容を記します。

第1部「こどもの歌」では「めだかのがっこう」を歌いながら、下手よりご登場。心憎い演出でした。次いで中田喜直が、お母さんへの思いを込めて作曲した5曲(めだかのがっこう かわいいかくれんぼ、おかあさん、夕方のおかあさん、べこの子うしのこ)の演奏。次に幼児童謡の6曲(かぜさんだっておんぶとだっこ、もんく、しずかにしてね、びっくりしちゃったの、怪我)を歌われました。「怪我」は西条八十の作詩で中田さん6歳の時の作品とのことでした。

 第2部「抒情歌」では眞理さんの高校受験の思い出などをお話し戴きながら3曲(ねむの花、ひぐれの中に、わたしの中に)を演奏。とりわけ、眞理さんがはじめて大人の歌として歌った「ねむの花」はいまでもどきどきしながら歌われるとされました。童謡の世界とは違う大人の歌で、中田喜直作品の別の一面を知ることが出来ました。
第3部「どうぞ、ごいっしょに」では、歌唱指導を戴きながら、春夏秋冬の作品4曲(さくら、夏の思い出,ちさい秋みつけた、雪の降る町を)を会場の皆さんと唱和しました。

この間、山川啓介作詩の「ピアニッシモの秋」と、江間章子作詞「おやすみなさい美しい夢をみて」の2曲を独唱してくださいました。「おやすみなさい美しい夢をみて」は作詩者の江間章子さんが、病の床にある中田喜直へのお見舞いとして作られ、喜直の遺作となった歌でした。

そして、最後はサトウ・ハチローの詩による「別れの歌」。「さよなら、さよなら、さよなら」で終わる、鮮やかなフィナーレでした。

アンケートも「久し振りに格調高い日本語を聞いた。歌も丁寧で上手い。流石です。」「ド演歌、カラオケしかしらない身には、心洗われる清浄なひとときでした」「言葉を大切に発声している」「先生の若さとうたに感動いたしました。素晴らしかったです。」など圧倒的に好評でした。(山崎)
2011/01/29のBlog
寒い日が続いている中、きょうは月一回の俳句教室。兼題は「初夢」と「成人の日」。
神長先生から「兼題がやさしかったかな~!今回はどんぶりの背比べだ!」の声がかかる中、選句が始まりました。48句の内訳は初夢がやや多かったもののほぼ半々。

高点句から3句。
1.良い初夢で目覚めが良かった朝、雨戸を開ける情景を詠み込んだ句の下五、「やや軽し」が全部を表現していて俳句らしい良い句として高い評価を得ました。

2.八十路を超えての初夢を詠んだ句では「絶えて久しき」の中七をどう解釈するかで作者を巻き込んで大いに話が盛り上がりました。

3.川柳っぽい滑稽句を得意とするKさんの、成人の日にあやかって老人会を催したことを詠んだ句では、Kさんから初めて点を入れてもらい嬉しいと感激の言葉も。

また、初夢の句で、妻の寝息を詠んだ句では上五と下五が切れ字であったため、下五の「寝息かな」を「寝息して」に。

その後全句に対する先生からの講評後、俳壇誌への投句8句を決めて句会を終えました。

2月句会の兼題は「寒明」と「まんさく」(足助)

2011/01/24のBlog
ふれあい塾あびこでは2011年 2月14日(月) 10:00-11:30、我孫子市生涯学習センター「アビスタ」ホールにおいて、「暗夜行路連載90年、3回シリーズ講座 志賀文学と我孫子 その2」と題した公開講座を開催いたします。

講師は、文芸評論家で元中央学院大学教授 早川雅之氏。
我孫子で執筆された志賀直哉の代表作「暗夜行路」の連載が始まって、本年1月で90年になります。近代文学評論で定評のある講師は「長い彷徨のあと、辿り着いた我孫子での7年半は、志賀直哉の作家的生涯にとって決定的な意味を刻む」と評価しておられます。志賀文学における我孫子時代の意義を、手賀沼畔で生み出された名作の数々を紹介しながらの、3回シリーズの2回目講座です。

講師略歴:1927年(昭和2年)生まれ。北海道教育大学卒業。法政大学大学院博士課程修了。日本近代文学、近代詩史専攻。元長崎総合科学大学教授。元中央学院大学教授。主な著書「伊藤整論」、「美意識と倫理」、「現代小説の方法」、「近現代詩研究」ほか。

当日の参加費は¥700、みなさまのお出でをお待ちしております。(小野)