ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふれあい塾あびこレポ-ト
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1406件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/11/08のBlog
[ 16:03 ] [ ふれあい塾講座記録 ]
本日は江戸・明治~今日を短時間で散歩しようと、汐留・浜離宮界隈を歩くことにしました。総勢10名の好奇心旺盛な生徒を引率される講師は、江戸・東京の案内人として活躍されている江戸東京茜会の会長の越岡禮子氏。

 先ず旅の始めは新橋から。
 JR山手線新橋駅烏森口を出ると、すぐ「鉄道唱歌の碑」がある。中学生とおぼしき集団は一瞥もくれない。わが国最初の鉄道の開通は、汐留~横浜間28.8キロメートル、明治5(1872)年のことである。鉄道唱歌の作詞者大和田建樹の生誕100年を記念して、昭和32(1957)年10月、鉄道開通85年の記念日にこの碑が建てられた。昔懐かしい“汽笛一声新橋をはや我汽車は離れたり~”の歌が刻まれている。団体の学生にとっては汽笛を鳴らす汽車など考えもつかないことだろう。
 碑の隣には、往年の機関車C-58の動輪が設置されている。余談ながらブログ子はポッポ屋の息子で、幼いころにはこの車輪が、雲をつくような大きさに思えたものでした。

 講義(ガイド)が始まったばかりではあるが、これからの長丁場を前にエネルギーの補給をしておこうということになり、開店前から長蛇の列が続く線路下のすしや「美登利すし総本店」に入った。ランチメニューはニギリとチラシの2種類だが、値段が安い上にボリュームたっぷりで、流石講師ご推奨のお店。美味。これも有難い講義の一つと思うものの、われらの世代には多すぎた人も多かった。

 食後、講義(ツアー)が再開された。「御門通り」を数分歩くと、とあるビルの壁面に「金春屋敷跡」のプレートが貼ってある。勿論東京都教育委員会名義である。金春・観世・宝生・金剛の能家の中でも最も伝統が古く、江戸時代に幕府直属の能役者として宅地や家禄を支給されていた家柄で、現在の銀座8丁目6・7・8番全体を占めていたようである。

 次に向かったのは「芝口御門跡」。宝永7(1710)年朝鮮聘使の来朝に備え、新井白石の建策に基づいてわが国の威光を示すために、新橋の北詰めに桝形の門が作られたもの。因みに新橋とは昔汐留川(現在の高速道路の下に流れていた)に架けられていた橋の名で、昭和39年まで架かっていた。「芝口御門」は享保9(1972)年に焼失し、以来再建されていない。

 「御門通り」の信号を渡り、高速道路のガード下をくぐると、“植えてうれしい銀座の柳~”の歌、「銀座の柳」の碑がある。西条八十作詞、中山晋平作曲のこの歌を口ずさむことが出来るのは、我らが世代の特権である。碑のそばに立つ柳は二世である。
さらに数分歩くと新興高層ビル群にぶつかる。「汐留シオサイト」である。昔新幹線の窓から何気なく眺めていた工事中のダダ広い土地が変身したものである。渋谷・新宿・品川・丸の内など10年前の姿を容易に想い出せない変貌振りを見せているが、この「旧国鉄汐留貨物駅跡地」の変わりようも尋常ならざるものがある。
 その一角に「旧新橋停車場」が往時のまま復元され、資料館として多くの人に楽しまれている。館内には工事中に出土した多くの遺物が展示され、歴史を偲ぶことが出来る。

 「汐留シオサイト」のセンターを突き抜けると、「浜離宮恩賜庭園」の青い森が拡がる。ゆりかもめの汐留駅の向かいにあたる。
 海水を引き入れた潮入りの池と二つの鴨場を伝え、江戸時代には江戸城の「出城」としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園だった。六代将軍家宣の時代になってから、ここは将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれて来た。明治維新後は皇室の離宮となり、名称も「浜離宮」と変えられた。
 昭和20(1945)年に東京都に下賜され、21年から一般に公開されるようになった。昭和21年11月22日、国の特別名勝および特別史跡に指定され今日に至っている。園内には「三百年松」が太い枝を張り出し、今なお堂々たる姿をみせ我々を歓迎する。「鴨場」
「鴨塚」「中島の御茶屋」「潮入りの池」「お伝い橋」「将軍お上がり場」等を見て回った。昭和19(1944)年11月空襲で焼失した「松の茶屋」は復元工事が始まるようである。
 時間の都合で園内のすべてを観ることは出来なかったが、都会の喧噪を忘れさせてくれる風景を楽しむことが出来た。

 江戸から今日までの歴史を慌ただしくたどりながら、講義の終わりが迫ってきた。
 帰路は浜離宮から水上バスで13の橋をくぐり、両岸の景色を、また往時を思いつつ浅草で解散となり、それぞれ家路を急いだ。(酒)

ふれあい塾あびこは、我孫子市の「ようこそ地域活動!インターンシップ」に参加しています。運営スタッフとしての活動を体験ご希望の方は、市民活動支援課嶋田 連絡先:04-7185-1467(直通TEL)にお申込みください。
2009/11/06のBlog
[ 16:57 ] [ 閑話休題 ]
強く張り出した寒気団の影響で、御岳高原は雪の朝を迎えました。スケジュ-ルでは田の原の登山口から午前8時に<王滝コ-ス>を登る予定でしたが、八海山から田の原までの道路が凍結で閉鎖されてしまいました。
そこで御岳湖まで戻り、鹿ノ瀬温泉から御岳ロ-プウエ-駅に向かいました。ところがロ-プウエ-は強風のため運転休止中、10時40分の再開まで時間を潰すこととなりました。この時点で山頂駅の気温は、マイナス8度と表記されていました。
予定より3時間遅れで、黒沢口コ-スから入山。アイゼンは不要ですが、完全に冬山の様相です。
1時間強で女人堂着、晴れてはいたのですが強い風が吹いていました。後方に見える剣ヶ峰を目指したのですが、さえぎるものが無い中で、20m以上の風に吹かれて体感温度も低下。3時間遅れの出発も影響し、2475mの金剛童子で撤退を決意。
鹿の瀬に下りてくると風も無く、素晴らしい青空。やっぱりお山は、お天気次第。(小)
2009/11/05のBlog
[ 17:14 ] [ 閑話休題 ]
旧中山道の妻籠宿と馬籠宿の間は、距離にして7km強。良く歩かれており、迷うことはありません。
妻籠から馬籠へ、女性グル-プや仏人グル-プもゆっくりと木曽路を楽しんでいました。
馬籠宿は観光客も加わって、大変賑わっていました。
食欲の秋、ご当地名産のお店も大賑わい。中津川の町では、街起こしのイベントも行われており、秋一色の木曽路でした。(小)
2009/11/04のBlog
本日の市民カレッジでは、手賀沼についての学習を、講義と船上学習の二本立てで行いました。10月8日に予定していましたが、台風で中止となり、振り替え開講したものです。
講義のレクチャーは、我孫子市環境経済部・手賀沼課主任の松沢公男氏にお願いしました(主査の津川雄飛氏が補足説明)。平易明快な説明がなされた上に、核心に触れる質問もあった結果、手賀沼の現況や問題点が極めてクリアーに浮かび上がってきた感じがありました。質疑応答の部分も加味したレクチャーの要点は以下の通りです。
▽手賀沼湖面の縮小:手賀沼の面積は、時代が下がるにつれ縮小してきた。敗戦後においても、干拓の推進によってこの傾向が続いたことに注目したい。ちなみに現在の面積は6・5平方キロであるが、これは昭和30年台の約6割弱の水準。なお近年は水深が浅くなっており、現在の平均値は僅か86センチに過ぎない(最深3・8メートル)。

▽27年間もの水質ワースト・ワン:手賀沼の水質は、昭和40年台に入ると急激に悪化した。周辺人口の急増が主因だが、湖面縮小の影響も少なくない。水の汚れの程度を示すCODのリットル当たりミリグラムの数値は、昭和44年には10であったものが54年には28にまで急上昇(悪化)。この過程において、手賀沼の水質は昭和49年には全国ワースト・ワンになってしまうが、この不名誉な呼称は平成12年まで都合27年間もつけられ放しだった。

▽ワースト・ワンからの脱出:平成7年を境目として状況は好転した。CODの数値は、同年の25から14年には8にまで急速に改善。ただ以後はこの水準近辺で横ばいという動きだ。この間に、前記の通りワースト・ワンを返上し、現在は同7位となっている。情勢好転の背景は次の4点だが(カッコ内は事業の運営主体を示す)、①の寄与が最も大きかった。①北千葉導水路の完成(国)、②ヘドロの除去(県)、③下水道の整備(市)、④市民の協力。

▽手賀沼管理には、国、県、市の三者が関与:市としてはCODのあるべき数値は5以下であると認識している。であるのに近年の数値は、そのかなり手前で足踏みしている格好。市民にはワースト返上で市は安堵してるかに見えるかもしれないが、一筋縄ではいかない事情もある。ご認識頂きたいのは、手賀沼の管理には、国、県そして我孫子市の三者がかかわっていることだ。まず国管理の北千葉導水路について見ると、それを更に積極的に活用すると水の還流が速くなり過ぎ生態系を損ねてしまうというジレンマがある。また導水作業の高コストがさらに嵩むという問題もある。次に県との関係だが、前述したヘドロ除去作業は平成17年に打ち切られている点にご留意頂きたい。県としては、今や水質ワースト・ワンになっている印旛沼への対応を迫られている模様だ。なお我孫子市では下水道の整備を鋭意進めてきたが、この作業もほぼ完了している。

▽市はこれからどう対応するのか:要は、水質の一段の改善は容易ではないということだが、だからといって我孫子市が手を拱いているわけではない。県ならびに周辺市との連携の下に、新たな手賀沼浄化作業を展開している。その主な動きは次の通りで、新たなメソッドを総動員して臨もうというわけだ。①水環境創造事業、②植生帯の創出、整備、③アオコ分離脱水装置、④礫間河川浄化装置。このうち①は、柏、松戸、鎌ヶ谷三市との始めての本格的連携事業である点がとくに注目されよう。
<大好評の船上学習>
1時間半の講義の後は、手賀沼に赴き、遊覧船からの見学に移りました。快晴にして暖かくかつ微風という、最高のコンデションのもと、遊覧船会社・湖上園の津川社長の説明に一同ゆったりと耳を傾けました。津川社長は昭和17年生まれの67歳、いまや手賀沼の生き字引的な存在です。それだけに、この津川社長の景観や生物の移り変わりについての説明は奥が深く、参加者からは好評さくさくでした。

魚類や水生植物の種類は激減したものの、鳥類はおおむね健在とのお話でしたが、実際、じつにいろいろな鳥が飛び交っていました。とくに目立ったのは川鵜で、これは上野の不忍池をねぐらとし、えさを求めてここに日参しているとのことでした。手賀沼には、‘鳥の楽園’という新しい魅力が生まれているように思えてなりません。(久)
2009/10/31のBlog
[ 10:32 ] [ 閑話休題 ]
会津の磐梯山に登ってきました。猪苗代駅から、もっともポピュラ-な八方台登山口コ-ス。駐車場は大型バスも数台入っており、その人気ぶりが伺えます。爆裂火口沿いに高度を上げていきます。
弘法清水で喉を潤し、二軒ある茶店の前で小休止。その後、弘法清水の脇をひと登りで1818mの頂上です。山頂は比較的狭く、大勢のハイカ-で賑わっていました。
復路はお花畑コ-スを取り、硫黄が匂う磐梯温泉中の湯跡を下りました。下から上がってくる人も多く、20人や25人のグル-プに出会い、最大は65人という集団に出くわしました。
黄葉するブナ林を楽しみながら下り、秋の磐梯山を十分楽しむことが出来ました。
やっぱりお山は、お天気次第。(小)