ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
阪神地域えきバスマップ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1416件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/10/29のBlog
2008年11月 JR伊丹駅から徒歩1分!イオンモール伊丹テラス

イオンモール伊丹テラスは、兵庫県伊丹市にあるイオンモール
の駅前大型ショッピングセンター。

2007年9月に運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと
合併したことから、名称が「ダイヤモンドシティ・テラス」
から「イオンモール伊丹テラス」に変更されました。
駅前大型ショッピングセンター

関西最大級のショッピングモールでもあるイオンモール伊丹
テラスは、

JR伊丹駅から徒歩1分!
JR大阪駅から電車で15分!
阪急豊中駅からバスで20分!

という便利な場所に位置しています。

北大阪・北摂西部のベッドタウン(尼崎市・西宮市・伊丹市
・川西市・宝塚市・猪名川町・豊中市・吹田市・池田市・箕
面市・豊能町)からのアクセスのよさから、郊外から来る人
も多いそうです。

【写真】JR伊丹駅とは歩行者用デッキで接続(徒歩1分!)。
テナント

核テナントはジャスコ伊丹店で、テラス内には飲食店・書店
・雑貨店など150店以上もの専門店が入り、トイザらスやユニ
クロ、コムサイズム、大型スポーツ用品店、ゲームセンター、
シネマコンプレックス型の映画館もあります。

しかも、WAON、ICOCA、iDの支払いがほぼ全店舗で可能。

深夜0時まで営業していることから、通勤帰りの人に重宝さ
れているようです。

【写真】バスの発着も良好。
来客状況

イオンモール伊丹テラスの1年間の集客数は1830万人。
これはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの初年度の入場者
1100万人を越える数字です。

イオンモール伊丹テラスは、予想を大幅に上回る集客と売上
を記録しており、平日の昼間でも市営バスや阪急バス・JR宝
塚線を利用する多くの客で賑わい、JR伊丹駅を同線の乗車人
員トップ2の駅にまで押し上げました。


(出典) フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」
しかしその一方で・・・

一方、イオンモール伊丹テラスの出店により付近の商店街で
は大幅に客足が減る現象や、休日の駐車場待ちの交通渋滞
等も起きていて、伊丹市のまちづくリの新しい課題にもなって
いるようです。。。

そういえば、もうすぐJR尼崎駅にも「キリンガーデンシティ」
(仮称)が開業するとか。イオンモール伊丹テラス同じ、大型
複合商業施設です。


うーん、、、難しい問題ですね。




アクセス

■JR伊丹駅より:徒歩1分
JR伊丹駅(中央出口)を出てすぐ

■阪急伊丹駅より:約6分
阪急伊丹駅(9番のりば)で、伊丹市営バス「JR伊丹方面行き」乗車
バス停「JR伊丹」下車→JR伊丹駅(中央出口)を出てすぐ

■阪急豊中駅より:約20分
阪急豊中駅(6番のりば)から、阪急バス「岡町線」乗車
→JR伊丹駅東口バス停を出てすぐ

■JR大阪駅より:約13分
大阪駅からJR宝塚線乗車→JR伊丹駅・中央出口を出てすぐ

[ 05:22 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年10月 空港のまち・伊丹②~こども文化科学館~

前回のブログで紹介した「伊丹スカイパーク」から徒歩5分
のところにあるのが、伊丹市立こども文化科学館

児童センター、文化センター、プラネタリウム館という3館
から成る複合施設です。

季節ごとにいろいろなイベントが開催されているので、何
度きても楽しめそうです。
文化センター、児童センター

「文化センター」は、伊丹空港を望む展望室や、児童健全育
成活動等を目的とした会議室を中心とした施設です(無料)。

「児童センター」は、地域の児童を主な対象とした遊具の貸
し出しや遊び場を提供しています(無料)。

写真は、当館キャラクターの「ひょんたん」。
「ひょうたんの里・伊丹市神津地区」ならではの愛すべきマ
スコットキャラクターです。
プラネタリウム館①(プラネタリウム室)

夜空いっぱいに輝く星と迫力ある映像を楽しめる「プラネ
タリウム館」。

直径14m・高さ7mでなんと150人も収容できます。

(注)プラネタリウムの写真は、ミニチュア展示用です
プラネタリウム館②(常設展示室)

宇宙ロケット打ち上げや、太陽系をテーマにした体験型の展
示(太陽系サイクリング)で楽しく宇宙の不思議に触れるこ
とができます。

子どもの科学心をくすぐるような施設です♪
プラネタリウム館③(展望台・展望室)

さすが、空港のまち・伊丹。

当館は、伊丹空港(大阪国際空港)の滑走路に隣接している
ことから、プラネタリウム館の屋上から伊丹空港を一望する
ことができます。

展望室は飲食可能なので、離着陸する飛行機を眺めながらお
食事するのも楽しそうですね。



アクセス

アクセス

当館は駐車場がないため、起こしの際は、ぜひ公共交通機関で。
当館ホームページ内の交通案内も充実していますので一度ご覧ください♪



■JR伊丹駅より: 

(方法①)徒歩20分

(方法②)
伊丹市営バス
JR伊丹駅(5番のりば)で伊丹市営バス「大阪国際空港(伊丹空港)行き(25、26系統)」に乗車 
 →「神津」バス停下車すぐ 

(方法③)
伊丹市営バス
JR伊丹駅(6番のりば)で伊丹市営バス「岩屋循環(22、23系統)」に乗車 
 →「神津」バス停下車すぐ 


■イオンモール伊丹テラス(旧ダイヤモンドシティ)より:

(方法①)徒歩15分

(方法②)
伊丹市営バス
伊丹市営バス・バス停「イオンモール伊丹テラス」より「阪急伊丹行き(24系統)」乗車
 →「神津」バス停下車すぐ 

(方法③)
阪急バス
阪急バス・バス停「イオンモール伊丹テラス」より「阪急伊丹行き(82系統)」乗車
 →「神津」バス停下車すぐ 


■阪急伊丹駅より:

(方法①)
伊丹市営バス
阪急伊丹駅(6番のりば)で、伊丹市営バス「大阪国際空港(伊丹空港)行き(25系統)」乗車
 →「神津」バス停下車すぐ 

(方法②)
伊丹市営バス
阪急伊丹駅(6番のりば)で、伊丹市営バス「岩屋循環(22、23系統)」乗車 
 →「神津」バス停下車すぐ 

2008/10/20のBlog
[ 15:31 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年10月 空港のまち・伊丹①~伊丹スカイパーク~


伊丹スカイパークは、大阪国際空港(通称・伊丹空港)の航空機
の騒音を和らげる緩衝地域として整備された公園です。

平成20年に、大阪国際空港の西側(兵庫県伊丹市側)にオープン
(一部は平成18年から公開)したばかりですが、空港を離着陸す
る飛行機の様子がダイナミックに楽しめることから、レジャー・
観光客が殺到する人気スポットとなっています。

土日祝には駐車場が満車で入れないほどの人気なので、そんな
時こそ、ぜひとも「電車」や「バス」でおでかけを♪
パークセンター

北エントランスから伊丹スカイパークに入場するとまず見えてく
るのが、パークセンター。

①伊丹空港の真下には、弥生時代の遺跡が眠っていた!?

ここには、伊丹スカイパーク「中央エントランス」の街角広場で
平成15年に発見された弥生時代の灌漑施設(岩屋遺跡)の
ほか、神津地区の歴史を展示しています。

②パイロット気分が味わえる♪

また、伊丹空港で実際に使われた航空管制レーダーなども
展示されているので、パイロット気分が味わえます。

この日も、たくさんのファミリーがパイロット体験を楽んでたよ
うです。


③伊丹スカイパークで朝市はいかが?

また、神津地区のとれたての新鮮・安全な野菜を直販する
「伊丹スカイパーク朝市」
も開催されています。
(「伊丹スカイパーク朝市の会」主催)
家族そろっておでかけ☆ファミリー向けレジャースポット①

伊丹スカイパークは、よくある空港の展望施設とは異なっていて、
パーク内での滞在時間を十分に楽しめるようなさまざまな工夫が
されています。

パーク内には、子供たちに大人気の展望遊具やキューブアドベン
チャー、水遊びができる噴水なども設置されているので、飛行機
が来るのを待っている間も、待ちくたびれることなく楽しむことがで
きます。

この日も、ビニールシートを敷いて手持ちのお弁当を楽しみながら
飛行機を眺めているファミリーがたくさんいました。
家族そろっておでかけ☆ファミリー向けレジャースポット②

写真は、パーク内に設置された噴水。

地面から水が噴き出しているという珍しい噴水です。地面と噴水
を隔てるものがなく、まるで「遊んでください」とでも言っているか
のような噴水。この日も、子どもたちのかっこうの遊び場になって
いました。

また、夜はライトアップされた噴水が大人の雰囲気をかもしだし
ます。

昼は、子どもたちが集まる楽しい水辺空間。
夜は、大人をも魅了する幻想的な雰囲気をかもしだす水辺空間。
いろいろな人をひきつけてやまない噴水です。
美しい夜景にうっとり☆デート向けビュースポット

昼間のダイナミックな景色もさることながら、夕日と夜景もまた
格別。幻想的な雰囲気をかもしだします。

写真は、「星空の丘」にある「スターライトパス(星空の小道)」。

夜になると、まるで星空のように美しく輝く遊歩道が現れます。
LEDで表現した8つの星座が隠れているので、恋人と一緒に
探してみるのもいいですね。

このほかにも、パーク内全体が美しくライトアップされるので、
ゆっくりと夜の散歩をお楽しみください。



アクセス


伊丹市営バス

■阪急伊丹駅より:

伊丹市営バス「6番のりば」から「神津経由岩屋循環」または「神津経由大阪国際空港行き」乗車
→バス停「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

■JR伊丹駅より:

 [方法1] 伊丹市営バス「5番のりば」から「神津経由大阪国際空港行き」乗車
 →バス停「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ
 [方法2] 伊丹市営バス「6番のりば」から「神津経由岩屋循環」乗車
→バス停「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

■大阪国際空港より:

 伊丹市営バス「9番のりば」から「神津・阪急伊丹経由JR伊丹行き」乗車
 →バス停「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

※いずれも、所要時間は約10~20分。


2008/09/18のBlog
2008年9月 猪名川町よくばりプラン~「屏風岩」周辺~


今回は、「屏風岩」周辺をゆっくり散策してみました。

温泉、大自然、歴史探訪、地物を生かした旬のお料理…

四季折々、いろいろな楽しみ方ができそうです。

※お散歩のお供には、猪名川町歴史街道散策ガイドマップをどうぞ。
屏風岩

猪名川渓谷自然公園の清流に、高さ30m・幅100mにおよぶ岸壁
が、屏風のようにそそり立ち、みごとな景観をつくり出していること
からその名が付けられた奇石、「屏風岩」。

「屏風岩」の周辺は豊かな緑に包まれていて、

春には桜、夏は蛍、秋は紅葉、冬は雪・・・

と、自然が織りなす四季折々の姿を見ることができます。

また、日没後はライトアップされ、昼間とは一味違った幻想的な
雰囲気を醸し出します。

※写真は、夏の屏風岩
料理旅館「岩屋館」

猪名川が誇る、この「屏風岩」をじっくり堪能したい方は、
ぜひとも、料理旅館「岩屋館」へ。

客室や露天風呂から、ゆっくりと「屏風岩」を眺めることができます。

また、館主さん自らが、四季折々の地物を仕入れ・調理しているそうで、
猪名川の自然の恵みに溢れたお料理を楽しめるそうです。

「でも、ちょっと時間が足りない…」という方も、ご安心あれ。
各種日帰りブラン日帰り入浴もできるそうです。

※写真は、料理旅館「岩屋館」から眺める屏風岩
東光寺①

「屏風岩」から徒歩15分くらいのところにあるのが
「東光寺」(※バスも通っています)。

江戸時代、遊行僧・木喰五行明満上人が90歳の晩年に
この地に立ち寄り、「木喰仏」を造像したと言われています。

東光寺②

「木喰」とは、五穀や肉食を断ち、木の実や山菜を常食とする
真言宗の戒律の一つ。

東光寺の境内には、遊行僧・木喰五行明満上人の手による
13体の「木喰仏」が安置されています。

**********

「屏風岩」から「道の駅いながわ」(8月ブログで紹介しています)
までは500mほど。

元気な方は、屏風岩や東光寺を散策した後に、徒歩で「道の駅
いながわ」まで行くこともできます。

田園風景を眺めながらのハイキングも楽しそうですね。




アクセス

■「屏風岩」:
(方法①)能勢電鉄「日生中央駅」から、 「杉生線」の阪急バス「屏風岩」下車、徒歩10分
(方法②)能勢電鉄「日生中央駅」から、猪名川町ふれあいバス「屏風岩」下車、徒歩10分 
※徒歩5分内に「道の駅いながわ」あり
阪急バス「日生中央」(1番のりば)
猪名川町ふれあいバス「日生中央」(3番のりば)
阪急バス・猪名川町ふれあいバス「屏風岩」

■「料理旅館・岩屋館」:「屏風岩」すぐ近く

■「東光寺」:
(方法①)能勢電鉄「日生中央駅」から、「杉生線」の阪急バス「大井」下車、徒歩2分
(方法②)能勢電鉄「日生中央駅」から、猪名川町ふれあいバス「大井」下車、徒歩2分
阪急バス「日生中央」(1番のりば)
猪名川町ふれあいバス「日生中央」(3番のりば)
阪急バス・猪名川町ふれあいバス「大井」
2008年9月 「ふるさとの風景」を求めて猪名川町へ~彫刻の道~


約170余りの楽しい彫石で飾られた「彫刻の道」。

ユーモラスな表情の羅漢像や裸婦が、田園の緑を背景に、
あるいは整備された家並みに点在し、猪名川町の魅力的
な風景を創り出しています。

住民がいつまでも愛着と誇りを持って暮らすことができる
ようにと、石彫作家の鈴木政夫さんによって造られました。

町内では、「彫刻の道マラソン」などのイベントも行われ、
町の人々に親しまれているようです。
充実の3コース

彫刻の道のコースは3つ。

コース①:日生中央駅スタート→松尾台→猪名川町役場
コース②:日生中央駅から北西へ約5分の地点
(県道川西猪名川線内馬場入口付近)スタート→伏見池公園
コース③:銀山公会堂スタート→金山彦神社

けっこう道順が複雑になっているので、「彫刻の道・遊遊ガイド」
(写真は、ガイド表紙)を片手に散策するとよいです。

同ガイドは、日生中央駅前の観光案内所で入手できるはずです。
彫刻はどこに…!?①

まずは、阪急バス「伏見池公園前」バス停前でお出迎え。
彫刻はどこに…!?②

民家の一角に、ちょこんと座っていました。

よーく探さないと、つい素通りしてしまいそうです。
彫刻はどこに…!?③

うーむ。これは、きわどい…
雑草に隠れて、ちょっとかわいそうな彫刻も。


果たして、全ての彫刻を見つけることができるのか!?

今は、稲穂が実る季節。
彫刻でも探しながら、黄金に輝く田園風景の中をゆっくり
歩いてみるのもいいかもしれません。


アクセス

■コース①(日生中央駅スタート→松尾台→猪名川町役場)
 ○方法1:能勢電鉄「日生中央駅」から阪急バス「猪名川町役場前」下車
阪急バス「日生中央」(2番のりば)
阪急バス「猪名川町役場前」
 ○方法2:能勢電鉄「日生中央駅」から猪名川ふれあいバス「猪名川町役場」下車
猪名川町ふれあいバス「日生中央」(3番のりば)
猪名川町ふれあいバス「猪名川町役場」

■コース②(日生中央駅から北西へ約5分の地点スタート→伏見池公園)
 ○方法1:能勢電鉄「日生中央駅」から阪急バス「伏見池公園前」下車すぐ
阪急バス「日生中央」(4番のりば)
阪急バス「伏見池公園前」
 ○方法2:能勢電鉄「日生中央駅」から猪名川町ふれあいバス「伏見池公園前」下車すぐ
猪名川町ふれあいバス「日生中央」(3番のりば)
猪名川町ふれあいバス「伏見池公園前」

 
■コース③(銀山公会堂スタート→金山彦神社):
 能勢電鉄「日生中央駅」から阪急バス「銀山口」下車、徒歩30分
阪急バス「日生中央」(2番のりば)
阪急バス「銀山口」


2008/08/19のBlog
2008年8月 夏真っ盛り!「食」を求めて猪名川町へ~道の駅いながわ~

四季折々の猪名川町産の新鮮野菜や、十割そば
を味わいたいなら、猪名川町の情報発信基地、
道の駅いながわへ!
農産物販売センター

「農産物販売センター」では、地元の農家で、
その日の朝に収穫された、新鮮な野菜を販売
しています。

この日も、たくさんのお客さんで大盛況でした!

生産者のみなさんの「顔が見える」新鮮野菜は、
味も、お値段(安い♪)も、格別です!!
そばの館①

「そばの館」では、地元のそば粉にこだわった
「十割そば」が味わえます。

ここでは、休耕田を利用して生産されている、
つなぎを使わないそば粉100%のそば打ち体験
もできます(要予約)。

館内のレストランでは、打ちたて、ゆでたて
の「いながわそば」や、旬の農産物や特産品
であるシイタケなどを使った「いながわの味」
を堪能することもできます。
そばの館②~フードマイレージ~

メニューには、ちゃんと、「食料自給率」も
書いてあります。

写真は、食料自給率93%の「ざるそば」。

地元でとれた食材(そば粉・野菜)だけを使
っても、自給率は100%にならないのだとか。

ちなみに、一般的なスーパーで手に入る材料で、
ざるそばを作ると、自給率は28%に・・・

「食料自給率」とは、その国で消費される食料
が、どのくらい国内で生産されているかを示す
指標です。

ちなみに、日本の食料自給率は39%(H18)!

つまり、食べ物の60%を外国から輸入してい
ることになります。

そして、そして、なんと・・・
日本のフードマイレージは世界一!

フードマイレージの数値が大きいほど(生産地
と消費地が遠くなるほど)、輸送にかかわるエ
ネルギーがより多く必要になります。

そうなると、「地球環境に大きな負荷」をかけて
しまうんじゃないかと心配になってきますね。

それに、異国で作られた食糧ばかり食べていた
ら、「日本の、地元の、農業が衰退」してしまう
おそれも!?

やっぱり、地産地消(生産地と消費地が近い)
がいいですね♪

YES!地産地消。

みんなで、地元の新鮮野菜を食べて、心も体も
健康になりましょうー

~(余談)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「うちの食卓のメニューの自給率はどうなんだ?」

と気になった方は、ぜひ、こちらを。
クッキング自給率計算ソフトを使えば、
「品目別のカロリーベース自給率」を見ることはもちろん、
「カロリー計算」も簡単にできちゃいます♪
地域農業情報センター&川遊び

「地域農業情報センター」では、地域情報・
休憩コーナー、特産品販売コーナーなどが設
けられています。

また、道の駅のすぐ裏手には、猪名川が流れ
ていて、ファミリーで水遊びもできます。

猪名川のせせらぎ、
猪名川産のおいしい食材、
猪名川一帯に広がる田園風景・・・etc

猪名川の素敵な宝物を、これからもずっと、
ずっと、子どもたちに残せるように・・・

猪名川にお越しの際は、ぜひとも、
人と環境に優しい「バス」で♪


アクセス

(阪急宝塚線)川西能勢口・(JR福知山線)川西池田のりかえ
 ↓
(能勢電車)日生中央(阪急バス・1番のりば)のりかえ
 ↓
(阪急バス・杉生線)「川床口」下車すぐ


阪急バス

日生中央(1番のりば)
2008年8月 夏真っ盛り!「涼」を求めて猪名川町へ~ふるさと館~

町の面積80%を県立自然公園が占め、豊かな自然
と親しむことができるまち、猪名川町

町の中央を流れる「猪名川」には、オオサンショ
ウウオや蛍が棲む、清らかな清流が流れています。

猪名川町立ふるさと館①~民族資料館

ということで・・・

まずは、猪名川町立ふるさと館へ。

ここは、猪名川町の歴史や産業、人々の暮らしを
紹介する、民俗資料館になっています。

館内には、実際に使用されていた生活道具類や、
町の文化財、特産品など200点あまりが展示され
ています。
猪名川町立ふるさと館②~猪名川で水遊び

ふるさと館の裏には、猪名川が流れていて、
水遊びができる人工水路もあります。

もちろん、本物の猪名川で遊ぶことだってできますよ。

ファミリーで、思いっきり、猪名川の自然に
親しんじゃいましょう!
猪名川町立ふるさと館③~木製遊具

木製の遊具で遊ぶ、子どもたち。

緑いっぱいの猪名川の大自然の中で、きゃっきゃ
と遊んでいます。

この日も、子どもたちの楽しそうな歓声が響きわ
たっていました。
猪名川町立ふるさと館④~八坂神社、天澤寺

また、ふるさと館から徒歩5分のところには、
「八坂神社」と「天澤寺」がひっそりとたた
ずんでいます。

境内には、鬱蒼と木々が茂っており、涼を感
じることができます。

寺社のすぐ近くには、田んぼが一面に広がって
いて、静かな時の流れを感じることができますよ。


アクセス

■猪名川町立ふるさと館:
 能勢電鉄「日生中央駅」(阪急バス・1番のりば)から「杉生線」の阪急バス「木津上」下車、徒歩5分

■八坂神社、天澤寺:
「ふるさと館」沿いの道路を挟み、(ふるさと館の)およそ向かい側

日生中央(1番のりば)