ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
阪神地域えきバスマップ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1416件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/04/27のBlog
[ 00:34 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年4月 気分は芦屋マダム♪芦屋文化ゾーン
芦屋の海に程近い住宅街。
その一画に、芦屋市立図書館谷崎潤一郎記念館芦屋市立美術博物館があり、あわせて芦屋文化ゾーンといわれる複合文化施設を形成している。
芦屋市立美術博物館
芦屋ゆかりの作家の作品を中心に、収集・展示している。

また、「つくる、見る、考える」をテーマに、
気軽に親子で楽しめるワークショップも開催されている。
小出楢重のアトリエ(復元)
美術博物館の敷地内には、関西を中心に、
「裸婦の小出」と呼ばれる裸婦像の画家として活躍した
小出楢重のアトリエが見事に復元されている。

アトリエ内には、小出が愛用したイーゼル・絵具箱・パレットなどの画材も展示されている。
谷崎潤一郎記念館
美術博物館に隣接する、谷崎潤一郎の記念館。

「細雪」などでおなじみの作家、谷崎潤一郎。
明治・大正・昭和の華やかなる日本の文化を筆にとどめた
谷崎という人物とその作品を、生い立ちから晩年にわたって紹介している。


ゆっくりと流れる、時代のうつろいを感じることのできる庭園には、
今は、ツツジが咲きみだれている。
カフェ
美術博物館の庭には、おしゃれなカフェやミュージアムショップなども併設されている。
お茶を飲みながら、ゆったりと過ごす、やすらぎの空間。

季節限定で、香しい「さくらの紅茶」を味わうこともできる(~5月中旬頃まで)。



アクセス
■阪神芦屋駅より
 南東へ徒歩15分。
 南側2番のりばから、阪急バス「緑町」経由に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。
■JR芦屋駅より
 北側5番のりばから、阪急バス「緑町」経由に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。
■阪急芦屋川駅より
 南側5番のりばから阪急バス「シーサイドセンター行き」に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。


阪急バス

阪急芦屋川5番のりば
緑町


2008/04/19のBlog
[ 12:41 ] [ バスマップの取り組み ]
阪神都市圏広域バスマップ第2版が発行されました.

2008年3月時点の最新情報に更新されています.


Web版・ブログ版はこれから更新作業に入ります.5月末頃更新完了の予定です.

下記PDFファイルがプレスリリース資料となります.

2008/03/21のBlog
[ 00:48 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年3月 金太郎の春場所at満願寺
満願寺は川西市 雲雀丘花屋敷の山手、
住宅地と石切山の境に門を構える。
金太郎の墓
満願寺には「まさかり かついで 金太郎♪」の
金太郎の墓がある。金太郎は大人になって坂田金時と改名し、
源頼光に仕える武士、四天王の一人となる。
源氏に信仰された満願寺に墓があっても不思議でない。
境内
金太郎飴や子供用の金太郎Tシャツを売っていた。
強くたくましい子に育ちますように…

善哉や‘金太郎うどん’をいただける茶屋もある。
八十八箇所巡り
気持ちの良い緑の中でミニオリエンテーリング。
ハイキングコース道しるべ
石切山を超え多田神社を目指す、ややハードなコース。
この日は、アルペンスキーのような装備で元気良く歩く
ウォーキングクラブを見かけた。

アクセス
阪急宝塚線「雲雀丘花屋敷」駅 東口から
阪急バス 150系統 「愛宕原ゴルフ場」行きに乗り
「満願寺」で下車。北東に入り口が見える。

阪急バス
満願寺
雲雀丘花屋敷
2008/03/09のBlog
[ 23:36 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年3月 春匂う 緑ケ丘公園
吹く風もやわらかく感じる今日この頃。もう春ですね。
伊丹市の緑ヶ丘公園は今、約50種400本の梅林が見頃です。
花が目に入るより先に、香りが運ばれてきました(*^-^*)

赤・白・桃・黄の花に、新芽の黄緑…
色とりどりの点描に、視界がぱあっと明るくなります。
ぽかぽか陽気の日には
 たくさんの人がお弁当を持って花見に訪れます。
園内には大きな池が2つあり、水鳥が憩っています。
飛行機の行き交う風景は伊丹ならでは。


アクセス
・JR「伊丹」駅から
 伊丹市バス1番乗り場から49,50,51系統に乗車、
 「瑞穂小学校前」下車、東へすぐ
・阪急「伊丹」駅から
 →伊丹市バス1番乗り場から49,50,51系統に乗車、
「瑞穂小学校前」下車、東へすぐ
 →阪急バス8番乗り場から60,62系統に乗車、
 「瑞穂小学校前」下車、東へすぐ
・阪急「川西能勢口」駅から
 阪急バス6番乗り場から62系統に乗車、
 「緑ヶ丘二丁目」下車、東へすぐ

阪急バス・伊丹市バス瑞穂小学校前
阪急バス緑ヶ丘二丁目
2008/02/24のBlog
[ 18:44 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年2月 近松のまち・あまがさき
近松公園
尼崎市内の近松門左衛門ゆかりの地を訪れました。
近松公園は水の流れる地域住民の憩いの場。
来る春には梅や桜が咲き誇ります。
近松公園内 近松門左衛門像
近松は人形浄瑠璃と歌舞伎の世界で活躍した江戸時代の
劇作家です。今でも多くの作品が文楽、歌舞伎、オペラ、演劇、
映画などで上演上映されています。

毎年10月下旬の日曜日に行われる「近松祭」では、
法要や文楽人形による墓前祭に続き、
近松記念館では近松音頭保存会による舞踊、
下坂部小学校浄瑠璃クラブの出し物など、ゆかりの芸能が披露されます。

また近松の命日11月22日には、
演劇、芸能関係者が公演の成功祈願のために訪れます。
近松公園内 近松記念館 
近松愛用の文机、手紙などの資料約60点を展示。

開館時間:午前10時~午後4時
入館料:大人200円、学生150円、小人100円
休館日:水曜日
広済寺
近松公園の南西に隣接したお寺。
境内の近松の墓所では、
テープレコーダーで詳しい解説が聞けます。
近松線とモニュメント‘明日への指標’
JR尼崎とJR塚口をつなぐ国道41、606号線は、「近松線」
といわれています。一帯には「近松」の名を冠した商店街・
事業所・市民グループが見られ、お茶・お菓子も販売される
など、近松は尼崎の人々に親しまれています。
尼崎市HP「近松のまち・あまがさき」

アクセス
・阪急塚口駅から
 尼崎市バス「阪急塚口」2番乗り場から
 12系統「阪急園田方面行き」に乗車、「近松公園」で下車。西へすぐ
・JR塚口駅から
 尼崎市バス「JR塚口」12系統「若王寺、阪急園田方面行き」に乗車、
 「近松公園」で下車。西へすぐ
・JR尼崎駅から
 尼崎市バス「阪神尼崎」1番乗り場から
 11系統「阪急園田行き」か12系統「阪急園田行き」に乗車、
 「近松公園」で下車。西へすぐ

尼崎市バス近松公園
2008/02/10のBlog
[ 02:11 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年2月 ホビスタのジオラマを見に行こう
ホビスタ〈HOBBY WONDER STATION〉は
JR尼崎に登場したファミリー向けのホビーモール。
西日本最大級の鉄道模型ジオラマを中心に、
模型や鉄道グッズ、プラモデルのお店が集っています。
 
ジオラマを走る電車にはカメラが付いていて、
その映像を見ながら、
実物車輌の運転台を改造したコントローラーで運転を楽しめます。
(10分300円)
ホビスタ内 レンタルステーション
好きな車両を走らせて飽くことなく眺めている親子。
実はお父さんの方が楽しんでる(^^)


ホビスタ内 T.M.ステーション
昔の切符、終戦直後の時刻表、バスマガジン、
運転室からの展望を集めたDVDなど、豊富な資料書籍と、
電車のプリントTシャツやピンバッチ、
駅看板のストラップ等の楽しいグッズ。

ホビスタ内 銀座パノラマ 
電車の走っているジオラマを眺めながら食事ができます。
店内の走行車両(月2回変更)に合わせ、
メニューに地域性のある食材をとりこんでいます。

↓例えば↓
銀座パノラマプレート
ジオラマに走る赤い電車は名古屋鉄道‘パノラマカー’。
名古屋にちなんだ味噌カツ・手羽先が入っていました。


<アクセス>
JR尼崎駅北、アミング潮江ウエスト二番館3階
(JR尼崎駅東口から歩行者デッキを下り徒歩3分)

尼崎市営バスJR尼崎
2008/01/27のBlog
[ 23:28 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年1月 巡礼街道 売布神社~清荒神
昨年7月にご紹介した中山寺、今回訪れた売布神社、
清荒神は、道しるべに従い閑静な住宅街を通って巡拝できます。
中山寺-売布神社間は20分、売布神社-清荒神間は30分程です。
売布神社
推古天皇建立、緑の中に佇む古社。
社殿をとりまくシイ林は市の天然記念物で、
境内全域は環境保全地区に指定されています。

<売布神社へのアクセス>
阪急電車「売布神社」駅から徒歩5分。

阪急バス
売布神社口


清荒神清澄寺
平安時代の宇多天皇が創建した広大なお寺。
゛荒神さん"と呼び慣らされる火の神、かまどの神です。
荒神信仰の総本山とあって、
平日にもかかわらず多くの参拝者で賑わっていました。


清荒神・・・火箸納所
厄年に火箸を授かり、
厄が明けたら新しい火箸を添え、ここに納めます。

本社裏の、榊が植わった砂地にはお賽銭が埋まっており、
それを参拝者が棒でかきまわしている光景には驚きました。
よく来ると言うお婆さんによると、
お賽銭を棒で上手く寄せ、願をかけて持ち帰り、
次の年に倍返しをしに来るそうです。

裏手には、清澄寺法主と交遊のあった文人画家
「富岡鉄斎」の美術館があります。
鉄斎美術館
清荒神・・・参道
炭酸せんべい、漬物屋、豆屋、金物屋、乾物屋、
鈴、お面、コンペイトウ、鯛焼き、カステラ…
ゆるやかな勾配がつづく参道の両脇に途切れることのないお店。
どことなく怪しい出店にも慣れた様子でおばちゃんたちが品定めしています。
清荒神参道商店街

<清荒神へのアクセス>
阪急電車「清荒神」駅から北へ徒歩20分。
清荒神清澄寺 交通案内