ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
事務局日誌(NPO法人 古材文化の会)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:472件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/11/26のBlog
大和・町家バンクネットワーク準備会が主催する大和町家見学ツアーに参加しました。準備会は、今井まちなみ再生ネットワークが事務局をつとめ、古材文化の会もオブザーバーとして参加しています。(詳しくは9/24のブログ参照ください)

私は、22、23日と参加してきました。初日は大宇陀(おおうだ)、泊瀬(はせ)、三輪(みわ)とそれぞれの町づくりに関わる団体にお世話になり三か所を巡りました。夜は今井町にある町家宿泊施設、嘉雲亭に泊めていただきました。翌日は今井町にある交流センター「華甍」に集合し、宿泊組とスタッフが一緒に「花いっぱい運動」という取り組みでチューリップの球根を植えました。その後、今井まちなみネットワークの上田琢也理事長から説明を受け、今井町の空き家を巡りながら町歩きをしました。

どの町でも住民の少子高齢化、暮らし方の変化、建物の老朽化などで空き家が増えています。町並みや生活様式を形作る歴史ある建物は地域の資産です。どのように活用し次代につないでいくのかは、所有者力だけの問題ではありません。さまざな課題を市民団体が行政、所有者と協力しながら解決しようという奈良県での取り組みを会としても応援、協力していきます。(吉)
11月21日に京都市歴史資料館の小林丈広さんを講師に2期上級講座第7講義として「古文書の基礎知識と取り扱い」を開催しました。

建物調査に伺った際に古文書があった時にどうすれば良いか?という基本的な課題を中心に、町家に残された古文書に触れる体験実習まで行いました。 (秀)
[ 12:06 ] [ イベントや活動の様子 ]
11月20日午後に妙心寺の塔頭の退蔵院で会の第17回総会が開催されました。
総会に先立って行われた見学会では、国宝「瓢鮎図」(ひょうねんず)や庭園を住職の奥さんのご案内で拝観させていただきました。「瓢鮎図」は、禅の公案を絵にしたもので瓢箪で鯰をとらえる様子が描かれています。実物は国立博物館に収蔵され、退蔵院に現在ある絵は複製ですが、皆さん熱心に拝見されていました。
また、受付で2007年と2008年に実施した「中世の瓦つくり」の体験講座の記録集が配布され、総会前に関連する記録映画が上映されました。
総会では、最初に和尚さんの松山英照さんから歓迎のご挨拶をいただき、引き続き、会長から挨拶があり、その後、笠原啓史さんを議長に選出しました。議事は、15期の修正決算案、16期の総括と決算案、17期の方針や予算案が理事会より提案され、承認されました。
17期には、「発信型の活動」を主体とする会の新しい活動スタイルを目指し、永井会長を責任者に「木造建築サポート部(仮称)」準備会を設置することなど6項目の重点課題を決定しました。
新しく始まった第17期は2年余りに迫った会創立20周年に向けた大切な1年です。会員の皆さまのご支援ご協力をよろしくお願いします。 (秀)
2010/11/18のBlog
[ 18:19 ] [ スタッフのひとりごと ]
紅葉といえば、東福寺!
東福寺界隈、人多しです。この時期、道で土産物など売ってます。
古材文化の会の前でも売れるかも…。
東福寺の紅葉も色づいてます。
観光のついでに古材文化の会事務所にも遊びに来てください(よ)
2010/11/13のBlog
11/20(土)は古材文の会の定期総会です。一年に一度のことなのにいつも間際までドタバタです 決算で四苦八苦の事務局長は出欠はがきを数えながら「ありがたい」とつぶやいていました 

総会でも会員の方々にはお世話になりますが、近くの会員さん、遠くの会員さん、そして会員以外の方にもたくさん助けられた一年でした。ドタバタを少しは改善するよう努力しますが、これからも皆さまのお力を貸していただけたらと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。(よ)