ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
塩竈・もとまちアート海廊(ウォーク)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:439件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/12/22のBlog
[ 23:56 ] [ 大漁旗ツリー ]
仙台で参加中の「アークリ」を抜け出し、塩竈へ。本町通り商店街「くるくる広場」に完成した魚網イルミネーション&大漁旗ツリーをやっと見に行くことができました。 昨年は、塩竈本町通りまちづくり研究会の人たち、そして交流のある東鳴子ゆめ会議の人たちが、地域を超えて協働でつくるアート作品として、この大漁旗という塩竈らしい事物を使った高さ18メートルのツリーをつくりあげました。
それが地域に根付いて、今年は塩竈の方たちが自分たちのものとして制作・展示しています。
下からのライトアップや陸上御座船のイルミネーションなど、去年からいくつか修正点も見受けました。確実にアートの種は地域に芽を出していると思います。
明日はここで「くるくるクリスマス」が開催されます。すこし天気が心配です。
やはり塩竈、実にいいところです。帰りに、港によってみました。
海は静かです。

(コメント:門脇篤
2007/12/19のBlog
12月15日(土)、「漁網イルミネーション&大漁旗ツリー」が本町通り「くるくる広場」にお目見えしました。今年は、陸上御座船にもイルミネーションが付いているそうです。
ぜひ一度、その雄大な塩竈らしいツリーとイルミネーションをご覧ください。

また、今週末12月23日(日)には、このツリーの下で「くるくるクリスマス」も開催されます。
どうぞお誘いあわせの上、ご来場ください。

2007/12/03のBlog
塩竈・港町にある現代アート・スペース「ビルド・フルーガス」からのお知らせが届きました。転載いたします。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
皆さま、こんにちは。
ビルドフルーガスの高田です。

ビルドの12月の企画や
ビルドスペースで開催する展覧会のご案内をお送りさせて頂きますっ。
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-

『ビルドスペース』

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【11月と12月 ビルドスペースで聞く武田こうじのポエトリーリーディング】

日時 2007年12月15日(土)18:00open 18:20start
場所 birdo space(ビルドスペース)塩釜市港町2-3-11
料金 1000円+1ドリンク

チケット予約/お問い合わせ:
Mail: info@birdoflugas.com(ビルドスペース)
kojiwords@yahoo.co.jp (武田こうじ)
TEL: 022-366-5817

11月に引き続き、武田こうじ氏がビルドスペースにてポエトリーリーディングを
行います*
クリスマス前のセンシティブな心に、言葉のエッセンスを。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

仙台芸術遊泳/光と都市 「映像の中の光/景」

【日時】 12/21 (金) -12/26 (水) 18:00-20:00
【場所】ビルドスペース 外窓 ※スペースは閉切り
【タイトル】 映像の中の光/景 
【内容】
ビルドスペースでは、映像作家ジョッシュ・オルソンによる映像作品
「 Fogged:a part of our heritage (霧で包まれる景色は、我々の遺産の一部)
」と
伝説の陸上選手スティーブ・プレフォンティーンの栄光を描いた伝記映画「
Prefontaine

(スティーブ・ジェームズ監督)のパロディ作「 Prefontaine 」、
現代美術家ポール・カジャンダーのパフォーマンス映像作品「 The Invisible Many
」の 3 本をスペースの外窓に上映。
物理的な光ではなく、物語性が強く思想的で詩的な光を映像作品で鑑賞して頂き
ます。

【出展作家】ポール・カジャンダー/ Paul Kajander 、ジョッシュ・オルソン/
Josh Olson

<paul kajander>
1980 年 カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州出身
現代美術家。サイモン・フレイザー大学後、ブリティッシュ・コロンビア大学に
て美術修士号取得。
バンクーバーを拠点に、パフォーマンス、インスタレーション、テキストワーク
を手掛ける。

<josh olson>
1976 年 カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州出身
北米を拠点に活動する写真家/映像作家。シネマにてショートフィルム、ビデオ
上映、
ギャラリーにてビデオインスタレーションを発表する。
代表作に三浦綾子著「海嶺」を引用した作品「 No One's Ark 」 (2005) がある




-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
.-.-.-.-.-.-.-.-.-.


『田中泯+平間至写真展 関連イベント』


田中泯 +平間至 映画上映「ウミヒコヤマヒコ」&トークイベント&....特別場踊


10月から開催している写真展「場踊り」もいよいよ終盤となりました!
舞踏家として世界的にも有名な田中泯さんと写真家平間至さんが「ウミヒコヤマ
ヒコ」上映後、
「映画」「場踊り」そして「喝写」が生み出した新境地を熱く語ります。

まだ3館巡られていない方は、12/16(日)までに、ダッシュっ===))で塩釜
へ!!


日時 12月8日(土)14:00-17:30
場所 エスプホール(定員280人)
映画「ウミヒコヤマヒコ」&トークイベントチケット 1000円
<先取り情報っ↓>
トーク後、エスプの空中庭園にて、田中泯さんが場踊りの予定?!
ぜひ、これは見逃せません~~~~っ;;

チケットはビルドスペースでもお取扱中!!
022-366-5817
とにかく、今月も塩釜へ、、、、ダッシュっ======))))!!!!



現在、ビルド限定サイン入り「フォトグラフィカvol.09/平間至特集」を販売し
ております。
数に限りがありますので、要予約!お願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ビルドスペースは、12/27~1/11まで冬季休業いたします。
1/12(土)より原三枝「Communication Picture」展を開催致します。
来年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

...............................................................
...birdo flugas project
・・・ビルド・フルーガス・プロジェクト
企画担当 タカダアヤ
email:info@birdoflugas.com
http://blog.birdoflugas.com
http://www.birdoflugas.com


「・・・鳥が飛んでいる。」
...............................................................
2007/11/27のBlog
■イベント名 「漁網イルミネーション&大漁旗ツリー」

■点灯期間 12月16日(日)~12月31日(月)
 
■点灯時間 17:00~22:00

■会場 もとまちくるくる広場(浦霞醸造元向かい)

※制作日…12/15(土)

◆イベント名 「くるくるクリスマス」

◆日時 12月23日(日) 10:00~14:00

◆会場 もとまちくるくる広場(浦霞醸造元向かい)
 
◆内容 クリスマスコンサート
 (幼稚園児、童謡合唱団、バンド、他)

 地場産品の販売
 (あら汁、イカ・帆立焼き、地酒、鮮魚、干物、他)

◆問合せ 090-4634-5968
2007/11/21のBlog
[ 23:22 ] [ アーティスト ]
塩竈に取材した「街にはアートがいっぱい」の制作を行っているドキュメンタリー映像監督・川崎けい子さんからメールが届きました。以下、転載いたします。
「街にはアートがいっぱい」カレンダーも発売中とのことです。

************************

川崎けい子です。

すっかり、寒くなりました。インフルエンザも流行っているようです。みなさま
いかがお過ごしでしょうか。

わたしは、「壁の中の少女たち」が完成した後、塩釜の街づくりをテーマにした
ドキュメンタリー映画「街にはアートがいっぱい」の制作を行っています。撮影
はほぼ終わり、編集しているところです。

アフガニスタンの広大だけれど渇いた大地を見た後、日本を見ると、なんて緑が
いっぱいあるのだろうといつも思っていました。そして、もうひとつ、アフガニ
スタンにはなくて、日本にあるもの、それは海です。わたしは海のある茨城県で
生まれ育ったため、海があるのは当たり前でした。しかし、アフガニスタンに関
わって、海は決して当たり前の存在ではないことを実感として知りました。

塩釜は海とともに発展し、そして衰退してしまうかもしれない港町です。「かも
しれない」と書いたのは、このまま衰退してほしくないというわたしの願いをこ
めたものです。

それで、この港町・塩釜の街と人を見つめるドキュメンタリー映画を作ることに
しました。
ウェブを作っていますので、よろしかったらアクセスしてください。
http://shiogama.chagasi.com/index.html

ご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

●「街にはアートがいっぱい」と「壁の中の少女たち」の写真をつかった2008年
のカレンダーを販売しています。それぞれの映画の制作費の足しにと考えてます

http://office3way.com/shoppingcare.html

以下、お知らせです。
---------------------
◆ドキュメンタリー映像で見るアフガン女性の光と影
とき 2007年11月23日(金・祝日) 13:30~15:30(開場13:00)
ところ 茨城県立図書館視聴覚ホール
 水戸市三の丸1-5-38
内容 ・ドキュメンタリー映画上映「RAWA アフガン女性の闇に光を」
http://rawafilm.syoutikubai.com/
 ・トーク ○フォトジャーナリスト 川崎けい子氏
 ○茨城キリスト教大学教授 川上美智子氏
 ○国立・女性教育会館事務局長 鈴木優子氏
 ○国女振会員 城之内景子氏
 ・ご自由にどなたでも参加できます。参加料無料

お申し込み・問い合わせ
 (社)国際女性教育振興会茨城支部
TEL 090-1040-6788
FAX 029-228-5256

主催 (社)国際女性教育振興会
共催 茨城県立図書館
----------------------------
◆「壁の中の少女たち」映画上映と講演
http://afghangirls.tuzikaze.com/index.html

日時 2007年12月5日(水) 16:30~18:00 
場所 津田塾大学 1号館 1111教室
定員 200人
参加費 無料(申込要)
講師 川崎けい子

申込・問い合わせ先: 津田塾大学交流館事務室
Tel: 042-342-5146
Fax: 042-342-5109
E-mail: forum@tsuda.ac.jp
ホームページ:http://www.tsuda.ac.jp/koryukan/

2007/11/02のBlog
アサヒ・アート・フェスティバルから来年の参加プロジェクト募集のお知らせが届きました。以下、転送いたします。

アサヒ・アート・フェスティバル2008 参加プロジェクト募集
http://www.asahi-artfes.net/

アートでまちを考える・人と人をつなぐ
================================================

アサヒ・アート・フェスティバル2008の参加プロジェクトを募集
します。「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)」は、アサ
ヒビールが全国のアートNPOや市民グループと協働して
2002年にスタートさせたアートの祭典です。「市民の主体的な参加によ
るアート・フェスティバル」との趣旨のもと、アートを社会に開き、
アートを通じて地域の魅力を高めようとする人々により、毎夏、ジャン
ルを越えた多彩なプロジェクトが各地でおこなわれてきました。たとえ
ば、まちの記憶にもとづく表現が世代を超えた交流を生み出したり、参
加型の作品を通してアートと住民の出会いの場を広げたり、古い倉庫や
廃屋が地域の人たちが集うカフェやアートセンター、ギャラリーとなっ
たり・・・人と人を結び、コミュニティに働きかけるアートプロジェク
トが展開されています。

来年、7回目を迎える「アサヒ・アート・フェスティバル
2008」では、AAF2007より継続展開する企画に加えて、このフェ
スティバルをいっしょにつくりあげていく、新たな企画を募集します。

「市民」が主体となって企画・運営に参加し、 「未来」文化を
創造する新しいアートの力で、 「地域」の魅力を引き出し、コ
ミュニティの再構築を目指すアサヒ・アート・フェスティバル。

AAFは、参加者の連携によって運営され、各企画間の交流を促すことで
個々の活動がより充実することをめざすものです。全国各地で新たな
アートプロジェクトを企画されているアートNPOや市民グループ
の皆様、ぜひ、このネットワークにご参加ください。ご応募お待ちして
おります。

●応募要項など、詳細についてはこちらをご連絡ください。
http://asahi-artfes.net/news/2007/news071101.html

●募集期間:2007年11月1日-11月26日
※当日消印有効
●AAF2008会期:2008年6月14日-9月 7日

------------------------------------------------------------------------
●応募先および問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 事務局
〒160-0017 東京都新宿区左門町14番地 TH左門町ビル201
P3 art and environment内
TEL:03-3353-6866 FAX:03-3353-6971
E-mail:joho@asahi-artfes.net


主 催:アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社
助 成:財団法人アサヒビール芸術文化財団
2007/11/01のBlog
塩竈の現代アートスペース「ビルドフルーガス」から11月の案内が届きました。実に精力的ですね。
以下、転送いたします。


***********************

皆さま、こんにちは。
ビルドフルーガスの高田です。

ビルドの11月の企画や
ビルドスペースで開催する展覧会のご案内をお送りさせて頂きますっ。
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
.-.-.-.-.-.-.-.-.-.


『ビルドスペース』

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【平間至 x 沖本尚志 トークイベント「フォトカルチャーの未来】

日時 2007年11月10日(土)18:00open 18:20start
場所 ビルドスペース 塩釜市港町2-3-11
料金 1000円(1ドリンク付)定員 約40名
チケット予約・お問い合わせ/(立見席アリ) 
TEL 022-366-5817 ビルドスペースまで
Mail info@birdoflugas.com

写真家として第一線で活躍する平間至氏、そしてフォトグラフィのいまを発信する写真誌「PhotoGRAPHICA」編集長・沖本氏をビルドスペースに迎えて、フォトカルチャーについてのトークイベントを開催します

[GOOOOOOOD NEWS!!!]
フォトグラフィカ09号は平間至特集!11/20発売予定


イベント終了後は、塩竃市内飲食店50店が参加する「食べ歩き!おいしおがま」
にて
夜24時まで食のまち塩竈をお楽しみ頂けます*

詳細はこちら↓
*おいしおがま・食べ歩き> http://www.kankoubussan.shiogama.miyagi.jp


*平間至ウェブサイト> http://www.itarujet.com
(田中泯+平間至写真展開催中 12/16まで)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【11月と12月 ビルドスペースで聞く武田こうじのポエトリーリーディング】

日時 2007年11月17日(土)18:00open 18:20start
場所 birdo space(ビルドスペース)塩釜市港町2-3-11
料金 1000円+1ドリンク

チケット予約/お問い合わせ:
Mail: info@birdoflugas.com(ビルドスペース)
kojiwords@yahoo.co.jp (武田こうじ)
TEL: 022-366-5817


仙台を拠点にポエトリーリーディング活動をする詩人、武田こうじ氏がビルドスペースに登場!
本企画第一弾では、過去詩集・未収録の会場限定版「抱きしめた」より10編等計20編を朗読します。

いつもとは一味違う空間で、武田こうじのポエトリーリーディングを聞いてみませんか?
ビルドスペース限定テイクアウトポエトリー有。


【ポエトリーリーディング/poetry reading】詩人が自作の詩を朗読するアート形態のこと
【武田こうじ/詩人】
1971年 東京生まれ
仙台を中心に、自費出版詩集の刊行、ポエトリーリーディングライブを展開するほか、詩のワークショップの講師、ラジオのパーソナリティ、雑誌の連載などを勤める。
ウェブサイト> http://www.kojitakeda.net

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


『飛びだすビルド!』

+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+

飛びだすビルド!のワークショップ ~中山幼稚園編~
第四弾 「写真で遊ぼう」

【日時】2007年11月9日(金)
【場所】尚絅教会付属 中山幼稚園 
 〒981-0952 仙台市青葉区中山4-17-25

※ワークショップは一般公開ではありません。
ワークショップの模様はウェブサイトでご報告します

http://www.birdoflugas.com/BW_workshop.htm


担当:大江玲司/フォトグラファー
<プロフィール>
1984年生まれ 宮城県塩釜市出身
宮城県立宮城野高等学校卒業
日本写真芸術専門学校肖像写真科卒業
studio MOURIS/毛利充裕写真事務所勤務
2006年より、現在はフリーで活動中


+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+

★ネッツトヨタ仙台黒松店 meets 飛びだすビルド!ふれあい体験型アート展★

日時 2007年11月23日(金・祝)ー12月2日(日)
 ネッツトヨタ仙台黒松店営業時間内 9:00-17:30 ※(火曜日休店)
会場 ネッツトヨタ仙台黒松店 仙台市青葉区藤松4-18
TEL 022-273-0010
主催 ネッツトヨタ仙台

ふれあい体験型アート展!出張型ギャラリーの開催です。
黒松店店内にて4人のアーティストがご来場の皆さんと一緒に楽しめる作品展示をします。
アーティストと一緒に作って、触って、笑って、驚いてみませんか?


展示に関するお問い合わせはビルド・フルーガスまで
TEL 022-366-5817 Mail info@birdoflugas.com


期間中、作家が特定日(11/23-11/25、12/1~12/2)に在籍し、作品の説明やワー
クショップを実施します。
ぜひ、ご家族、ご友人とご一緒にご来場ください!

[参加アーティスト&展示内容]
大江玲司/フォトグラフィ:日光を利用してガラス壁に乗車時の風景画像を展示。
 11/23-11/25、12/1-12/2は、ご来場者の記念写真を撮影します。
大沼剛宏/プロダクトデザイン:ご来場者が触れることの出来る砂の彫刻を設置。
 また1メートルの砂のタワーを展示します。
篠塚慶介/プロダクトデザイン:車のタイヤが描かれたフライヤーに来場客がお絵描き。
 またタイヤ・スタンプを使って「夢の車」をご来場客と描いていきます。
すがわらじゅんいち/造形美術:ご来場客と一緒に水面にクレヨンで絵を描き展示します。
 また、出会いとつながりをテーマにしたボラード作品を展示。

+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+/+
2007/10/19のBlog
[ 01:03 ] [ 塩竈情報 ]
今週末10月21日(日)は14:00~17:00の予定で「ライブinもとまち」が開催されます。出場バンドは、「タケレボ」他。会場は「くるくる広場」(浦霞造醸所前)。

また、同日、鹽竈神社表坂の下では「門前市」(10:00~15:00)が開催されています。

どうぞ塩竈へ足をお運びください。
2007/10/18のBlog
塩竈・本町通りとまちづくりやアートを通してネットワークのある宮城・東鳴子で行われている企画のお知らせです。

***********************

みやぎ東鳴子「GOTEN GOTEN 2007 アート湯治祭」
“りくとうアートライン”
セカンドステージ、スタートします!

9月よりスタートした「りくとうアートライン」は、JR陸羽東線沿線にアートを点在させることによって、東鳴子から湧き出したアートの源泉が大崎エリアを潤していき、アートが地域をつないでいく企画です。
9~10月の東鳴子での「オープニングステージ」を終え、11月からは「セカンドステージ」として、鳴子~岩出山エリアでの展示を開始します。行楽シーズン到来の中、アートも楽しめるエリアとして、ぜひご高覧くださいますよう、よろしくお願いいたします。
特に、昨年より交流を深めてまいりました大崎市立鳴子中学校の文化祭にアーティストが作品を出展、生徒とともに準備したり、生徒作品といっしょに展示したりと、地域の中学校とのコラボレーションも実現いたします。
また、「アート湯治祭」を楽しみながら秋の紅葉などを満喫できる「現代湯治5日間の旅」も好評いただいております。あわせてご案内させていただきます。
この機会に、湯治とアートを、どうぞ堪能していただけますよう、よろしくお願いいたします。

企画名:「GOTEN GOTEN 2007 アート湯治祭 “りくとうアートライン”セカンドステージ」
期 間:2007年11月7日(水)~12月9日(日)

会 場:東鳴子、岩出山周辺地域
主 催:東鳴子ゆめ会議
 〒989-6811 大崎市鳴子温泉字赤湯34
 0229-83-3052 spa@seagreen.ocn.ne.jp
問合せ:門脇篤まちとアート研究所
 070-5621-2301 info@kadowakiart.com
 ※もしくはそれぞれの会場へ直接お問合せください

●「現代湯治5日間の旅」
期 間:~2007年12月9日
内 容:休前日を除く4泊5日の旅
 2食付:35,000円、朝食付:25,000円、自炊:18,000円
特典:参加旅館のお風呂入り放題、3000円の湯治場お買い物券
問合せ:東鳴子ゆめ会議 0229-83-3052
●りくとうアートラインセカンドステージ作品設置場所リスト
1.感覚ミュージアム(岩出山)11/7~12/9
 http://www.kankaku.org/
 「感覚」をテーマにしたユニークなミュージアムに東鳴子の「湯治」を体験したアーティストたちが終結。体験型収蔵作品とのコラボレートや中庭を使った大規模な作品展示など、いつもと少し違った感覚ミュージアムをお楽しみください。
2.ユービック(有備館駅)10/30~12/9
 JR陸羽東線・有備館駅前にたつ、木をふんだんに使用した「ユービック」の一部を借りてアート作品を展示。
3.あ・ら・伊達な道の駅(池月)~11月中旬
 http://www.ala-date.com/
 大人気の道の駅の中央部にあるスパイラルホールを使い、アートの泉が広がっていくようすをイメージした作品を展示。
4.勘七ギャラリー(東鳴子)11/7~12/9
 http://www.hds-net.co.jp/kansiti/
 1784年創業の東鳴子の老舗旅館「勘七湯」別館2階をアート展示会場として開放。湯治宿がアート空間に一変します。
5.鳴子御殿湯駅(東鳴子)~12/9
 陸羽東線前線開通90周年を記念し、東鳴子のシンボルともいうべき駅舎に、毛糸でつくった「空にかける線路」を展示。
6.東鳴子会館(東鳴子)11/7~12/9
 この春に東鳴子が「重曹泉の郷」宣言をしたことを記念し、重曹を使った作品を制作・展示
7.ホリエギャラリー(東鳴子)通年
 町のパン屋さん「堀江製菓店」に絵画作品を展示。
8.陸羽東線JR8駅プロジェクト(岩出山駅~中山平温泉駅)11/7~12/9
 8/29~9/4の間、駅利用者に行った調査をもとに、JR陸羽東線の無人駅(上野目、池月、川渡温泉、中山平温泉)の駅天井を使ったアート作品の展示を行います。
●鳴子中学校文化祭に湯治アーティストが参加!
 10/27(準備は10/26午後)
 鳴子中学校文化祭にアーティストたちが展示で参加。生徒とともに準備をしたり、東鳴子町内会のみなさんとつくった「湯けむり」が展示されたりと、地域の中学校をアートで盛り上げます。

2007/10/12のBlog
「もとまちアート海廊」期間中の様子を撮ったドキュメンタリー映画「街にはアートがいっぱい!」が11月に完成するそうです。以下、川崎監督から届いたご支援のお願いチラシから転載いたします。

****************************

ご支援のお願い
 日本有数の漁港・塩釜の中心として栄えてきた塩竈市・本町通り商店街(宮城県)。近年、マグロの水揚げ量の減少、大型店の進出などにより、車が通りすぎるだけで人の歩かない街となってしまいました。
 この本町通りで、この夏、ユニークな街づくりのイベント「塩竃・もとまちアート海廊(ウォーク)」が行われました。これは、街そのものをアート(芸術)の視点で見つめ直し、街の魅力(すなわち人の魅力)を再発見しようというものです。
 例えば、廃墟化していた旧銀行の建物の中に、現代アート作家の作品が展示されました。作品は、展示する場所との相乗効果によって輝きを増すものですが、逆に、展示された場所は、作品によって、新たな意味を持ちはじめます。建物自体は、作品が展示される前も後も同じなのに、別の意味をもつことで違って見えてくるわけです。
 「塩竃・もとまちアート海廊(ウォーク)」は、アート作品自体を鑑賞すると同時に、作品が展示された場所に新たな光をあて、場所を見つめる試みだったといえます。
 街に光をあててみたら、街はなんて素敵だったのだろう。そこに集う人びとはなんて魅力にあふれていたのだろう。お釜神社の藻塩焼神事や宵祭り、お神楽、みなと祭りなどずっと前から行われていた伝統行事も何か違って見えるようです。
 この映画は、街にアートの光をあてて見つめたら、どんな風に見えるだろう、というものです。街のあり方を考えるための映画です。ご関心がありましたら、ぜひご支援をお願いします。

川崎けい子


◆ドキュメンタリー映画「街にはアートがいっぱい」を今年11月末の完成をめざして制作中です。その費用(編集費、音楽費、ナレーション録音費など)のご支援をお願いします。

◆ ご協力いただける方は、いくらでも結構ですので下記まで振り込んでください。その際、「街にはアートがいっぱい」制作支援、と明記してください。

1万円以上のご寄付をいただいた団体・個人の方には、完成した映画の私家版VHSビデオをお届けします。

 郵便振替口座番号 00110-8-352894
 口座名称 川崎けい子

☆問い合わせ 
オフィススリーウェイ 川崎けい子 
東京都台東区日本堤2-11-3-401
Tel/Fax: 03-3871-0539 Email: k-grim@fb3.so-net.ne.jp

2007/10/09のBlog
「アサヒ・アート・フェスティバル」の報告会が来月3・4日に行われます。
どなたでも参加できますので、ぜひこの機会に「まちとアート」をテーマに取り組んでいる全国のアート・プロジェクトの活動をごらんください。

**************************


アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会のご案内 
http://www.asahi-artfes.net/

================================================

 今年も7月7日から9月9日まで、「さざなみから うねりへ 
アサヒ・アート・フェスティバル」をキャッチコピーに、全
国各地で様々なアートプロジェクトを展開しました。この報
告会では、今年のアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)
の試みとAAF2007参加28のプロジェクトの成果を紹介します。
 現場に立ったアート・プロデューサーやアーティストとの対
話を楽しめる「プレゼンテーションブース」の点在する空間で
、全国を駆け回りプロジェクトを記録し続けたドキュメントチ
ームによるレポート「40分でわかるAAF2007」やプロジェク
ト担当者によるパネルディスカッションを行います。AAFが初
めての方には、詳しい解説とともに会場を回る「全国AAFツア
ー」も用意しています。
 そして、パネルディスカッション「いま、アートについて話
そう」では、今年のベネチア、カッセルのドクメンタ、ミュン
スターなど、世界のアートシーンの動きも参照しながら、プロ
セス重視のアートプロジェクトにおける「アート」について、
パネリストとともに考えます。
 会場には、次回AAF2008の企画公募についての相談所も開設
します。AAF2008の参加を考えるみなさんもお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------
●開催概要

■日時:2007年11月3日(土) 13:00~19:30
■会場:アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒスーパードライホール4F)
※入場無料
■事前申込み:パネルディスカッション1と2のみ、事前にお申し込み下さい
(各回定員70名)
■問合せ・申込み:アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 事務局
Tel: 03-3353-6866 e-mail: joho@asahi-artfes.net

※11月4日(日) 10:00~15:00
グループディスカッションを行っています。こちらも公開です。
詳細は事務局までお問い合わせください。



------------------------------------------------------------------------
●参加プロジェクト 一覧

http://asahi-artfes.net/2007/project_all.html
※No.01~26、D、Eのプロジェクトが報告会に参加します。
※各プロジェクトの詳細も、上記のリンクからお願いします。


------------------------------------------------------------------------
●タイムテーブル 

13:00~13:40「40分で分かるAAF2007」
AAFドキュメントチームによるレポート。初めての人に
も分かりやすくAAFを紹介します。

14:00~15:00 パネルディスカッション1
「アートプロジェクトが生み出すもの~AAF2007とはなんだったのか~」
パネリスト:AAF2007参加プロジェクト担当者
AAFに参加するとどんな意味があるの?そして、各地で
はどんなことが起きているの?AAFの役割と参加プロジ
ェクトの可能性について考えます。

18:00~19:30 パネルディスカッション2
「いま、アートについて話そう」
パネリスト:新川貴詩(美術ジャーナリスト)、
藤本由紀夫(サウンド・アーティスト)、芹沢高志(P3 art and environment)
モデレーター:萩原康子(企業メセナ協議会)


------------------------------------------------------------------------
●パネリスト・プロフィール

新川貴詩
美術ジャーナリスト。1967年生まれ。早稲田大学第一文
学部フランス文学専修卒業、同大学院情報通信専攻修了。
出版社勤務の後、執筆活動を開始。新聞や雑誌に主に現
代アートに関する文章を発表。著述に加え、展覧会企画
も務める。主な著書に「残像にインストール 舞台美術と
いう表現」(光琳社出版)など。

藤本由紀夫
サウンド・アーティスト。1950年、名古屋生まれ。大阪
芸術大学音楽学科卒業。70年代よりエレクトロニクスを
利用したパフォーマンス、インスタレーションを行う。
80年代半ばより、サウンド・オブジェ、サウンド・イン
スタレーションの制作をする他、パフォーマンスを行う
など、知覚を利用した独自のテクノロジー・アートの世
界を展開している。

芹沢高志
1989年、P3 art and environmentを設立。以後、現代美術、
環境計画を中心に、数多くのプロジェクトを展開。国際現
代アート展「デメーテル」の総合ディレクター (2002)。
横浜トリエンナーレ2005キュレーター。アサヒ・アート・
フェスティバル実行委員(2002-07)。著書に「月面からの
眺め」(毎日新聞社)、など。


------------------------------------------------------------------------
●AAL DAY

全国AAFツアー [ツアーA=16:00発/ツアーB=17:00発]
アートスクエア内に広がる28のAAF参加団体ブースをツア
ーコンダクターと回るAAF旅行。

Bar拓
パネリストたちが癒しを求めてふらっと立ち寄る秘密のBar。
報告会実行委員、岡本拓(通称オカタク)と竹内将史(通称あ
っとくん)が、入れ替わりでマスターを務め、あなたをお出
迎えします。歩き疲れたら、オカタクやあっとくん、アート
を目指す若者やパネリスト、プロジェクトの担当者とjazzの
流れるお洒落な空間で語り合おう!ちょっとした休憩にもぜひ!


------------------------------------------------------------------------
主催:アサヒ・アート・フェステバル実行委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団


アサヒ・アート・フェスティバル2007報告会実行委員会
よこたたかお(明治大学)竹内将史(中央大学)、山浦
彬仁(つくば大学)、新井宏輔(早稲田大学)、江田和
司(早稲田大学)、岡本拓、加古貴之、半田恭子(日本大学)
[ 23:00 ] [ 塩竈情報 ]
「ライブinもとまち」のライブ開催日が決まりました!!

10月21日(日) です! 14:00~17:00

出場バンドは、「タケレボ」他です。

ちょうどその日は、鹽竈神社表坂の下で
「門前市」 10:00~15:00が開催されます。
内容は、塩竈の物産とフリーマーケットです!