ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
塩竈・もとまちアート海廊(ウォーク)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:439件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/07/02のBlog
[ 00:37 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
地元・塩釜ケーブルテレビさんが取材に訪れました。
阿部平かまぼこ店の田中真二朗作品のほか、器の郷・ひろ埜隣の空店舗を活用した「もとまちアート・ギャラリー」、旧徳陽シティ銀行(くるくるアートセンター)での「美術計画」の展示などを取材していただきました。
今週土曜から一週間、毎日再放送されるそうです。

(コメント:門脇篤
[ 00:33 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
今朝の河北新報朝刊に載ってました。阿部平かまぼこ店の壁をかざる田中真二朗作品です。
アート・ウォーク、はじまってます!

(コメント:門脇篤
[ 00:13 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
本町通り商店街に、50枚のフラッグがはためいています。
ちょっと小さめのフラッグが、小さな一歩を踏み出したこの「もとまちアート海廊」っぽさをかもしだしてます。

(コメント:門脇篤
2007/07/01のBlog
[ 00:00 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
塩竈・もとまちアート海廊(ウォーク)
 ☆☆☆ Motomachi Art Walk ☆☆☆

 2007年7月1日~8月10日
 宮城県塩竈市本町通り商店街界隈
 http://www.kadowakiart.com/shiogama/

「街はすでにアートであふれている」
"コミュニケーション"と"'(再)発見"をキーワードに、歴史ゆかしき塩竈・本町通りを舞台としたアート展を実施、アート作家にとっては街との交流の中で作品をつくる経験に、街の方にとってはアートの視点で街やお店を見直し、日常を楽しくする機会に、来場者にはアートさがしをきっかけにして「まち歩き」をしてもらい、その中で塩竈の街のよさやおもしろさ、歴史や人の息づかいといった商店街ならではの楽しみ方を発見してもらう企画です。

7月1日(日)「オープニングウォーク」(オープニング・イベント)
 10:00~
 ・塩竈市長さんとともに「毛糸のテープカット」&市長さんと回るアート・ツアー
 ・もとまちアート・マーケット(アートフリマ)
 ・ボクのワタシの大漁旗ワークショップ、アイロンビーズワークショップ
 ・第3回世界紙船競艇選手権塩竈大会
 11:00~
 一般向けアート・ツアー
 12:00~
 もとまちライブ
 ポップス、フォーク、沖縄三線、ブルース民謡の4バンドによるライブ演奏
 15:00~
 もとまちアートシンポジウム
 まちの人とアーティストが「まちとアート」をテーマにトーク。
 様子は商店街スピーカーを通じて町中に流しちゃいます。

※この他、期間中いろいろな関連イベントあり。

【出展・出演アーティスト】
高山登、相澤智美、阿部みちよ、伊勢利枝、うじまり、内田邦昭、越後しの、大内四郎、大場順一、岡和枝、岡沢幸、金子康宏、川村妙子、形而工作室、後藤ひとみ、KOZO、齋正弘、斉藤文春、坂牛幹雄、佐立るり子、佐藤才子、高島芳幸、高橋恵子、竹内博、千葉啓子、照井 隆、冨田紅子、中島優理、中村由起子、平塚ショウ、Victor Naganuma、松倉藍輔、門脇えり、清川波之丞&ほでなすバンド、加屋本正一、渡辺綾子、塩釜高校小川教諭と生徒たち、定禅寺ジャすフェス、工藤広隆、HIRO、yummy!、素色(もといろ)、エヌ*センス、エーコ、越後しの、及川潤耶、kanemex、ガラス工房サンスマイル、齋藤高晴、髙橋健太郎、田中章博、田中真二朗、Digi Craft、守屋誠太郎、ヨシムラ無線、門脇篤 ほか


主催:本町通りまちづくり研究会
共催:美術計画実行委員会、門脇篤まちとアート研究所
協力:塩竈市、東鳴子ゆめ会議、BAY WAVE、ビルドスペース
後援:塩竈市教育委員会、塩竈商工会議所、河北新報、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、産経新聞社東北総局、日本経済新聞社仙台支局、毎日新聞仙台支局、仙台リビング新聞社、S-style、NHK仙台放送局、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、TBC東北放送、Date fm、塩釜ケーブルテレビ

URL http://www.kadowakiart.com/shiogama/
ブログ http://www.voluntary.jp/shiogama/
mixiコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2216616
チラシ http://www.kadowakiart.com/artwalk01.pdf
 http://www.kadowakiart.com/artwalk02.pdf
2007/06/30のBlog
[ 23:45 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
今朝、「まちとアート研究所」へ行くと、できていました、昨日夜10時にわかれてその後夜なべしてつくったと思われる小林くんの「もとまちア~ト新聞」!
明日のオープニングでみなさんにお配りしたいと思います。

(コメント:門脇篤
[ 00:42 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
明日のオープニングに向け、もとまちアート・ウォーク、準備が着々と進んでおります。
まちの方のアイデアによるポスターや、まちの方向けのガイドツアーの企画などが進み、まちのコミュニケーション・ツール=回覧板が最大限に活用されています。

(コメント:門脇篤
2007/06/29のBlog
[ 00:45 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
越後妻有トリエンナーレで話題を呼んだ現代アーティスト・日比野克彦さんの「明後日新聞」的なものをつくりたいと、東北大4年静養美術史専攻・トライアスロン部の小林くん、もとまちアート新聞を編集し始めました。
夜の9時に片平の事務所に取材に現れ、「これから原稿書いて、印刷してきます。明日は朝から七ヶ浜で合宿なんで」(7/1にトライアスロンの大会に出場)という、めちゃくちゃハードなスケジュール。アートもトライアスロン流?
小林くんのつくった新聞は7月1日のもとまちアート・ウォーク・オープニング時に配布される予定。その後、週刊でまちの話題やアート作家へのインタビューなどが掲載される予定です。

(コメント:門脇篤
[ 00:28 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
デザイナーXさんがデザインし、「制作会社copy」さんが制作したもとまちアート・ウォークのフラッグが完成。これから通りの街灯部分へ設置です。港町の夏をイメージしたさわやかな白地にコバルトブルーの旗が、商店街のアートな夏を彩ります。

(コメント:門脇篤
[ 00:07 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
秋田在住の田中真二朗さんの作品が到着、さっそく阿部平かまぼこ店へ搬入です。
コンパクトにまとまった作品ボックスには展示指示書が入っています。
設置を主に担当してくれたのは、東北文化学園大の大沼佑太郎くん。4月に仙台は定禅寺通りでやったアート・プロジェクト(こちら)でも大活躍でしたが、今回も持ち前の熱心さで指示通り着々と作業を進めていきます。
作家の田中さん、なかなか心にくい演出で、阿部平さんやもとまちアート・ウォークのロゴが入った布団など、作品に細かなアレンジが施されています。
設置完了後、続々訪れるお客さんは、お店の「異変」を素早くキャッチ。田中作品についての情報を事細かに仕入れたおかみさんは、さっそく作品を始めていらっしゃいました。
「秋田の方で、現代の棄景をテーマにね…」
さすがです! まちの力おそるべし。

(コメント:門脇篤
2007/06/28のBlog
[ 00:21 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
伊万里焼専門店のひろ埜さんは「もとまちアート・ウォーク」のためにルーブル美術館収蔵姉妹品を投入。これはまさに東洋の美。商店街はすごいことになってます。

(コメント:門脇篤
2007/06/27のBlog
[ 00:42 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
とうとう今週末の「もとまちアート・ウォーク」オープニングに向けて作品の搬入が始まりました。
仙台銀行塩釜支店では私・門脇の「大漁旗プロジェクト2007」の設置作業が行われました。
設置を手伝ってくれたのはボランティアスタッフの小林くん。東北大文学部4年で西洋美術史専攻。トライアスロン部に所属し、7月1日は隣町の七ヶ浜のトライアスロン大会に出場するとか。
作業をすぐさま飲み込んで、きびきびと動くさまは実に小気味よく、あっという間に新しい塩竈・もとまちの旗が銀行吹き抜けにはためきました。
銀行からのお知らせボードも「くるくるマップ」と大漁旗カードが占拠。できあがったボードを前にパチリ。
しかし「大漁旗を飾ります」と聞いていた支店長さんは、名刺大の大漁旗の大きさにちょっと拍子抜けしたようで、「もうちょっと目立つ工夫を」とアドバイスしてくださいました。
期間中にもうちょっと調整していきたいと思います。
さて、設置が終わって車に乗り込もうとすると、「じゃ、走って帰りますんで」とこともなげに小林くん。塩竈から仙台までは車で40分くらいかかります。
「正月も塩竈神社まで初詣マラソンで来たんで、大丈夫です」さすがトライアスロン!
ちなみに「もとまちアート・ウォーク」のフィナーレを飾る8月10日の「くるくる談義」会場へは、東鳴子を発した三輪自転車部隊「アートライク隊」がおいしい米をもって約70キロを走破、翌日はまた東鳴子へ戻って宴を開きますが、小林選手には参加の内諾をいただいております。

(コメント:門脇篤
2007/06/26のBlog
[ 08:56 ] [ もとまちアート海廊(ウォーク) ]
隣町の七ヶ浜・アート・ウォリアーズというのと隣り合わせに載っています。

(コメント:門脇篤