ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
コロポックル通信
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:160件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/06/30のBlog
[ 10:05 ] [ 講演・研修会、イベントの報告 ]
脳外傷友の会の 第10回全国体会が6月25日・26日 奈良県で開かれました。
 25日はホテル日航奈良で、全国の仲間が集まっての交流会でした。
 全国各地の仲間が、食事をしながら各地の方々と情報交換などを行っていました。
26日は奈良市登大路町の県立文化会館で全国大会が開かれ、600名の参加者が集まりました。
 4人の当事者に活動奨励賞が送られた後、「日本脳外傷友の会10周年記念事業」の報告、神奈川リハビリセンター病院大橋正洋氏の座長のもとで、厚生労働省保健福祉部企画課の「今後の取り組みについて」講演、国立障害者リハビリテーションセンター学院長の中島八十一の「高次脳機能障害支援の発展」が講演されました。
 又、ボランテアの方が ”高次脳機能障害者の交流&ワークショップ” として、金魚すくいや音楽療法などをおこなっていただきました。
午後から、「高次脳機能障害者の生活支援自立にチャレンド」の講演が阿部順子先生により行われ、小川喜道先生が「高次脳機能障害者の生活支援 海外の事例を元に我国の制度を検討の必要がある 旨を述べていただきました。
 その後、「体験から学ぶこと」 と題したシンポジュウムが開かれ、当事者と家族の発表には並々ならぬ努力がみえて、胸が熱なるものありました。
 最後に、大会アピール文を採択した後、今大会を運営してくださった「あすか」会員の皆様と平城遷都1300年祭のマスコットも参加して歌を披露し、会場の皆様も参加して盛上がり、大会を終了しました。
2010/06/16のBlog
[ 10:21 ] [ 高次脳機能障害の図書 ]
NPO法人日本脳外傷友の会が編集し、明石書店から発行されていた「Q&A脳外傷」は、今回全面改定がおこなわれ、装いを新たに第3版として発行されました。
 東川悦子理事長の、個人的体験から今日の制度・政策をめぐる課題まで熱く語っていただいた文章も追加されました。
 高次脳機能障害者にとって現行制度をフル活用できるよう、障害者自立支援法成立後の変更点も分かりやすく解説されています。当事者や家族のみならず、支援にあたる専門職の方も座右の1冊となります。
 また、最近は高次脳機能障害の関連図書が沢山発行され、どれを読んだらよいか迷うことがありますが、巻末には目的に応じたお薦め本を取り上げています。
 コロポックルに在庫がありますのでご連絡ください
☆ Q&A脳外傷 【第3版】 高次脳機能障がいを生きる人と家族のために
☆ 編 集 : NPO法人日本脳外傷友の会
☆ 出版社 : (株) 明石書店
☆ 価 格 : 1,575 円(税込)
 
2010/06/15のBlog
[ 20:27 ] [ マスコミ報道 ]
4月20日の参議院厚生労働委員会で、「軽度外傷性脳損傷」(MTBI)について質疑が行われ、長妻厚生労働相は、診断基準ガイドライン作成に向けた研究を始める 旨答えていました。。(毎日新聞10年4月21日) 
 また、整形外科医の石橋徹氏は、鞭打ち損傷といわれる中に「軽度外傷性脳損傷」が潜んでいたことを明らかにした著書を発行し、患者救済の必要性を訴えていましたし、東京には「軽度外傷性脳損傷友の会」が設立されホームページも開設されています。
 毎日新聞6月14日には、記者が軽度外傷性の損傷の現状などを石橋氏にインタビューした内容が掲載されています。(記事概要はPDFをご覧ください)
脳梗塞を発症し失語症になってしまった漫画家が,発症して現れた様々な症状とリハビリテーションの内容を、マンガと言葉で綴った体験記です。 高次脳機能障害者の心情や障害の内容が理解できるように書かれています。
 首都大学東京教授 渡邊 修先生監修が監修。 医学的なコメント(本文欄外),参考資料(巻末)として,高次脳機能障害の基礎知識がまとめられています。

☆ 著 者 : 福元のぼる・福元はな 著
☆ 監 修 : 渡邉修
☆ 定 価 : 定価 2,100円(本体 2,000円+税5%)
☆ 発行年 : :2010年5月
2010/06/12のBlog
[ 05:56 ] [ 今後の講演・研修会、イベント予定 ]
「オレンジクラブ いわてバージョン」は、オレンジクラブのスピリットに基づき、高次脳機能障害を抱える方の認知機能や社会活動能力を高めるとともに、家族の高次脳機能への理解、問題解決に向けた対処行動を促進し、参加者全員がより積極的、意欲的に社会生活を志向できることを目的とした集団プログラムです。
 「いわて脳外傷友の会イーハートーヴ」が主催して、今年も10回にわたって開催されます。
 詳しくはイーハートーヴのホームページをご覧ください。去年行われた8回コースの様子も掲載されています。

☆ 開催日時 : 平成22年7月27日(火)~11月30日(火)までの全10回
 (7/27,8/10,8/24,9/7,9/21,10/5,10/19,11/2,11/16,11/30)
 時 間: 13時30分~16時30分
☆ 開催場所 : いわて県民情報交流センター「アイーナ」