ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふぉーらむ日記
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1185件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/08/01のBlog
8/1(土)10:50~12:00、「NPOのための助成金・補助金申請講座」を開催しました。
参加者は、4団体8名の方々でした。

講座に参加された皆さんは、同日午前10時から開催された「箕面市NPO補助金説明会」にも参加されていましたので、平成21年度後期の補助金申請を検討されている方々が中心だったと思います。

箕面市NPO補助金の説明会に合わせた講座の開催は、みのお市民活動センターでは以前から行っていました。今回は特に、市の補助金ばかりでなく他の助成金・補助金にもチャレンジしていただきたいという気持ちも込めて、助成金の探し方についても盛り込んだ内容としました。

今回は1団体から複数名での参加の方が多く、みなさん熱心にお聞きいただきました。
また、アンケートでは、「もう少し早い時期に講座があると良かった」という声もありました。

具体的な申請にあたっては個別の相談が必要となってくるかと思いますが、事前に講座を受けていただくことで、今後の事業計画や申請書の作成がよりスムーズになることと思います。

今回参加された皆様には、「みのお市民活動センターニュース」の定番記事「市民活動救急箱」から抜粋した、補助金・助成金の申請に直に役立つ(と思われる)資料のセットをお土産としてお持ち帰りいただきました。

今回お持ちかえりいただいた“救急箱”
  “プレゼン”のイロハ
  イベントの組み立て方
  会則の作り方
  会計初任者のための こんなときどうする?
  会計担当になったら、これだけはしよう!

参加された団体の皆さんには、今後ぜひ、団体活動の発展に活きる補助金(助成金)の申請にチャレンジしていただきたいと思っています。
また、ご相談も、お待ちしております。
2009/07/30のBlog
[ 18:00 ] [ 自主事業 ]
はじめまして。

記事の作成でも初めての投稿です。

みのお市民活動センターでは、3人目の男性スタッフになります。
以降、よろしくお願い致します。

早速ながら、今月よりブログ講座を担当することになりました。
28日・30日の2回行いました。

各日の参加頂いた方は、3人・4人です。
ありがとうございました。

by ありさん
[ 00:57 ] [ 自主事業 ]
今回の箕面在住アーティスト展は太田美佐代さんのパッチワーク展です。太田さんは、市民活動センターのオープンイベントの際、パーチワーク展で、参加していただきました。
次から次へ、ひっきりなしにお客様が来られたことを記憶しています。


2005年夏、彼女は遠くに逝ってしまいました。
草の根的な市民活動の種をいろんなところに蒔き、『人つながり』を教えてくれた太田さんの想いでを語る人の多いこと・・・。


今回のパッチワーク展はご家族と、お友だちのご協力により開催することができました。太田さんの作品はどれも大きく、フレキシブルコーナーに展示するのには無理があったにもかかわらず、Yさん、Mさんのアレンジで、アーティスト展らしい雰囲気に展示していただきました。とても感謝しています。


芳名帳、色紙を置かせてもらったところ、毎日本当に多くの方が、太田さんを偲び来館されています。


まず、最初に来館してくださった、ミズママさんとご主人。
太田さんとはインターネットで知り合い、パッチワーク仲間として交際されていたそうです。太田さんに勇気づけられ、いろんなところに出かけられるようになられたとか・・。


迷える天使
息子さんたちが通園していた、幼稚園のシスターからお電話をいただきました。
「作品展をすると聞いたけど、この作品を飾ってもらえませんか?彼女がこの幼稚園のために作成したものと聞いています。この作品を飾ってもらえたら、彼女も喜んでくれると思うのです。」と。

とてもありがたいお電話でした。
きっとみなさんもご覧になったら彼女の想いが伝わってくると思います。
まさに、子どもは天使です。
我が子もよその子も、太田さんは同じように愛していました。
きっと、太田さんに頭をなでてもらったお子さんは数しれないと思います。

2009/07/25のBlog
今日は地域デビュー講座第2回「自然を満喫!箕川のボランティア体験」を行いました。
箕川・水とみどりの会のフィールドにお邪魔して、川沿いの散歩道の整備作業をお手伝いした後、
近くの集会所で交歓会という内容でした。

受講者8人、BGC2人、箕川・水とみどりの会12人、大阪府池田土木事務所11人の大人数。
怪しい雲行きを気にしつつも、力をあわせて予定より大幅に早く作業は完了しました。
しかし作業後の道を満喫しようと歩き始めたその時、ポツ、ポツ、ザーーー。やられてしまいました
作業完了後だったのがせめたもの救いですが、みなさんビショ濡れになって集会所に避難しました。
雨に降られて走るなんて、みなさん青春のひとコマを思い出したのでは??

(写真は雨に降られる前の集合写真です)
各自着替えをして、後半はランチを食べながら交歓会。
受講生と箕川の会の方、池田土木の人も交わって話が弾みます。途中で箕川・水とみどりの会の高山さんから活動を始めた経緯についてお話をいただきました。
お話を聞きながら、高山さんが一歩を踏み出さなかったら、この美しい箕川の風景も、それを愛でる素敵な方々の輪も、行政との協働関係も生まれなかったのだなと思うと感慨深いものがありました。
池田土木事務所の方から行政の取組み、アドプト活動についてお話をいただいた後、参加者それぞれの立場からひとことずつ地域デビューへの抱負、活動に対しての思いを述べていただきました。既にデビューしている人も、これからデビューする人も、みな同じ思いを持っていることがわかりました。それは「どうせやるなら何か地域の役に立ちたい、地域をよくしたい」ということ。

「そういう思いを持つ人がたくさんいる地域は生産性や安全性が高い」というようなことを先日ある講演会で言っていたのを思い出しました。

これからもそういう思いを持った人たちと一緒に市民活動を盛り上げていきたいと思います。
2009/07/14のBlog
[ 11:41 ] [ センターにて ]
七夕が終わったにもかかわらず、短冊だけは館内に飾っています。

色々な願い事があり、見ていて楽しくなります。
「さかあがりができますように」「25mおよげますように」 微笑ましいけれど、きっと子どもたちは、真剣なのでしょうね。
「家族が元気ですごせますように」 「子どもたちが元気に大きくなりますように」

色とりどりの短冊を見ていると、なんだか幸せな気分になります。

短冊を書いてくださった皆さま ありがとうございました。

願いがかないますように。